星空への招待   

71 リンドウの見つめる星空

忘れられないイラストがあります。
浄土平ビジターセンターでも定期購読している
天文情報誌、
月刊『星ナビ
200110月号の表紙を飾った
CG
イラストレーターKAGAYA氏のmadonna blue・・・
星月夜に、天空に向けて花開いた湿原一面のリンドウを描いた作品です。
私はパソコンの 壁紙 にも使っていますが、
このイラストを一目
見たときから、どこか懐かしさを感じたものでした。

これはあとから知ったことですが、KAGAYA氏は“浄土平湿原”をイメージして
この作品を描いたというのです。吾妻小舎のパンフレットにある、
分かりやすいと評判の周辺
CGイラストマップ、
また時々浄土平にくるアルテミス(月の女神)バスのイラストも
同氏によるものだそうで、意外な浄土平との結びつきに嬉しくなりました。

リンドウは8月から9月にかけて、明るい草地や湿地で濃紫色の鐘状の花を
数多く咲かせます。浄土平周辺では、
エゾオヤマリンドウエゾリンドウ
2種類あるとされていて、茎の先だけに花をつけるものがエゾオヤマリンドウ、
茎頂と上部の葉の脇にも花をつけるものがエゾリンドウです。

リンドウの世界も奥が深くて、種類も豊富。リンドウ科は世界に70属
1150種以上もあるそうです。そのうち日本には12属
38種があります。
漢字では「
竜胆」ですが、平安時代の本には「えやみぐさ」(胃病み草)
という名で紹介されており、薬草としても利用され、
根は熊の胆より苦く、竜の胆のようだとして名付けられたようです。

浄土平のリンドウは晴れた日にわずかに花を開きますが、
このイラストの
ように大きく開花することはありません。
一方、花屋に売っている
リンドウは
エゾリンドウの栽培種で、
種類によっては大きく花が開き、イラストに近い印象があります。

 図鑑によってはエゾオヤマリンドウの分布は名前のとおり北海道のみ、
とされている場合もあって、リンドウについては
調べるほどに頭を悩ますことになります。

…そんなことにはお構いなく、浄土平湿原に咲いたリンドウは
今夜も星月夜を見
上げているのでしょう。

吾妻山に咲く花のなかではいちばん花期が遅く、紅葉直前まで花が見られます。

(あさお)


浄土平ビジターセンター発行 「浄土平にゅ〜す」 No.56 (2003年8月20日発行) より

KAGAYAギャラリー http://www.kagayastudio.com/


タイトルリストへ    ホームへ