ホームページ タイトル 本文へジャンプ
過去のイベント情報

茶泉アフターヌーン・コンサート
「こたにじゅん 二胡の調べ」を開催(2017/2/12)

2月12日(日)茶泉アフターヌーンコンサートとして、注目の日本人二胡奏者、こたにじゅん氏を招いた「こたにじゅん 二胡の調べ」を開催しました。



茶泉アフターヌーン・コンサート「中国古筝と二胡の調べ」を開催(2016/11/20) 

11月20日(日)、茶泉にて「茶泉アフターヌーン・コンサート 中国古筝と二胡の調べ」を開催しました。
古筝弾唱の第一人者・謝雪梅と注目の二胡奏者・王晶による息の合った迫力ある演奏に、満席の参加者は大満足の時間を過ごしました。




「茶泉二胡教室第2回発表会」を開催(2016/10/30)

10月30日(日)、梅ヶ丘パークホールにて「茶泉二胡教室第2回発表会を開催しました。




茶泉10周年記念「謝雪梅・古筝演奏会&茶縁を深める集い」を開催(2016/4/29)

4月29日(祝)、茶泉にて「茶泉10周年記念 謝雪梅・古筝演奏会&茶縁を深める集い」を盛会裡に開催しました。



茶泉“深春”なごみ茶会を開催(2016/4/24)

4月24日(日)、茶泉にて「深春なごみ茶会」が開催されました。花いっぱいの工芸茶の歓迎茶に続き、茶席では、中国茶インストラクターの高橋麻記が「獅峰龍井 有機群体種」、小林真由美が「祁門金毫紅茶」をそれぞれ淹れ、参加者に愉しんでいただきました。



茶泉“深秋之韻”なごみ茶会を開催(2015/11/15)

11月15日(日)、茶泉にて「深秋之韻なごみ茶会」が開催されました。黄山野茶と貢菊を組み合わせた歓迎茶に続き、茶席では、中国茶インストラクターの高橋麻記が「天尖茶」、小林真由美が「紅水凍頂」をそれぞれ淹れ、参加者に愉しんでいただきました。



茶泉“新緑”なごみ茶会を開催(2015/5/31)


5月31日(日)、茶泉にて「新緑なごみ茶会」が開催されました。魅惑的な甘い香りの冷たい水出し蓮花茶の歓迎茶に続き、茶席では、中国茶インストラクターの小林真由美が「杉林渓龍鳳峡」、高橋麻記が「月光泊2015」をそれぞれ淹れ、参加者に愉しんでいただきました。



「山本竹勇 津軽三味線の世界」を開催(2015/2/22)

2月22日(日)、茶泉にて音楽ライブ「山本竹勇 津軽三味線の世界」を開催し、そのダイナミックかつ表現豊かな正統派津軽三味線の世界を存分に愉しんでいただきました。



「新春二胡特別セミナー」を開催(2015/1/10)

新しい年を迎えた1月10日(日)、二胡奏者・太田久遠先生を迎えて、茶泉にて「二胡特別セミナー」を開催しました。
茶泉教室の生徒さんに各地の二胡教室の生徒さんも交えて会場は満席のにぎわいとなり、太田先生の実技をまじえた講義と演奏に熱心に耳を傾けていました。
また、セミナー終了後、新年懇親会が行われ、参加された方の二胡演奏を順に聴きながら、大いに交流を深めました。



茶泉“ハル♥マチ”なごみ茶会を開催(2015/3/8)

3月8日(日)、茶泉にて「ハル♥マチなごみ茶会」が開催されました。愛らしい花のヒースを用いたハープティーの歓迎茶に続き、
茶席では、中国茶インストラクターの高橋麻記が「蒙頂黄芽」、小林真由美が「文山包種 陳年老茶」をそれぞれ淹れ、愉しんでいただきました。



茶泉8周年&二胡教室5周年記念

「太田久遠 二胡演奏会」を開催(2014/4/29)

4月29日(火・祝)、茶泉にて茶泉8周年&二胡教室5周年を記念する
「太田久遠二胡演奏会」を開催しました。
若手実力派№1の太田氏を初めて迎えた記念すべき演奏会は、二胡の持つ温かくやさしい音色で満ち溢れ、特別出演の茶泉教室講師佐藤潤子先生と伴奏の釜萢圭子先生とともに、大いに息の合った演奏を聴かせてくれました。
また、演奏終了後、記念の懇親会が開催され、参加した関係者らは、時間を忘れて懇親を深めていました。




