第3章 INDEX

「ハイドロの情報なんでも!」



ハイドロは、「特殊なサスの一形態」にすぎないのでしょうか?

ハイドロが世に問われた当時と今とで、車に求められる「テーマ」に大きな違いはないのでは..と考えたとき「シトロエン」が面白くなりました。

私はこう考えています。 ハイドロとは「油圧」によって「車体の統合制御」を狙った、当時のハイテクカーだったのではないかと。(いわば90年代の車が、「電気」を使って、乗り心地と安定性の両立を狙ったように。)

そう考えると、ハイドラクティブを含むハイドロの進化は当然の流れで、一般的な機構に対し「異なる手法で、理想を目指し」て挑戦した、とも言えると思うのです。 世界標準である金属ばね車との勝負は決してしまったのでしょうか?

私は、Xantiaに乗って、そのアドバンテージを感じています。

興味本位に、電卓をたたいて遊んだりしている内容を以下に集めてみました。けっこうお堅いので興味のある方のみどうぞ。また、情報は随時募集中です。ご意見、ご要望お待ちしています。


INDEX

ハイドロシステムの原理(初めてハイドロに触れる方へ)

ハイドロの基本的な構造

ハイドロを使いたかった理由 / ハイドロってどういう物なのでしょうか?

緊急レポート:SX vs V-SX


Xantia各部の特徴(Xantiaのオーナーへ)

サスペンション関係

ブレーキ関係

圧力要素

パワーステアリング機構

XantiaのAT


性能に関する考察(興味のある方へ)

実験、検討コーナー

参照


情報の貯金箱(オーナー間の情報交換コーナー)

資料、オーナーによる技術的な話題etc.

参考文献、資料

Voice & Voice
Voice & Voice2
Voice & Voice3
Voice & Voice4
Voice & Voice5
Voice & Voice6
Voice & Voice7
Voice & Voice8**new**
特別室 オーナーお任せコーナー

OONAMI'S Voice / 大幅マイナーチェンジ前と後、両方のオーナーとなられた方のインプレッションです。要チェック!

お道具箱のコーナー / masamasa さんのアニメーションカーソルはこちら。

 


何でも結構です。感想をいただければうれしいです。