発音レッスン実況中継(3)

大和証券のドラマ仕立てCM(2007年)で英語のリズムをマスター

リスニングの急所=英語のリズムをつかむレッスン、3回目です。

前回に引き続き、「緩急リズム」=英文の中の「速く」言っている個所を「速く」再現するテクニックをまなびます。

英語には、1つの英文の一部分だけを特別に速く話す(3〜5倍のスピード)と いう、話し方の習慣があり、それが英語のリスニングを難しくする原因になって います。

このCMは現在テレビで流れているので(2007年当時)、できれば、「大和證券」提供の番組で録画して、いい音質のお手本で練習してほしいのですが・・・インターネットでも、この映像を見ることができます!(^−^)

では、練習に取りかかる前に、聞き取れるところまで、聞き取ってみましょう。

1. 空欄の英語を書き取ってください。

カッコ内の単語は、1つとは限りません。

舞台は、大和證券のライバル会社“ブラボー証券”のオフィス。

チーフ: (            )?  「どうした?」
社員A: Daiwa Securities (             ) new service.
              「大和證券が新サービスを…」
チーフ: "Fund Wrap"?    「“ファンドラップ”?」
社員B: (            ) asset management service.
              「資産運用の新しい形を打ち出しています」
社員C: “寝耳に水”です。(日本語)
社員B: (            ).  「たしかに」
チーフ: That (            ) problem.  「やっかいだな」
チーフ: How are they pushing it?    「プロモーションは?」
社員C: (            ) TV campaign.   「CMを盛大に…」
   -- エビちゃんCM映像が流れる --
チーフ: Ebi-chan again?  「またエビちゃんか」
社員A: Ebi-chan again.  「またエビちゃんです」
チーフ:“鬼に金棒”だな。(日本語)

何度聞いてもOKです。

※ 書き取ってから、下のほうにお進みください。

2. 答え合わせをしましょう。

チーフ: ( What's going on )?  「どうした?」
社員A: Daiwa Securities ( have brought out a ) new service.
                「大和證券が新サービスを…」
チーフ: "Fund Wrap"?      「“ファンドラップ”?」
社員B: ( New type of their ) asset management service.
                「資産運用の新しい形を打ち出しています」
社員C: “寝耳に水”です。(日本語)
社員B: ( Sure ).            「たしかに」
チーフ: That ( could be a ) problem.  「やっかいだな」
チーフ: How are they pushing it?    「プロモーションは?」
社員C: ( A huge ) TV campaign.     「CMを盛大に…」
   -- エビちゃんCM映像が流れる --
チーフ: Ebi-chan again?  「またエビちゃんか」
社員A: Ebi-chan again.  「またエビちゃんです」
チーフ:“鬼に金棒”だな。(日本語)

いかがでしたか? シチュエーションはコミカルですが、ビジネスシーンの手加 減なしの英会話です。「ほとんど聞き取れなかった・・・」という人も、問題あ りませんよ(^−^)

3. 英文の解釈

今回は、難しい言い回しも出てきているので、最初に、英文の解釈をしっかりし ておきしょう。

チーフ: What's going on?  「どうした?」

What's going on? は、海外ドラマで大変よく聞くフレーズです。「どうした?」、 「何事か?」という意味。このCMの状況は、上司がオフィスに入ってくると、 部下の社員たちが集まって、何事かごそごそ話し合っている、という状況です。 それを見て、上司が、「何が起きているんだ?」と問いただしているのが、この セリフ。

go on は、「(ものごとが)進行する」。go だけでもこの意味になり、会話で 最頻出です。

例文)
-How did the meeting go?「会議はどう進行したか→会議はどうだった?」
-It went pretty well.「うまく行ったよ。」
例文)
-How did it go with your boyfriend? Did he buy your story?
「彼氏とは(彼氏との話は)うまく行った? あなたの話、信じてくれた?」
例文)
How is it going?「(ものごとは)どのように進んでいるか?→調子はどう?」
How are things going?(上と同じ)

go の「(ものごとが)進行する」感じがつかめました?(^−^)

