『熱情的四個男人』
(ルーチンダスーガナンレン)

〜1999年2月20日(土) 東京・草月ホール〜
〜1999年2月21日(日) 大阪・フェスティバルリサイタルホール〜
……………………
赤坂達三

横山幸雄

矢部達哉

小松亮太&ザ・タンギスツ

<アンコール>
ブラームス:ハンガリア舞曲第5番

……………………

コンサートレポート

2/21に大阪のリサイタルホールで行われた、ソニーさんのイベントに行っ てきました。この日は、風が強くてとても寒い日でしたが、コンサートはその名 のとおり”熱情的”で素晴らしかったと思います。
一番目に演奏なさったのは、赤坂達三さん(Cl)でした。赤坂さんは、薄茶 っぽいグレーのスーツに黄色系のネクタイというお洋服で登場なさり、NHKの <すずらん>の主題歌を演奏しているとお話された後、三曲演奏して下さいまし た。はじめて生で聴く赤坂さんの演奏はとても素晴らしくて、感動・そして感動 ・また感動と、感動のオンパレード状態!!三曲なんて、「あっ」という間に過 ぎ去ってしまいました。次の方が登場してもまだ、赤坂さんの演奏の余韻を引き ずっているほどでした。
「次の演奏に集中しなくては!」と、ふと我に返り、二番手の横山幸雄さん( Pf)の演奏に耳を傾けたのでした。横山さんは、ダブルのスーツにちょっとハ デ系のプリントシャツというお洋服でした。椅子に座るとおもむろにピアノを弾 き始めるので、「は、はやい!」とちょっぴり驚いてしまいました。
三番手は矢部達哉さん(Vn)で、矢部さんは上着丈が長めの濃いグレーの縞 模様のスーツをお洒落に着こなしていらっしゃいました。「バイオリンとは近く で聴くとこういう音がするのか・・」と発見しつつ、素晴らしい演奏を堪能した ところで、しばしの休憩タイム。
休憩後は四番手の小松亮太さん(バンドネオン)。小松さんはご自身のバンド とご一緒に演奏されました。とてもエネルギッシュなステージで観客みんなが「 タンゴってイイッ!」と思ったことでしょう。
四人の演奏が終わってから、お楽しみのトークコーナーの始まりです。四人の 方それぞれが趣味について話されましたが、これは情報コーナーにはかまゆ様が 書いてくださっているので、そちらを見てくださいね。赤坂さんは他の方が話さ れている時、とても手持ち無沙汰ーな感じで居心地悪そうにしていました。会場 を何度も見回したりして(^^)。でも話を聞いていないわけじゃないようで、 時々「うんうん」うなずいたりもしていましたけど・・・。
会場からの突然の「あなたにとって音楽とは?」というすごーく難しそうな質 問にも、皆さんアドリブでしっかりご自分の考えを話してくださいました。ファ ンとしては、とても良いお話を聴けてよかったと思います。
お酒の話の時だったか矢部さんが、「それでは小松君の伴奏で赤坂さんに”み ちのくひとり旅”を歌ってもらいましょう!」と突然赤坂さんにふった時の、「 ええっ?!」というびっくりして困ったようなはにかんだ笑い顔が忘れられませ ん(^^)。素顔の赤坂さんを垣間見たような気がしました。
そして終演後のサイン会では、会場でCDを買った人にサインと握手がついて きたのですが、横山さん・矢部さん・小松さん、そして赤坂さんの順に並んでい たので、赤坂さんファンの私としては「やったー!!ついてるー!!」とひそか に喜んだのでございます。皆さんわかりますよね、この気持ち。
しかし「とても感動しました」とか感想の一言でも伝えたいと思っていたのに 、いざ御本人の前に進むと手をだして握手してもらうのが精一杯でした。あまり にも綺麗ですいよせられるような薄茶の瞳だったものですから、緊張で声などで ませんでした・・・。
そして感動で胸をいっぱいにし、夢のような数時間が終わったのでした。この イベントを企画してくださったソニー様に感謝です。この後の私は、何日もこの 余韻を引きずっていたのは言うまでもありません(^^)。

(まさみさんより)
……………………

コンサートレポート

あのソニー主催のコンサート、私も聴きに行きましたヨ。私が行ったのは、20日の東京でのコン サートですが・・・。赤坂さんの”みちのく一人旅”ってどんなのだったのでしょうか?その時の赤坂さんの お顔を、私も拝見したかったです。(笑)東京の草月ホールでのコンサートも。なかなか楽しかったのです が、音響があまり良くないせいか、音が飛んでしまって、あまりキレイに聴こえなかったのが少し残念でし た。私の席の位置にもよるのでしょうが・・・。でもまあそれはそれなりに楽しませて頂きました。だって半 年ぶりのナマの演奏だったんですもの!CDはいつも聴いているけど、やっぱりナマの演奏が一番ですよね。

(美絵さん/掲示板より)
……………………

コンサートレポート

出演者が沢山いらっしゃったので、お一人の演奏は小品3曲、
と、ちょっと物足りなかったコンサートでしたが、
アンコールに他では絶対に見られないこの四人の方の顔合わせでの
ハンガリア舞曲を聴けたのはとてもうれしかったです。
赤坂さんの「みちのく一人旅」っていうのは、矢部さんの冗談ですよ、もちろん(^^)
確か「アンコールは何をお願いできるのでしょう?」って司会の方がきかれたのに
とっさに矢部さんがこう返して、赤坂さんもびっくりしていたのでした。

(はかまゆさんより)