「聞ける」「話せる」TOEIC英語力

旧BBSログ-2007/8/26〜2007/9/7


◇-かめっさん式英語習得法への質問-satcha(2007/8/26-23:58)No.11771
 ┗Re:「聞ける」英語力と「話せる」英語力の差-かめっ(2007/8/27-05:19)No.11772
  ┗Re:「聞ける」英語力と「話せる」英語力の差-かめっ(2007/8/27-05:20)No.11773
   ┗Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力-satcha(2007/8/28-07:38)No.11775
    ┣Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力-かめっ(2007/8/28-18:39)No.11777
    ┃┗Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力-satcha(2007/8/29-21:01)No.11780
    ┗Re:「文法や語彙は?」-かめっ(2007/8/31-01:48)No.11781
     ┣Re:「文法や語彙は?」-かめっ(2007/8/31-01:48)No.11782
     ┃┣Re:「文法や語彙は?」-キョロちゃん(2007/8/31-17:37)No.11783
     ┃┃┗Re:「文法や語彙は?」-satcha(2007/9/2-08:26)No.11784
     ┃┗Re:「文法や語彙は?」-satcha(2007/9/2-09:14)No.11786
     ┃ ┗Re:「文法や語彙は?」-かめっ(2007/9/7-12:06)No.11787
     ┗Re:「文法や語彙は?」-satcha(2007/9/2-08:55)No.11785
      ┗Re:「会話体」と「書き言葉」-かめっ(2007/9/7-12:44)No.11788

かめっさん式英語習得法への質問
satcha ・・・2007/8/26-23:58 (No.11771)

かめっさん
ご無沙汰です。satchaです。

新事業へのエンジン始動おめでとうございます。
掲示版みてまっす。コメントをと思うのだけど、 あまりにも問題の範囲が広くて
じっくりと考えなければ、投稿出来なくて、見てるばかりになってます。

そういうことで、私の素朴な質問を、、、
 

 私が、"かめっさん式英語習得法"で疑問に思っていたことがあるのです。

アリーでの聞き取りで英語の聞き取りが出来るようになり、そして、英会話のフ
レーズがインプットされたのですよね。 その間に英会話のアウトプットの方法はど
のようだったのですか?
というか 実際に外国のかたと 英語でお話しするという場、外国人のお友達がいた
の? or英会話学校に通って、実践をしたの?

それともアリーでの聞き取り終了後(例えば3シリーズ走破後?)に外国人のかた
と、話たら、今までのドラマでのフレーズが 自然と口からでてきたのかな?
その辺ところが知りたいです。

 アリー聞き取り後、今度は自分で実運用が出来た過程、、これを知りたいです。
これって、"売り"になるのじゃないかなと思うのよ。

いっぱい?マーク付けたけど、よろしくおねがいします。

Re:「聞ける」英語力と「話せる」英語力の差
かめっ URL・・・2007/8/27-05:19 (No.11772)

No.11771へのコメント
satchaさん、こちらこそ、ご無沙汰です! おげんきそうですね(^−^)

> 私が、"かめっさん式英語習得法"で疑問に思っていたことがあるのです。
>
>アリーでの聞き取りで英語の聞き取りが出来るようになり、そして、英会話のフ
>レーズがインプットされたのですよね。 その間に英会話のアウトプットの方法はど
>のようだったのですか?
>というか 実際に外国のかたと 英語でお話しするという場、外国人のお友達がいた
>の? or英会話学校に通って、実践をしたの?
>
>それともアリーでの聞き取り終了後(例えば3シリーズ走破後?)に外国人のかた
>と、話たら、今までのドラマでのフレーズが 自然と口からでてきたのかな?
>その辺ところが知りたいです。

ああ、すごくいいところを聞いてくださいました!
アウトプットの点、ほんとに「疑問」ですよね。

「アリーで英会話のフレーズをインプットした。
それで英語が聞き取れるようになった、というのは分かる。
でも、アウトプットは別では?」ということですね。

結論を言うとね、、、

****************************

アウトプットは、かめっは今年になって、10時間ほどやっただけ。
英会話スクールと、京都のお宿でね!(笑)
  satchaさんが教えてくれた京都の「外人宿」だよ!(^−^)

