メルマガ「英語でアグリー・ベティ!」バックナンバー

海外ドラマで、使える英語フレーズ&リスニングを学習


第2話「普通が一番」聞き取り挑戦!編


************************************************************************
        英語で『アグリー・ベティ』(UGLY BETTY)!
    ベティのセリフで、日常英会話の基本フレーズを徹底マスター
************************************************************************


 ◆ 週2回発行のメールマガジンです。

  (1)「基本フレーズ編」は、ベティのワンシーンから
     日常英会話の基本フレーズ&リスニングのコツを解説。
  (2)「聞き取り挑戦!編」では、読者の方が送ってくださった
     ディクテーション(書き取り)を添削します。

 ◆ ディクテーションご応募、お待ちしてます!

   放送3日後までにワンシーンの一部、4〜8行の
   のセリフを書き取り、comet@fd5.so-net.ne.jp宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。

   くわしい応募要領は、このメルマガの最後のほうで!


━━━━━━━━━━━━━━  2007.10.15 発行 ━━━━━━━━━━━━━
   第2話『普通が一番』 (The Box and the Bunny)--聞き取り挑戦!編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「聞き取り挑戦」者 第1号さんは、ユキヨさんです。今回は1人しか応募がな
かったので、 少し長いですが(セリフが10ほどあります)、全部添削しちゃ
います!

このメルマガの構成は、次のようになっています。

   ■ユキヨさんのディクテーション
      ↓
   ■ディクテーションの添削
      ↓
   ■正解の英文スクリプト
      ↓
   ■スクリプトを使うリスニング練習のコツ

   ■次号のディクテーション 応募の要領(お見逃しなく!)


────────────────────────────────────
■ユキヨさんのディクテーション(応募された 聞き取り結果)
────────────────────────────────────


以下のセリフの書き取りは、ユキヨさんがお送りくださったメールそのままです
が、一部、書式や文字を整形している個所があります(全角を半角に、等)。ま
た、ユキヨさんが英単語に書き起こせなかった部分は、[カタカナ]で書き表して
あります。

(ユキヨさん、日本語まで書き添えてくださって、ありがとう!)


朝、ベティが1階に降りて来て大切な「ブック」が失くなっているのに気付き、
大あわてで探しています。 (番組スタートから19分05秒〜のシーン)


父さん:な。だから犬は飼いたくないんだ。
Say, this is why don't wanna have a dog.

ベティ:ブック見なかった?
Have you seen my book?

父さん:何の本だ?
What book?

ベティ:ブックよ、父さん。「モード」のブック。今朝起きてきたら、なかった
の。
The book, dad. The Mode book! I came down the stair,
it's never gone.

ヒルダ:失くしたわけ?
You lost it?

ベティ:違う! 失くしたんじゃない。どこにあるのか分からなくなっただけ
よ。
No, I didn't lose it. Sister's play with it. I don't know, though.
   ↑
早口なので何回も聴いて、コレかな?って妥協しました。意味が通っていません
が・・・。

ベティ:絶対、うちのどっかにあるはずなの。
It's gonna be here somewhere.

ベティ:あれが見つからなきゃ会社に行けない。
If I [チョー] at the work for without that book.

ベティ:だって、編集長の初出版号が出せなくなっちゃうのよ!
[ディザイアー] layout up the magazine [ジェイルズ] for need you. 
It's gone.

ベティ:今夜印刷に回さなきゃいけないのに。
Any goes to print it tonight.
    ↑
この3つのセリフがダメダメです(^^;)


────────────────────────────────────
■ユキヨさんのディクテーションの添削
────────────────────────────────────


このシーンは第2話の中でも、とくに聞き取りの難易度が高いシーン。おそろし
く早口のセリフの連続です。でも、他の人のディクテーション結果を見ながらな
ので大丈夫。録画を見ながら付いてきてね!


> 父さん:な。だから犬は飼いたくないんだ。
> Say, this is why don't wanna have a dog.
  See?           I^      want us to have a dog.
         ↑
  「I^」は、「I を単語の間に入れる」という記号です。

修正が複雑になりましたね。正解の文は、以下のようになります。
→See? This is why I don't want us to have a dog.

ユキヨさんが聞き取れなかったあたり(I don't want us to の部分)は、速く
て・小さな声で発音している、聞き取りにくい個所です。聞き取る練習をすると
きは、ここだけ音をものすごく小さくして、他の部分とめりはりをつけます。

音量は、他の部分の3分の1です。そこまで小さいようには、続けて聞くと思え
ませんが、音量計で(デシベル単位で)実際に約3分の1なのです。その部分だ
けうまく区切って再生することができれば、その「音の弱さ」を実感できますよ
(^−^)。


【英文の解説を少し】
I don't want us to have a dog.(文1) とは、ちょっと分かりにくい英文で
す。

実はこれ、みなさんがよく知っている構文がちょっと形を変えただけのもの。
I don't want you to go to college.「お前が大学に行くのに反対だ。」

ね? この構文ならよく知っているでしょう?
you が us に変わっただけですごく違う印象になる。不思議ですね。

もっと単純な文、We don't want to have a dog.(文2)と比較すると、
どちらも、「うちの家で犬を飼う(we が have a dog する)のに反対」
という点は同じなのですが、(文1)では、それが父さん(me)だけの意向、
(文2)は家族みんな(us)の意向だという違いがあります。

そんなに頻繁に聞く言い方ではありませんが、非常に英語らしい表現です。


> ベティ:ブック見なかった?
> Have you seen my book?
      guys^    the
→Have you guys seen the book?

