[ダウンロード][インストール][samba][samba2][Apache][FTP][TeraTerm][telnet][SSH][参考文献]
1.はじめに
 私は、基本的にLinuxは初心者なのでよくわからないことがたくさんあります。とりあえず、自分の備忘録を兼ねて書きます。何か間違ってることなどありましたら、教えてください。(^^;
また、最終的には古いPCを復活させるために「GNOME」など「GUI」は使わず、に「CUI」だけでの設定にチャレンジします。
セットアップしたパソコンは”自作パソコン2号機”です。
 ここから、「Linux」を入れるまでのいきさつを書きます。ここは、読み飛ばしても設定できますので早く設定したい人は次に進みましょう。(^^;

2.「Linux」ってなんだ
 「Linux」は、Windows98や、WindowsXPと同じ「OS」の仲間です。
では、なぜ「Linux」を使うのか?
「フリー(タダ)である。」「デュアルプロセッサ対応である。」「細かな設定ができる。」など、いくつかありますが、私の場合、「新しもの好きだから!?」というのが正解かも(^^; (*デュアルプロセッサー対応OSはWindowsの仲間でも、Windows2000、WindowsXP Proなどがあります。)
 今の私の使い方では、Windowsではいけない決定的な理由は、見つかりません。
でも、Windowsで細かな設定をしようとして行き詰まったことがあるのも事実です。それほど大きな理由がなくても家に遊んでいるパソコンがあるのなら、あなたも入れてみてはどうですか?(^^)

3.とりあえず「Linux」を入れてみたが…
 初めて入れたのは1999年5月。Vine Linux 1.0でした。
世の中では、「Linux」ブームのようでした。CD-ROMドライブを認識しない。などトラブルに見舞われながら、どうにかインストールに成功。しかし、入っていたゲームでちょっと遊んだ以外に何をしたのか、何ができるのかわからないまま消してしまいました。
 以後、雑誌の付録に付いていたLinuxを何度かインストールしては消してということを繰り返していました。
これは、けっこうみんなやってそうな気がしますね。(^^;

4.「ファイアーウォール」を作るぞ!?
 2000年4月。我が家にケーブルテレビによるインターネット接続がくることになりました。待ちに待ったブロードバンドです。(^^)
 そうなると、自宅内のLANのセキュリティが気になります。「Windows2000 Proで、ファイアーウォールをつくろう。」と思いました。何冊かの本と、インターネットの情報を元に2枚のネットワークカードを使い設定を始めましたがどうしても思うようになりませんでした。 ネット上で、「Windows2000 Server なら細かな設定ができるよ。」というアドバイスを聞き、これはWindows2000 Proがいけないのだ。そう考えた私は「Linux」での、ファイアーウォール構築にチャレンジを始めました。このとき入れたのは「RedHatLinux 2.0」です。Linuxのことがよくわかっていないのに、これは無謀なチャレンジで見事撃沈しました。(笑)
 けっきょく、CATVの開通に間に合わず、ブロードバンドルーターを買ってきました。
(*もちろん、Windows2000でもできるはずです。)

5.簡単なところからやってみよう
 それからしばらくの間、「Linux」から遠のいていました。2001年のある日、パソコンを通じて知り合いになった人と話しているとき、「簡単なところからやってみてはどうか?」そんなアドバイスを受けたような気がします。このとき、急に「やってみよう。」という元気が出ました。はじめの頃のように全く目標がないわけでもなく、かといって急いで完成させなければならない焦りもなく、マイペースで勉強していく環境が整ったのも理由の一つかもしれません。
 でも、もっとも大きな理由は、アドバイスしてくれた人が「チョ〜、ベテラン」だったからです。「よし、もう一度チャレンジするぞ」そう思った私は、また、何冊かの本を買ってきました。私にとって、この「本にお金を使う」というのがやる気を持続させる活力のような気がします。ダイエットしようとする女性が、エステにお金をかけるのと似ているかも(^^;
お金をかけずにしようとすると、すぐにくじけてしまいます。(^^ゞ

目標「samba」を動かそう。
 こうして、私の「Linuxプロジェクト」は本格的に動き始めました。大げさな(笑)

BBS 1 BBS 2 画像アップ掲示板
ホーム