で、その10時間で、もう普通に話せます。
つまり、「ドラマのセリフを33話分・・・」やった時点で
「話せる」状態の一歩手前まで来てたっていうことになるよ。
satchaさんはこの結論、予想されてましたけど、
一般の人には意外なことでしょうね。


かめっが考える「英語の習得」の3ステップは、こんな感じです。

 1.中学と高校で教わる英語(文法とかのことですね)
   これが「基礎体力作り」。
 2.英文をたくさんストックする(アリー勉強法のことね)
   これが「英語習得」というプロセスの本体、
   スポーツでいうと「練習」時間の90%にあたるイメージです。
 3.アウトプット、つまり「話す」
   スポーツでいうと「試合」にあたります。

上のようにするののバリエーションとして、
この「試合」を、「練習」の合間に、適宜組み入れてやっていく、
という行き方ももちろんあります。
(satchaさんのように外国の方と接する機会がある方は、そうですね。
あと、英会話スクールに通ってる方も。)

けれども、かめっの場合は、
・・・ほら、「試合」がきらいだったでしょ?(外人恐怖症 笑)
でも、外人さんと話すのがイヤでも、「練習」がちゃんとできていたので、
すぐ「試合」で活躍できた、というイメージですよ(^−^)。

つまり、アウトプットの練習、(試合の練習?!)というものは、
絶対必要ではなくて、10時間ほどの「試合慣れ」でいい!ということなんです。

****************************

Re:「聞ける」英語力と「話せる」英語力の差
かめっ URL・・・2007/8/27-05:20 (No.11773)

No.11772へのコメント
やっぱり、不思議だよね。
でも、事実です。

今からこの学習法を広げていくんですけど、それって、
「3.試合」や「1.基礎体力」が必要以上に重要視されている現状を
変えていく ということとイコールなんです。
それじゃなくて、「2.練習=英文をおぼえること」が英語習得の本体
ですよー!って言わなきゃいけない。
スポーツでは当たり前のことですが、英語界では常識破り。。

それに、「おぼえること」→記憶?暗記?がメインだなんて、
なんだかイヤですよね(笑)
だから、強く、つよく言っていくだけじゃだめです。

かめっみたいな弱キャラの人間が、今までの常識を変えるなんて、、、
ほとんど“不可能事業”だよ(笑)。
実際、これまでこの考えを話した人って、
みんなすごく心の中で抵抗を感じるようなんです。

★ かめっ教への「改宗」率、低いよ(笑)。

だってそうですよね? 今までのいろんな努力を否定されたって感じるのが当然です。

でもね、かめっにも、「それ以前の実り少ない努力」はあったんだよ?
それにこの学習“マップ”は、
「個人差がある」とか、いろんなやり方がある中での「オプション」などとは
到底言えないぐらいの、「事実」に近いものです。

細かい所は「唯一の真実」とまでは言えません。
けれど、下の2つは、誰も否定しようがないことなんです。
  ○「英文をおぼえることがメインでないと、英語は習得できない」
  ○「アウトプットは、英語習得(に近い所まで行く)のに必須ではない」

大変だな。。「誰にも否定できません。」なんて、かめっキャラに合わないよね。
教祖っぽいし(笑)。。。
せめて、これが王道...ですよ(^−^)ぐらいにしたほうがいい??
それとも、先生キャラを身に付けなきゃいけないのか。。


どうしよう。。


********************
satchaさん、思い切って聞いてくださって、ありがとう!
おかげで、とても大事なこと、はじめてきちんと説明できました。

これ、「学習法」の文章の本体に入れると なかなか言いにくかったんですよね。
こういう形でQ&Aみたいに付属させるほうが、読む人にも親切かもしれませんね。

:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力
satcha ・・・2007/8/28-07:38 (No.11775)