【英文の解説】
Have you... と言ってもいいのですが、Have you "guys"... と、
guys を付け加えることで、その場にいる「みんな」に呼びかけていることを
はっきりさせています。便利で、よく使う表現です。


> 父さん:何の本だ?
> What book?
>
> ベティ:ブックよ、父さん。モードのブック。
> The book, dad. The Mode book!

正解です。(^−^)


> ベティ:今朝起きてきたら、なかったの。
> I came down the stair,      it's never gone.
         downstairs,      and it was gone.

and it was の所が聞き取りが難しいですね。d がはっきり発音されてなく、
anit というふうにしか聞こえません。これの聞き取りは少々難しいですが、
and を常に「弱く・速く・あいまいに」発音するクセが付くと、簡単に聞き取れ
るようになりますよ(^−^)。


> ヒルダ:失くしたわけ?
> You lost it?
>
> ベティ:違う! 失くしたんじゃない。
> No, I didn't lose it.

正解です!


> ベティ:どこにあるのか分からなくなっただけよ。
> Sister's play with it. I don't know, though.
> 
> 早口なので何回も聴いて、コレかな?って妥協しました。
> 意味が通っていませんが・・・。


これは難しい! 早口なこのシーンの中でもとりわけ早口です。正解は、

It's just in a place that I don't know about.

しかし、ユキヨさんは、place の 「PL」という子音が聞き取れていますね。
すばらしいです。

この英文も少し難解。直訳は「それは私が知らない場所にある→置いた場所が分
からないだけで、どこかにはある」ということで、吹替えの日本語訳「どこにあ
るのか分からなくなっただけ」のようになります。(原文の意味を100%日本
語にくみ取った名訳です!)


> ベティ:絶対、うちのどっかにあるはずなの。
> It's gonna be here somewhere.
    gotta

【英文の解説】
has gotta (has got to) 「〜に違いない、〜であるはず」は、学校の文法の時
間に習った must(必然性・推量の must)とまったく同じ使い方です。会話では
 must でなく、99%、has got to/have got to のほうを使います。また、
「〜しなければならない(義務の must)」も同様に、have got to/has got to 
になります。


> ベティ:あれが見つからなきゃ会社に行けない。
> If I [チョー] at the work for without that book. 
       show up     xxx      xxx

xxxというのは、「その部分を削る」という添削用の記号です。正解の英文は、
→If I show up at work without that book,

【英文の解説】
show up「(ある場所に)現れる、姿を見せる」。頻出のフレーズです。

例)He didn't show (up). は、「彼がデートの待ち合わせに現れなかった
(!)」ことを表す2大表現の1つ。もう1つは、I was stood up.(待ちぼう
けを食わされた。)。


> ベティ:だって、編集長の初出版号が出せなくなっちゃうのよ!
> [ディザイアー] layout up the magazine [ジェイルズ] for need you. 
> It's gone.

正解は、
→the entire layout for the magazine, Daniel's first issue, it's gone.

[カタカナ]が多くなりましたね。(どうしても英語にならないときは、このよう
にカタカナでもOKです)。このセリフの聞き取りは難しい!

直訳は「(あの号の)レイアウト全部が入ってるブック、ダニエルの最初の号が
もう絶望よ。」 gone は、ブックが「失くなっている」こととも解釈可能です
が、このセリフは「ブックを持たずに会社に行ったらどうなるか」の話なので、
gone は「絶望/終わり→出せなくなっちゃう」という意味になります。(gone 
は、その場から「消える、いなくなる」という原義を基本に、日本語ではさまざ
まに訳し分けられます。)


> ベティ:今夜印刷に回さなきゃいけないのに。
> Any goes to print it tonight.
>     ↑
> この3つのセリフがダメダメです(^^;)

ここの正解は、
→And it goes to print tonight.

文字に直すと見た目が違いますが、大丈夫、音はほとんど正確に聞き取れていま
すよ>ユキヨさん


────────────────────────────────────
■正解の英文だけ、もう一度(英文スクリプト)
────────────────────────────────────


朝、ベティが1階に降りて来て大切な「ブック」が失くなっているのに気付き、
大あわてで探しています。 (19分05秒〜)

DAD:   See? This is why I don't want us to have a dog.
BETTY: Have you guys seen the book?
DAD:   What book?
BETTY: The book, dad. The Mode book! I came downstairs, and it was gone.
HILDA: You lost it?
BETTY: No, I didn't lose it. It's just in a place that I don't know 
       about.
BETTY: It's got to be here somewhere.
BETTY: If I show up at work without that book-- the entire layout for 
       the magazine-- Daniel's first issue is gone!
BETTY: And it goes to print tonight.