茶泉
“深春”なごみ茶会を開催(2014/4/27)

4月27日(日)、茶泉にて「深春なごみ茶会」が開催されました。花の香りいっぱいのアイスメイクイ茶の歓迎茶に続き、茶席では、中国茶インストラクターの小林真由美が「梅家烏龍井茶」」を、高橋麻記が「九曲紅梅 金芽茶」をそれぞれ淹れ、たっぷり愉しんでいただきました。



「常滑急須作家・伊藤雅風作品展」を開催(2014/2/19~23)

2月19日~23日の5日間、「常滑作家・伊藤雅風作品展~中国茶と出逢う~」を茶泉ギャラリーにて開催しました。
六大古窯の一つである常滑焼は朱泥煎茶器で知られる急須に定評があります。今回、若手作家の伊藤雅風氏が中国茶と出逢い、触発され、作り上げた作品40点余りを初めて東京で紹介し、大変好評を博しました。
また、作家の来店された19日夜、「伊藤氏を囲む会」を開催し、参加した愛好家の方を前に、制作現場や常滑焼の現況、将来などをじっくりお話して頂きました。




茶泉 
“深秋之韻”なごみ茶会を開催(2013/11/24)

11月24日、茶泉にて「深秋之韻なごみ茶会」が開催されました。柚子の香りの雁が音茶の歓迎茶に続き、茶席では中国茶インストラクターの小林真由美が「水沙連野生紅茶」」を、高橋麻記が「金観音烏龍茶」をそれぞれ淹れ、たっぷり愉しんでいただきました。



茶泉 
“新緑”なごみ茶会を開催(2013/5/26)

5月26日、茶泉にて「新緑なごみ茶会」が開催されました。アイス酸梅湯の歓迎飲に続き、茶席では、中国茶インストラクターの小林真由美が「三峡碧螺春」」を、高橋麻記が「梨山碧緑渓茶」をそれぞれ淹れ、たっぷり愉しんでいただきました。



茶泉7周年記念コンサート


「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催
(2013/4/28)

当店7周年を記念し、4月28日、China Tea 茶泉にて、「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催しました。
今回もダイナミックな古筝の音色と透き通った美声が満席に響き渡り、参加者は新茶の香りとともに愉しんでいただきました。また、バリトン歌手の崔宗宝さんか飛び入りで1曲披露され、思わぬプレゼントに皆さん大喜びでした。





茶泉 “こいはる”なごみ茶会を開催(2013/3/20)

3月20日、茶泉にて「“こいはる”なごみ茶会」が開催されました。
今回は、「春よ来い」「春に恋する」をかけて、春分の日にふさわしい春の息吹を感じるお茶をセレクト。
茶席は、前回に続く中国茶インストラクターの小林真由美が「文山包種 炭火焙煎」を、高橋麻記が「プーアル生茶 三月春」をそれぞれ淹れ、たっぷり愉しんでいただきました。




茶泉 深秋なごみ茶会

―大地の恵みを味わう―を開催(2012/11/23)

11月23日、茶泉にて「深秋なごみ茶会―大地の恵みを味わう―」が開催されました。
今回は、テーマに沿って香り高く発酵度の高い烏龍茶をご用意し、中国茶インストラクターの小林真由美、高橋麻記のお二人が優雅な茶芸で淹れてみせました。
「白毛美人席」では「東方美人 白毛猴」が、「山韵粤茶席」では「石古坪烏龍茶」が淹れられ、また店主による二胡演奏も加わり、満席の茶席が和やかで楽しいひと時に包まれました。




丸田望雨 書作展「言葉は歩く」を開催(2012/10/30~11/10)

10月30日~11月10日まで茶泉にて、日本教育書道藝術院同人会評議員で東京書作展審査会員の丸田望雨氏先生による「書作展~言葉は歩く~」が開催されました。
20点ものアートと呼ぶべき作品が店内3方の壁面にずらりと並ぶと、まさしく茶文化にとって「書」な必須のジャンルであることがよく理解できる展覧会でした。期間中は、連日、書の愛好者が次々と訪れ、中国茶とともにゆったりと愉しんで頂きました。




