発音が下手でも大丈夫(2)

「発音」より「リズム」が大事ですから。

「発音は独習が難しい上に、リスニング力アップの決め手でもない」というのが、前回の主旨でした。この「発音」とは、正確にはSやLなどの個別の音(個音、単音)の発音のことです。

「発音」より大切な「リズム」とは?

「発音」とは別に、「リズム」があります。リズムとは、英語に交互に現れる「音の強弱」のこと。学習者にとってのリズムの最大の特徴は、「気付き」の難易度が低い点です。したがって、方法を大きく間違わなければ、リズムは身に付けることが比較的容易ですし、リスニング力アップへの効果も絶大です。「発音」と比較すると、その重要度の差は、

発音1 : リズム4

というぐらいの差があります。私自身、SやLのような基本的な音(発音)をマスターできてなかったのに、問題なく、海外ドラマの英語を聞き取れ/話せるようになりました。それは、リズムを押さえることに成功していたからです。したがって、この連載ではリズムの習得に重点を置きます。(STEP 3以降)

「リズム」よりさらに大切な「意味の理解」

しかし、リズムよりもさらに基本的で、大切なものがあります。それは、英文の意味を理解すること。リスニングでの重要度でくらべると、

発音1 : リズム4 : 意味を理解する5

リスニングができないという人は、単に「英文解釈」できた時点で満足して終わっていることが非常に多いんです。これはまだ、頭での理知的な理解の段階です。英文の意味が本当に「通ってる」とは言えません。この段階の「理解」だと、英文が「スムーズに読めない」という現象がよく現れます。

「意味の理解」は誰でも上達する

その対策=英文の意味を「通す」回路を作るには、同じ英文を、頭の中で何度も何度も転がし続けるしかありません。(→STEP 1の「言語習得の自然なプロセス」) 具体的にはSTEP 1で「セリフを口になじませ」、STEP 2で「さらに口・耳を慣らし」ます。

STEP 1・2「意味を通す」トレーニングのいい所は、誰でもほぼ機械的に成果をあげられること。発音練習のように「気付き」が必要ないからです。また、リズムが自己流&発音が下手でも、取り組めます。

このように成果が確実である上に、先ほど言ったように、リスニングへの貢献度が高い「意味を通す」練習。この連載ではリズムの練習(STEP 3〜)より優先して、まっさきに行います。(STEP 1・2

  • リズム…STEP 3・4
  • 意味の理解…STEP 1・2

みなさん、発音練習は、もうしなくていいんですよ(^−^)。この連載でも、発音のトレーニングには重点を置きません。発音は、リスニングや英語を話すことへの貢献度が低いし、努力に対する成果も不確かだからです。

【参  考】 おすすめ教材

リズムについて早く知りたい方は、UDA式の「30音英語リズム」DVDの商品説明ページを見てください。このページのビデオクリップで、リズムの全体像がつかめ、実際にいくつかのサンプルで練習ができます。これで、いきなりリスニングへの効果が出た人は、DVDの購入をおすすめします。(サンプルのような練習素材がたくさん入っています。)

私の連載は、この日本最高の教材で効果が出ない人が対象です。「30音英語リズム」のリズム概念はシンプル&ベーシック。独習者が意識すべき基本的なポイントだけを打ち出しています。しかし、(以下、ビデオクリップを見た人だけ読んでください。)、それでも、難しすぎると感じる人がいる・・・。その人にとって、この教材が一足飛びに上を目指しすぎているからです。もっともっと、やさしい所から始めなきゃ(^−^)。それがこの連載です。「30音英語リズム」に至る前段階を扱い、その最終ステップとして、さらに上を狙う人のために再びこのDVDをすすめます。