スキージャンプ獨樂吟       HOMEへ戻る][掲示板へ
          
 (どく  らく  ぎん)                             

     
子どものジャンプと同じで、センスもなければ、まったくの遊びですが、気に入った
      のがあれば教えてください。また、みなさんからの投稿もお待ちしてます。

 01/05  豆ぽつり 空に突き出る ゲートに座す 新 潟・妙高

 

 01/ 5 64  鯉のぼり 泳ぐ姿を 手本とし 新 潟・六日町
 01/ 1 63  走り込み 足音凍り 山に響く  
 01/ 1 62  声が飛ぶ 世紀を拓く 初飛翔 北海道・下川
 00/10 61  ひんやりと 開幕を待つ 秋の夜 東 京・自 宅
 00/10 60
      61
      62
 競技場 紅葉降り来て 白馬燃ゆ
 選手飛び 二つに断てり 秋の空
 観客の 叫んだままに 時とまる
長 野・白 馬
 00/ 9 59  行け今だ コスモス揺れて 合図出す 新 潟・六日町
 00/ 9 58  ITで一日もたぬ天気予報 東 京・自 宅
 00/ 8 57  童選手 浮力受けたしと 手をあおぎ 北海道・余 市
 00/ 6 56  ほたる舞い 天のサソリが 踊りだす  新 潟・高 柳
 00/ 8 55  声震え ミディアム飛び出し 夏終わる 北海道・余 市
 00/ 8 54  いざ試合 社の泉で 顔を洗う 長 野・野沢温泉
 00/ 8 53  子の昼寝 つるしたワンピに 体むく 長 野・野沢温泉
 00/ 8 52  遠雷に あたふた落ちて やれ逃げろ 長 野・野沢温泉
 00/ 8 51  里の台 風凪ぎ炎暑 わきあがる 長 野・飯 山
 00/ 8 50  汗タオル 合図のたびに 空を切り 長 野・飯 山
 00/ 8 49
     
48
 夏草や コーチなしでも よくのびる
 草いきれ バーンを埋めて 自己主張
新 潟・六日町
長 野・戸 狩
 00/ 8 47  カンテ踏み 板のたわみに 身体浮き 長 野・木島平
 00/ 8 46  風騒ぎ 梢の中に 星光る 長 野・野沢温泉
 00/ 7 45  道路端 子ガラス一羽 空サッツ 長 野・木島平
 00/ 6 39
     
40
      41
      42

     
43

      44
 梅雨空は 一時小雨が 練習日和
 
ほととぎす ケイテンコエタカ と聞こえけり
 
息きらし 見上げるゲートに 夏来る
 雲の峰 観衆に見立て 奮い立つ
声高く 新入部員飛び出して 腹這いになりバーン滑る

長 野・木島平




長 野・野沢温泉
 00/ 6 38  しずけさや 新緑浴びて 湯がしみる 新 潟・高 柳
 00/ 6 37  残雪の 形を見ても 飛型点 長 野・木島平
 00/ 6 36  たちこめる もやを切り裂き 飛びださん 長 野・木島平
 00/ 6 35  たちこめる 梅雨雲のむこうに K点あり 東 京・自 宅
 00/ 6 34  緩斜面 気持ちはすでに アプローチ 和歌山・茶理坊さん
 00/ 6 33  ワンピ見て ビール控える 中年ジャンパー 東 京・笠谷命さん
 00/ 6 32  ホームにて 素振りのかわりに クラウチング 東 京・笠谷命さん
 00/ 6 31  ミニヒルも スタート地点じゃ 膝ふるえ
       武者震いじゃと ただの強がり
東 京・笠谷命さん
 00/ 6 30  空サッツ 腕に伝わる 子の気概
         巣立ちの姿 夢見てささえ
東 京・自 宅
 00/ 6 29  スランプで 子よりあせるは 親ごころ 神奈川・
チョコボあたまさん
 00/ 5 28  PCで 人の輪広げ 夢広げ 返  歌
 00/ 5 27  PCで ひろがる翼 五日町 ゆきだるまさん
 00/ 5 26  目に青葉 霊峰のもとで オフ明ける 新 潟・六日町
 00/ 5 25  苗代に  姿映して   空サッツ 新 潟・六日町
 00/ 5 24  サマー台 雪解けワンピの 花が咲く 新 潟・六日町
00/ 3 23  今来むと 待てどじらすは 向かい風 北海道・余市
00/ 3 22  声出せば やまびことなる コーチ台 北海道・余市
00/ 3 21  イキマース 元気な声が K点越える 北海道・余市
00/ 2 20  初めての ジャンプ板抱いた 子の寝顔  東 京・自宅
00/ 1 19  空サッツ  頭の中まで カラざんす 東 京・自宅
00/ 1 18  トンボ曳く 傍らで子は 雪遊び 長 野・野沢温泉
99/ 8 17  あきあかね メーター板で 飛距離判定 秋 田・鹿角
99/ 8 16  とんぼ舞い ここまでおいでと 選手よぶ 秋 田・鹿角
 99/ 8 15  飛ばぬなら 飛ばせてみせよう 名コーチ
 飛ばぬなら やめてしまえと  父コーチ
 飛ばぬなら 飛ぶまで待とう  母コーチ
長 野・木島平
99/ 8 14  少年団 祭ばやしで 空サッツ 秋 田・鹿角
99/ 8 13  夏雲に 飛び込むように 夢ジャンプ 長 野・木島平
99/ 8  12  水まくと 涼をもとめて すべりこむ 長 野・飯山
99/ 8 11  女子ジャンパー なびく黒髪に 風を知る 北海道・札幌
99/ 7 10  一面の 水田に重なる ワンピの色 新 潟・五日町
99/ 6    練習で 身についたのは 松葉杖 新 潟・五日町
99/ 6    梅雨空に 怖さ痛さの なみだ雨 新 潟・五日町
99/ 6    雨蛙 バーンの上で 胸を張り 新 潟・五日町
99/ 6    ジャンパーが 飛び出すたびに 草なびく 長 野・木島平
99/ 3    ゲートにて 気持ちはすでに メダリスト 北海道・小樽
99/ 3    潮風に 飛ぶ先見つめる 選手の眼 北海道・小樽
98/12    初飛びで 会心の笑顔に 涙あり 北海道・下川
98/12    転んでも われたゴーグル 勲章とし 北海道・下川
98/12    白い丘 吸い込むように 深呼吸 北海道・下川
98/12    息凍る カンテの上で  ご来光 北海道・下川

  【獨楽吟(どくらくぎん)とは】
 
 
 福井出身の歌人、橘 曙覧(たちばな あけみ)が、「たのしみは・・」
 を発句として詠んだ短歌集です。
 
 
  たのしみは世に解きがたくする書の心をひとりさとり得し時

   たのしみはそぞろ読みゆく書の中に我とひとしき人をみし時

   たのしみは好き筆を得てまず水にひたしねぶりて試みるとき

   たのしみはまれに魚煮て子ら皆がうましうましといひて食ふ時

   たのしみは常に見なれぬ鳥の来て軒遠からぬ樹に鳴きしとき


  いかがでしょうか?「う〜ん、ある。ある。」というような短歌が次々に
 出てきませんか。