表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ


太宰治作品のコトバ

 2006 ……


 

2006年11月30日(木) [作品]かすかな声 [初出]帝国大学新聞昭15年11月25日

   

   

さうして人は、案外、甘さの中に生きてゐる。

    

    

 

2006年11月16日(木) [作品]HUMAN LOST [初出]『新潮』昭12年4月号

   

   

無才、醜貌の確然たる自覚こそ、むつと図太い男を創る。

    

    

 

2006年11月2日(木) [作品]新ハムレツト [初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

   

   

ひとの悪徳を素早く指摘できるのは、その悪徳と同じ悪徳を自分も持つてゐるからだ。

    

    

 

2006年10月5日(木) [作品]火の鳥 [初出]竹村書房刊・昭14年5月

    

   

あたしだつて、もののお役に立つことができる。人の心の奥底を、ほんたうに深く温めてあげることができると、さう思つたら、もう、そのよろこびのままで、死にたかつた。

    

    

 

2006年9月28日(木) [作品]女の決闘 [初出]『月刊文章』昭15年1〜6月号

    

   

女性にとつて、現世の恋情が、こんなにも焼き焦げる程ひとすぢなものとは、とても考へられぬ事でした。

    

    

 

2006年9月21日(木) [作品]火の鳥 [初出]竹村書房刊・昭14年5月

    

   

ほんたうの女らしさといふものは、あたし、かへつて、男をかばふ強さに在ると思ふの。

    

    

 

2006年9月14日(木) [作品]東京八景 [初出]『文学界』昭16年1月号

    

   

こんどは、遺書として書くのではなかつた。生きて行く為に、書いたのだ。

    

    

表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