メルマガ「英語でアグリー・ベティ!」バックナンバー

海外ドラマで、使える英語フレーズ&リスニングを学習


第3話「クイーンズの絆」聞き取り挑戦!


************************************************************************
        英語で『アグリー・ベティ』(UGLY BETTY)!
    ベティのセリフで、日常英会話の基本フレーズを徹底マスター
************************************************************************


 ◆ 週2回発行のメールマガジンです。

  (1)「基本フレーズ編」は、ベティのワンシーンから
     日常英会話の基本フレーズ&リスニングのコツを解説。
  (2)「聞き取り挑戦!編」では、読者の方が送ってくださった
     ディクテーション(書き取り)を添削します。

     ※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションのご応募が
      あった週だけ、発行致します。

 ◆ ディクテーションご応募、お待ちしてます!

   放送3日後までにワンシーンの一部、4〜8行の
   のセリフを書き取り、comet@fd5.so-net.ne.jp宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。

   くわしい応募要領は、このメルマガの最後のほうで!


━━━━━━━━━━━━━━  2007.10.21 発行 ━━━━━━━━━━━━━
   第3話『クイーンズの絆』 (Queens for a Day)--聞き取り挑戦!編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回の挑戦者は「ぴょこタン」さん。メルマガの構成は、次のようになっていま
す。

   ■ぴょこタンさんのディクテーション
      ↓
   ■ディクテーションの添削
      ↓
   ■正解の英文スクリプト
      ↓
   ■スクリプトを使うリスニング練習のコツ

   ■次号のディクテーション 応募の要領(お見逃しなく!)


────────────────────────────────────
■ぴょこタンさんのディクテーション(応募された 聞き取り結果)
────────────────────────────────────


以下のセリフの書き取りは、「ぴょこタン」さんがお送りくださったメールその
ままですが、一部、書式や文字を整形している個所があります(全角を半角に、
等)。

(ぴょこタンさん、日本語まで書き添えてくださって、ありがとう!)


ベティの家。お気に入りのメロドラマを見ながらコーヒーを飲もうとしているベ
ティのお父さん。ベティは何も言わず、いきなりマグカップを取り上げます。 
(冒頭から7分30秒のシーン)


父さん:お、おい…。「おはよう」もなしか?
Hey. Good morning to you, too.

ベティ:お医者さんに言われたでしょ。
You know what the doctor said.

父さん:葉巻きも止められたんだぞ。コーヒーの一杯くらい…。
You will be told me must quit cigarettes.
I love the cup of coffee.

ベティ:ちょっと待ってよ。いつから医学の専門家になったの? 父さん、甘く
見ちゃだめよ。心臓なんだから。薬は飲んだの?
I'm sorry! Have you been to go to the medical school your lunch hour? 
Dad, you ***** most seriously disease your heart. Have you taking a 
film?

父さん:残り少ないから、取っておこうと思って。
Only have few left, I *****.

ベティ:父さん、飲んで。またもらってくるから。
Dad, take it. We'll get, if you will so.

父さん:ああ、飲めばいいんだろう、飲めば…。
I'm taking and taking.


────────────────────────────────────
■ぴょこタンさんのディクテーションの添削
────────────────────────────────────


ベティはお父さんと話すときはとてもナチュラルですね。2人の仲の良さがうか
がえます。それだけに、リスニングの面では、ベティの切り口上や、お父さんの
「ぼやき節」が聞き取りにくい・・・。でも、他の人のディクテーション結果を
見ながらなので大丈夫(^−^)。録画を見ながら付いてきてね!


> 父さん:お、おい…。「おはよう」もなしか?
> Hey. Good morning to you, too.

正解です!(^−^)。

この "Good morning to you, too." は、本来は、"Good morning." と挨拶され
たときの返しの言葉。


> ベティ:お医者さんに言われたでしょ。
> You know what the doctor said.

これも正解。

what the doctor said を文法的に正確に訳すと、「お医者さんが言ったこ
と」。関係代名詞、大丈夫ですか?(^−^)


> 父さん:葉巻きも止められたんだぞ。
> You will be told me must quit cigars.

正解は、
→He alreay took away my cigars.

