発音レッスン実況中継(2)

YouTubeの人気動画「なかよしラッコ」で英語のリズムをマスター

バンクーバー水族館に「なかよしラッコ」を見に来た母子の会話を題材に、英語の「緩急リズム」をつかみます!

まずは、YouTubeで500万ヒットを記録している映像をお楽しみください!

「キューート!」、「アドーラブル!」などの歓声が聞き取れましたか?(^−^)

cute は日本語の「かわいい」とほぼ同じ。女の子・子供・動物…何でも、「かわいい」ものに使えます。

adorable は、典型的には赤ちゃんや幼児のかわいらさしさのイメージ。「まあ、あいらしい! かわいらし〜い」という感じで、女性がよく使います。日本語の「あいらしい」には、「らしい」というところに、やや大人の視点が入っていますね。adorableもそれと似ています。cuteのほうは、性別・年齢かんけいなく、誰が使っても大丈夫ですよ(^−^)。

さて!きょうの聞き取り個所は、0分25秒〜30秒 の母子の会話。

では、課題を出します。
ビデオの操作は大丈夫ですか? 画面左下にあるのが「再生/一時停止」ボタンです。

1. 0分25秒〜30秒 の母子の会話を書き取ってください。

カッコ内の単語は、1つとは限りません。

子供: () let go.「○○だね!」
ママ: () ?「なあに?」
子供: () let go.「あのこたち、○○だね!」
ママ:() .「そうね(^−^)」

let go は、「手を離す」という意味です。

何度聞いてもOKです。

※ 書き取ってから、下のほうにお進みください。

どうでしたか? 前回よりも簡単でした? 難しかった? このレッスンで聞き取れるようになりましょう!(^−^)

2. 答え合わせをしましょう。

子供:( They don't wanna ) let go.「手を離したくないんだね!」
ママ:( What ) ?         「なあに?」
子供:( They don't wanna ) let go.「あのこたち、手を離したくないんだね!」
ママ:( No ) .           「そうね(^−^)。」

お母さんの言葉は、とても「まのび」していて、まさか "What?" や "No." だっ たとは…という人もいるかもしれませんね(^−^)。

こんなに遅いのは、「子供相手だから」ということも少しはありますが、英語の 「話すスピードの緩急」(緩急リズム)からくる必然的なこと。誰を相手に話し ても、これに近い「遅さ」になりますよ。

ちなみに、お母さんの最初の言葉をフルセンテンスで言い換えると、

What? → What did you say?「何て言ったの?」

となりますが、どちらの言い方でも、言うのにかかる時間はほぼ同じです。

What? → What did you say?「何て言ったの?」
0.9秒   やはり 0.9秒前後になります

(えっ!)

不思議でしょう? 英語では、

単語数が多少増えても、「同じ内容を伝えるのには、同じ時間しかかけない」

という重要な話し方(リズム)のルールがあるんです。

お母さんは "What?" と言うのに 0.9秒かけていて大変「まのび」して聞こえますが、これは「1語だけのセンテンスだから長い」のです。かりに、"What did you say?" と言うとしたら? …やはり 0.9秒前後しかかけない(!)ので、われわれには「大変速く」聞こえることになります。

日本語とはずいぶん違いますね? 日本語の話し方の習慣では、1音節を言うのにかける時間は、いつもほぼ均等。だから、それとは異質な、「緩急自在」の英語が聞き取りにくいんです。

たとえば、He's great.(2音節)なら聞き取れても、He looks great.(3音節だが、発音時間は前の文とほぼ同じ)が聞き取れない。I have to.(3音節)なら聞き取れても、I'm going to have to.(5音節。発音時間はほぼ同じ)は聞き取れない…。そんな経験、ありませんか?(^−^)

もう1つのお母さんのセリフ "No." についても、同じことが言えますよ。

No.  → No, they aren't.「そうね。」
0.8秒      やはり 0.8秒前後になる
1音節     3音節

この英文の緩急(リズム)の法則、

単語数が増えても、同じ内容を言うには同じ時間しかかけない

この法則は、リズムの練習(「弱く・速く」言っている個所を「弱く・速く」再現する)をしていく際に、とても役立つ“補助輪”になります。今日はこの法則にのっとって練習していきます。

3. もう一度聞いてみましょう。

子供:( They don't wanna ) let go.
ママ:( What ) ?
子供:( They don't wanna ) let go.
ママ:( No ) .

