メルマガ「英語でアグリー・ベティ!」バックナンバー

海外ドラマで、使える英語フレーズ&リスニングを学習


第12話「ソフィアの素顔」(2)


【英語でアグリー・ベティ!◆基本フレーズ編】 第12話『ソフィアの素顔』 
(1)



************************************************************************
        英語で『アグリー・ベティ』(UGLY BETTY)!
    ベティのセリフで、日常英会話の基本フレーズを徹底マスター
************************************************************************


  ◆ こんにちは! 英会話&発音トレーナーの田中耕治です。
   きょうも、「ベティ」のセリフで、楽しく英語を勉強しましょう!


━━━━━━━━━━━━━━  2007.12.21 発行 ━━━━━━━━━━━━━
    第12話『ソフィアの素顔』 (Sofia's Choice)--基本フレーズ編 (1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のメルマガは2部構成。後半は、あさって(23日)にお届けします。

「重要だけど、わかりにくい」項目の、やさしい解説が盛り沢山ですよ!

  ◆未来をあらわす表現が、“命令”になる!?
  ◆I like ○○. と ほめ言葉の形容詞 総ざらい!
      〜 good と great を基本に
  ◆「やろうとしてやってないこと(未実現)」をあらわす、英語らしい表現
      〜 almost, try, should
  ◆I would(仮定法)の基本的な意味
  ◆「可能性」をあらわす must / may / can

きょうのメルマガには、最初の2つの解説が入っています。おたのしみに!


────────────────────────────────────
■ 日本語訳のスクリプト
────────────────────────────────────


いつもと順番を変えて、先に日本語訳でシーンの状況を把握しておきます。
(ご意見お聞かせください。)

新しく創刊する雑誌「MYW(エムワイダブリュー)」の編集部に引き抜かれた
ベティの初出勤日。元の職場「モード」編集部とは同じビル内です。ベティが机
まわりの品物を段ボール箱に入れて、フロアを移動してきたところ、さっそく新
しい同僚の女性に呼び止められます。 (3分20秒〜のシーン)

同僚:  信じられない、そのニットのベスト!
ベティ: (-"-)・・・良くない、ってこと?
同僚:  良くないどころか・・・もう、最高じゃない!
同僚:  私も買おうかと思ったの、激安ストアで。
ベティ: 40パー・オフ?
同僚:  そう! あなたが噂のベティね。ソフィアから全部聞いてるわ。
     あなた、「モード」のスターだったんでしょう。
ベティ: いやあ、そんな。それは言い過ぎよ。
同僚:  だけど、ほんとによく耐えられたわね。私なんか、エレベーターが
     あの階に止まるだけでじんましんが出ちゃう。
ベティ: たしかに大変だった。
同僚:  (ベティの箱の中のウサギのぬいぐるみを見て) かわいい!
同僚:  (オフィスを案内しながら) 「MYW」はぜんぜん違うわよ。ここ
     は理想的な職場だし、ソフィアは理想的な上司。
ベティ: ええ、やさしいし、面倒見もいいし。
同僚:  最高よ。私の席ここだから、何かあれば言って。
同僚:  ねえ、そのベスト貸してくれない、大事なデートがあったら?
     あるわけないけど・・・。
ベティ: 貸してあげる。
ベティ: (デスクに深々と座り) ただいま(^−^)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新しい職場での初日は、不安と期待がないまぜ、ですよね。同僚の女性の第一声
は、その不安が的中、あまりおしゃれではないベティの服装を見とがめて、バカ
にするものでした(「モード」で何回こんな目にあったことでしょう)・・・と
思いきや、実はベティと同じバーゲン品を愛好する“同じ人種”だと分かり、
一気に安心させられます。最後のベティのセリフ、「ただいま。-I'm home.-」
は、その安心感を表していますね(^−^)。

それでは、最初のセリフから見ていきましょう。先週と同じく、初対面の会話です。


■は、リスニングのコツ(今回は、ありません。)
★は、重要フレーズ・単語
☆は、それほど重要ではないフレーズ・単語


同僚:信じられない、そのニットのベスト!
You are not wearing that sweater vest!