朗読とお茶 こゆるぎの会 VOL.3

ダグダガゴライビョー―祖先の歌―
その3を開催 (2012/10/27)

10月27日、China Tea 茶泉にて、こゆるぎの会「ダグダガゴライビョー―祖先の歌―最終章」を、昼夜2回に分けて開催しました。
これは昨年5月と11月に続く3回目で、長編の叙事詩の最終章となります。中国茶と共に生きる、雲南省の少数民族、トーアン族の創生の歌を、近藤直子といまどりえの両名によって朗読し、また日本語訳した孔令敬(茶友の会会長)によるお話、鈴木誠(フルス日本協会会長)、中澤良二による雲南民族楽器、フルス(瓢箪笛)とバウー(竹笛)の演奏も加え、トーアン族の作った雲南工夫紅茶や生プーアル茶を味わいながら充実した時間を過ごしました。



デビュー1周年記念ライブ

楊雪 二胡演奏会を開催(2012/10/7)

10月7日茶泉にて、プロデビュー1周年を記念した「楊雪 二胡演奏会」を開催しました。今回は、はじめて立ったまま二胡を演奏するスタイルに挑戦し、休憩なしの1時間余りを一人で弾き続け、演奏家としての1年間の成果をたっぷりと聴かせてくれました。また、アンコールでは、茶泉教室の教え子、山形さんとのデュエットで美しい二胡のハーモニーも見せてくれました。




茶泉 新緑なごみ茶会

―大地の息吹を味わう―を開催(2012/5/27)

5月27日、茶泉にて「新緑なごみ茶会―大地の息吹を味わう―」が開催されました。
今回は、テーマに沿って緑茶と烏龍茶の新茶をご用意し、中国茶インストラクターの小林真由美、藤田朋子のお二人が優雅な茶芸で淹れてみせました。
「蜀山翠茗席」では「蒙頂甘露」が、「麗島蒼茗席」では「杉林渓高山茶」が淹れられ、また店主による二胡演奏も加わり、満席の茶席が和やかで楽しいひと時に包まれました。



茶泉6周年記念コンサート


「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催
(2012/4/29)

当店6周年を記念し、4月29日、China Tea 茶泉にて、「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催しました。
ここ数年、数々のコンクールで輝かしい賞を射止めた謝雪梅氏の「弾唱」という弾き語りの世界を、今回も新茶の香りとともにたっぷりと愉しんでいただきました。





詩と音楽と「エデンの妻」を開催(2012/4/8)

4月8日、茶泉にて詩の朗読と音楽がジョイントした企画、「詩と音楽と『エデンの妻』」が開催されました。
出演者は、安川登紀子、田上悦子、岡本るい、アキ小澤、末森英機の個性あふれる方々で、それぞれ、「朗読:嵯峨信之の詩の世界」、「朗読:タゴール、ダンテの詩の世界」、「朗読:金子みすゞの詩の世界」+「ブルースハープ」を順に演じていただきました。会場は用意した席が足りなくなるほどの満席となり、桜の満開の午後をたっぷりと楽しみました。




春宵待 茶泉ライブ

楊雪 二胡演奏会を開催(2012/3/20)

春らしい陽気となった3月20日、茶泉にて「楊雪 二胡演奏会」が開催されました。昨年9月にプロデビューして以来の茶泉での演奏ですが、ほとんど休みなしの1時間を一人で弾き続け、若々しく情熱的な演奏家としての技量をしっかりと印象付けてくれました。参加者には、二胡を習っている方も多く、終始なごやかなムードで春分節を愉しみました。




ファド&フラメンコギターの夕べ
を開催(2012/3/2)

3月2日茶泉にて、哀愁のポルトガル音楽ファドと情熱のフラメンコギターのジョイントライブが開催されました。
各地のライブハウスで歌う注目のファデスタ・MACHAKO(浅井雅子)と実力派ギタリスト・内山ユウキのデュオが息もぴったりの2ステージをたっぷりと聴かせてくれました。また、この日のために取り寄せたポルトガルワインと茶泉特別料理も提供され、参加者のお腹も満足の楽しいライブとなりました。




茶泉 春節なごみ茶会

―福の到来を願って。―を開催(2012/1/29)

旧正月を祝う春節を迎えた1月29日、茶泉にて「春節なごみ茶会―福の到来を願って。―」が開催されました。
今回は、テーマに沿って元気と希望の湧く岩茶と台湾紅茶をご用意し、中国茶インストラクターの小林真由美、藤田朋子のお二人が優雅な茶芸で淹れてみせました。
「武夷招福席」では「陳年鉄羅漢」が、「明鏡玉福席」では「日月潭紅玉」が淹れられ、また茶泉二胡教室の生徒でもある店主による二胡演奏も加わり、満席の茶席が和やかで楽しいひと時に包まれました。




 茶泉二胡教室

 
新春茶話会2012を開催(2012/1/9

 楊興新・日本二胡学院長来る!!