お母さんの言葉の聞き取りは、もう大丈夫? 今日は、子供のセリフが聞き取れ るようになるよう、「再現/リスニング」の練習をしていきます。

カッコ内の部分は非常に「早口」です。最初の子供のセリフの時間を計った所、 前半と後半にかける時間は、それぞれ、次のようになっています。

00:25〜00:26  ( They don't wanna ) let go.
            0.5秒         0.9秒

うん、前半のほうが時間が短いですね。一方、音節数で比較すると逆転します。

00:25〜00:26  ( They don't wanna ) let go.
            4音節         2音節

このように、音節数では2倍ある前半部分を、時間は約2分の1しかかけずに素早く言っています。ということは、1音節にかける時間は、なんと、1:4の比率!

00:25〜00:26  ( They don't wanna )    let go.
            0.12秒/音節      0.45秒/音節

こんなに「激しい緩急(速い・遅いの差)」をつけられては、日本語の「平等なリズム」が体にしみついている我々には、聞き取れないはずですね!

★聞き取れない部分は、速い

さて、もう、どうすればいいか見当がつかれたのでは?(^−^)

そうです! センテンスの一部分だけを「速く」言う、英語の「緩急リズム」の習慣を、我々がつければいいのです。

今日は、そのやり方を説明しますので、一緒にやってみましょう。

そうです! こちらも、センテンスの一部分だけを「速く」&「弱く」言う習慣をつければいいのです。これは、英語のリスニングの最大の急所です。これを押さえるだけで、今まで聞き取れなかった英語の半分〜8割が聞き取れるようになります。(ただし、STEP 1・2の「英文をつっかえずに読む」訓練が出来ていることが前提です。)

今日は、そのやり方を説明しますので、一緒にやってみましょう。

4. They の th の音

今日のお題は、次の1文。子供の最初のセリフです。

00:25〜00:26  ( They don't wanna )   let go.

その前に、They の発音。

They の th の「発音」、気になりますか?

th の「発音」が苦手な人。音は“テキトー”でいいです。[ゼイ]、[デイ]、 [ネイ]、あるいは「聞こえたとおりの音」でかまいません。

…ところで、この子供の They の th の音、聞こえますか? おそらく、「聞こ えない」と思います。聞こえたとしても、「なんだか、はっきりしない音だな あ」という印象ではないでしょうか。

はい、それが正解です!(^−^)

[ゼイ]、[デイ]、[ネイ]…なんでもいいのですが、1つだけ確かなのは、それが 「なんだかはっきりしない音」だということです。

けっして、[ゼ!イ]、[デ!イ]、[ネ!イ]…というような「はっきり・くっき り」した輪かくを持つ音ではありません。

これには違和感を持つ人が多いと思いでしょうね。th というのは、上の歯の裏 と、舌を接触させ、その接触面の間を息が通り過ぎる音です。…ややこしいです ね?(^−^)

発音やリスニング教材に出てくる th の音は、この特徴をきわだたせようとし て、この「歯の裏と舌の接触面を通り過ぎる息」を非常に強くしています。その 結果、息が通り過ぎる際に、舌が「ぱちっ」と音を立てて離れるため、まるで 「破裂音」(t, d, p, b など)のような、輪郭が「ぱちっ」とはっきりした音 になっています。(ミスリーディングなお手本です。)

しかしこのような、発音やリスニング教材の th の音、これはある種の「モデ ル」にすぎません。理想型と言うか、実際にはあまり聞かれない音です。私も、 そのように「強い破裂音」のように明確に発音される th を会話の中で聞いたこ とは、ほとんどありません。