では、次。

社員A: Daiwa Securities ( have brought out a ) new service.
         「大和證券が新サービスを…」

字幕を補うと、「大和證券が新サービスを打ち出しました/発表しました。」

bring out は、べつに熟語として知っておかなければいけないものではありま せん。ビジネス英語です。企業が新商品やサービスを市場に出す、というときの 決まった言い回し。

チーフ: "Fund Wrap"? 「“ファンドラップ”?」

チーフは、書類にプリントしてある字を読み上げています。

社員B: ( New type of their ) asset management service.
    「資産運用の新しい形を打ち出しています」

asset management service は、「資産運用サービス」。その前の their の聞き取りが、とりわけ難しかったですね(^−^)。

社員C: “寝耳に水”です。

日本語で話しています(笑)。

社員B: ( Sure ). 「たしかに」

この Sure. は、何かを頼まれて、「いいですよ、わかりました。」と快く返事 するときの Sure.(←英会話で最頻出の Sure.)とは違います。

ここの Sure. は、Sure it is.「たしかにそうだ。」の略。もっときちんと言え ば、次のようになります。

この Sure. は、何かを頼まれて、「いいですよ、わかりました。」と快く返事 するときの Sure.(←英会話で最頻出の Sure.)とは違います。

It sure is “寝耳に水”.
It sure is a “寝耳に水”situation.「たしかに、“寝耳に水”状況だな。」

この語順----sure(副詞)を動詞の前に持ってくるのは、違和感がある語順です か? be動詞のときは、こうなることが非常に多いですよ。口になじませてみて くださいね。

例)
I sure am.
I really am.
You really are.

すべて、be動詞を強く・長く発音し、音程も高いです。

チーフ: That ( could be a ) problem.「やっかいだな」

この文の直訳は、「それは、問題になりうる/問題になりかねない。」

この英文は、that を弱く・すばやく発音することもありますが、このCMで は、非常に強く・ゆっくり言っていますね。かなりの強調です。
「“そいつは”やっかいだな。」という感じ。

can / could は、この場合は「出来る」でなく、「そうなりえる」という可能性 を表しています。この用法は、ご存知でしたか? 会話で大変よく使いますよ。

problem を「問題」と訳しましたが、日本語の「問題」は、意味がたくさんあり すぎで、覚えておく訳語としては、不的確。「problem=やっかいなこと」と覚 え直しておくと、迷いませんよ(^−^)。

チーフ: How are they pushing it? 「プロモーションは?」

push は、ビジネスシーンで使うときは、「売り込む、宣伝する」という意味に なることがよくあります。会議で自分のアイデアを「売り込む」のも push です。

この push の用法も、は絶対覚えておかなくてはいけないものではありません。 push は「押す=物に力を加えて、それを押し動かすこと」だというイメージが 出来ていれば、それを抽象的なもの(新サービス)に適用したのが上のセリフだ と分かります。

社員C: ( A huge ) TV campaign.     「CMを盛大に…」

campaign の g は黙字で、「キャンペーン」と読みます。

huge は、「でかい」。日本語の「大きい」は、英語では主に big と large で 使い分けますが、その両者の極端バージョンが huge です。

例)
a large city「(面積が)広い町」  → huge だと「広大な」。
a large sum of money「多額のカネ」 → huge だと「巨額」。
a large amount of ○○「大量の○○(何でもいいです)」
                  → huge だと「ばく大な」。

a big problem「おおごと」 → huge だと「超おおごと」。
a big mistake「大間違い」 → huge だと「とんでもない大間違い」。

日本語訳がくだけすぎているようですが(^^; 実際、日本語の「超〜」に 通じるような、くだけた感じがつきまとうのが、英語の huge です。

基本形の large と big の分担は、分かりますか? large は、単なる物理的な 「大きさ」で、big は物理+抽象的な「大きさ」までカバーするのですよ。

