メルマガ「英語でアグリー・ベティ!」バックナンバー

海外ドラマで、使える英語フレーズ&リスニングを学習


第4話「『モード』のルール」聞き取り挑戦!編


************************************************************************
        英語で『アグリー・ベティ』(UGLY BETTY)!
    ベティのセリフで、日常英会話の基本フレーズを徹底マスター
************************************************************************


 ◆ 週2回発行のメールマガジンです。

  (1)「基本フレーズ編」は、ベティのワンシーンから
     日常英会話の基本フレーズ&リスニングのコツを解説。
  (2)「聞き取り挑戦!編」では、読者の方が送ってくださった
     ディクテーション(書き取り)を添削します。

     ※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションのご応募が
      あった週だけ、発行致します。

 ◆ ディクテーションご応募、お待ちしてます!

   放送3日後までにワンシーンの一部、4〜8行の
   セリフを書き取り、メールcomet@fd5.so-net.ne.jpまたは、
   バックナンバーのページの「コメントを書き込む」の欄
   http://www.melma.com/backnumber_171081/
   から、お送りください。お2人の方まで添削をいたします。

   くわしい応募要領は、このメルマガの最後のほうで!


━━━━━━━━━━━━━━  2007.10.28 発行 ━━━━━━━━━━━━━
     第4話「『モード』のルール」 (Swag)--聞き取り挑戦!編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回の挑戦者は「キョロちゃん」さん。メルマガの構成は、次のようになってい
ます。

   ■キョロちゃんさんのディクテーション
      ↓
   ■ディクテーションの添削
      ↓
   ■正解の英文スクリプト
      ↓
   ■スクリプトを使うリスニング練習のコツ

   ■次号のディクテーション 応募の要領(お見逃しなく!)


────────────────────────────────────
■キョロちゃんさんのディクテーション(応募された 聞き取り結果)
────────────────────────────────────


以下のセリフの書き取りは、「キョロちゃん」さんがお送りくださったメールそ
のままですが、一部、書式や文字を整形している個所があります(全角を半角
に、等)。

(キョロちゃんさん、日本語まで書き添えてくださって、ありがとう!)


夕食を取らずに自室に行ったベティ。姉のヒルダが心配して、様子を見に来ま
す。 (番組スタートから30分45秒〜のシーン)


ヒルダ:ベティ?
Hey.

ベティ:母さんが私にバッグをくれた時、姉さんくやしかった?
To memory how envy you when mom gave me had a good purse.

ヒルダ:だって、あんたは3歳だったし。その中にクレヨンなんか入れて持って
たから。 
Yeah, you were three. And you used this carrying on the crayons.

ベティ:なんで姉さんじゃなく、私にくれたか分かる?
I (found??) figured out she do which to me not to you.

ヒルダ:分からない。
They *** it.

ベティ:あれを持つと美人になれるから。
She knew how it made me feel.

ベティ:クリスティーナは、オシャレは心の潤いだって。
Christina said the fashion is good for the soul.

ベティ:今日、あのグッチのバッグを持って歩いたら、3歳に戻って母さんの
バッグを持ってるみたいで…きれいになれた気がしたの。
I wanana....I was walking around with my goodie, every I  got is 
serious all get it for the mom's purse. I actually felt pretty.
          (このセリフは聴き取りが難しくて、意味通しもできません〜。)

ヒルダ:ああ、ベティ…。
**** you, mama.


────────────────────────────────────
■キョロちゃんさんのディクテーションの添削
────────────────────────────────────


さっそく始めましょう(^−^)。


> ヒルダ:(部屋の入り口で)ベティ?
> Hey.

正解です。

Hey. は呼びかけの言葉。Hey. は、「おい!」とか「ちょっと!」というふう
に、人を「呼び止める」ときに使う荒々しい言葉の印象が強いですね。けれど
も、ここのヒルダのようにやさしい調子で言うこともありますよ。落ち込んでい
る人、ふさぎ込んでいる人の「心を開こうとする呼びかけ」の言葉(^−^)。
私が英語の中でもっとも好きな言葉の1つです。

この意味の Hey. の言い方は、メロディ(音程変化)が独特。しかし、誰が言っ
ても一定のメロディになります。すごく高い音から3段階を経て、丁度1オク
ターブ落ちます。ヒルダと同じメロディになるよう、カラオケの練習のつもりで
重ねて言ってみてくださいね。この「大きな音程変化」をマスターすると、英語
のいろんな場面の聞き取りがらくになります。


> ベティ:母さんが私にバッグをくれた時、姉さんくやしかった?
>     To memory how envy  you when mom gave me had a good purse.
Do you remember     angry    ^were             her x

「^」は、「そこに挿入する」という意味の添削記号。「x」は、「その単語を取
る」という意味の記号です。

添削が複雑になりましたね。正解の文は、

→Do you remember how angry you were when mom gave me her good purse?