これは、初対面の会話にふさわしいとは言えませんよ(汗)。現に、ベティはバ
カにされたと思って、思いっ切り身構えてしまっています。だって、ベティが着
ている洋服を「着ていない」→「その服を着ているなんて、信じられない」と、
現実を否定しちゃってます。

この現在進行形の使い方は面白いですね。会話によく登場する用法ですので、
以下、詳しく見ていきます。

例1)
You are NOT eating that chocolate muffin!「か、勝手に食べるなよ!」

(not に強いストレスを置いて発音します。)

これは、海外ドラマ「フレンズ」でよくありそうなシチュエーション。大事に
取っておいたお菓子を、誰かが見つけてもぐもぐ食べている・・・(笑)。その
現場での一言です。現に食べているのに、「君はそれを食べていない」(現在進
行形)と言っています。

例2)
WOMAN: No. You are not eating that.
MAN:   Why not?
WOMAN: Because you had steak on Friday night and Lasagna last night.
       You want to clog your arteries? Not on my watch.

インターネットで見つけた笑い話です。男性が何かコレステロール値の高い物を
「食べようとしている」(現在進行形)、それを女性が見とがめている、という
場面です。

例2の訳)
女: そんなもの食べるなんて信じられない。
男: 何でだよぉ。
女: だってアナタ、金曜にステーキ食べて、昨夕はラザーニャだったでしょ。
   動脈詰まらせたいわけ? 許さないわよ。

こわいですねえ(笑)。この会話の最後、Not on my watch. の watch は、もと
もとは船員用語。当直・見張りの番(シフト)のことです。ここでは、「アナタ
の健康に責任を持つ立場」、この女性はきっと奥さんなんでしょう。Not on my 
watch. は、ビジネスの場面で使うとしっくりきます。「私が担当者である限り、
それはありえない。通さない。」という感じです。

さて、現在進行形。

例2は「食べようとしている」状況だと説明しましたが、実は「現に食べている
最中」のかもしれません。はっきりしないのです。(例1についても同じことが
言えます。) それは、現在進行形にその2つの用法があるからです。

 ┌─────────────────────────────────┐
 │ 現在進行形の2つの用法                     │
 │   (a) 現在進行中のできごと・動作をあらわす          │
 │   (b) これから起きること・動作をあらわす(つまり、未来のこと)│
 └─────────────────────────────────┘

会話では、未来のこと(b)をあらわすのに、現在進行形を用いることが非常に多
く、(a) と (b) の頻度はさほど変わりません。もし (a) しかご存知ないようで
したら、認識をあらためてくださいね。これ重要。

なお、(a), (b)、どちらの用法かは、たいがいの場合は文脈でわかりますので、
ご心配なく。

ところで、例1・例2とも、「食べちゃだめ」、あるいは、「食べるのをやめな
さい」と取れることに気付きましたか? そう、これはある種の“命令”になっ
ています。

次の例。

例3)
You're NOT going out with that boy again.

go out は、「デート、お出かけする」、転じて、「つきあう」という意味。こ
れは、娘のボーイフレンドのことを気に入らない父親のセリフ。「もうアイツと
はつきあっちゃダメだ。」と“命令”しています。

この“命令”は、文法書に will(未来形)の用法の1つとして書いてある、
   「You will (2人称の未来形)=命令、または、(疑問文なら)依頼」
と同じものです。

例3の変形)
You will NOT go out with that boy again.

この will を使う形も会話でよく聞きます。意味は元の文と同じ。なにしろ、相
手の意思(will)を勝手に言いきっているのですから、かなり強い命令です。

このように未来を表す表現で、相手の「意思(will)」や、「確実な未来(現在
進行形)」を表すと、“命令”になってしまうのは当然の道理ですね。しかし、
“命令”とかっちり覚えてしまうと、ゆうづうがきかなくなり、まずいですよ。

例4)
You're not going to the next meeting.