次に行きます。エビちゃんCM映像が流れ、

チーフ: Ebi-chan again?  「またエビちゃんか」
社員A: Ebi-chan again.  「またエビちゃんです」
チーフ:“鬼に金棒”だな。(日本語)

これは、分かりますね(^−^)。一応、説明しますと、このCMは続き物で、 エビちゃんを起用した大和證券のプロモーション攻勢に、われらが“ブラボー証 券”は、いつも押されまくっているのです(笑)。

4. 緩急リズム - どの英文にも応用できる練習法

きょうの課題文は、10秒〜11秒台の「チーフ」のセリフです。

That ( could be a ) problem.

先週の "( They don't wanna ) let go." と同じく、「緩急リズム」が問題。

先週の "( They don't wanna ) let go." は、カッコ内の部分が速くて、聞き取 れない。それを聞き取れるよう、再現練習したのでした。

きょうは、その応用編です。先週の英文は、たまたまきれいに3拍に割り切れた ので、細かいステップに分けて練習できましたが、今回はそうはいきません。

なので、前回より大ざっぱなやり方になりますが、どんな英文にも適用できる方 法で練習していきます。(前回のほうが簡単です。まだの人は、ぜひそちらから やってくださいね(^−^)。)

5. どのぐらい「緩急」のメリハリがあるのか

ではまず、きょうの課題文、カッコ内の部分が「どのぐらい速いのか」をチェッ クしておきましょう。

発音している時間をくらべます。

That ( could be a ) problem.
0.4秒     0.3秒      0.4秒

そして、3つのパートの音節数は、それぞれ、

That ( could be a ) problem.
1音節     3音節      2音節

したがって、「1音節当たりの時間」で比べると、

That ( could be a ) problem.
0.4秒     0.1秒      0.2秒

となり、パートごとに、非常に「緩急」のメリハリがついていることが分かりま す。

ところで、日本語では1音節にかける時間は、いつもほぼ同じ。1つの文の中で ここまでメリハリはつけませんよね。しかし英文では、どんなに短い文でも (1語だけの文はべつですが)、必ずこのような差がつきます。

そのため、耳が“面食らって”聞き取れないのです。

今日は、その「緩急リズム(速い/遅い のメリハリ)」を、お手本通りに再現 することで、聞き取れるようになる練習をしていきます。

6. その前に発音のこと - 強い that

一般に英語の聞き取りでは、発音=1つ1つの「音」の正確さよりも、「リズ ム」のほうが、はるかに重要な要素です。

英語が聞き取れるための重要度
「リズム」8:個別の音の「発音」2

「リズム」とは、英文の中で一部だけ「弱く・すばやく」話して、他の「強く・ ゆっくり」言う部分とメリハリをつける----という、日本語にはない「リズム」 のことです。

この「リズム」をものにすれば、個別の「音」の発音がいまいち出来ていなくて も、英語が聞き取れ、こちらの英語も通じるようになります。

今回の課題文も例外ではないのですが、

That ( could be a ) problem.

That の th の音・・・気になりますか?
気になる方が多いと思うので、一応、解説しておきます。

この th は、かなりはっきり発音されています。

先週のレッスンでは、th の音は、はっきり発音されることはめったにない(の で、発音はテキトーでよい)と説明しました。けれども今回は、例外的に、かな り明確な音になっています。(強い th)

th の音は、よく教科書で説明されているように、「上下の“歯の間”に、舌を あてて発音する音」では*ありません*。

【強い th の音の出し方】-きょうの課題文の th
  1. 「上の歯の裏側」に「舌の先」をあてます
  2. 声帯を「ア〜」と大きくふるわせながら(つまり、声を出しながら)
  3. 「上の歯の裏側」と「舌の先」との接触面に強い息を送り込み、
  4. その息の勢いで、「上の歯の裏側」と「舌の先」がぱちっと離れる

