メルマガ「英語でアグリー・ベティ!」バックナンバー

海外ドラマで、使える英語フレーズ&リスニングを学習


第7話「親子のきずな」英会話フレーズ編(1)


************************************************************************
        英語で『アグリー・ベティ』(UGLY BETTY)!
    ベティのセリフで、日常英会話の基本フレーズを徹底マスター
************************************************************************


 ◆ 週2回発行のメールマガジンです。

  (1)「基本フレーズ編」は、ベティのワンシーンから
     日常英会話の基本フレーズ&リスニングのコツを解説。
  (2)「聞き取り挑戦!編」では、読者の方が送ってくださった
     ディクテーション(書き取り)を添削します。

    ※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションのご応募が
     あった週だけ、発行致します。

 ◆ チャンス! 今週は、ディクテーションのご応募がまだありません!

   今週の土曜日までにワンシーンの一部、4〜8行の
   のセリフを書き取り、comet@fd5.so-net.ne.jp宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。

   くわしい応募要領は、このメルマガの最後のほうで!


━━━━━━━━━━━━━━ 2007.11.15 発行 ━━━━━━━━━━━━━-
  第7話『親子のきずな』 (Trust, Lust and Must)--基本フレーズ編 (1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ WE GOT LUCKY THIS WEEK!
今週は、「基本フレーズ編」を2回にわたってお届けします。(2回目はあさって11月17日に配信します)。なぜかって、今週選んだシーン、超重要な基本表現がたいへん良い具合に密集していて、とても1回では説明しきれませんから!(^−^)


ベティの家。父さんは夕食の支度中。娘たち2人(ベティとヒルダ)は、父さんのメキシコ時代の書類を食卓に広げ、父さんの永住権の問題を検討中。ふと書類の中から、母さんの半分ちぎり取られた写真を発見したベティ…。
(冒頭から7分43秒〜のシーン)

(前半 このメルマガで解説するぶん。初・中級者向けの内容)
BETTY: What's this? It looks like somebody was torn out.
DAD:   Ah, it's nothing. Just a photo of mom with an old boyfriend.
HILDA: Oh, let me see!
BETTY: A boyfriend? I thought you said you were each other's first 
       loves.
DAD:   Will you stop with the damn questions?

(後半 次のメルマガで解説。中級者向けの内容が多くなります)
DAD:   I'm going for a walk... if it's okay, Betty.
HILDA: What is with you? Obviously, he is sensitive about all of this.
BETTY: Well, there's something he's not telling us.
BETTY: We're just trying to help him, Hilda. We deserve to know.
BETTY: Doesn't that upset you?
HILDA: Of course, it does. But getting upset doesn't help.
HILDA: He's always been there for us, Betty. We just, we got to be 
       there for him now.
BETTY: Fine. I'll sell Herbalux at Mode. I mean, I'd do anything I have 
       to, but I'm not just going to let him off the hook. Not until he 
       tells us the truth.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さっそく、ワンフレーズずつ見ていきましょう。

■は、リスニングのコツ
★は、重要フレーズの解説
☆は、重要でないフレーズです
(各マークが2つ付いているのは、ややステップアップした内容です。)


ベティが見つけた母さんの写真には、隣りに誰か男の人が写っているはずなのですが、その部分が破り取られています。

ベティ:何これ? 誰かが破いたみたいだけど。
What's this? It looks like somebody was torn out.

somebody was torn out 直訳は、「誰か(の写っている所)が破り取られている」です。

☆tear 「引きちぎる、引きはがす」。発音注意 [テア]。tear-tore-torn

★It looks like + 文 「〜みたい。〜のようだ」
大変よく使う言い方。「〜みたい」と言いたいときは、(probably や I think でなく)、とりあえずこれを使っておくと間違いないですよ! 使い方も簡単。It looks like のあとに、普通の文を普通の形で言うだけです(^−^)。

★★It looks like「〜みたい」と、 It seems like「〜のようだ」
あえて訳し分けてみましたが、同じ意味です。It looks like のほうがややカジュアルに聞こえ、使う頻度も高いです(使用頻度8:2)。

