表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ


太宰治作品のコトバ

 2007 ……


 

2007年5月24日(木) [作品] [初出]『新潮』昭22年3月号

    

   

遊び上手は、身をやつすものです。

    

    

 

2007年5月17日(木) [作品]ヴィヨンの妻 [初出]『展望』昭22年3月号

    

   

トランプの遊びのやうに、マイナスを全部あつめるとプラスに変るといふ事は、この世の道徳には起り得ない事でせうか。

    

    

 

2007年5月10日(木) [作品] [初出]『人間』昭22年4月号

    

   

よく学び、よく遊ぶ、その遊びを肯定する事が出来ても、ただ遊ぶひと、それほど私をいらいらさせる人種はゐない。

    

    

 

2007年5月3日(木) [作品]春の枯葉 [初出]『人間』昭21年9月号

    

   

人間がだめになつたんですよ。張り合ひが無くなつたんですよ。大理想も大思潮も、タカが知れてる。そんな時代になつたんですよ。

    

    

 

2007年4月26日(木) [作品]駈込み訴へ [初出]『中央公論』昭15年2月号

    

   

私は、ひとの恥辱となるやうな感情を嗅ぎわけるのが、生れつき巧みな男であります。

    

    

 

2007年4月19日(木) [作品]パンドラの匣 [初出]『河北新報』昭20年10月22日〜昭21年1月7日

    

   

人間は、しばしば希望にあざむかれるが、しかし、また「絶望」といふ観念にも同様にあざむかれる事がある。

    

    

 

2007年4月12日(木) [作品]新ハムレツト [初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

    

   

僕ひとりの愛憎の念に拠つて、世の中が動いてゐるものでもないんだしね。

    

    

 

2007年4月5日(木) [作品]パンドラの匣 [初出]『河北新報』昭20年10月22日〜昭21年1月7日

    

   

私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向に陽が当るやうです。

    

    

 

2007年3月29日(木) [作品]津軽 [初出]小山書店刊・昭19年11月

    

   

男の意地といふものは、とかく滑稽な形であらはれがちのものである。

    

    

 

2007年3月22日(木) [作品]春の枯葉 [初出]『人間』昭21年9月号

    

   

人が死ぬほど恥かしがつてゐるその現場に平気で乗り込んで来て、恥かしくありませんかと聞ける奴あ悪魔だ。

    

    

 

2007年3月15日(木) [作品]おさん [初出]『改造』昭22年10月号

    

   

世の中を立派に生きとほすやうに生れついた人と、さうでない人と、はじめからはつきり区別がついてゐるんぢやないかしら。

    

    

 

2007年3月8日(木) [作品]十五年間 [初出]『文化展望』昭21年創刊号

    

   

いまの私が、自身にたよるところがありとすれば、ただその「津軽の百姓」の一点である。

    

    

表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