これはおそろしく早口ですね。
でも、「ぴょこタン」さん、alreay の「L」までは聞き取れているのです。

この文の聞き取りで一番難しいのは、最初の He already の部分。

英語の文では、「弱くて・あいまいで・すばやく」言う部分と、「強く・はっき
り・ゆっくり」言う部分が交互に現れます。基本的なパターンは、

    主語(代名詞)+助動詞  +  動詞+目的語
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        弱い            強い

という、「弱→強」のパターン。文頭の代名詞〜助動詞にかけては、ほぼ常に、
「弱く・あいまいに・すばやく」発音します。あとのほうの「強い」はずの動詞
でも、have や be動詞 の場合は、「弱い」ほうのパートに含まれますから注意。

さらに、「弱い」パート、「強い」パートの中でも、さらに小さな「弱→強」の
リズムが現れます。(まず、大きい「弱→強」を押さえましょう。)

このような「弱→強」パターンの英文を聞き取るカギは、文頭の「弱く・あいま
いに・すばやく」言う所を、自分も同じように言えること。とくに、「弱さ」を
忠実に再現できることが大切です。

どのぐらい「弱い」かと言うと、音量にして他の部分の3分の1。・・・ちょっ
と信じられないですよね? 日本語では1つの文の中で、そこまでめりはりを付
けることは、まずありませんから。

しかし論より証拠、一度、リモコンを駆使して、文頭の「代名詞〜助動詞」の部
分だけ区切って再生してみてください。あんまりにもかすかにしか発音してない
ことにびっくりしますよ(^−^)。これ以外のセリフでも、ぜひチェックして
くださいね。


> 父さん:コーヒーの一杯くらい…。
> I love the cup of coffee.
   One lousy

lousy は、「つまらない、取るに足らない」


> ベティ:ちょっと待ってよ。いつから医学の専門家になったの?
> I'm sorry! Have you been to go to the medical school your lunch hour?
 ^Oh                       going                    on^
 ↑
  「^」は、「そこに挿入する」という意味の添削記号。

正解をまとめると、
→Oh, I'm sorry. Have you been going to medical school on your luch 
hour?

ここも、文頭の Oh, I'm が非常に「弱い」ですね。

【ちょっと細かい 英文法の解説】
Have you been going... の直訳は、「お昼休みに医学校(医学部)にでも行っ
てるの?」です。もし、現在進行形(Are you going...)だと、まさにこの直訳
どおりの意味。

一方、現在完了進行形(Have you been going...)だと、近ごろ医学校に通って
いる成果として、自分で医学的な診断が下せる(コーヒーぐらい大丈夫)ほどの
専門家になった-- という含みが出てきます。現在完了には「結果」の意味が含
まれるからです。

ベティはここで、「医学のこと分かってるような言い方しちゃって」と切り返そ
うとしているので、現在完了進行形になっている、というわけ。

日本語の吹替え訳は、「いつから医学の専門家になったの?」でした。今回も名
訳(^−^)。こういう、文法・語法の細部をおろそかにしない翻訳からは、英
語力をアップさせるたくさんのヒントが得られます。


> ベティ:父さん、甘く見ちゃだめよ。心臓なんだから。
> Dad, you ***** most seriously disease your heart.
           have to take this    This is
→Dad, you have to take this more seriously. This is your heart.

この2文で弱い所は、you have to(主語+助動詞)と、
This is(主語+be動詞)の部分です。

主語がいつも代名詞だということに気付きましたか? 偶然? --ではありませ
ん。英文の主語は、I, you, this, that, it などの代名詞であることがほとん
どなのです。(書き言葉は別)

代名詞は、それが何を指すのか「すでに分かっている」こと。文の中で重要な意
味をになった言葉ではありません。助動詞やbe動詞、have もそうですね。この
ような言葉(「機能語」と言います)は、英語では「弱く・あいまいに・すばや
く」すっ飛ばして発音するクセがあります。

したがって、主語が代名詞の場合(つまり、ほとんどの英文では)は、主語〜助
動詞(be動詞、have)にかけての文頭の長い部分が、まとめて「弱く」発音され
るというパターンが多いのです。

次のセリフも、そうですよ。


> ベティ:薬は飲んだの?
> Have you taking a film?
           taken your pill?