別のシーンからも使用例を。(10分50秒〜のシーン)
マークと話をしていたベティが立ち去ったあと、上司のウィルミナがマークにたずねます。

ウィルミナ:何の用なの?(ベティは何の用だったの?)
What did she want?
マーク:なんだか小遣い稼ぎかなにか、するつもりみたいだけど。
Looks like she's trying to earn a few extra pesos or something.

peso(ペソ)は、メキシコなどスペイン語圏の通貨の単位。
普通は extra money と言います。

■ (It) looks like の It は、常に非常に「弱く」発音されますが、ここのマークのように最初からまったく言わない場合もあります。(そうすると、かなりカジュアルな感じになります。)

上のシーンのベティは、「弱い」ですが、はっきり It と言っています。聞き取れますか?

★上のマークのセリフと同じ内容を、
She seems to be trying...
という構文で表すことも可能ですが(習いましたね?)、会話でこの構文を使うことは、実はあまりありません。最頻出の「It looks like + 文」を使いこなせるようになるまで、忘れていていい、というぐらいまれです(^−^)。

では、使い勝手がいい It looks like「〜みたい」を、ちょっと練習しておきましょう。

問い)次の文に「〜みたい」を付け加えてください。

(1) 雨が降る(It's going to rain.)→ 雨が降りそうです。
(2) 君はこのところ忙しかった(You've been busy.)→忙しかったみたいだね。
(3) もっと練習が必要(I need more practice.)→もっと練習が必要みたい。
(4) 間違いをおかした(I made some mistakes.)→ 間違いをおかしたようだ。



















答え。
(1) It looks like it's going to rain.
(2) It looks like you've been busy.
(3) It looks like I need more practice.
(4) It looks like I made some mistakes.

簡単でしたね(^−^)。このように、現在・未来・過去・判断・推測・・・どんな文にでも、「〜みたい」というニュアンスを付け加えることができるのが、It looks like です。

ところで、英会話スクールなどで会話の実践の場がある人は、「断定を避ける」ときの言い方として、とっさに I think しか思い浮かばない…という人多いですよね? ぜひ、It looks like をレパートリーに加えてください! 多くの場合、I think よりぴったり来ます(^−^)。


父さん:いや、なんでもない。これは、母さんと昔のボーイフレンドだ。
Ah, it's nothing. Just a photo of mom with an old boyfriend.

★photo「写真」。picture も photo も、両方使います。
★boyfriend「恋人」です。「男友達」と考えると、かなりずれますよ。


ヒルダ:うそ! 見せて。
Oh, let me see.

★Let me see.「見せて。」 大変よく使うフレーズです。ひとまとめに覚えましょう。Let の t が聞こえませんね。Lemme see[レミ・スィ]、こう書き表すこともあります。


ベティ:ボーイフレンド? 母さんと父さん、初恋じゃなかった?
A boyfriend? I thought you said you were each other's first loves.

直訳は、「お互いの初恋の相手じゃなかった?」です。
love は名詞で、「恋人」。

I thought you said you were
 過去形  過去形  過去形

「時制の一致」は大丈夫ですか?(^−^) (解説省略します。)


父さん:質問攻めはもうやめてくれ!
Will you stop with the damn questions?

stop with は、お使いの辞書にのっていないかもしれません。このセリフは、かりに with なしで、"Will you stop those damn questions?" と言っても同じ意味になります。しかしここでは、この with の用法に注目します。

***** with「〜に関して、〜について」の用法、徹底解説 *****

★with 「〜に関して、〜について」。
これ、会話でよく使うんです。with のこの用法は、学校ではたしか習っていませんよね? 今から徹底解説しますので、しっかり理解してください。

この使い方の with は、
★help + with
という組み合わせで、もっとも頻繁に使われます。
形にも注意。help +(人)+ with という目的語(人)があるパターンと、
help + with という目的語なしの、2つのパターンがあります。