最初の Do you remember の聞き取りが難しいですね。非常に「弱く・あいまい
に・すばやく」言っています。音も少し崩れています。[デュ rememmer]。

b と m が兄弟の音、ということは、以前説明しましたね。b の唇の破裂が弱い
と m になることがあります。

このような音の崩れは、それを個々に覚える必要はありません。英文の中の「弱
い」所を「弱く」、「強い」所を「強く」言う習慣が付けば、しぜんに聞き取れ
るようになります。

★★さあ! では、「習慣」を付ける第一歩!★★

1.Do you remember / how angry の「/」の所で、再生を止めます。
つまり、Do you remember だけ聞きます。

どうですか? びっくりするぐらい小さな声ではありませんか? 「デシベル」
という音量の単位で測ると、他の部分の「3分の1の音量」しかありません。

2.その小ささに気をつけて、Do you remember だけ、まねして言ってみます。
つまり、「音の小ささを再現」します。

どうですか? 「小さく言う」のは、意外に難しいですね。「小さく言う」(弱
く言う)所は「息を外にもらさない」で、口の中だけでもごもご言うんだ--とい
う意識で、もう一度やってみて!

3.次に、how angry you were を、普通の大きさの声でマネします。

4.Do you remember を「小さい声」でマネし、1拍おいてから、how angry 
you were を「普通の大きさの声」で言います。

途中から、音量が3倍になるのですよ。

・・・どうですか? とても不自然で言いにくいですよね。文の途中で音量が3
倍になるなんて、そんな話し方の習慣は日本語にはありませんから。(だから、
「1拍おいて」います。少しでも言いやすいように。)

この練習は、「音量の差が確実に3倍ある」と思えるようになるまで、時間をか
けて取り組んでください。出来なければ、何日かかってもいいぐらいですよ。日
にちをおくと、すっと出来るようになることがありますから(^−^)。

そして、確実に「3倍の音量差を再現できる」ようになったら、

5.Do you remember how angry you were と、続けて言ってみます。

これが、英語の基本的な話し方です。

できましたか? 録画を再生すると、文頭の Do you remember がとてもクリ
アーに聞き取れるはずですよ(^−^)。


> ヒルダ:だって、あんたは3歳だったし…
> Yeah, you were three.

正解! Yeah のあとに、小さく well...と言っています。

→Yeah, well... You were three.


> ヒルダ:その中にクレヨンなんか入れて持ってたから。 
> And you used this carrying on the    crayons.
               it to carry around your

正解の文は、
→And you used it to carry around your crayons.

惜しいですね! 弱い to が聞き取れませんでした(^−^)。
この文は、

     And you used it to carry around your crayons.
          ------- ---- ----- ------------ ---- -------
             弱    強   弱        強       弱    強

という、「弱→強→弱→強…」の「リズム」になっています。

英文の中の「弱い所」(弱くて・あいまいで・速く言う所)は、我々が「聞き取
りにくい所」でもあります。「キョロちゃん」さんの聞き取りをもう一度見てく
ださい。間違えておられるのは、「弱い所」ばかりですね?

しかし、ここを聞き取れるようになるのは、それほど難しいことではありませ
ん。「弱さ」を自分で再現できるようになればいいんです。すごく簡単です。し
かも、リスニングの問題の半分は、これさえ出来れば解決します。ぜひ、前のセ
リフの5ステップの手順を参考に、実際に「やってみて」くださいね(^−^)。

【英文の解説を少し】
carry around の around で、持って「歩く」、持って「回る」という広がりの
ある動きを表しています。


> ベティ:なんで姉さんじゃなく、私にくれたか分かる?
> I (found??) figured out she do which to me not to you.
     finally          why^    gave it       ^and

→I finally figured out why she gave it to me, and not to you.