(2)と(4)で、2つの違う成分の音が出ています。この内、(3)の「強い息」に よって「ぱちっと離れる」音(4)は「強い th」に特有の音で、なんと、「破裂 音」である d の音と大変よく似ています。(th は、ほんらい破裂音ではなく、 摩擦音の一種です。)

発音・リスニング教材では、この(4)の音が非常に目立つように録音されています。

いっぽう、弱い th(普通の th)は、(3)の息が微弱なため、(4)の「ぱちっ」と いう破裂音の特徴が消えてなくなります。これが、本来の th です。

【普通の th の音の出し方】--破裂音の特徴がない th
  1. 「上の歯の裏側」に「舌の先」をあてます。
  2. 声帯を「ア〜」と大きくふるわせながら(つまり、声を出しながら)
  3. 「上の歯の裏側」と「舌の先」が、さりげなく離れる時の音

普通の th は、まるで「母音か?!」と思うほどのやわらかい音です。実際に、 しばしば完全に母音化して、them が 'em とつづられることもあるぐらいです。 スペルには現れなくても、they → ey; their → eir; that → at と発音され ることが多々あります。the の場合は、見るべき母音がそもそもないので、音の こんせきさえ残らないことも…。

そんな the を聞き取るのは、上の【普通の th の音の出し方】をマスターする のも助けにはなりますが、そんなことより、リズムを習得するほうが確実です。


さて、今日の課題文に出てくるのは、【強い th】。本来の th にはない、「ぱ ちっと」いう異質な成分が混じる音です。th の音が苦手だと思う人は、上のイ ンストラクションをヒントに、お手本をまねしてみてくださいね。

しかし、出来なかったら、こだわらなくていいですよ(^−^)。その発音が出 来るかどうかは、この英文の*聞き取りには関係ない*からです。

7. 課題文の確認

さて、いよいよ、本命の「リズム」の練習です。

That ( could be a ) problem.
0.4秒     0.3秒      0.4秒
1音節     3音節      2音節
0.4秒     0.1秒      0.2秒←1音節当たりの時間

遅い!  速い   中ぐらい

カッコ内だけが、非常に速いので聞き取りにくいのでしたね。

8. 文を短くする

この文の could be を is に変えます。

That ( is a ) problem.

短いでしょ(^−^)。

That    ( is a )    problem.
0.4秒     0.3秒      0.4秒
1音節     2音節      2音節
0.4秒     0.15秒     0.2秒←1音節当たりの時間

1音節当たりの時間も、平均化されましたね!

この「文を短くする」やり方は、どんな文でもできます。文の意味が多少変わっ てもかまいません。文の構造を崩さないように適当に言い換えてください。

他の言い換え例)
( I'm gonna be ) late. → ( I am ) late.
     4音節                    2音節

( I don't wanna ) go. → ( I ) go.
      4音節                1音節

9. 短くした文で、お手本に重ねて言う

前回は、「タラララ・タッ・ター」などの“補助線”を用いて練習したのですが、 今回はお手本そのものを“補助線”にします。

お手本を再生して、

お手本: That ( could be a ) problem.

と言っているセリフに、こちらは、1音節少ない次のセリフを重ねて言います。

練習者: That    ( is a )    problem.

これで、同時に言い終わるようにします。That と problem は、お手本ときれい に重なるようにしてくださいね。

・・・どうでしょう? 音節が1つ減っているので、言いやすいはずです。


この練習をやる理由は、

That ( could be a ) problem. → That    ( is a )    problem.
0.4秒     0.3秒      0.4秒    0.4秒     0.3秒      0.4秒
1音節     3音節      2音節    1音節     2音節      2音節