例)help my mom with the chores
 「母さんの家事を手伝う」

上の日本語訳、「母さんの“家事を”手伝う」というのはごく自然な日本語ですが、英語ではそうは言っていません。help の目的語は my mom。ですから、「“母さんを”手伝う(助ける)」というのが、英文の正確な意味です。

help    my mom     with the chores
助ける  母さんを   家事に関して

それを念頭に、次の例を読んでください。

help her with the dishes
「母さんを手伝う(助ける) 食事の後片付けに関して」
help her with the laundry
「母さんを手伝う(助ける) 洗濯に関して」
help her with the chores
「母さんを手伝う(助ける) 家事に関して」
help her with her work
「母さんを手伝う(助ける) 家事(または仕事)に関して」


では、次の例はどうでしょう?

例)help my son with his problem

「息子の問題を手伝う」??では、意味が通りませんね。この英文の直訳は、「息子を助ける、彼の問題に関して」・・・うん、これなら、なんとなく分かりますね(^−^) もっと普通の日本語に直すと、「息子が問題に対処するのを助ける(手伝う)」になります。

今の日本語訳の中の「対処するのを」という部分は私が勝手におぎなったものです。それに対応する言葉は英文のなかにはありません。したがって、この英文が出てきたときに即理解するには、やはり、「息子を助ける。彼の問題に関して(with)」式に、英語のまま直解するしかないということになります。次の例でその練習をしてみましょう。

例)
help my son with his English「息子を手伝う(助ける) 英語に関して」
help my son with the problem「息子を手伝う(助ける) 問題に関して」
help my son with the pain「息子を手伝う(助ける) 痛みに関して」
help my son with the plan「息子を手伝う(助ける) 計画に関して」

・・・どの例の日本語訳も、なんだか舌足らずで、物足りない感じですね。それぞれ、普通の日本語で言うなら、次のような内容を表しています。

「息子の英語の勉強を手伝う」
「息子が問題に対処するのを手伝う」
「息子が痛みに対処する・痛みと戦う(治療など)を手伝う」
「息子が予定を立てる・実行するのを手伝う」

日本語で補った部分は、英語では with という1語で表しています。with って雄弁な単語ですね!


・・・なんだか、このシーンに登場してない help のことで、私も“雄弁”をふるってしまいましたが(汗)。

以上の例文は、がんばって覚える必要はありません。with (help + with)のココロを「理解」するのに役立ててください。下の例文は、覚えて便利、 help + with のエッセンスだけを用意しました(^−^)。

例文)
--I need you to help me.「ちょっと手伝ってくれ。」
--Sure. Help you with what?「はい。何ですか?」

-- Can you help me?「ちょっと手伝って。」
--Help with what?「何を?(何のことで手伝うの?)」

最後の Help with what? の help は目的語(you)なしで、自動詞として使っています。目的語あり/なし、どちらもよく使います。


さて、with のココロがだんだんつかめてきましたか? ここで、with「〜に関して」を使った代表的な言い回しをチェック! この with の用法を一気にものにしましょう! (読むとき、with のココロをつかむことに集中してね!)

例)
There is nothing wrong with you.
「君はなにも悪くない。(悪い所はない。君に関しては)」
Something is wrong with my computer.
「パソコンの調子が悪い。(なにかがおかしい。私のパソコンに関して)」
That's fine with me.「私は、それでかまいませんよ。」
Good luck with your new job.
「新しい仕事、がんばってね。(幸運を祈る。新しい仕事に関して)」
Good luck with finding a job.
「就職活動、がんばってね。」(※動名詞〜ingも使えるよ!)
It's the same with my family.
「うちの家族も、同じです。(同じです。うちの家族に関しても)」
Same with me.「私も同じ。」
I have a problem with sleeping.
「眠れないんです。(問題をかかえています。睡眠に関して)」


with「〜に関して」で、長い講義になってしまいましたね(^^;
最後にもう一度、元のセリフを見てみましょう。

父さん:質問攻めはもうやめてくれ!
Will you stop with the damn questions?