何かヘマをやらかしたのでしょう。「オマエは次の会合には出席しない。」→
「オマエはもう連れて行かないからな。」と宣告しています。

これは、海外ドラマ「アリー・myラブ」のセリフ。ビリーが、自分のプライベー
トな会合に仕事仲間のリチャードを連れて行った所、さんざん恥をかかされてし
まい、その後の一言です。(当サイトにスクリプトがあります。)
http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/am303.htm#18

このセリフは、“命令”とは言えませんが、相手の未来・予定を勝手に決めてし
まっているのですから、まあ、似たようなものですね。

さらに、

例5)
You're not going to trick me again.

trick は「トリックでだます、引っかける」。文の意味は、「あなたは、今後、
私を引っかけない。」→「もう(あなたのトリックに)引っかからないから
ね!」。

今度は、be going to の未来ですね。また新しいバリエーションか・・・と思わ
ないで! 要するに、未来を表す表現で、相手のことを勝手に決めてしまったら、
このような意味になるのです。それに、普通に解釈していれば(進行形や、
willや、be going toとして)絶対分かりますから、安心してね(^ー^)。


さて、「未来を表す表現が命令・強制になる」ことの説明が長引きました。重要
ですので、しっかり読みこなして、“命令”になる理屈を理解しておいてくださ
いね。


もう一度、元のセリフをチェックしておきましょう。

同僚:信じられない、そのニットのベスト!
You are not wearing that sweater vest!

洋服や靴、めがね、装飾品など、身に付けるものは全部 wear します。

ただし、

★wear「着ている(身に付けている)」(状態)。
★put on 「着る(身に付ける)」(動作)。

区別に注意しましょう。身に付ける“動作”は、put on ですよ。

例)Put on your shoes. (Put your shoes on.) 「靴を履きなさい。」

そして、身に付けているという“状態”は、wear です。

例)
Daniel is wearing Armani shoes.「ダニエルはアルマーニの靴を履いてい
る。」

★wear「着ている(身に付けている)」は、現在進行形で用いることが多い。

wear の使用例)
wearing a hat「帽子をかぶっている」。
wearing glasses「メガネをかけている」。
I'm not wearing any underwear.「今、下着つけてません。」
(そんなこと言わないですよね、普通。映画や海外ドラマでよく聞くフレーズ)
You're married?! But you're not wearing a wedding ring.
「えっ、結婚してるの?! だって、結婚指輪してないじゃない。」

結婚指輪も・・・たしかに、身に付けるものですね。

この最後の文を、ふつうの現在形で、

例
But you don't wear a wedding ring.「だって、結婚指輪してないじゃない。」

と言うと、「習慣」になります。つまり、普段から指輪をしていない。それに対
し、元の wearing の文は、「今、現に」していない。そういう区別があります。

いつも指輪をしている(現在形)、いま指輪をしている(進行形)
いつもメガネをかけている(現在形)、いまメガネをかけている(進行形)
いつも下着をつけていない(現在形)、いま下着をつけていない(進行形)…

それぞれ、どちらもありえますが、会話で頻繁に使う機会があるのは圧倒的に
進行形のほうです。

ところで英語では、もっと意外な物も“身に付け”ますよ。

例)
wearing make-up「化粧をしている」。
Are you wearing make-up?「お化粧、してるの?」

繰り返しますが、これは、お化粧している“状態”(すでにお化粧済み)です。
お化粧している“最中”、つまり動作のことは、これではあらわせず、putting 
make-up (on) と言わなければなりません。

「ベティ」の過去のエピソードから、例を1つ。

例)
She's wearing a two-year-old shoes.「あのコは2年前のクツを履いてい
る。」

これは、最先端ファッションが至上の「モード」編集部では、“ご法度”なので
したね(笑)。


次は、セリフ2つまとめて。

ベティ:良くない、ってこと?
You don't like it?
同僚:良くないどころか・・・もう、最高じゃない!
No, I don't like it. I LOVE it!

