US CPA
クライミング
プライベート
サイトマップ
What's New
リンク

US CPA合格記 (2001年9月7日)

2001年8月7日、待望の合格通知が届きました。
昨年9月末から始めて、およそ7ヶ月の勉強で合格できたのは結構ラッキーな方でしょう。
昨年の7月末の退職後、1ヶ月の完全休養、1ヶ月の将来計画検討、設計、準備ときて、7ヶ月の勉強、3ヶ月の結果 待ち生活と言う具合にあっという間に1年が過ぎてしまいました。

勉強を始めた時点での私は、会計学は「ちょっと勉強すれば簿記3級が受かるかな」という程度、英語はTOEICの最高点記録が735点という状態でした。ほぼ白紙状態と言っていいでしょう。ここから7ヶ月でUS.CPA合格レベルまで引き上げることができたわけです。
合格したときには本試験での財務会計の得点が91点、TOEICが875点にまで実力がついていたわけですから、我ながら「よくやったなぁ」と思います(笑)。

最終的な得点と、得点分布は下記の通りで、自分で感じた手応え以上に点が取れました。
得意だと思っていた理論科目(LPR,AUD)より計算科目(ARE,FARE)で点が良かったのは意外でしたが、調整加算点の結果 かも知れません。

 
LPR

80

AUD
84
ARE
90
FARE
91

 

 




 
SECTION CONTENT AREAS
%
LE50 51-60 61-70 71-80 81-90 GT90
AUD PLAN THE ENGAGEMENT

40

 
 
 
 
 
OBTAIN AND DOCUMENT INFORMATION

35

 
 
 
 
 
REVIEW THE ENGAGEMENT
5
 
 
 
 
 
PREPARE COMMUNICATIONS
20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
LPR PROFESSIONAL AND LEGAL RESPONSIBILITIES
15
 
 
 
 
 
BUSINESS OEGANIZATIONS
20
 
 
 
 
 
CONTRACTS
10
 
 
 
 
 
DEBTOR-CREDITOR RELATIONSHIPS
10
 
 
 
 
 
GOVERNMENT REGULATION OF BUSINESS
15
   
   
 
 
 
UNIFORM COMMERCIAL CODE
20
 
 
 
 
 
PROPERTY
10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FARE CONCEPTS AND STANDARDS FOR FINANCIAL STATEMENTS
20
 
 
 
 
 
TYPICAL ITEMS IN FINALNCIAL STATEMENTS
40
 
 
 
 
 
SPECIFIC TRANSACTIONS AND EVENTS IN FINANCIAL STATEMENTS
40
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ARE FEDERAL TAXATION/INDIVUDIALS
20
 
 
 
 
 
FEDERAL TAXATION/ CORPORATIONS
20
 
 
 
 
 
FEDERAL TAXATION/ PARTNERSHIPS
10
 
 
 
 
 
FEDERAL TAXATION/OTHER
10
 
 
 
 
 
GOVERNMENTAL AND NOT-FOR-PROFIT ORGANIZATIONS
30
 
 
 
 
 
MANAGERIAL ACCOUNTING
10
 
 
 
 
 


記録によると私の総学習時間は約774時間(ビデオ講義視聴時間を含む)でした。一般 に合格まで1000時間程度の勉強が必要と言われていますが、それほど勉強しなくても済んだということになります。

大きな賭けでしたが、結果からいけば会社を辞めて短期合格を目指したことは正解でした。フリーになって勉強に集中できたからこそ、合格できたのだと思います。働きながらの勉強では、集中できないままズルズルと時間だけが過ぎて、いたずらに渡航、受験を繰り返していたことでしょう。

学習方針は結局、最初の5ヶ月で一通りのことを学び、後の2ヶ月はとにかく問題演習で弱点を克服するという戦法となりましたが、今から振り返ると、これは試験対策としてはかなり有効です。この試験は暗記勝負的な側面 が強いので、受験勉強が長期にわたるとかえって不利になるのではないかと思います。ズルズルと長期間にわたって勉強をしても、前に勉強したことをドンドン忘れていきます。 殊に30を過ぎると記憶力と言う点で、大幅にハンディが出ます。私自身、学生の頃ならこんなはずじゃなかったと思わされることが多かったです。そういった意味でも最後の2ヶ月の追い込みは非常に効果 的だったと思います。

働きながら勉強する方でも試験直前1ヶ月は仕事を多少犠牲にしてでも集中してWILEYの過去問題をとにかくできるだけたくさん解くようにすべきです。可能なら試験1週間前ぐらいから休暇を取って缶 詰になって勉強するのも効果的だと思います。それぞれのレベルにもよりますが、直前の追い込みで10点ぐらいは簡単に得点アップできます。

資格を取得して転職することをすでに決めているなら、仕事をしながら1年ぐらいコツコツ勉強して、試験直前2ヶ月前ぐらいに退職して集中学習で追い込んで1発合格を狙うという手もありかなぁ、なんて思ったりもします。そうすれば無職の期間が短くて済むし、この試験は半年に1度行われるので、万が一1発でクリアできなくても半年だけ待てば、また受験できます。また、1回目の受験で2科目か3科目だけでも合格していれば、2回目で全科目合格の可能性はさらに高まります。

転職を決意した時「キャリアチェンジして一から出直す」ことを選ぶなら資格は大きな武器になりますが、資格取得はあくまで手段であって目的ではありません。 この5月試験で何人の日本人CPAが誕生したのか私は知りませんが、試験にPASSして漸くスタートラインに立てた気がしています。大手監査法人への就職も決まり、私の公認会計士のハシクレとしての生活が近々始まろうとしています。 これからは今まで以上に努力、勉強が必要になるでしょう。兜の緒を締め直して頑張るつもりです。

これが合格通知です。

BACK