No.11773へのコメント
かめっさんは No.11773「Re:「聞ける」英語力と「話せる」英語力の差」で書きま
した。
>やっぱり、不思議だよね。
>でも、事実です。

かめっさん said that
「アリーで英会話のフレーズをインプットした。
それで英語が聞き取れるようになった
つまり、アウトプットの練習、(試合の練習?!)というものは、
絶対必要ではなくて、10時間ほどの「試合慣れ」でいい!ということなんです。」

海外生活なしに英語をマスターする画期的な方法ですね。

わたしもだけど、 英会話学校に週一だけど、もうかれこれ何年通ってるかな?
でもまだ、相づちなどすすぐに出てこないよ。
アリーの聞き取りで会話を覚えてしまったことで、アリーの世界を擬似体験ができ
たのですね。
海外に留学しているのと同じ体験ができたことになるかな、いやそれよりも、もっ
とバラエティに富んだ人達(アリーの仲間のこと)の会話を体験できるということ
ですね。

たった10時間の実践で会話が出来るのすごーーい 

これは今までにない英会話習得法だとおもうけど 、かめっさんのセールスポイント
だよ。

これを前面に打ち出すorトップに持ってくるのが わかりやすいよ、私にとっては、



もう1つ質問です。  文法、語彙について、

 TOEIC 940点(リスニング445、リーディングが495)
リスニングはもちろんだけど、リーディングが満点だものすごーい。
 これってどのように勉強したのですか、

高校の基礎とアリーの聞き取りだけで、495点の語彙と文法が習得出来るの、それだ
とまたまた “海外ドラマ聞き取り学習法”はすごい方法です。

やっぱり語彙文法などは、別途勉強したのでしょう  ('_'?) ほや?

Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力
かめっ URL・・・2007/8/28-18:39 (No.11777)

No.11775へのコメント
このタイトル、すごいですね。書き直してくれたの?

 「「聞ける」「話せる」TOEIC英語力」
      ↑
      ↓
 「海外ドラマが英語で分かる、話せる英語を身に付ける シンプルな学習法」

かめっが自分で書いたコピー文とくらべてみた(^^;
satchaさん、すごいや。「聞ける」「話せる」、短くてインパクトがあるね!

えっと、もう1つのほう、「たった10時間の実践で会話が出来る!」も、
トップに持ってきたらいいんだよね。

うん。どうやって打ち出すか、だんだん見えてきたよ!
かめっがいつもつけるタイトルは、、「要約」?みたいな感じ。
そうじゃなくて、人の心をとらえる「効用」を打ち出してもいいんですね!


>海外生活なしに英語をマスターする画期的な方法ですね。

ああ、satchaさんには、「海外生活なしに」というところがポイントになるんですね。
ジェミニさんにも言われました。「留学せずに」って。

************************

>アリーの聞き取りで会話を覚えてしまったことで、アリーの世界を擬似体験ができ
>たのですね。
>海外に留学しているのと同じ体験ができたことになるかな、いやそれよりも、もっ
>とバラエティに富んだ人達(アリーの仲間のこと)の会話を体験できるということ

そうですね!
今学習法を書いている視点で、「海外生活を疑似体験」というところを
ノウハウ的に言い換えると、

 「DVDで海外ドラマを見る > 実際に海外生活をする」

疑似体験のほうがいい?って、変ですが、
その理由は、「DVDは巻き戻しが出来るから」。

海外でせっかく友達に恵まれても、こちらが英語を勉強中ということを考慮して、
同じことを何度も繰り返してくれるような人は、めったにいませんよね。
複数の会話では、なおさらのこと。

でも、この「繰り返し」こそが、英文を記憶できるか否かの最大のポイントなんです。
相手が繰り返してくれるんじゃなくて、自分が繰り返す余裕がないとだめなんです。
だから、巻き戻しや「ポーズ」が可能な「疑似体験」のほうが、
英語の勉強に適している。。

このことについて、記事をアップしました。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/mono0828.htm

「記憶の仕組み」と題していますが、
これも、「海外生活しても英語がうまくならない不思議」
のような視点でもう一度書き直したほうがいいかもしれませんね。

内容自体はすごく冷静な話で、あまりキャッチーではないのですが・・・。
英語を学ぶ人全員に知ってほしい、最重要な内容です。

感想聞かせてね!