★love は、like の強調形
「好き」と「愛してる」の区別も、そこから出てくるわけですね。ただし、英語
では、恋人のことでも like と言ったりしますから、そんなに明確に区別してい
るわけではありません。

★like, love 「気に入る(気に入った)」、「良い(良かった)」
like や love は、何か新しい物を目にしたり経験してたりして、それが「良
かった」という場合に、いつも使う動詞です。超・超・超重要!

上の会話の it は、ベティが着ているベストのこと。like や love は、相手の
服装や、髪型をほめるのにも常に登場します。日本語では、「それ、“いい”で
すね。」と言いますよね。ほめる対象を描写します。それに対して、英語の 
I like のパターンでは、その物を「私は、“気に入る”」と、私の気持ちを表
現します。

I like や I love は、ほめ言葉として、あるいは感想を述べる言葉として、
大変、大変、よく使いますので、ここでしっかり覚えてね!

例)
I love your tie.「そのネクタイ、いいですね!」
I love your new dress.「新しいドレス、すてき!」

2番目の文は、<第3話のメルマガ> で紹介した You look 〜 を使用して、
(http://www.melma.com/backnumber_171081_3866338/)
次のように言い換えられます。

言い換え例)
You look fabulous in that dress.

文字通りには、「そのドレスを着ているあなたって、とても素敵に見える。」で
すが、要するに同じことです。

注意)fabulous は、ほぼ女性専用の言葉。男性が言っても無難なのは、great 
または、gorgeous(魅力的な)あたりです。

せっかくなので、「ほめ言葉の形容詞」を少し見ておきましょう。

例)
You look lovely in that dress.

これは、女性、または英国人のセリフです。lovely は、英国人は男女問わず、
誰でも、何にでも使います。アメリカの上流階級の男性も使うようです。たとえ
ば、「ベティ」の登場人物では、雑誌社オーナーのブラッドフォード氏、それか
ら、「ER」のカーター家に年輩の男性がいれば(女性でももちろん)、使って
もおかしくありません。

イマイチな例)
You look fine in that dress.

これは、いただけません。fine というのは、「結構、かまわない、“可”」と
いうことです。パーティやレストランへ行く服装として“合格”、「ちゃんとし
た格好だ」と言っているわけで、ほめ言葉には、とてもなりません。と言っても、
本人が「この格好で大丈夫かな・・・」と心配しているのなら、ぴったりの元気
付けフレーズになりますよ(^−^)。

一般に、物事の「良し悪し」を言う場合の形容詞の 基本ラインは、

    ┌───────────────┐
    │  fine < good < great   │
    │  OK            │
    └───────────────┘

この内、fine(またはOK)は「合格点」に過ぎないので、good 以上が「ほめ言
葉」に使えることになります。

例)
He's good.

この文はいろんな意味になりえます。もし、he がお医者さんや弁護士、スポー
ツ選手なら、「一流、腕が立つ」という意味になります。(good でも十分な高
い評価ですが、強調して great という場合もあります。) もし、he が学校の
生徒なら、「よく出来る」、ですよ。要するに、なにかが「上手だ」と言ってい
る、それが good です。

それに対して、そのお医者さんが「いい人」なのなら、nice を使うのが一般で
す。(好きな女性から、nice と言われるとつらいですね。)

ただし、good が「親切」という意味になるときもあります。

例)
He's good to me.「私によくしてくれる。」
You've been so good to me.「とてもよくしていただきました。」

「親切」の good には to が付くことが多いので、それが目印になります。

一方、さきほどの「腕が立つ、上手」の good は、前置詞なしのただの good の
形で使うことが多いのですが、もし前置詞を付けるなら at です。

例)
She's good at math and gym.「数学と体育が出来る子。」
What's he good at?「彼の得意なものは?」

この good at は、中学の英語の時間にしっかり習いましたよね(^−^)。
at なしで good だけでも「上手」という意味になるのですよ。

  ┌───────────────────────────────┐
  │  「何が上手か」が話題になっているとき → good at     │
  │  「上手かどうか」が話題になっているとき → good だけ   │
  └───────────────────────────────┘

という区別です。good at にはバリエーション(別パターン)があります。

例)
He's good with kids.「子供扱いが上手だ。」
He's good in this movie.「この映画での演技は見事だ。」


good は、“物”についても言えます。上の good の説明では、人が主語なので、
「上手」などと訳してきましたが、物でしたら、どうなるでしょうか?