このように言い換えて、カッコ内の音節数が1つ減っているのですが、それでも 発音している「時間は変わらない」----それが英語の特徴だからです。

日本語の感覚からすると奇妙ですが、それが英語では普通のこと。先ほどの「他 の言い換え例」でも、

( I'm gonna be ) late. → ( I am ) late.
    4音節                    2音節

( I don't wanna ) go. → ( I ) go.
     4音節                 1音節

言い換え「後」の "I am late." や "I go." は、カッコの部分が大変遅い。 (音節数が少ない文は、全体的にノッペリした、均等なリズムになりやすいので す。) これは、日本語の習慣とよく似ています。したがって、単語数が少ない 文は、聞き取りやすいのです。

それに対して、言い換え「前」の文は、"I go."(1拍+1拍)の "I"(1拍) の所に、"I don't wanna"(やはり1拍)が入るので、非常にせせこましい。 それで、聞き取りにくいのです。

さあ、理由はさておき、

お手本: That ( could be a ) problem.
練習者: That    ( is a )    problem.

の重ね合わせは、できましたか?

きれいに重なっても満足せず、無意識に言えるようになるまで、完全に身に付け てください。"That"、 "is a"、"problem" の3つのパートのスピード感(発音 時間)を体に覚え込ませなくてはいけませんから。

【これも、やってみて】

That の所だけ、「音が大きい」ということも、まねしてください。音量にし て、他の部分の3倍はあります。非常に大きな差ですよ。

【できたら、やってみて】

それから、That の言い始めと言い終わりで音が高くなっているのに気付きまし たか? 音階で4〜5度(ド→ファ、または、ソ へのジャンプに相当)急上昇 しています。これは、できたら、でいいので、まねしてみてください。

音程変化のまねは、「お手本と重ねて」では難しいので、自分は発音せずに、お 手本だけ再生して、音程変化をよく聞き取ってください。楽器をお持ちの方は、 まず楽器で That の「言い始め」と「言い終わり」の音階をチェックするといい ですよ(^−^)。

10. 同じスピード感で、元の文を言ってみる

9. が完全にものに出来たら、文を元に戻します。

練習者: That    ( is a )    problem.
           ↓
練習者: That ( could be a ) problem.

今まで、"is a" と言っていた部分を "could be a" に変えるのです。

9.で身に付けたスピード感がここで役に立ちます。"is a" と言っていた時間 内で "could be a" と言うのですよ。

お手本と、すみからすみまで、重なるようにしてください。

もし could の d をはっきり発音していると、ワンテンポ遅れて、うまく行かな いかもしれません。この d は、「d らしく」はっきり破裂していません。無音 です。なので、[クッビー・ア] と、d の音は省略してください。

・・・出来ましたか? 以上の「重ね合わせ」がきれいに出来ると、もうお手本 の英文が聞き取れますよ(^−^)。

今回は、9.をしっかりやることが最重要ポイントでした。

もしすぐ出来なくても、あきらめないで、また日を変えてトライしてみてくださ いね。それでも出来ない人は、私が電話フォローしますからね!(下の「電話 レッスンのお知らせ」をご覧ください。)

ぜひ参考にしてください。

ぜひ参考にしてください。

おつかれさまでした!!
今日のトレーニングはいかがでしたか?

今回使った「緩急リズム」を制覇する方法は、どんな英文にでも使えます。あま り長い文に最初から挑戦しないでね。次のような短い文の「主語+助動詞やbe動 詞」の言い換えをしっかりマスターするのがおすすめです。

言い換え例)
( I'm gonna be ) late. → ( I am ) late.
     4音節                    2音節

( I don't wanna ) go. → ( I ) go.
      4音節                1音節

左と右のカッコ内の発音時間は同じ、というのがポイントですよ(^−^)。


リスニングは、たくさんのお手本を使用して「ドリル」をやっても決して上達し ません。「1つの英文が聞き取れるまで/再現できるまで、しつこくやる」のが 最大のポイントです。

「1つの英文とじっくり向き合う」----これは、リスニングだけでなく英語習得 のカギになる考え方です。達人たちは皆、口をそろえて言っています。

ぜひ参考にしてください。