2012年のスタートにふさわしい「茶泉二胡教室・新春茶話会2012」を1月9日、茶泉にて開催しました。
この集いは、著名な胡弓演奏家・楊興新・日本二胡学院長がはじめて茶泉を訪れ、集まった生徒や二胡愛好家の前で特別講義と演奏を聞かせるもので、普段の演奏会では知りえないお話や直接波動が伝わってくるほどの間近での楊先生独特の音色をたっぷりと披露して頂きました。
これは日本二胡学院と提携する茶泉二胡教室ならではの企画であり、満席となった参加者は、最後まで食い入るように熱心に聴き入っていました。



楊興新先生(右)



朗読とお茶 こゆるぎの会 VOL.2

ダグダガゴライビョー―祖先の歌―
その2を開催 (2011/11/27)

11月27日、China Tea 茶泉にて、こゆるぎの会「ダグダガゴライビョー―祖先の歌―その2」を、昼夜2回に分けて開催しました。
これは5月に続く2回目で、中国茶と共に生きる、雲南省の少数民族、トーアン族の創生の歌を、近藤直子といまどりえの両名によって朗読しました。また日本語訳した孔令敬(茶友の会会長)によるお話、鈴木誠(フルス日本協会会長)、中澤良二による珍しい雲南民族楽器、フルス(瓢箪笛)とバウー(竹笛)の演奏も愉しむ盛りだくさんの会となりました。




茶泉 秋のなごみ茶会

―秋風が運ぶ中国茶の香り―を開催(2011/11/3)

秋も深まる文化の日の11月3日、茶泉にて「秋のなごみ茶会―秋風が運ぶ中国茶の香り―」が開催されました。
今回は、テーマに沿って香り高く発酵度の高い烏龍茶2種をご用意し、中国茶インストラクターの小林真由美、藤田朋子のお二人が優雅な茶芸で淹れてみせました。
「秋香鳳凰席」では「鳳凰単そう夜来香」が、「今生無悔席」では「貴妃烏龍茶」が淹れられ、それぞれ特徴ある華やかな香りが、満席の茶席を満たす楽しいひと時となりました。




 
茶泉秋分節二胡ライブ

 小谷純・楊雪 協演コンサートを開催(2011/9/23

秋分の日の9月23日、茶泉にて「小谷純・楊雪 協演コンサート」を開催しました。
今回は、楊雪氏の初めてのプロデビューとなる記念すべきコンサートであり、著名な胡弓演奏家・楊興新氏に師事する兄弟子の小谷純氏とのはじめての協演でもありました。
昼夜2回にわたる演奏は、それぞれ師譲りの深く心に染み入る調べとなり、また、二人で演奏するハーモニーも心地よい二胡の魅力を伝えてくれました。





茶泉5周年記念

朗読とお茶 こゆるぎの会 VOL.1


ダグダガゴライビョー―祖先の歌―
その1を開催 (2011/5/7)

当店5周年を記念し、5月7日、China Tea 茶泉にて、こゆるぎの会「ダグダガゴライビョー―祖先の歌―その1」を、昼夜2回に分けて開催しました。
これは中国茶と共に生きる、雲南省の少数民族、トーアン族の創生の歌を初めて採り上げ、近藤直子といまどりえの両名による朗読、さらに日本語訳した孔令敬(茶友の会会長)によるお話、また鈴木誠(フルス日本協会会長)による珍しい雲南民族楽器、フルス(瓢箪笛)の演奏を愉しむという盛りだくさんの楽しい会でした。





茶泉5周年記念

中国茶会―草若葉繁り新茶薫る―を開催(2011/4/29)