(文法・語彙のお話、またお返事します!)

Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力
satcha ・・・2007/8/29-21:01 (No.11780)

No.11777へのコメント
かめっさんは No.11777「Re:「聞ける」「話せる」TOEIC英語力」で書きました。
>このタイトル、すごいですね。書き直してくれたの?

>かめっが自分で書いたコピー文とくらべてみた(^^;
>satchaさん、すごいや。「聞ける」「話せる」、短くてインパクトがあるね!

いえいえそういうつもりでは、長かったから短くしたのだよ。(w--w)


>かめっがいつもつけるタイトルは、、「要約」?みたいな感じ。
>そうじゃなくて、人の心をとらえる「効用」を打ち出してもいいんですね!

かめっさんのタイトルには、述べたいことがあふれていて、返ってわかりにくい
かな? まず「効用、効果、結果」などを述べて、興味をひき出す、なにかなと
気持ちを本文に移させる様にする。、


下記のお話しは、私にとっては、"目から鱗"度級の話だったよ。これって、
私だけ?
>************************
>
>>アリーの聞き取りで会話を覚えてしまったことで、アリーの世界を擬似体験ができ
>>たのですね。
>>海外に留学しているのと同じ体験ができたことになるかな、いやそれよりも、もっ
>>とバラエティに富んだ人達(アリーの仲間のこと)の会話を体験できるということ
>
>そうですね!
>今学習法を書いている視点で、「海外生活を疑似体験」というところを
>ノウハウ的に言い換えると、
>
> 「DVDで海外ドラマを見る > 実際に海外生活をする」
>
>疑似体験のほうがいい?って、変ですが、
>その理由は、「DVDは巻き戻しが出来るから」。
>
>海外でせっかく友達に恵まれても、こちらが英語を勉強中ということを考慮して、
>同じことを何度も繰り返してくれるような人は、めったにいませんよね。
>複数の会話では、なおさらのこと。
>
>でも、この「繰り返し」こそが、英文を記憶できるか否かの最大のポイントなんです。
>相手が繰り返してくれるんじゃなくて、自分が繰り返す余裕がないとだめなんです。
>だから、巻き戻しや「ポーズ」が可能な「疑似体験」のほうが、
>英語の勉強に適している。。
>
>このことについて、記事をアップしました。
>http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/mono0828.htm

閑話休題の所が重要だ思うよ、これを 最初に持ってくる
この話は、珈琲ブレイクではなくて、メインディシュだよ。

>「記憶の仕組み」と題していますが、
>これも、「海外生活しても英語がうまくならない不思議」

「海外生活なしで、英会話をマスター!!  ほんと???」とか
>のような視点でもう一度書き直したほうがいいかもしれませんね。

>(文法・語彙のお話、またお返事します!)

これもまた、びっくりの話になるのでは、と楽しみにしています。

質問攻めでごめんね

Re::「文法や語彙は?」
かめっ URL・・・2007/8/31-01:48 (No.11781)

No.11775へのコメント
satchaさん

>もう1つ質問です。  文法、語彙について、
>
> TOEIC 940点(リスニング445、リーディングが495)
>リスニングはもちろんだけど、リーディングが満点だものすごーい。
> これってどのように勉強したのですか、
>
>高校の基礎とアリーの聞き取りだけで、495点の語彙と文法が習得出来るの、それだ
>とまたまた “海外ドラマ聞き取り学習法”はすごい方法です。
>
>やっぱり語彙文法などは、別途勉強したのでしょう  ('_'?) ほや?