「もうやめてくれ。そのろくでもない(damn)質問攻め“について”は。」
                           with
stop with の感覚、伝わりましたか?(^−^)


このセリフには、もう1点重要ポイントがあります。・・・今日のメルマガの最後のポイントですよ。がんばってついてきて!

★Will you〜?「〜してくれますか?」(依頼)
「依頼・たのみ」の Will you。「アメリカ人は、親子の間でもずいぶん礼儀正しいんだな」と勘違いしてはいけません。

実際、この場面の「父さん」は、つらい過去をベティに厳しく問いただされ、ついにいらだちを隠しきれず、この言葉を発しています。「やめろ!」と言う時の腕を振りおろすジェスチャーもかなり激しいですね。

そうです。この場面の Will you には、「依頼」という生ぬるい感じはありません。

★★Will you〜?「〜してくれ!」「いいかげん〜しないか!」
(いらだちをあらわにした強い命令)
と理解しないといけません。

さらに、will you? を文末に持ってきて、

Stop with the damn questions, WILL YOU?

としても、同じいらだった感じの切り口上になります。


Will you〜? の使用法は、やや複雑。

上のような「いらだちまぎれの命令」のときもありますが、やはり、「依頼」をするときにも使用するからです。というより、こちらがメインなのです。

「依頼」の Will you は、よく似た Can you としっかり「対比して覚える」と、実際に話すときに迷いなく使うことができますよ(^−^)。

★Will you〜?「〜してくれますか?」(依頼)
★Can you〜?「〜してくれますか?」(依頼)

まず、Will you の象徴的な使用例から見てみましょう。

例)Will you marry me?「結婚してくれますか?」

結婚の申し込みの決まり文句です。これは「依頼」と言っても、超重量級の「依頼」ですね(^−^)。もう1つ例を。

例)Will you come to Fukuoka to see me?
「福岡までぼくに会いに来てくれる?」

ちょっとこれは・・・困りますね?(^^; そうそう気軽に福岡に行けるものではありません。

このように、Will you〜? というのは、「依頼・たのみごと」の中でも、相手が「うん」と言うか分からないような質問に使う傾向があります。

それもそのはず、will は「意思」。Will you でもって、「その意思・つもりがありますか」というのが文字通りの意味だからです。

★Will you〜?「〜してくれる意思がありますか?」

それに対して、一般のたのみごとは Can you 「〜できますか?(可能ですか?)」という聞き方をする、と区別しておくとよいですよ(^−^)。

Can you come to the party tomorrow?「明日のパーティ、来れる?」
Can you come over?「ちょっとこっちに(うちに)来てくれ。」
Can you get that bulb for me?「そこの電球取ってくれる?」

どの例も、軽いですね(^−^)。

★Can you〜? 「〜してくれる?」(軽いたのみ〜たのみ一般まで広くカバー)

Can you は、我々が一番たくさん使う可能性のある「依頼」表現です。

先週・先々週にやった I need you to 〜「〜してくれ」とも区別しておきましょう。こちらは、仕事の場面にふさわしい「指示出し」の表現でしたね。我々学習者はしばらく使いそうもありません。

★I need you to〜「〜してくれ。」(指示出しの表現)


お疲れさまでした!(^▽^)

このシーンの後半のセリフについては、あさって11月17日に配信の「基本フレーズ編(2)」で解説します。「基本フレーズ」は、ややステップアップしたものが多くなる予定です。その他、今日あまりやらなかった「リスニングの練習」もありますので、お楽しみにね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いかがでしたか?


【英会話初心者の方へ】

このメルマガ・レッスン、英会話初心者の方には、少し詳しすぎる情報も混じっ
ていると思います。下の「中級者の方へ」のアドバイスも参考に、分かるところ
だけ、ピックアップしていきましょう(^−^)。


【英会話中級者の方へ】

中級者の方には、どれも重要な、基本情報です。

  ◆フレーズや単語を「訳語で覚える」だけでなく「使える状況で覚える」
   ことも取り入れていくと、あなたの英語がぐんと通じるようになります。
  ◆また、日本語直訳や、単に「合ってる」だけの言い回しから→
   実際に使用頻度が高い単語・言い回し(より普通の英語表現)
   に切り替えていくことも、通じる英語を話すカギです。

これからも、そういった情報に最重点を置いて解説していきますね!