例)
Spinach is good for your health.「ほうれん草は、体にいいのよ。」

あ、そうですね(^^;

この文、直訳だと、「健康のために(for your health)、good(役に立つ)」
→ 「体にいい」になるわけですね。

health を略して、○○ is good for you. と言う場合も多いです。それだけで、
慣用として「健康にいい」という意味になります。

例)Try this. It's good for you.「食べてみなよ。健康にいいんだよ。」

食べ物か飲み物、サブリメントを人にすすめているところですね。

this は、目の前にあるものを指しています。this でなく、that や it だった
ら(その場にはないものなので)、このフレーズの可能性は無限に広がります。
たとえば、新しい仕事に「チャレンジしてみたら。きっとためになるよ。」とい
う励ましにもなります。

例)
Green tea could be good for your skin.「緑茶は、お肌にいいのよ。」

具体的ですね。何に効用があるのか、skin(肌)に、と明示しています。

could be は、is の言い換えで、正確には「いい」と言い切っておらず、「いい
という可能性がある」ということです。

good for は、人にも使えます。

例)
-What's he good for?「アイツは、何の役に立つんだ?」
-He's good for nothing.「何の役にも立ちません。」

ろくでなし、ですね(^^;

good の主な使い方が出そろいました。

good の基本的な意味は、人なら「上手、腕が立つ」、物なら「役に立つ」。両
方に共通のイメージがありますね(^−^)。

そして、前置詞を付けると、何が上手、何の役に立つのかが明示できるのでした。
逆に、(“何”の部分がはっきりしていて)、上手かどうか、役に立つかどうか
が問題になっているのなら、たんに good とだけ言うのでした。

もう一度おさらいして、できたらポイントをメモしておいてくださいね。


さて、もともと、

    物事の「良し悪し」を言う場合の形容詞の 基本ライン
    ┌───────────────┐
    │  fine < good < great   │
    │  OK            │
    └───────────────┘

を押さえておこうとして、good の話になったのでした。

good の強調語は great です。上のすべての例文で、good を great に置き換え
ることができます。(good for you; good for your health はかなり固定した
言い方なので、great にすると、やや不自然ですが。) それ以外は、いずれも
ごく自然な英語で、ごく自然なほめ言葉になります。

   fine(またはOK)のほうは「合格点」に過ぎないので、ほめ言葉にはなり
   ませんし、すべての例文で使えるわけでもありません。

さらに、great のバリエーションとして、さまざまな形容詞がありますが、これ
は形容する対象によって変わってきます。わりと何にでも使えるものとして、

★wonderful
★amazing(口語的)→(amazing については、<第2号メルマガ> 参照)

の2つを押さえておきましょう。どちらも、「すばらしい」と訳せますが、たん
なる「good の強調(すごく良い)」という認識でさしつかえありません。さら
に、上の2つをしっかり覚えたら、次の単語も。

☆excellent(ちょっと気取った感じ)
☆terrific(口語的)
☆fantastic(手放しの賞賛です。かなり口語的)
☆awesome [オーサム](子供っぽいです。)

それから、最初に戻って、服装やみばえの話に限るなら、

例)
You look so sweet in that dress.(かわいい)
You look hot in that dress.(セクシー)

なども。hot は、男性が女性に言うのでも、友達同士なら問題ないですよ。ほめ
言葉になりえます。

いろいろ見てきましたが、ほめ言葉の基本の形容詞は、great。
You look "great." ですよ。お忘れなく。 


さあ、これまでの勉強の成果を生かして、次の質問に答えてみましょう。

問題)映画を見に行ったあなたに、友達がたずねます。
     How was the movie?「映画、どうだった?」
   どう答えますか?
