Have you (助動詞+代名詞)が弱いですね。「ぴょこタン」さん、よく聞き取
れています(^−^)。

そうだ!
このセリフは、リモコンを操作して、have you だけ区切って再生しやすいです
よ! ぜひ、音量の差(have you が、taken 以下の3分の1の音量)を実際に
聞きくらべて、確かめてください。

その音量の差=「弱さ」を実感して、いつも再現できるようにすることが、「弱
→強」の英文のリズムをものにする突破口になります!!


> 父さん:残り少ないから、取っておこうと思って。
> Only have few left, I **************.
 I^       a^          I'm trying to make them last.
→I only have a few left. I'm trying to make them last.

これも「弱く」始まっています。最初の Iが、とくに微弱。

このような出だしの「弱く・あいまいな」部分をうまくまねるための、もう1つ
のコツは、ハーモニカの「吸う」ときの要領ですよ。
このコツ、伝わるかなあ・・・。

ハーモニカは、「吸う」と「吐く」を交互にやって演奏しますよね? それが英
語の「弱い」部分と「強い」部分の息の出し方によく似ているのです。「弱い」
部分は、口の奥〜喉の上方のあたりで「もごもご」と発声し、息が外に出て行っ
てない。逆に、「強い」部分は息が外に出て行っている。

「ぴょこタン」さんは、この「ハーモニカの吸う」部分に関しては、自然に聞く
と、「リズムが一拍、抜けたような間」があるのだそうです。空白に近い感じで
すね。今回のコツをつかんで、ぜひ聞き取れるようになってくださいね!

もう1点。make them last の them。
th の音が完全に脱落して、em とだけ聞こえます。
"make 'em last" 漫画や小説などでは、音に忠実にこのように表記されることが
あります。


【英文の解説を少し】
I'm trying to make them last.の直訳は、「薬を長持ちさせようとしてるん
だ」。この last という動詞は、日本語には対応する言葉がなくて、把握しにく
いですね。説明すると「(ある時間)継続する、長持ちする」ということです
が、例文を見て共通のイメージをつかむほうが確実です。

例文)This class lasts (for) 45 minutes.「このクラスは45分授業です。」
Nothing is going to last forever.「永遠に続くものなどない。」
My money-- how long will it last? 「お金がいつまでもつだろう?」

英語らしい表現のオンパレードです。
last が使いこなせると、かっこいいですね(^−^)。


> ベティ:父さん、飲んで。またもらってくるから。
> Dad, take it. We'll get, if you will so.
                      get a refill.

refill 「おかわり、補充(品)」


> 父さん:ああ、飲めばいいんだろう、飲めば…。
> I'm taking and taking.

正解は、
→All right. I'm taking it, I'm taking it...

All right. I まで、2文にわたっていますが、「弱い」部分です。All right. 
は、父さんのぼやき、「分かったよぉ…」ですから、とても弱い。これは難し
かったですね。

これも、「3分の1の弱さ」の再現と、「ハーモニカの吸うとき」の要領で、自
分で言ってみて、聞き取りに再挑戦してみてね!


────────────────────────────────────
■正解の英文だけ、もう一度(英文スクリプト)
────────────────────────────────────


ベティの家。お気に入りのメロドラマを見ながらコーヒーを飲もうとしているベ
ティのお父さん。ベティは何も言わず、いきなりマグカップを取り上げます。 
(7分30秒〜)

DAD:   Hey... Good morning to you, too.
BETTY: You know what the doctor said.
DAD:   He alreay took away my cigars. One lousy cup of coffee--
BETTY: Oh, I'm sorry. Have you been to going to medical school on your 
lunch hour?
BETTY: Dad, you have to take this more seriously. This is your heart.
BETTY: Have you taken your pill?
DAD:   I only have a few left. I'm trying to make them last.
BETTY: Dad, take it. We'll get a refill.
DAD:   All right. I'm taking it, I'm taking it...


────────────────────────────────────
■スクリプトを使ったリスニング練習のコツ
────────────────────────────────────


 ◆スクリプトを見ながら、「この通りに聞こえるはず」と思って何度も聞く
  だけで、大変良い練習になります(^−^)。

  今回の挑戦者「ぴょこタン」さんも、
   「もう一回正解をもとに聞き取りしてみたら、
    だいたい聞き取れましたo(^-^)o 」とのことでしたよ!

