「脱保湿」の紹介


はじめに

「脱ステロイド」略して「脱ステ」と言う言葉は、アトピー関連の HP でしばしば見られますが、 「脱保湿」という言葉はそれほど見かけません。「保湿をしない」なんてスキンケアの常識から 180度反対のところに位置する考えと思われるかもしれませんが、「脱保湿」は脱ステによるリバウンド を早く終わらせるのに有効だという指摘が最近なされています。ここでは、「脱保湿」につい て自分の経験や自分が HP で得た情報を紹介したいと思います。


なぜ「脱保湿」なの?

「脱保湿」は「脱軟膏」とも言います。この言葉は佐藤健二先生(当時、名古屋市立大皮膚科)が提唱した ものです。彼は、脱ステがある程度進んだ段階では保湿剤が脱ステの妨げになると指摘しました。 脱ステ後に起こるリバウンドの特徴の一つとして皮膚が赤くなる現象がありますが、 皮膚を乾燥させることがこの赤みを早くとるのに必要だそうです。よって、リバウンドを早く終わらせる ために脱保湿が有効となるそうです。ステロイドを止めたのになかなかリバウンドが 終わらない場合は、脱保湿を行うことも考えては如何でしょうか?

また、長年保湿剤を使用し続けて、急にその使用を止めると、ステロイド中止後に現れるリバウンド と似た現象が起こるそうです。そこで、脱ステとほぼ同時に保湿剤の使用も中止すれば、ステロイド 中止によるリバウンドと保湿剤中止によるリバウンドの2つのリバウンドを一度に克服することが できるので、皮膚の回復を早くすることにつながると考えられています。

ただし、元来の乾燥肌(ドライスキン)の場合ですと脱保湿をしても乾燥肌が治る訳では ないそうです。脱保湿は、脱ステ後や必要以上に保湿剤を使用している場合に有効だと思います。


「脱保湿」のやり方

まず、脱保湿を行うタイミングですが、前述の通り (ステロイドの)リバウンドがある程度進行してピークが過ぎ症状がある程度軽くなり、体に赤みが残る 時期に行うのが良いかと思います。(ステロイドの)リバウンドがピークの時に、脱保湿をするのは、 辛いかもしれません。いきなり保湿しなくなるので、皮膚がその状態に慣れるまで は、乾燥にも同時に耐えねばならず、非常に辛いかもしれません。ただ、「辛い、辛くない」と言うのは、 その人個人の相対的な問題だと思いますので、脱保湿を開始するタイミングは結局のところ 「やってみよう」と思い立った時ではないかと思います。

もちろん、今まで頼ってきた保湿剤をいきなり中止するのは、かなり勇気がいると思います。 脱ステと同様に相当の覚悟が必要だと思います。そこで、どうしても我慢できなければ 、全面的に中止するのではなくて少しずつ保湿剤の使用量や使用頻度を減らしていく方法 も考えられます。


自分の「脱保湿」経験

僕の脱保湿の経緯を述べます(脱ステの経緯と重複しますが)。 僕が脱保湿を開始したのは脱ステの約一ヶ月後です。 インターネットで脱保湿を知ったのがきっかけでした。はじめは「保湿剤を使わないなんて 考えられない」と半信半疑でしたが、リバウンドを早く終わらせたい気持ちも強かったので、 思いきって脱保湿を実行しました。開始直後は乾燥して痛かったですが、半分やけくそだったので 、なんとか耐えて行きました。脱ステ開始直後よりは乾燥が少しは軽くなっていたのも事実です。 その約10日後にほぼ全身の皮膚が剥げ落ちて、新しい 皮膚に生まれ変わりました。それと同時に皮膚の赤みもほとんど消え、それまで感じていた 激烈なカユミや痛みもかなり軽減しました。リバウンドが一段落したという訳です。その後、 再び悪化したりまた改善したりという波が幾つかありましたが、脱ステ開始してから約半年後 には、完全とは言えないですがかなり皮膚が改善して安定してきました。

聞くところによると、約半年でリバウンドがほとんど終了した(もっとも将来また悪化する 可能性もありますが、、、)のは早い方だそうです。もっとも、脱保湿のみが早く終了した原因か どうかは、医者でもない自分には分かりません。近くの温泉にほぼ毎日通っていたのが良かった かもしれませんし、ステロイドの使用量が非常に多かったという訳ではないことが幸いしたの かもしれません。もっともそれらのすべてが原因かもしれませんが。インターネットで知り合った 方にも脱保湿をされた方もいますが、僕と同様に早くリバウンドがほぼ終了した方もいます。 もちろん、脱保湿をしたすべての方が早くリバウンドが終わったかどうかは分かりません。 しかし、脱保湿を実践している医師によれば、脱保湿はリバウンドを軽減し早く終わらせる ことに効果を挙げているそうです。


「脱保湿」の文献

脱保湿の文献は現在のところあまりありません。インターネットで手に入る文献を以下に記します。

佐藤健二先生(当時、名古屋市立大皮膚科)他の 「脱ステロイド療法を受ける『成人型アトピー性皮膚炎』の患者さんへ」 ( COSMOS ネットさんの HP にリンクしています):提唱者の佐藤先生らによる 指摘が記述されています。全体的には脱ステに関する 文章ですが、その第8章(節)の「保湿剤が有害になる!」の中で、脱保湿について述べられています。

MD 先生の「MD 先生の診療日記」(acton さんの HP 「atopic park」 に掲載されています):1 月 29 日と 3 月 14 日、3 月 18 日の日記で脱保湿について述べられています。MD 先生は「脱保湿」の ことを「乾燥バリバリ療法」と呼んでいます。

acton さんの HP 「atopic park」 の「アトピー関連のレポート」の中の「脱軟・脱保湿」:佐藤健二先生が脱保湿や脱ステなどを行う上での注意点やアドバイス を述べています。

今のところ、僕が見つけた脱保湿に関する文献はこれしかありません。脱保湿は脱ステよりもさらに マイナーな療法なので、脱ステ医の中でも脱保湿を行う人はさらに限られているそうです。これから 文献が増えて行くことを期待します。


最後に

脱保湿は自分の経験やインターネットで入手した情報から、脱ステとともに有効な療法であると 思い、同時に脱ステ以上に世間に知られていないと感じたので、今回紹介しました。

最後に気をつけて欲しいと思うことは、脱ステも脱保湿も開始直後には皮膚が非常に不安定になる ので、可能な限り脱ステ医の元で行うのが良いかと思います。といっても脱ステ医が身近にいる ケースはごく稀であると思うので、脱ステや脱保湿に理解を示す医師を見つけるのは困難かも しれません。



ホームへ