当店5周年を記念し、4月29日、China Tea 茶泉て「中国茶会―草若葉繁り新茶薫る―」を開催しました。
会場には、茶若葉と草若葉の2つの茶席が用意され、中国茶インストラクターの小林真由美、藤田朋子のお二人がそれぞれ「明前西湖龍井」と「阿里山金せん茶」を優雅な茶芸で淹れてみせました。
また、茶席の合間には、二胡の佐藤潤子とピアノ伴奏の釜やち圭子による生演奏が奏でられ、3回に及ぶ茶会がすべて満席となるにぎわいとなりました。




茶泉春節コンサート2011


イエローパッケージ 船出“Voyage”ライヴ」を開催
(2011/2/5)

山本竹勇(津軽三味線)、Tommy-G(サックス&フルート)、わきたにじゅんじ(アフリカンパーカッション)の個性あふれる3人の奏者が、ぶつかりあって生み出すエキサイティングな即興演奏が魅力の、イエローパッケージによる春節ライブが、2月5日、茶泉にて開催されました。
初CDアルバム発表記念のライブとあって、会場は満員御礼の超満席となり、奏者、観客が一体となった熱気あふれるコンサートとなりました。



癒しのキーボードサウンド

「Rakira Live at 茶泉」を開催(2010/11/23)

11月23日(祝)、路上ライブを原点に活動するキーボード奏者&作曲家のRakira(ラキラ)が再び茶泉にやってきました。今回も、美しいメロディーに乗ったラキラの世界を美味しい中国紅茶とともにゆったりと楽しみました。




中秋節ライブ2010

「小谷純 二胡演奏会」を開催
(2010/9/23))

春節に次ぐ大切な節目、中秋節を祝い、 9月23日、二胡奏者・小谷純氏を招き、おいしい中国茶と点心を味わいながら、ゆったりと二胡の音楽に触れていただく演奏会を開催しました。
当日は、2回のステージとも満席となり、茶泉特製の2種の月餅と岩茶を味わいながら、美しい二胡の音色をたっぷりと楽しみました。




アフリカ楽器とギターによる癒しのサウンド

中村達也&hiro のコラボを開催(2010/5/16)

バラパン・サウンドの第一人者でもあるジャズドラマー・中村達也と実力派ギタリスト hiro を迎え、5月16日、茶泉にてバラホーンなどのアフリカ楽器とギターによる演奏会を開催しました。




茶泉4周年記念コンサート

「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催
(2010/4/29)

当店4周年を記念し、4月29日、China Tea 茶泉 ティールームにて、「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を
開催しました。
昨年に続き、今回も謝雪梅氏の古箏演奏に美しい歌唱が加わった「弾唱」という弾き語りの世界を披露し、毎回楽しみに参加してくださる方、初めて触れる方など、思い思いの参加者は、新茶の香りとともに、豊かな時をたっぷりと愉しんでいただきました。





春節ライブ2010

「小谷純 二胡演奏会」を開催
(2010/2/11)

中国で最も大切な祭日・春節を祝い、 2月11日、二胡奏者・小谷純氏を招き、おいしい中国茶と点心を味わいながら、ゆったりと二胡の音楽に触れていただく演奏会を開催しました。
当日は、予定した席数を軽くオーバーする参加者で超満員となり、映像的で個性あふれる美しいオリジナル曲など、1時間あまりをたっぷりと楽しみました。




Tommy-G Jazz Quartet at Chasen」を開催(2009/12/28)

2009年最後を飾る、恒例の年忘れライブ「Tommy-G Jazz Quartet at Chasen」を12月28日、茶泉にて開催しました。
演奏は、茶泉のために特別編成した、Tommy-G(サックス、フルート)、城田有子(ピアノ)、松浦賢二(ドラム、パーカッション)に、内田光昭(トロンボーン)が加わった実力派カルテットで、2ステージ2時間を超える熱演を披露しました。特に今回はサックスとトロンボーンの二管編成によるサウンドの多彩さに、ジャズ本来の醍醐味をたっぷりと味わうことができました。




癒しのキーボードサウンド

“Rakira” Live at 茶泉を開催(2009/11/23)

路上ライブで多くのファンを持つ、キーボード奏者&作曲家のRakira(ラキラ)氏を迎え、季節の中国茶を楽しみながら、ゆったりとRakiraの世界に浸っていただく演奏会を開催しました。
はじめて聴く方も、その音楽に極上の中国茶同様、日々疲れた心をそっとやさしく解き放されたひとときとなりました。