────────────────────────────────────
■スクリプトを使ったリスニング練習のコツ
────────────────────────────────────


 ◆スクリプトを見ながら、「この通りに聞こえるはず」と思って何度も聞く
  だけで、大変良い練習になります(^−^)。

 ◆ざーっと1シーン流すのでなく、「同じ英文を続けて聞く」のが最大のコツ。
  リモコンの「一時停止」と「巻戻し」ボタンをたくさん使います。

 ◆あまりにもかけ離れて聞こえるセリフは、声を出してまねしてみましょう。
  その際に、英文の中で「弱く・速く・あいまいに」発音する個所の
  「弱さ」をできるだけ忠実に再現!

  このメルマガの説明通り、本当に「音量が3分の1」しかないのか、
  一度リモコンを駆使して「弱い所」だけ区切って再生して確かめてみて
  ください。「こんなに小さな音で言っているのか!」とびっくりしますよ。

 ◆スクリプトにない音が聞こえる場合があります。
  (Sがないはずの個所でSが聞こえる、等)。
  この症状のは、上記の「弱い所」や、音程の上下の忠実な再現が出来るよう
  になると(リズムの習得で)、大体、きれいになおってしまいます。
  あわてて原因究明に走ったり、「発音トレーニングが必要だ!」と
  勘違いしないようにね(^−^)。

  ※逆に、「スクリプトにある音なのに、聞き取れない」ケースでは、
   発音教材でのトレーニングで改善する場合があります。
   ただし、発音を独習で改善するのには限界があるので、
   深追いしないことが大切です。
  (個別の音の発音より、リズムのほうが5倍重要)。


────────────────────────────────────
■ディクテーション応募の要領、ディクテーション学習法のコツ
────────────────────────────────────


 ◆ ディクテーションご応募は、

   放送3日後までに、ドラマのワンシーンから、
   会話のやり取り2〜3往復ぶん(4行〜多くて8行まで)のセリフを
   書き取り、メールでcomet@fd5.so-net.ne.jp 私、「かめっ」宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。


 ◆ ディクテーションのメールの書き方は、

   今回のユキヨさんの書き方、または、「英文スクリプト」を参考に
   してください。日本語は付けていただくとありがたいですが、
   2ヶ国語とも録画できない方は、英語だけで大丈夫ですよ(^−^)。
   簡単なプロフィールなど書き添えてくださると、うれしいです。

   本名でなくハンドルネームでいいですよ。ちなみに、
   「ユキヨ」さんはハンドルネームで、大切な方から一字ずついただいた
   名前なんだそうです。そして、「雪よ」とも読める・・・。
   かっこいいね(^−^)。


 ◆ ディクテーション学習法のコツ

  (1)単なるリスニングの力試しではありません。
  (2)辞書、参考書で調べられることは、すべて調べ、
     できれば吹替えの日本語も手がかりにして、
     聞き取れない所を「推測」します。そして、
  (3)あなたの知識の範囲内でなるだけ完全な英文に仕上げてください。
     その過程で、文法や語彙などの知識がしぜんに整理され、
     英語の総合力がアップします。
     (theなのか、aなのか、といった細かい所も、文法をよく調べて
     検討すること。)
  (4)「たくさんやらないこと」が重要です。
     一度に4〜8行(分からない所には時間をかけます。
     所要時間は30分〜1時間ぐらい)で、十分。
     それ以上まとめてやったとしても、
     ディクテーションから得られる成果は、それほど増えません!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のメルマガ、いかがでしたか?

挑戦者「ユキヨさん」は日頃リスニングの練習をされているとのことで、その成
果が聞き取り結果にじゅうぶん出ていましたね(^−^)。今回は、大変早口な
難しいシーンを選択されたので、間違いや聞き取れない個所がありましたが、普
通のシーンなら、ほとんど問題なく聞き取られるでしょう。

ディクテーションには「聞き取りやすいシーン」のほうが適しています。聞き取
れない個所、自信がない個所がなるだけ少ないシーンを選び、その個所だけを集
中して何度も聞く。分からない文法事項や語彙、スペルを徹底的に調べることも
大事。そして、持てる知識・「持てない」知識も総動員して、分からない個所を
「推測」するのが、ディクテーションという勉強法のテーマです。

どのシーンも難しくて、「あまり聞き取れない」という方も、勇気をふるってご
応募くださいね。応募するつもりで書き取るというだけで、必ず得るものがある
はずです。私も添削で応援します!


【ご感想、質問待ってます!(^−^)】

  ◆comet@fd5.so-net.ne.jp(かめっ宛)にどうぞ!


※次回、第3話の「聞き取り挑戦!編」は、日曜(10月21日)までに
 お届けします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000248990.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===================== 発行者 =====================
かめっ
「アリー・myラブ & 海外ドラマ聞き取り 挑戦!」
ホームページ管理人で、英語教師です。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/index.htm
メールアドレス comet@fd5.so-net.ne.jp
==================================================

© 2016 Tanaka Koji, Littlejuku