51. 月食そば 〜月食観測のススメ〜



先日の新月の際に金環日食(西日本で部分日食)が見られたばかりですが、
今度の日曜、9月6日の満月には「半影月食」という現象が起こります。
これは普通の月食よりも淡く見逃されがちなのですが、見ればなんとなく分かります。
地球の影(本影)の外側にある半影の部分を月が通過するもので、
満月の北、つまり上の方がわずかに薄暗くなります。
午後8時前後がいちばん分かりやすいと思います。

月食といえば、昨年の中秋の名月(9月17日)に起きた皆既月食が
台風の影響でまったく見られなかったのは記憶に新しいところです。
今年の中秋の名月は1ヶ月後の10月5日で、月食は起こりませんが、
晴れてお月見が楽しめるといいですね。
月食、とりわけ皆既月食は神秘的な光景となりますが、ふだんのお月見といっしょで
難しく考えることはありません。肉眼や、バードウォッチングで使うような
小型の双眼鏡で気楽に月を眺めていればいいのです。

ちょっと前の月食のとき、友人Rのアパートのベランダで月を見ていたら、
散歩中の友人M氏が「なんかさー、今日の月おかしくない?」と
(4階の部屋でしたので)下から声をかけてきて、12月のよく晴れた
寒い夜でしたが呼びもしないのになんとなく人が集まり、
お月見の会になりました。
友人Rは気を利かして温かい「月見そば」ならぬ「月食そば」?で
もてなしてくれたことが今でも忘れられません。
友人M氏は、散歩しながら突如知人のアパートに「お茶!」とか「コーヒー!」
などと喫茶店代わりに押しかける恐るべき人物でしたが、この夜のお月見には
満足したことでしょう・・・。


下にこれから 日本で見られる月食 を表にしました。思い思いに楽しんでください。

始め 皆既食の始め 皆既食の終わり 終わり 最大食分
2004年5月5日 3時43分 4時50分 日出後 日出後 1.32
2005年10月17日 20時29分 ―― ―― 21時35分 0.09
2006年9月8日 3時4分 ―― ―― 4時42分 0.19
2007年8月28日 日没前 18時49分 20時21分 21時25分 1.48
2008年8月17日 4時34分 ―― ―― 日出後 0.84
2010年1月1日 3時52分 ―― ―― 4時58分 0.09


上高地ビジターセンターだより 『マガモ新聞』 No.183 (1998年8月31日発行)より

タイトルリストへ。