表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ


太宰治作品のコトバ

 2007 ……


 

2008年2月28日(木) [作品]小さいアルバム [初出]『新潮』昭17年7月号

    

   

お客の接待にアルバムを出すといふのは、こいつあ、よつぽど情熱の無い証拠なのだ。

    

    

 

2008年2月21日(木) [作品]東京八景 [初出]『文学界』昭16年1月号

    

   

人間のプライドの窮極の立脚点は、あれにも、これにも死ぬほど苦しんだ事があります、と言ひ切れる自覚ではないか。

    

    

 

2008年2月7日(木) [作品]火の鳥 [初出]竹村書房刊・昭14年5月

    

   

愛情は胸のうち、言葉以前、といふのは、あれも結局、修辞ぢやないか。

    

    

 

2008年1月31日(木) [作品]正義と微笑 [初出]錦城出版社刊・昭17年6月

    

   

十六になつたら、僕といふ人間は、カタリといふ音をたてて変つてしまつた。

    

    

 

2008年1月24日(木) [作品]女生徒 [初出]『文学界』昭14年4月号

    

   

女は、自分の運命を決するのに、微笑一つで沢山なのだ。

    

    

 

2008年1月17日(木) [作品]みみづく通信 [初出]『知性』昭16年1月号

    

   

くたくたに疲れてから、それから私はたいへんねばる事が出来ます。

    

    

 

2008年1月10日(木) [作品]女の決闘 [初出]『月刊文章』昭15年1〜6月号

    

   

薄情なのは、世間の涙もろい人たちの間にかへつて多いのであります。

    

    

 

2007年12月20日(木) [作品]花燭 [初出]竹村書房刊・昭14年5月

    

   

むかし、ばらばらに取り壊し、渾沌の淵に沈めた自意識を、単純に素朴に強く育て直すことが、僕たちの一ばん新しい理想になりました。

    

    

 

2007年12月13日(木) [作品]思ひ出 [初出]『海豹』昭8年4〜7月号

    

   

私はその頃、人と対するときには、みんな押し隱して了ふか、みんなさらけ出して了ふか、どちらかであつたのである。

    

    

 

2007年12月6日(木) [作品]火の鳥 [初出]竹村書房刊・昭14年5月

    

   

真理は感ずるものぢやない。真理は、表現するものだ。時間をかけて、努力して、創りあげるものだ。

    

    

表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