答え)
Oh, it was great.「良かったよ!」
I liked that.「良かったよ!」(love だと、「すごく良かった」)

の2つのパターンが考えられます。

It was great. のほうは、形容詞によって、いろんなバリエーションがあるんで
したね。

では、もし、「良くなかった」なら、どう言えばいいでしょう?























答え)
「良くない」ほうは、いろんな言い方があるので一概に言えませんが、もし端的
に言いきるなら、

I didn't like it.
★It was terrible.「ひどかった。」
★It was a disaster.「めちゃくちゃひどかった(最悪だった)。」

a disaster は名詞「大惨事」ですが、このように形容詞のように使います。

terrible や a disater は、「デートはどうだった?」、「会議の首尾は?」と
聞かれたようなときでも、けっこういつでも使えます。(← 使いたくないです
けどね!(^^;)

他には、決まった言い方とは言えませんが、

例)
I didn't especially like it.「とくに良くなかった。」

というふうに、“言い切り”を避けるのがよくある言い方だし、逆に、

I'd rather have not seen (it).「見ないほうが良かった。」

と、全否定する場合もあるでしょう。


さて、

  ベティ:良くない、ってこと?
  You don't like it?
  同僚:良くないどころか・・・もう、最高じゃない!
  No, I don't like it. I LOVE it!

から始まった「ほめ言葉」の説明は、ここで終わりです。


きょうは、ここまで!(^−^) おつかれさまでした!

今回のシーンは、大事なポイントがめじろ押し。ぜんぶ徹底講義しますので、
おたのしみにね!

あさって(23日)配信の第2部で解説するおもな項目は、

  ◆「やろうとしてやってないこと(未実現)」をあらわす表現
      〜 almost, try, should
  ◆I would(仮定法)の基本的な意味
  ◆「可能性」をあらわす must / may / can


────────────────────────────────────
■英文だけのスクリプト
────────────────────────────────────


新しく創刊する雑誌「MYW(エムワイダブリュー)」の編集部に引き抜かれた
ベティの初出勤日。ベティが机まわりの品物を段ボール箱に入れて、フロアを移
動してきたところ、さっそく新しい同僚の女性に呼び止められます。
(3分20秒〜のシーン)

GIRL AT MYW(MYWの女性。以下、MYW と略します):  
        You are NOT wearing that sweater vest!
BETTY:  You don't like it?
MYW:    No, I don't like it. I LOVE it!
MYW:    I almost bought the same one at Ladies For Less.
BETTY:  40 off?
MYW:    Yes! Oh, you must be Betty. Sofia's told us all about you.
        I hear you're a star at "Mode."
BETTY:  Oh, no, no. I don't know about that.
MYW:    Well, honestly, I don't know how you did it. My rosacea 
        flares up if the elevator even stops on that floor.
BETTY:  Well, it wasn't easy.
MYW:    Cute bunny!
MYW:    Well, "MYW"'s a lot different. You couldn't ask for a better
        place to work, or a better boss than Sofia.
BETTY:  Yeah. She's so kind and supportive.
MYW:    The best. Listen, I'm right over here if you need me.
MYW:    Just promise me you will lend me that sweater vest if I get a 
        hot date... or any date.
BETTY:  It's done.
BETTY:  I'm home.


────────────────────────────────────
■ お願い 当メルマガへの応援をお願いします!!
────────────────────────────────────


このメルマガ、「いいな」と思われたら、英語をおやりになっているお友達にぜ
ひ紹介してください!
http://blog.mag2.com/m/log/0000248990/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンのバックナンバー、解除は、こちらから。
まぐまぐ!:http://blog.mag2.com/m/log/0000248990/
メルマ!: http://www.melma.com/backnumber_171081/
めろんぱん:http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=011211
 (3つのマガジンスタンドより同時発行しています。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

================================ 発行者 ================================
 田中耕治/ハンドルネーム かめっ
 英会話&発音トレーナー
 ホームページ:  http://www007.upp.so-net.ne.jp/comet/am/index.htm
 メールアドレス: comet@fd5.so-net.ne.jp
========================================================================

© 2016 Tanaka Koji, Littlejuku