最初の I finally は、すごく「弱く・すばやく」言っていますね。
しかし、「キョロちゃん」さん、finally の f, n という「音」は正確に聞き取
られています。すばらしいです(^−^)。

【英文の解説】
figure out は、よく似た find out と並んで、英会話の基本動詞。最々頻出語
です。2つ対比してチェックしておきましょう。

find out「(事実を)知る」
例)If mom finds out...「もしママに見つかったら…」
No one would ever find out.「誰にも知られはしないよ。」

figure out「(推測・考え合わせて)分かる」
例)I finally figured out why she did it.「理由がやっと分かった。」
We're trying to figure out what to do.「どうしたらいいか検討中。」
How to do it-- you have to figure out yourself.「やり方は自分で考え
て。」


> ヒルダ:分からない。
> They *** it.

→Digame. [ディーガメ]

これは、聞き取れませんね(^−^)。
「言ってごらん。」という意味のスペイン語です。

「なんでか分かる?」という質問に対する答えなので、日本語訳は「分からな
い。」とつなげています。


> ベティ:あれを持つと美人になれるから。
> She knew how it made me feel.
            would^ make
→She knew how it would make me feel.

ほとんど完璧に聞き取れていますね(^−^)。あと、would だけでした。

この文では、it would と me が、とくに「弱い」ですね。
「弱さ」に気を付けて、自分で言ってみてください。「弱さ」が再現できれば、
聞き取れます。

【英文の解説】
このセリフの直訳は、「それが私をどんな気持ちにさせるか分かっていた。」で
す。「それ」というのは、その前のセリフにある「バッグを持たせてくれるこ
と」ですね。吹き替え訳(「美人になれる」)は、あとのほうのセリフ(「きれ
いになれた気がした」)を先取りした意訳になっています。


> ベティ:クリスティーナは、オシャレは心の潤いだって。
> Christina said the fashion is good for the soul.
            says that

惜しい! あとちょっとでしたね!


> ベティ:今日、あのグッチのバッグを持って歩いたら、3歳に戻って母さんの
バッグを持ってるみたいで…きれいになれた気がしたの。
> I wanana... I was walking around with my goodie, every I got is 
> serious all get it for the mom's purse. I actually felt pretty.
> (このセリフは聴き取りが難しくて、意味通しもできません〜。)

うん、難しかったですね。セリフが長いので、分けて解説します。


> ベティ:今日、あのグッチのバッグを持って歩いたら…
> I wanana....I was walking around with my goodie,
And when                                   Gucci today,

→And when I was walking around with my Gucci today,

And when I was をすごく「弱く・はやく」、口の中でもごもご言って、まねし
てみてください。それが出来たら、聞き取れるかどうか、再トライ!


> ベティ:3歳に戻って母さんのバッグを持ってるみたいで…
> every I got is serious all get it for the mom's purse.

→it was like I was three years old again and holding mom's purse.

最初の「弱い」it was like が聞き取れなかったので、文意が取れず
総崩れになってしまいましたね。分かりますよ(^−^)。


> ベティ:きれいになれた気がしたの。
> I actually felt pretty.

ここは完璧でした(^−^)。


> ヒルダ:ああ、ベティ…。
> **** you, mama.
  Hay, mama. [アイ・ママ](スペイン語です。)


────────────────────────────────────
■正解の英文だけ、もう一度(英文スクリプト)
────────────────────────────────────


夕食を取らずに自室に行ったベティ。姉のヒルダが心配して、様子を見に来ま
す。 (番組スタートから30分45秒〜のシーン)

HILDA: Hey.
BETTY: Do you remember how angry you were when mom gave me her good 
purse?
HILDA: Yeah, well... You were three. And you used it to carry aound 
your crayons.
BETTY: I finally figured out why she gave it to me, and not to you.
HILDA: Digame. [ディーガメ](スペイン語)
BETTY: She knew how it would make me feel.
BETTY: Christina says that fashion is good for the soul.
BETTY: And when I was walking around with my Gucci today, it was like I 
was three years old again and holding mom's purse.
BETTY: I actually felt pretty.
HILDA: Hay, mama... [アイ・ママ](スペイン語)


────────────────────────────────────
■スクリプトを使ったリスニング練習のコツ
────────────────────────────────────


 ◆スクリプトを見ながら、「この通りに聞こえるはず」と思って何度も聞く
  だけで、大変良い練習になります(^−^)。

 ◆1シーン「通して」聞くのでなく、「同じ英文を続けて聞く」のが最大のコツ。
  リモコンの「一時停止」と「巻戻し」ボタンをたくさん使います。

 ◆あまりにもかけ離れて聞こえるセリフは、声を出してまねしてみましょう。
  その際に、英文の中で「弱く・速く・あいまいに」発音する個所の
  「弱さ」をできるだけ忠実に再現!