納涼ライブ2009


真夏の夜のボサノバ at 茶泉を開催
(2009/8/1)

今年も恒例の納涼ライブ「真夏の夜のボサノバ at 茶泉」を開催しました。
演奏は、ボサノババンドFAROLITO(ファルリート)のTommy G(サックス・フルート)、佐々木じょうじ(ギター)、
白井たかこ(ピアノ・ボーカル)のベテラン3人に加え、今年は美人サックス奏者・ゆうこ氏とバイオリンの郷子氏が飛び入り参加し、若いエネルギーで花を添えてくれました。
この日ばかりは、茶泉も心地よいボサノバの熱気で溢れ、2009年夏の一夜を楽しく過ごしました。





中村達也による癒しのサウンド

バラホーン&スチールドラムによる演奏会を開催(2009/6/14)

バラパン・サウンドの第一人者でもあるジャズドラマー・中村達也氏を迎え、珍しいアフリカ楽器バラホーンとスチールドラムの演奏会を開催しました。
木琴状の板を叩いてひょうたんで共鳴させる独特の音色は、土の香りを漂わせる豊かなリズムに乗せられて、聴く者を心地よい世界に誘ってくれる、なんともぜいたくなひとときでした。



茶泉3周年記念コンサート

「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を開催
(2009/4/29)

当店3周年を記念し、4月29日、China Tea 茶泉 ティールームにて、「謝雪梅~中国古箏弾唱の世界~」を
開催しました。
今回は、謝雪梅氏の古箏演奏に美しい歌唱が加わった「弾唱」という珍しい弾き語りの世界を披露していただき、
満席の参加者には、恒例の新茶とオリジナルスイーツとともに、豊かな時をたっぷりと愉しんでいただきました。





小谷純 二胡コンサート

    ~春を呼ぶ悠久の調べ~ を開催(2009/3/1)

桃薫る春を迎え、二胡演奏家・小谷純氏を招き、3月1日、茶泉にて二胡コンサートを開催しました。
著名な胡弓演奏家・楊興新氏に師事する小谷氏の演奏は、師譲りの深く心に染み入る調べとなり、特に、素晴らしく映像的で個性あふれる美しいメロディーのオリジナル曲は、聴く者すべてを感動の世界に導いてくれました。



年忘れジャズライブ

Tommy-G Jazz Trio at Chasen」を開催(2008/12/27)

2008年最後を飾る、恒例の年忘れライブ「Tommy-G Jazz Trio at Chasen」を12月27日、茶泉にて開催しました。
演奏は、茶泉のために特別編成した、Tommy-G(サックス、フルート)、城田有子(ピアノ)、松浦賢二(ドラム、パーカッション)の実力派トリオで、2ステージ2時間を超える熱演を披露しました。特に今回はバリのケチャのリズムを参加者全員で表現するなど、これまで以上の楽しい盛り上がりとなりました。



茶泉ライブコンサート

「中川五郎×多田葉子」を開催
(2008/9/23)

人との繋がりを求めて40年以上も歌い続けているシンガーソングライター・中川五郎にサックス奏者・多田葉子が
ジョイントする、茶泉ならではのライブ
を開催しました。
やさしく心に響くメッセージを送り続ける五郎さんに合わせてサックスやクラリネットで応える二人の演奏は、普段
の茶泉とは一味違った温かな熱気を生み、小スペースならではの濃厚な時間を楽しむことができました。





納涼ライブ2008


夏の夜のボサノバ at 茶泉を開催
(2008/8/23)

好評だった昨年に続き、今年も納涼ライブ「夏の夜のボサノバ at 茶泉」を開催しました。
演奏は、ボサノババンドFAROLITO(ファルリート)のTommy G(サックス・フルート)、佐々木じょうじ(ギター)、
白井たかこ(ピアノ・ボーカル)のベテラン3人で、しかもギターとピアノの二人は本場ブラジルから戻ってきたばか
りという気合十分のグッドタイミング。
この日ばかりは、満員の店内に心地よいボサノバのリズムとメロディーが溢れ、興に乗った参加者には踊りだす
方もいて、2008年夏の一夜を楽しく過ごしました。





茶泉2周年 第5回音楽茶会

「中国古箏と新茶を愉しむ」を開催
(2008/4/27)