これは、本当に答えるのが難しいよ、satchaさん。

TOEIC受けるにあたって語彙・文法をやってないのはたしか。
ボキャビルを最後にやったのは、アリーの聞き取りを始める直前です。

アリーの3ヶ月ぐらい前からね、英語の本を読んだり、
NHKのラジオ講座聞いたりしてたのですが、知らない単語ばっかりで。

辞書を引くとですね、学生の時、アンダーラインを引いた跡があるんですよ(^^;
つまり忘れてるんですが、それをまた覚えようとするんですけど覚えられない!!
「もうこの歳で、頭がボケたんだ」と思ってショックでした。
「大人のやり直し英語」で、みんなが通る道???--だと思いたい(^^;

結局、その「ボケ」は克服できなかったんです。
その内に、アリーを見始めて、そのことはきれいに忘れてました。
あ、「せっかく少し覚えなおした単語があんまり出てこない!」
と思ったのは覚えてます。
あんな難しい単語、弁護士でも使わないんだ(^−^)と思って、うれしかった。

ボキャビルとすっぱり縁が切れたのは、アリーのおかげ。
(アリーのセリフが聞き取れれば、それでいいって)
でも、「英語習得」、あるいは、TOEICのような「外部の基準」がある人には、
そこまで思い切るのは、すごく難しい選択になりますね。

アリーのセリフを覚えることは、
高級語彙の「アンラーン」(unlearn)のプロセスでもあったと思います。
だって、せっかくアリー達が簡単な単語を使って巧みに会話をするのに、
かめっの中の難しい単語が干渉するんですよ、やっぱり。

なので、「アリー」と「ロズウェル」の聞き取りを9ヶ月やったあとは、
本当に頭の中が整理された気分でしたよ。要らないものをたくさん捨てて(^−^)。
そして、「会話体」という限られた枠組みの中で、大事な単語・
そうでない単語・特別のときに使う単語などの濃淡がはっきりしました。
1つの完結した英語の体系が出来たんですね。

そうなってみると、もう単語や言い回しの選択でめったにぐらつきません。
今度は、先ほど「忘れた」高級語彙が、どの単語の「言い換え」なのかも、
手に取るように分かるんですよね。

Re::「文法や語彙は?」
かめっ URL・・・2007/8/31-01:48 (No.11782)

No.11781へのコメント
で、そういった難しい単語は、海外ドラマにめったに登場しないのですが、
登場したときは、「なるほど!」って感じで、
すぱっと かめっの中の「体系」に場所を得て、ハマるのです。
こういうことが頻繁に起きるようになったのは、
アリーよりあとのことだけどね。

だから、簡単な単語の運用は、実例の蓄積がたくさんあるから
自信を持ってできるのはもちろんだし、
難しい単語も、会話の中で出てきたやつで覚えてるから、
使える状況を、まあ間違うことはないって感じです。

TOEICに出てくる難しい単語も、そうだよ。
(やっと、TOEICの話^^;)

****************************

しかし、TOEICで本当にクセモノなのは、簡単な単語のほうです。

TOEICのリーディング問題は、複雑な構造の文が少なく(意外?)、
「英文解釈」的に見ると、比較的簡単なんです。
   ※あの・・・比較的ですよ。高校生が解いてる問題は、オニです。文学あり、
    評論ありで、難解そのもの。TOEICのは、それにくらべたら、会話体に近い

解釈や高度な文法よりも!
TOEICのリーディングセクションの隠れた難しさは、
単語や言い回しの微妙な「ニュアンス」の違いを頻繁に聞いてくるところです。
直接聞いてなくても、たとえば、助動詞や待遇話法の細かい「使い分け」が
設問に答える基礎になっていたりします。

「日本語に直すと、おんなじ」みたいな違いが多いですよ。
そういう場合は、教科書や単語集からの知識では太刀打ちできません。
推測だけが頼りになります。

海外ドラマでは、簡単な単語が繰り返しくりかえし出てくるので、
その手の微妙なニュアンスの違いは、いちばん「血肉化」度が高い分野です。
つまり、こちらとしては、「推測」でなく、「知っている」言い方として
さっさと読み進めるわけです。
したがって、よくTOEIC対策として言われるような
高速な情報処理能力やビジネススキルは、必要なくなります。

