太宰治論

http://www007.upp.so-net.ne.jp/dazai-kitada/

太宰治の作品に対する批評文を中心に、太宰に関する情報、 作品リスト、文学散歩、書評などを掲載している、個人運営のホームページです。 [北田 信]

開設2000年2月6日(日)

:更新2017年2月5日(日)

▼更新情報
02月05日(日)  きのう読んだ本:大野晋・金関恕編『日本語はどこから来たのか』、小泉保『縄文語の発見』
08月12日(金)  きのう読んだ本:糸井重里『ボールのようなことば。』『ふたつめのボールのようなことば。』
06月13日(月)  きのう読んだ本:村上春樹『職業としての小説家』
06月05日(日)  きのう読んだ本:中沢新一『芸術人類学』
12月16日(水)  きのう読んだ本:島田裕巳『日本宗教美術史』

ブログ
 太宰治・作品のことば

メールマガジン
 
太宰治情報

 作品論

人間失格 [400字×150枚分]
 この作品がなかったら、太宰のイメージはずいぶん変わっていただろう。『人間失格』には作者の中心的なテーマがぎっしりつまっている。

2 後期家庭小説論 [400字×24枚分]
 父や夫としての自分に居心地の悪さを感じている、「ヴィヨンの妻」「父」 「桜桃」などの作品に、作者の、家庭への希求を見る思いがする。

津軽』『お伽草紙 [400字×57枚分]
 『津軽』をお伽ばなしの世界へ上昇していく物語とするなら、『お伽草紙』 は現実の世界へ下降してくる物語である。

斜陽と周辺作品論 [400字×70枚分]
 作者は終戦を、日本の滅亡・母の滅亡と感じていたが、『斜陽』はその 再生を目指した最後の作品である。

5 前期作品論 [400字×77枚分]
 母を発見しようとする「思ひ出」や、自分を消滅させようとする「魚服記」 など、前期作品には作者の深い孤独感が匿されている。

6 HUMAN LOST体験 [400字×22枚分]
 
精神病院入院、妻初代との心中未遂・離別などの体験を経て、太宰は「図太い男」として再生する。

7 中期作品論[甲府] [400字×53枚分]
 美知子夫人と結婚する前後の一時期は、太宰にとって黄金時代であり、「満願」「黄金風景」「富嶽百景」などの作品で輝いている。

・8 中期作品論[三鷹]

 情報・書評・作品のコトバ

太宰治論を読む
 新旧の太宰論を読んで、感じたことを書いてみました。

太宰治作品のコトバ
 作品から、印象的な言葉を独立させてみました。

太宰治に関する情報
 本、雑誌、新聞の記事を中心に集めています。

・イベント情報
 太宰に関する展覧会、講演会など、催し物の情報です。

 散 歩

太宰治が散歩していた船橋の神社を探して
 太宰の写真を頼りに、変な顔したキツネの石像を探し回ったのですが

太宰治とつげ義春の御嶽へ行ってきました
 太宰直筆の寄せ書きと、つげ義春が泊まったという宿を探して奥多摩に

太宰治のいた碧雲荘は荻窪に残ってました
 最初の妻初代と住んだアパートが、現存していると聞いて荻窪に

太宰治は船橋の玉川旅館で遊んでいたか?
 船橋の太宰旧居跡から玉川旅館まで、実際に歩いてみたのですが

太宰治が恐がった不動明王を見に湯河原に
 山岸外史によると、太宰は不動明王の石像をとても恐がった、と

 作品ベスト10・作品リスト・リンク集・太宰の本

おすすめ! 太宰治作品ベスト10
 太宰治の作品から、ベスト10を選びました。

太宰治作品リスト(執筆順) 

 太宰治の全作品を、脱稿順に一覧表としました。

リンク集 
 作品、ゆかりの地、検索エンジン、文芸雑誌などのリンクです。

いま買える! 太宰治の本 
 現在入手可能な太宰治の著作です。

 文学教室より

『津軽』『お伽草紙』『人間失格』
 2009年8月、N市H公民館

「ヴィヨンの妻」について
 2009年12月、K市立図書館

太宰治の「心のあり方」について
 2009年12月、K市ニッセイ・セミナールーム

 読書日記・コラム

きのう読んだ本
 読書日記です。

おすすめノウハウ本
 実際に役に立った本を紹介しています。

埋草コラム
 短文コラムです。

サイトマップ(全体図)
 
更新記録
 
自己紹介

ご意見ご感想
 
お気軽にお送り下さい。

 

アクセス数ベスト5
         (2011年)

1 『人間失格』論
2 太宰治作品リスト
3 太宰治論を読む
4
太宰治に関する情報
5
太宰治作品ベスト10

 

お気に入りに追加!

 

 

Google
WWW を検索 「太宰治論」内を検索

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼お知らせ

ホームページの更新について(2010.8)

ブログ
 太宰治・作品のことば

メールマガジン
 
太宰治情報

どのページもリンクフリーです(連絡も不要です)
また、ホームページ画像は雑誌や書籍に自由に掲載できます