当店2周年を迎え、4月27日、China Tea 茶泉 ティールームにて、第5回音楽茶会「中国古箏と新茶を愉しむ」を
開催しました。
昨年に続き、今回も古箏演奏家、謝雪梅氏を招き、2ステージ合わせてのべ40名の参加者は、新茶とオリジナルスイ
ーツとともに華麗で表現豊かな古箏の調べと歌唱をじっくりと愉しんでいただきました。


    ≪茶会メニュー

 中国茶
  ・四季春一番摘み
         
  ・明前西山碧螺春

 スイーツ:緑豆あんの抹茶ロール



ベル水彩画展
旅の街」シリーズ編 を開催
(2007/6~2008/2)

2007年6月より8ヶ月にわたり、ベル(すずむらみのる)氏の作品群を順次展示する、「ベル水彩画展
“旅の街シリーズ編”」を茶泉 ティールーム内ギャラリーにて開催しました。
その間、来場された方々は、おいしい中国茶とともに繊細で旅情あふれる水彩画をじっくりと愉しん
でいただきました。



春節音楽茶会

「津軽三味線と中国茶に酔う
を開催(2008/2/17)

春節を祝い、素敵な音楽と中国茶を愉しんでいただく第4回音楽茶会を2月17日、茶泉 ティールームにて開催しました。今回は、竹山流津軽三味線と津軽民謡・国風雲竹流の師範、山本竹勇氏が繰り出すダイナミックで多彩な音色とこれに合わせた中国茶とスイーツに酔っていただきました。

  ≪茶会メニュー

 中国茶:
    1.双龍八宝茶
    2.岩茶 黄観音

 スイーツ:
    小倉抹茶ケーキ



孔令敬先生を囲む新年茶話会
(2008/1/13)

「日本における中国茶文化―その歴史と課題―」を開催

2008年の新春を飾る「孔令敬先生を囲む新年茶話会」を1月13日、午後2時から茶泉にて開催しました。
「日本における中国茶文化―その歴史と課題―」と題して、茶と仏教文化がご専門の孔先生による講義は、とかくマイナーな世界に閉じこもりがちな日本の中国茶の現況を打破する糸口としても教えられることが多く、改めて歴史を見直すことの大切さを感じました。
当日は、東京近県を中心に遠くは青森、大坂からも中国茶愛好家や茶文化に関心を持つ方々が参加し、2時間に及ぶ茶話会を熱心に、またなごやかに過ごしました。
また、午後4時30分から参加者の懇親を深める趣旨の「新年懇親パーティー」を同会場にて開催し、お茶のご縁をさら深める集いとなりました。



年忘れライブ

Tommy-G Jazz Trio at Chasen」を開催(2007/12/28)

2007年最後を飾る、年忘れライブ「Tommy-G Jazz Trio at Chasen」を12月28日、茶泉にて開催しました。
演奏は、茶泉のために特別編成した、Tommy-G(サックス、フルート)、城田有子(ピアノ)、松浦賢二(ドラム、パーカッション)の実力派トリオで、2ステージ2時間近くにわたり、スタンダードナンバーからアジア情緒あふれるオリジナル曲までたっぷりの熱演を披露し、文字通りの年忘れの盛り上がりとなりました。



第3回音楽茶会

古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバと

    台湾銘茶
東方美人のハーモニー」を開催(2007/12/9)


素敵な音楽と中国茶を愉しんでいただく第3回音楽茶会を12月9日、China Tea 茶泉 ティールームにて開催しました。今回は、バロック時代の古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバを採り上げ、LA QUALITÉ(ラ・カリテ)」のメンバーによる演奏を聴きながら、極上の東方美人とスイーツを味わっていただきました。
今回も満席の中、ガット弦の温かいガンバの音色とリコーダー、チェンバロとの意気の合ったアンサンブルに香り高い東方美人が加わり、あたかも中世ヨーロッパの宮廷室内楽を愉しんでるような心地との声がありました。

    ≪茶会メニュー
 中国茶
  1.鮮香柚茶/柚子、開化龍頂
  2.林文経師の東方美人
 スイーツ
  1.抹茶入りチーズケーキ
  2.ガトークラシック
LA QUALITÉ(ラ・カリテ)
 北田契子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 品田哲、岡田恵子(リコーダー)
 平井千枝(チェンバロ)