【疑問・質問、大歓迎です(^−^)】

  ◆comet@fd5.so-net.ne.jp(かめっ宛)にどうぞ!


────────────────────────────────────
■スクリプトを使ったリスニング練習のコツ
────────────────────────────────────


 ◆スクリプトを見ながら、「この通りに聞こえるはず」と思って何度も聞く
  だけで、大変良い練習になります(^−^)。

 ◆ざーっと1シーン流すのでなく、「同じ英文を続けて聞く」のが最大のコツ。
  リモコンの「一時停止」と「巻戻し」ボタンをたくさん使います。

 ◆あまりにもかけ離れて聞こえるセリフは、声を出してまねしてみましょう。
  その際に、英文の中で「弱く・速く・あいまいに」発音する個所の
  「弱さ」をできるだけ忠実に再現!

  このメルマガの説明通り、本当に「音量が3分の1」しかないのか、
  一度リモコンを駆使して「弱い所」だけ区切って再生して確かめてみて
  ください。「こんなに小さな音で言っているのか!」とびっくりしますよ。

 ◆スクリプトにない音が聞こえる場合があります。
  (Sがないはずの個所でSが聞こえる、等)。
  この症状は、上記の「弱い所」や、音程の上下の忠実な再現が出来るよう
  になると(リズムの習得で)、大体、きれいになおってしまいます。
  あわてて原因究明に走ったり、「発音トレーニングが必要だ!」と
  勘違いしないようにね(^−^)。

  ※逆に、「スクリプトにある音なのに、聞き取れない」ケースでは、
   発音教材でのトレーニングで改善する場合があります。
   ただし、発音を独習で改善するのには限界があるので、
   深追いしないことが大切です。
  (個別の音の発音より、リズムのほうが5倍重要)。


────────────────────────────────────
■ディクテーション応募の要領、ディクテーション学習法のコツ
────────────────────────────────────


 ◆ ディクテーションご応募は、

   今週の土曜日(17日)までに、ドラマのワンシーンから、
   会話のやり取り2〜3往復ぶん(4行〜多くて8行まで)のセリフを
   書き取り、メールでcomet@fd5.so-net.ne.jp 私、「かめっ」宛に
   お送りください。お2人の方まで添削をいたします。


 ◆ ディクテーションのメールの書き方は、

   このメルマガの冒頭の英文スクリプトの書き方を参考に
   してください。日本語は付けていただくとありがたいですが、
   2ヶ国語とも録画できない方は、英語だけで大丈夫ですよ(^−^)。
   簡単なプロフィールなど書き添えてくださると、うれしいです。


 ◆ ディクテーション学習法のコツ

  (1)単なるリスニングの力試しではありません。
  (2)辞書、参考書で調べられることは、すべて調べ、
     できれば吹替えの日本語も手がかりにして、
     聞き取れない所を「推測」します。そして、
  (3)あなたの知識の範囲内でなるだけ完全な英文に仕上げてください。
     その過程で、文法や語彙などの知識がしぜんに整理され、
     英語の総合力がアップします。
     (theなのか、aなのか、といった細かい所も、文法をよく調べて
     検討すること。)
  (4)「たくさんやらないこと」が重要です。
     一度に4〜8行(分からない所には時間をかけます。
     所要時間は30分〜1時間ぐらい)で、十分。
     それ以上まとめてやったとしても、
     ディクテーションから得られる成果は、それほど増えません!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「聞き取り挑戦!編」は、ディクテーションの応募者(挑戦者)がおられた
 週のみ、発行します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000248990.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===================== 発行者 =====================
かめっ
「アリー・myラブ & 海外ドラマ聞き取り 挑戦!」
ホームページ管理人で、英語教師です。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/index.htm
メールアドレス comet@fd5.so-net.ne.jp
==================================================

© 2016 Tanaka Koji, Littlejuku