一方、“実在の” th(有声音の th)は、the や they など「ほぼ常に弱く発音 される単語」でしか使われます。そのときの th は、「ぱちっ」という「破裂す るような音」が一切なくなります。そのかわりに「上の歯から舌が、ねとーっと (または、さりげなく)離れる」時の不明確な音になります。

少し実験してみましょう。

ためしに、「息を吸い込む」、あるいは、「息を外に出さない」意識で、[ゼ イ]、[デイ]、[ネイ](どれでもいいです)と言ってみてください。

「なんだかはっきりしない音」になっていませんか? できれば誰かに聞いても らって、その人が [ゼイ]、[デイ]、[ネイ] とは聞き取れないぐらいに息をおさ えて…(ただし、声帯=母音的な部分=はじゅうぶんに響かせてね!)

[エイ] と聞き取られてしまった方、いいセン行っていますよ。ネイティブス ピーカーでさえ、そのように発音するときがあります。

They の th は、結論を言うと、何と発音しても通じます


この th は極端な例でしたが、一般に、英語が通じる/聞き取れるためには、発音(個別の「音」が正確なこと)は大きな要素ではありません。それよりも、強弱の「リズム」、緩急の「リズム」が大切です。

通じる/聞き取れるための重要度
強弱や緩急の「リズム」8:個別の音の「発音」2

テレビで「アグリー・ベティ」をご覧になっている方は、サルマ・ハエック演じるソフィアの英語をご存知でしょう。母国語を引きずった「スペイン語なまりの英語」なのですが、なまっているのは「音」だけ。「リズム」は完全にナチュラルな英語のものであるために、非常によく「通じる英語」になっています。

「ベティ」を見てない方には…スペイン出身の俳優、アントニオ・バンデラスの英語も同じです。スペイン語には、たとえば母音が5つしかない(日本語と同じですね!)ので、英語の母音をマスターするのは、彼らにとっても難しいのです。しかし、彼らの英語は、「音」は少々おかしくても、「リズム」をしっかりおさえているので、100パーセント通じさせることができるし、ネイティブスピーカーの英語もらくに聞き取れているはずです。

ところで、彼らの英語は、「エキゾチックななまりのある英語」と評され、セクシーな魅力を形づくる要素の1つになっています。我々も、英語の「リズム」をしっかりおさえてセクシーな英語を話しましょう!(^−^)

5. ワン・ツー・スリーのリズムで(3音節)

they の発音で時間を食ってしまいました。結論は、「何と発音しても通じるか ら、テキトーにあいまいな音を出しておけばいい」のでしたね(^−^)。

元に戻りましょう。きょう聞き取れるようになりたいセリフは、

00:25〜00:26    ( They don't wanna )   let go.

カッコの部分が「速すぎて聞き取れない」ので、それを聞き取れるようにトレーニングするのでした。

課題文を少し短くします。

They let go.

と、「普通に」言ってみてください。

[ゼイ・レッt・ゴー] …

「ワン・ツー・スリー」のリズムで、均等にアクセントを置いて、で結構です。

They    let    go.
0.5秒 0.5秒 0.5秒

うん、これは、簡単ですね!(^−^) 「均等にアクセントを置く」のは、日本語と同じですから。次は、少し難しくなります。

6. タタ・タッ・ターのリズム

これは、いきなりやるのは難しいので、ワンクッション置きます。

ワン・ツー・スリー
タタ・タッ・ター

「タタ・タッ・ター」を「ワン・ツー・スリー」のリズムで言ってください。

最初の「タタ」が速いんですよ。「タタ」で1拍。あとの「タッ」が1拍、「ター」も1拍。

続けて言ってみましょう。

ワン・ツー・スリー、(休み)、ワン・ツー・スリー、(休み)…
タタ・タッ・ター、(休み)、タタ・タッ・ター、(休み)…

「休み」の1拍も含めて4拍子です。何の意識もせず、楽に出来るようになるまで、繰り返してください。

7. タタ・タッ・ターのリズムで(4音節)

次に、「タタ・タッ・ター」を They don't let go. に置き換えます。

タ  タ ・タッ・ター
They don't  let    go.

「タタ」の部分が They don't になるんですよ。

分かりにくいかな?

