農楽隊 



■ウトロ農楽隊、東九条へ

 1998.11.3(Tue) 第6回東九条マダン参加(2回目)


京都の日本人・朝鮮人が中心になって催されている東九条マダンは、もぉ第6回目ということです。パレード隊が、開会の前に町を練り歩き、会場の陶化小学校に帰ってきます。ウトロ農楽隊は、パレード隊のしんがりにつき、そこからはウトロ農楽隊の舞台です!




 【左】東九条マダン! 【中】「さぁやるゾ!」 【右】ノレチャラン(のど自慢)で熱唱!


ウトロ農楽隊は、「(パレード後の)農楽」「舞踊(チャングチュム(長鼓舞)・イップチュム)」を出しました。ノレチャラン(のど自慢)にも張り切って出演です!



 【左】チャングチュム(長鼓舞)の練習がんばるがんばる 【中・右】さぁ、本番!


ウトロのオモニ、初挑戦のチャングチュム。練習練習でたいへんだったねぇ〜(^^; 演目は、まず民謡にのって演舞、そしてトンサルプリにも出てくる有名なリズム(#1)にのってフィニッシュ! よかったっす。ウトロ農楽隊の持ちネタが増えたね!

(#1)クーン(左)、クン(右)、クーン(左)、クン(右)、クーン(左)、クン(右)、クーン(左)、クン(右)、クンクンクキタクン〜 〜呪文ですな(^^;



 【左・中・右】イップチュム(立舞・舞踊)


ウトロのスニはん熱舞! ”三度笠”(^^;をかぶった古典舞踊ですが、踊り手のアレンジはいってます。スニはんのとっても好きな踊りの一つです。



 【左】子どもプンムル! ソゴ(小鼓) 【中】チャンゴ(長鼓)【右】カメラ前に「はい、キムチ!」(チーズ)


とにかく子どもが多い!(^^; と、小さいお友達が持つと、ソゴも大きい大きい!



 【左】子どもプンムル! 【中】大サムルノリ 【右】恒例! 和太鼓&サムルノリ


東九条マダンでは、「もやしひげとり」競争など恒例もんが幾つもあるんですが、中でもめっちゃ仰山で演奏する「大サムルノリ」は楽しみの一つです。ゆったりした「ヨンナム ノンアク(Youngnam Nong-ak)」(嶺南農楽)東九条版でした。とにかく多いのでなんだかイイ感じ。そしてマダンのクライマックスに「和太鼓&サムルノリ」! 地域の和太鼓サークルとのアンサンブル。和太鼓、カッコよかった〜。

本家『東九条マダン』のホームページへ!

[このページの頭へ] 
[目次頭へ]