*****************

satchaさんの答えに、ちゃんとなってないですね。。
海外ドラマなどを通して(会話体でしかありませんが)すでに英語を話せる
という場合に、TOEIC対策として 文法や語彙が必要か--
かめっはノーだと思っているのですが、ちょっとまだ確信がありません。

それとは別に、「もっぱら海外ドラマに接しているだけで英語習得を目指す」
ためには、中学英語プラスアルファの英語力があるならスタートしてOK、
高校までの文法に自信があるなら、もう十二分の基礎体力があると、
こちらは確信を持って言えます(^−^)。

そういう方がけっこう多いですよね?
本当に、もう、「実例の集積」を始めるべきです。
海外ドラマ1話の「実例」で身に付く英語力は、教科書何冊分に匹敵します。
あ、、「教科書では到底身に付かない英語力」ですから、
やっぱり、くらべられません。

Re::「文法や語彙は?」
キョロちゃん ・・・2007/8/31-17:37 (No.11783)

No.11782へのコメント
横レスで申し訳ないんですが・・・つい(^^;

かめっさん、このレス、スゴイ説得力!
satchaさんの質問の仕方がいいんでしょうね、きっと。

こういう「英語習得のためのストーリー」を文章として書けるんだから、
ドンドン書くべきだと思いますo(^-^)o

Re::「文法や語彙は?」
satcha ・・・2007/9/2-08:26 (No.11784)

No.11783へのコメント
キョロちゃんさんは No.11783「Re::「文法や語彙は?」」で書きました。
>横レスで申し訳ないんですが・・・つい(^^;

キョロちゃんさん
他のかたからの、反応がないので、私の疑問があまりにも素朴なのかと
心配してたのです。
 
それともすでに回答はでているのかと、もう一度HPのかめっさん英語学習法シリー
ズを読んだけど見つからない。(斜め読みでさがしたのでもし有ったのならかめっ
さんごめん。

>かめっさん、このレス、スゴイ説得力!
>satchaさんの質問の仕方がいいんでしょうね、きっと。

>こういう「英語習得のためのストーリー」を文章として書けるんだから、
>ドンドン書くべきだと思いますo(^-^)o

Re::「文法や語彙は?」
satcha ・・・2007/9/2-09:14 (No.11786)

No.11782へのコメント
かめっさんは No.11782「Re::「文法や語彙は?」」で書きました。

>TOEICのリーディングセクションの隠れた難しさは、
>単語や言い回しの微妙な「ニュアンス」の違いを頻繁に聞いてくるところです。
>直接聞いてなくても、たとえば、助動詞や待遇話法の細かい「使い分け」が
>設問に答える基礎になっていたりします。

助動詞would, should, might,などのニュアンスの違いがわかるということですね。
で”待遇話法”って何ですか?

>「日本語に直すと、おんなじ」みたいな違いが多いですよ。
>そういう場合は、教科書や単語集からの知識では太刀打ちできません。
>推測だけが頼りになります。

そうです、そうです、しらなかったら、全然わからない(あたりまえだ、)

>海外ドラマでは、簡単な単語が繰り返しくりかえし出てくるので、
>その手の微妙なニュアンスの違いは、いちばん「血肉化」度が高い分野です。
>つまり、こちらとしては、「推測」でなく、「知っている」言い方として
>さっさと読み進めるわけです。

そっかーーー

もし時間が有れば具体的な問題の例を挙げてもらえれば理解しやすいですが、
でもかめっさんも、開講の準備でいそがしいのではと、推測しています。(この場合
はmight をつかうのかな)

Re::「文法や語彙は?」
かめっ URL・・・2007/9/7-12:06 (No.11787)

No.11786へのコメント
satchaさん、ごめんね。
お返事おくれてます。


>助動詞would, should, might,などのニュアンスの違いがわかるということですね。
>で”待遇話法”って何ですか?