  このメルマガの説明通り、本当に「音量が3分の1」しかないのか、
  一度リモコンを駆使して「弱い所」だけ区切って再生して確かめてみて
  ください。「こんなに小さな音で言っているのか!」とびっくりしますよ。

 ◆スクリプトにない音が聞こえる場合があります。
  (Sがないはずの個所でSが聞こえる、等)。
  この症状は、上記の「弱い所」や、音程の上下の忠実な再現が出来るよう
  になると(リズムの習得で)、大体、きれいになおってしまいます。
  あわてて原因究明に走ったり、「発音トレーニングが必要だ!」と
  勘違いしないようにね(^−^)。

  ※逆に、「スクリプトにある音なのに、聞き取れない」ケースでは、
   発音教材でのトレーニングで改善する場合があります。
   ただし、発音を独習で改善するのには限界があるので、
   深追いしないことが大切です。
  (個別の音の発音より、リズムのほうが5倍重要)。


────────────────────────────────────
■ディクテーション応募の要領、ディクテーション学習法のコツ
────────────────────────────────────


 ◆ ディクテーションご応募は、

   放送3日後までに、ドラマのワンシーンから、
   会話のやり取り2〜3往復ぶん(4行〜多くて8行まで)
   のセリフを書き取り、

   メールでcomet@fd5.so-net.ne.jp 私、「かめっ」宛にお送りいただくか、
   バックナンバーのページの「コメントを書き込む」の欄
   http://www.melma.com/backnumber_171081/
   から、お送りください。お2人の方まで添削をいたします。


 ◆ ディクテーションのメールの書き方は、

   今回の「キョロちゃん」さんの書き方、または「英文スクリプト」を参考
   にしてください。日本語は付けていただくとありがたいですが、
   2ヶ国語とも録画できない方は、英語だけで大丈夫ですよ(^−^)。
   あと、簡単なプロフィールなど書き添えてくださると、うれしいです。


 ◆ ディクテーション学習法のコツ

  (1)単なるリスニングの力試しではありません。
  (2)辞書、参考書で調べられることは、すべて調べ、
     できれば吹替えの日本語も手がかりにして、
     聞き取れない所を「推測」します。そして、
  (3)あなたの知識の範囲内でなるだけ完全な英文に仕上げてください。
     その過程で、文法や語彙などの知識がしぜんに整理され、
     英語の総合力がアップします。
     (theなのか、aなのか、といった細かい所も、文法をよく調べて
     検討すること。)
  (4)「たくさんやらないこと」が重要です。
     一度に4〜8行(分からない所には時間をかけます。
     所要時間は30分〜1時間ぐらい)で、十分。
     それ以上まとめてやったとしても、
     ディクテーションから得られる成果は、それほど増えません!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のメルマガ、いかがでしたか?

ディクテーションには「聞き取りやすいシーン」のほうが適しています。聞き取
れない個所、自信がない個所がなるだけ少ないシーンを選び、その個所だけを集
中して何度も聞く。分からない文法事項や語彙、スペルを徹底的に調べることも
大事。そして、持てる知識・「持てない」知識も総動員して、分からない個所を
「推測」するのが、ディクテーションという勉強法のテーマです。

どのシーンも難しくて、「あまり聞き取れない」という方も、勇気をふるってご
応募くださいね。応募するつもりで書き取るというだけで、必ず得るものがある
はずです。私も添削で応援します!


【ご感想、質問待ってます!(^−^)】

  ◆バックナンバーのページの「コメントを書き込む」の欄からどうぞ!
   http://www.melma.com/backnumber_171081/


※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションの応募者(挑戦者)がおられた
 週のみ、発行します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行システム:『melma メルマ!』 http://melma.com/
配信中止はこちら http://www.melma.com/backnumber_171081/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===================== 発行者 =====================
かめっ
「アリー・myラブ & 海外ドラマ聞き取り 挑戦!」
ホームページ管理人で、英語教師です。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/index.htm
メールアドレス comet@fd5.so-net.ne.jp
==================================================

© 2016 Tanaka Koji, Littlejuku