 ◆ざーっと1シーン流すのでなく、「同じ英文を続けて聞く」のが最大のコツ。
  リモコンの「一時停止」と「巻戻し」ボタンをたくさん使います。

 ◆あまりにもかけ離れて聞こえるセリフは、声を出してまねしてみましょう。
  その際に、英文の中で「弱く・速く・あいまいに」発音する個所の
  「弱さ」をできるだけ忠実に再現!

  このメルマガの説明通り、本当に「音量が3分の1」しかないのか、
  一度リモコンを駆使して「弱い所」だけ区切って再生して確かめてみて
  ください。「こんなに小さな音で言っているのか!」とびっくりしますよ。

 ◆スクリプトにない音が聞こえる場合があります。
  (Sがないはずの個所でSが聞こえる、等)。
  この症状のは、上記の「弱い所」や、音程の上下の忠実な再現が出来るよう
  になると(リズムの習得で)、大体、きれいになおってしまいます。
  あわてて原因究明に走ったり、「発音トレーニングが必要だ!」と
  勘違いしないようにね(^−^)。

  ※逆に、「スクリプトにある音なのに、聞き取れない」ケースでは、
   発音教材でのトレーニングで改善する場合があります。
   ただし、発音を独習で改善するのには限界があるので、
   深追いしないことが大切です。
  (個別の音の発音より、リズムのほうが5倍重要)。


────────────────────────────────────
■ディクテーション応募の要領、ディクテーション学習法のコツ
────────────────────────────────────


 ◆ ディクテーションご応募は、

   放送3日後までに、ドラマのワンシーンから、
   会話のやり取り2〜3往復ぶん(4行〜多くて8行まで)のセリフを
   書き取り、メールでcomet@fd5.so-net.ne.jp 私、「かめっ」宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。


 ◆ ディクテーションのメールの書き方は、

   今回の「ぴょこタン」さんの書き方、または、「英文スクリプト」を参考
   にしてください。日本語は付けていただくとありがたいですが、
   2ヶ国語とも録画できない方は、英語だけで大丈夫ですよ(^−^)。
   あと、簡単なプロフィールなど書き添えてくださると、うれしいです。


 ◆ ディクテーション学習法のコツ

  (1)単なるリスニングの力試しではありません。
  (2)辞書、参考書で調べられることは、すべて調べ、
     できれば吹替えの日本語も手がかりにして、
     聞き取れない所を「推測」します。そして、
  (3)あなたの知識の範囲内でなるだけ完全な英文に仕上げてください。
     その過程で、文法や語彙などの知識がしぜんに整理され、
     英語の総合力がアップします。
     (theなのか、aなのか、といった細かい所も、文法をよく調べて
     検討すること。)
  (4)「たくさんやらないこと」が重要です。
     一度に4〜8行(分からない所には時間をかけます。
     所要時間は30分〜1時間ぐらい)で、十分。
     それ以上まとめてやったとしても、
     ディクテーションから得られる成果は、それほど増えません!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のメルマガ、いかがでしたか?

ディクテーションには「聞き取りやすいシーン」のほうが適しています。聞き取
れない個所、自信がない個所がなるだけ少ないシーンを選び、その個所だけを集
中して何度も聞く。分からない文法事項や語彙、スペルを徹底的に調べることも
大事。そして、持てる知識・「持てない」知識も総動員して、分からない個所を
「推測」するのが、ディクテーションという勉強法のテーマです。

どのシーンも難しくて、「あまり聞き取れない」という方も、勇気をふるってご
応募くださいね。応募するつもりで書き取るというだけで、必ず得るものがある
はずです。私も添削で応援します!


【ご感想、質問待ってます!(^−^)】

  ◆comet@fd5.so-net.ne.jp(かめっ宛)にどうぞ!


※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションの応募者(挑戦者)がおられた
 週のみ、発行します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000248990.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===================== 発行者 =====================
かめっ
「アリー・myラブ & 海外ドラマ聞き取り 挑戦!」
ホームページ管理人で、英語教師です。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/index.htm
メールアドレス comet@fd5.so-net.ne.jp
==================================================

© 2016 Tanaka Koji, Littlejuku