第2章 INDEX

「我が家の車:XANTIA V-SX `96」



1.Xantiaはどのくらい壊れる?

まだまだ走行距離の短い我が家の Xantia号 ですが、故障らしい故障はありません。( 2.6万km 走行時点)今までの修理経歴は

  1. 購入時、リアの車高が標準値 MAXより 5mm 高かった。再調整。
  2. プレッシャーレギュレータ部から LHM 微洩れ。配管ニップル部の締込み強化。
  3. リコール処理により、補機ベルトテンショナー部交換。
  4. ATストレーナー分解掃除。(SHOP推奨)

ショップのデモカーを中古で購入、97,8月現在2.6万キロの走行ですが特にやれたところも見られず、この車の生涯で今が一番良いコンディションだと思われます。

2.乗った感触は?

良く、「柔らかい?」と聞かれるシトロエンですが、Xantia V-SX の乗り味は言葉でなかなか表現しづらい感触です。

  1. ロール方向の揺れは少なく、非常に良く踏ん張る。
  2. ブレーキ時の ピッチングモーション も少ない。(少しふんばりすぎ?)
  3. 路面のうねりによって引き起こされる車の上下動の周期が長い。(ゆらゆらクラウンのよう!)
  4. ただし、ふわふわしない。
  5. 段差を乗り越えても腹にずしんとこない。
  6. バネ下共振域(路面の小刻みな突き上げ)はごつごつする。

前後左右に突っ張った感じでフラット感が高く、時として硬いと評されるこの車が、まったく逆の「気持ち良い」「柔らかい」と感じる所以は、どうもこあたりにあるようです。 「四方に突っ張っているがバンバン跳ねない車」 というところでしょうか? うーん、不思議だ。

3.その他、各年式の特徴

95モデルで変更されたところを判る限り書き抜いて見ます。

***工事中***

4.履歴

96/10

96/11

96/12

97/4

97/6

97/8

97/10

98/4

98/5

98/6


何でも結構です。感想をいただければうれしいです。