中国国際茶文化研究会代表団を囲む

                    茶話会を開催
(2007/10/30)

中国国際茶文化研究会代表団が来日されたのを機に、10月30日、China Tea 茶泉にて、日本の中国茶仲間とともに代表団を囲む茶話会を開催し、なごやかに交流会を行いました。
代表団は、多くの著作で知られる姚国坤先生を団長に、兪益武浙江茶文化学院院長、張莉穎先生など7名からなり、茶話会では中国茶の現況のお話や近年注目されている「開化龍頂」を用いた茶芸披露などが行われ、大変有意義な会となりました。





第2回音楽茶会

「ウクライナ民族楽器 バンドゥーラと


         
中国茶の出会い」
を開催(2007/10/8)

ようやく秋らしくなった10月8日、China Tea 茶泉 ティールームにて、第2回音楽茶会を開催しました。今回は、ウクライナ出身のカーチャ・グジー氏を招き、中国茶とスイーツを味わいながら、民族楽器バンドゥーラの演奏と心に響く歌の数々を愉しんでいただきました。
おかげさまで満席の中、ウクライナの美しい音楽に初めて触れた方も多く、中国茶との出会いによる第2回音楽茶会は大変有意義な催しとなりました。


    ≪茶会メニュー
 中国茶
  1.鮮香菊花茶/もってのほか、
         杭白菊、安吉白茶
  2.正山小種有機茶 添桂花醤
 スイーツ:アップルケーキ茶泉風

鮮香菊花茶



納涼ライブ


真夏の夜のボサノバ at 茶泉を開催
(2007/8/10)

中国茶館で気軽に素敵な音楽を愉しんでいただく趣旨で、暑さ本番を迎えた8月10日、納涼ライ
ブ「真夏の夜のボサノバ at 茶泉」を開催しました。
演奏は、実力派ボサノババンドFAROLITO(ファルリート)のメンバーでもある、Tommy Gのサッ
クス
と佐々木じょうじのギター、さらにゲストとして白井たかこのボーカルが加わり、洗練された大
人のボサノバの魅力を2回にわたるステージでたっぷりと披露していただきました。





茶泉一周年記念イベント

中国古箏と新茶を愉しむ会を開催
(2007/4/30)

当店オープン1周年を迎え、平成19年4月30日、China Tea 茶泉 ティールームにて、
「中国古箏と新茶を愉しむ会」を開催しました。
定員20名のゆったりとした会場は、午後1時からと午後3時半からの計2回とも満員御礼と
なり、2回目は補助イスまで出る盛況ぶりでした。
参加者には、この日のために特別に入手した梅家塢龍井百年老茶樹と四季春明前茶の
新茶および茶泉オリジナルスイーツを味わいながら、中国古箏演奏家・謝雪梅氏の繊細
かつダイナミックな演奏をたっぷりと愉しんでいただきました。


武夷山出身の古箏演奏家・謝雪梅氏の華麗な演奏


茶泉主宰者による茶芸とお茶の解説


新茶のさわやかな香りに深みを
プラスした百年老茶樹の龍井茶

               

習軒流煎茶道恵舟会様からお祝いのお花も
謝謝

<茶会メニュー>
 ●西湖龍井茶スイーツ
  茶 
:梅家塢龍井

  品 種:百年老茶樹
  栽培地:杭州・梅家塢村
  摘採日:200745

  淹れ方:蓋碗式

  スイーツ:茶泉丸菓 抹茶風味

 ●台湾烏龍茶+スイーツ
   茶 名:四季春明前
 
 品 種:四季春
 
 栽培地:台湾・桃園県
 
 摘採日:20073月初旬

  淹れ方:工夫茶式

  スイーツ:杏仁豆腐
       千日紅シロップ掛け



能仲ヤツヲ画伯

「わたしの世田谷」
表紙原画展を開催 (2006/10/1~31)

世田谷タウン誌「月刊わたしの世田谷」は、創刊15周年を記念し、
平成18年10月1日~31日まで、China Tea 茶泉 ティールーム
にて表紙の原画展を開催しました。
訪れた方々には、懐かしい世田谷の原風景を優しいまなざしで描く
能仲ヤツヲ画伯の世界を、美味しい中国茶とともにゆったりと
お楽しみいただきました。


                       


                                 トップページ⇒
  Chine Tea Cha Sen.