 タ タ ・ タッ ・ター
[ゼイドn・レッt・ゴー]

[ゼイドn] だけが速いんですよ。これで1拍。あとの2語(let と go)は、1 語で1拍ずつ。

ここで、they の th や、don't の d の発音が明確すぎると、スピードについていけないかもしれません。don't の d についても、先ほどの th の説明にあったように、「息を吸い込む(息を外にもらさない)」要領であいまいに発音してください。(d で大きくぱちっと「破裂」させない)。

 タ タ ・ タッ ・ター
[ゼイドn・レッt・ゴー]

出来ましたか?

これは、時間配分で言うと、

They-don't   let    go.
 0.5秒    0.5秒 0.5秒

このようになったわけです。だんだんお手本に近づいてきましたね!(^−^)

8. 6音節に挑戦!

もう、先のやり方がお分かりになったと思いますが、要は

They-don't   let    go.
 0.5秒    0.5秒 0.5秒

の They-don't の所に、もう1単語、押し込めていくわけです。

They-don't-wanna   let    go.
    0.5秒      0.5秒 0.5秒

これは手ごわいですよ。wanna は2音節ですから、今までの They-don't(2音 節)に加えて4音節、いきなり倍増です。

9. タラララ・タッ・ター

They don't wanna let go. は、「タラララ・タッ・ター」のリズムです。 「タラララ」は4連符。1拍の中に4つの音があります。つまり、

タラララ・タッ・ター
 ワン ・ツー・スリー

というふうに、「タラララ」4音が「ワン」1音に対応します。

これを先ほどと同じように、口になじむまで繰り返します。

ワン・ツー・スリー、(休み)、ワン・ツー・スリー、(休み)…
タラララ・タッ・ター、(休み)、タラララ・タッ・ター、(休み)…

これは少し難しいかな?

速すぎると、うまく行きません。1拍が0.5秒ですから、けっこうゆっくりしたテンポですよ。「ワン・ツー・スリー」で確かめてみてください。

遅いでしょう?(^−^)

では、もう一度、「タラララ・タッ・ター」で。

この部分は、今日のレッスンの難所です。「タラララ・タッ・ター」のリズムを完全に自分のものにするまで、何日でも続けてくださいね。うまく行かなければ、数日ほうっておくと、すっと出来たりしますよ(^−^)。とにかく、あきらめないで。

10. 「タラララ・タッ・ター」を英文に!

最後に、「タラララ・タッ・ター」を、課題文に置き換えます。

  タ  ラ  ララ ・タッ・ター
  They-don't-wanna   let    go.

これは簡単ですよ(^−^)。上の10.が出来ていれば、すぐに出来ます。

そして、ここまで出来たら、お手本の子供と同じリズムになっていますから、も う聞き取れるようになっています。おめでとうございます!

今日は10.がとくに難しかったですね。 よくあきらめずに、がんばりましたね!(^−^)

ふー! おつかれさまでした!!
今日のトレーニングはいかがでしたか?

リスニングは、たくさんのお手本を使用して「ドリル」をやっても決して上達し ません。「1つの英文が聞き取れるまで/再現できるまで、しつこくやる」のが 最大のポイントです。

「1つの英文とじっくり向き合う」----これは、リスニングだけでなく英語習得 のカギになる考え方です。達人たちは皆、口をそろえて言っています。

ぜひ参考にしてください。

ラッコちゃんについて

きょう登場した「ラッコちゃん」は、白っぽいほうが女の子(Nyac)、黒っぽいほうが男の子(Milo)です。映像の最後のほうで、2人が手を離したさいに、"He's too sleepy."(おねむさんね)と言う声が聞こえますが、"He" じゃなくて、"She" なんですよね(^−^)。

2頭の現在の様子は、バンクーバー水族館のウェブサイトで、ライブ中継で見る ことができます。屋外映像なので、向こうの昼間(こちらの夜間)にアクセスし てみてね。

なお、YouTube のサイトでは "otters" (カワウソ)となっていましたが、 "sea otters"(ラッコ)のことです。