「待遇話法」はね、まったくの勘違いで、そういう言葉はなかったの(汗)。
ちょっといい例が思いつかないので、お返事保留させてください。

Re::「文法や語彙は?」
satcha ・・・2007/9/2-08:55 (No.11785)

No.11781へのコメント
かめっさんは No.11781「Re::「文法や語彙は?」」で書きました。

かめっさん 返事遅くなってごめん

>あんな難しい単語、弁護士でも使わないんだ
>そして、「会話体」という限られた枠組みの中で、大事な単語・
>そうでない単語・特別のときに使う単語などの濃淡がはっきりしました。
>1つの完結した英語の体系が出来たんですね。

ふむふむ、、法廷シーン意外は、難しい単語は出てこないですよね。

>そうなってみると、もう単語や言い回しの選択でめったにぐらつきません。
>今度は、先ほど「忘れた」高級語彙が、どの単語の「言い換え」なのかも、
>手に取るように分かるんですよね。

簡単な熟語から難しい単語をひらめくようになる。
    ↓
give in , hand out , put over, fill out  (TOEIC 問題集から目についたのを
ひっぱりだしました。)

簡単な動詞+前置詞 の意味のイメージができ、1語の動詞も覚えられるということで
すね。

Re:「会話体」と「書き言葉」
かめっ URL・・・2007/9/7-12:44 (No.11788)

No.11785へのコメント
satchaさん、遅くてごめんね。

>>そして、「会話体」という限られた枠組みの中で、大事な単語・
>>そうでない単語・特別のときに使う単語などの濃淡がはっきりしました。
>>1つの完結した英語の体系が出来たんですね。
>
>ふむふむ、、法廷シーン意外は、難しい単語は出てこないですよね。
>
>>そうなってみると、もう単語や言い回しの選択でめったにぐらつきません。
>>今度は、先ほど「忘れた」高級語彙が、どの単語の「言い換え」なのかも、
>>手に取るように分かるんですよね。

これはね・・
「会話体」VS.「書き言葉」という対比でいうと、

会話体では、例えば、ask (たのむ、依頼する)一本ですませるところを、
書き言葉では、invite, requestなどのバリエーションが頻繁に出てくる
から混乱するという意味だよ。

だから、会話体にしか接してなければ、「頼む関係=ask」という一対一対応が
すぐに出来るのに、話し言葉・書き言葉を併用していると
使い分けの規則性がなかなかつかめない。
「こういう使い分けなんじゃないか・・・」という出来かけの
“脳内ルール”(推測のルール)が、違う文体に接したとたんに壊れてしまうんだ。
だから、学習者としては、「1つの完結した英語の体系」が出来るまで、接する範囲を
会話体に限るのが一番早い英語上達法だと思ってるの。

会話体は1つの“方言”。使う単語や言い回しがちょうど手ごろな数に
限られたコンパクトな方言です。全部を網にかけやすい。
それに対して、書き言葉は、その中にさらにたくさんの方言がある
“方言群”の海です。小説だと、セリフと地の文でまた違う・・・。


ちなみに、

「会話体基本」のかめっの世界では、この3者の関係は、
「丁寧にaskしたいとき、もったいぶってaskしたいとき=invite」
というシンプルな言い換えの関係だよ。あと、
「request は、動詞として使うことは(まず)ない」

で、invite を使う会話体のスタイル(皮肉や、公式の場のスピーチ)は、
まだ かめっには使いこなせないから、
もっとずーっとぺらぺらになるまで「invite を使うことはありえない」
という単純な割り切りになってるよ。
こうなると、かめっ辞書(話すときには)にはaskしかない!という感じだね?

request のほうは、(ask の名詞形が事実上ないから)
その代わりに request を使うこともあります。



ごめん。尻切れトンボだけど。( ‘∇‘ )ノ