ウィルあいち モーニングコンサート

─託児付女性のためのトーク&コンサート─

〜2000年11月16日(木) 愛知 ウィルあいち(愛知県女性総合センター) 〜

クラリネット 赤坂 達三
バイオリン 吉田 恭子
ビアノ    白石 光隆


レポートありがとうございました




Blancaさま、ありがとうございます(^^)

コンサートレポート

女性総合センターウィルあいち主催の年一回のコンサートということで、
まずは、女性館長のあいさつから始まりました。
託児もできるということで、普段子供がいて、コンサートから遠ざかってしまっている人には、
うれしいサービスですね。託児つきコンサートが、もっと増えるといいな、と思いました。

赤坂さんは、黒と白の模様の上衣に、下は黒という服装でご登場されました。
セーヌ河岸、哀愁のミュゼットで始まりました。意外な曲で始まったので、ちょっとビックリ。
はじまりからいきなり、お客さんをグッと引き寄せてしまった感じでした。
赤坂さんは、後で、「このコンサートの盛り上がりはどこだと聞かれても困りますが、」
と、おっしゃってましたが、このような始まりもよかったですよ。
バイオリン、ビアノとのポルト・ド・パリも、素敵でした。

後半は、ミヨーは天才だった、というお話をされました。
演奏の前にいろいろお話してくださったので、とても聴きやすかったです。
スカラムーシュでの空を飛ぶ感じ、今回聴くのは2回目ですが、
もっと聴きこんでみたいと思いました。
組曲は、バイオリンとクラリネットのみで演奏するところでは、透き通ったハーモニーが心地よかったです。

アンコールはチャールダッシュ。この曲の前に、今後の活動の話になったのですが、
前に話された吉田さんが次のチャールダッシュの話題にふってしまったので、赤坂さん、
思わず苦笑されていたような・・・。(違うかな?) 赤坂さんの今後の活動についても、聞きたかったです。

バイオリンの吉田さんは、とてもきれいな方でした。ピアノの白石さんは、とてもやさしそうで、
赤坂さんが、いろいろお話されている様子を、にこにこしながら優しいまなざしを向けていたのが、
とても印象的でした。以前、古今亭しんすけさんの番組でも、ご一緒でしたね。

今回は、わたしにとっては、都合のいい時間帯でした。
朝、すこし早くて、バタバタと大変でしたが、
とてもいい一日でした。 赤坂さん、ありがとうございました。


  (あやさんより)