報道 

[雑誌面等] [新聞紙面]
──────────
[「ウトロまちづくりプラン」ワークショップ4(2000.7.2)]new!!
[すべて住民敗訴 (2000.6.28)]!!
[分割の区画整理を展望 土地問題、現実的対応を模索 (2000.5.15)]
_「居住の権利」で調査 (2000.03.20)
[(宇治市市議会)(2000.03.04)]
[府に陳情、立ち退き問題対処求む (1999.10.19)]
[ウトロ建物調査 (1999.08〜)]
[最高裁住民側の上告を棄却 (1999.06.25〜)]
[新聞連載 (1999.04.07〜)]!!
[敗訴後、(1999.03.09〜)]
[高裁控訴審判決、敗訴 (1998.12.22,23)]
[ウトロ農楽隊ロビーコンサート〜 (1998.11.10)]
[署名 (1997.12.10)]
[写真集発売(1997.11.10)報道 (1997.12.13)]
[韓国訪問(1997.9.21-25)報道 (1997.09.25〜)]
[ウトロ水道問題報道 (1997.09.19〜)]
[イグナシオ・アルミヤスさん (1997.08.25)]
[和解交渉決裂(京都地裁) (1997.03〜1997.06〜)]!!


「居住の権利」で調査 (2000.03.20)

『「居住の権利」で調査』/京都新聞(2000.3.20)_
『神大名誉教授ら8人訪問』/読売新聞(2000.3.20)_


 
 _ (宇治市市議会)/城南新報(2000.3.4)


宇治のウトロ地区
『居住の権利』で調査
神戸の市民団体 住民と意見交換


(写真)「ウトロを守る会」の会員から説明を受ける神戸市の「居住講座」のメンバーたち(宇治市伊勢田町ウトロ)

阪神大震災の被災者の被災者やまちづくりの専門家でつくる神戸市の市民団体「早川和男の居住講座」(代表・早川和男神戸大名誉教授)のメンバーが19日、宇治市伊勢田町のウトロ地区を訪れ、現地調査や同地区の住民らと意見交換した。

同講座は、被災した地域住民が以前の住所に戻れるよう、行政が援助しないのは、国際人権規約にある「居住の権利」の侵害と訴えている。長年居住しながら立ち退き問題に揺れ、25人に「立ち退き命令」が確定しているウトロ地区を「居住の権利」の観点から調査するために訪れた。

この日は、同講座の8人が訪れ、「地上げ反対!ウトロを守る会」の斎藤正樹さんの案内で地区内を巡った。

問題の経過のほか、「裁判の影響で地区の4分の1ほどに水道が引かれていない。地区内にある宇治市の水路も市が管理を放棄している」などと現状の説明を受けた。

早川名誉教授は「長年住みながら行政の援助が受けられない状況は神戸と共通する。『居住の権利』を求めるネットワークづくりにつなげたい」と話していた。調査の後、メンバーらは府立城南勤労者福祉会館で、同地区の住民らと意見を交わした。

[このページの頭へ] 
[目次頭へ] 



 
 _ 『神大名誉教授ら8人訪問』/読売新聞(2000.3.20)


神大名誉教授ら8人訪問
ウトロで「住」語り合う


戦時中、国策の飛行場建設に従事した在日韓国・朝鮮人ら約230人が住む宇治市のウトロ地区を19日、阪神大震災の被災地の住宅問題に取り組んできた早川和男・神戸大名誉教授ら8人が訪問。住民たちと「住む権利」について話し合った。

同地区では、土地所有権を持つ不動産会社が住民約70人を相手に建物撤去と土地明け渡しを求めて提訴しており、これまでに25人の敗訴が確定。出席した住民らは「50年以上も住んでおり、ここで死ぬまで暮らしたい」「いつ立ち退きの強制執行が行われるかと思うと不安で夜も眠れない」と口々に訴えた。

早川名誉教授は「日本ほど住む権利に対する配慮のない国はない。震災後、仮設住宅や復興住宅で高齢者の自殺が続いたのもそのためだ」と話し、「ウトロには失われつつある地域のコミュニティーが今も残っている。居住権を確立する運動をともに進めていこう」と呼び掛けた。

[このページの頭へ] 
[目次頭へ]