表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ


太宰治作品のコトバ

 2007 ……


 

2007年8月23日(木) [作品]座興に非ず [初出]『文学者』昭14年9月号

    

   

ひとがぼつとしてゐるときには、ただ圧倒的に命令するに限るのである。

    

    

 

2007年8月16日(木) [作品]美少女 [初出]『月刊文章』昭14年10月号

    

   

私は、ものを横眼で見ることのできぬたちなので、そのひとを、まつすぐに眺めた。

    

    

 

2007年8月9日(木) [作品]ア、秋 [初出]『若草』昭14年10月号

    

   

秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのへて、せせら笑つてしやがんでゐる。

    

    

 

2007年7月26日(木) [作品]グッド・バイ [初出]『朝日評論』昭23年7月号

    

   

獲物は帰り道にあらはれる。

    

    

 

2007年7月5日(木) [作品]斜陽 [初出]『新潮』昭22年7〜10月号

    

   

「しくじつた。惚れちやつた。」とそのひとは言つて、笑つた。

    

    

 

2007年6月28日(木) [作品]美男子と煙草 [初出]『日本小説』昭23年3月号

    

   

私は、泣きべその気持の時に、かへつて反射的に相手に立向ふ性癖を持つてゐるやうです。

    

    

 

2007年6月21日(木) [作品]斜陽 [初出]『新潮』昭22年7〜10月号

    

   

恋、と書いたら、あと、書けなくなつた。

    

    

 

2007年6月14日(木) [作品]桜桃 [初出]『世界』昭23年5月号

    

   

いや、家庭に在る時ばかりでなく、私は人に接する時でも、心がどんなにつらくても、からだがどんなに苦しくても、ほとんど必死で、楽しい雰囲気る事に努力する。

    

    

 

2007年6月7日(木) [作品]おさん [初出]改造』昭22年10月号

    

   

気の持ち方を、軽くくるりと変へるのが真の革命で、それさへ出来たら、何のむづかしい問題もない筈です。

    

    

表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