表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ


太宰治作品のコトバ

 2001 ……


 

2001年8月29日(水) [作品]右大臣実朝 [初出]錦城出版社刊・昭18年9月

    

   

あんな、生れてから一度も世間の苦労を知らずに育つて来た人たちには、へんな強さがある。

    

   

 

2001年8月22日(水) [作品] [初出]『鷭』昭9年4月号

    

   

ほんたうに、言葉は短いほどよい。それだけで、信じさせることができるならば。

    

   

 

2001年8月15日(水) [作品]お伽草紙/浦島さん [初出]筑摩書房刊・昭20年10月

    

   

人生には試みなんて、存在しないんだ。やつてみる(原文は傍点)のは、やつたのと同じだ。

    

   

 

2001年8月8日(水) [作品]女生徒 [初出]『文学界』昭14年4月号

    

   

素直に思つてゐることを、そのまま言つてみたら、それは私の耳にも、とつても爽やかに響いて、この二、三年、私が、こんなに、無邪気に、ものをはきはき言へたことは、なかつた。

    

   

 

2001年8月1日(水)[作品]家庭の幸福[初出]『中央公論』昭23年8月号

    

   

家庭の幸福は諸悪の本(もと)。

    

   

 

2001年7月25日(水) [作品]斜陽 [初出]『新潮』昭22年7〜10月号

    

   

さうして毎日、朝から晩まで、はかなく何かを待つてゐる。

    

   

 

2001年7月18日(水) [作品]春の盗賊[初出]『文芸日本』昭15年1月号

    

   

あたりまへの、世間の戒律を、叡智に拠つて厳守し、さうして、そのときこそは、見てゐろ、殺人小説でも、それから、もつと恐ろしい小説を、論文を、思ふがままに書きまくる。

    

   

 

2001年7月11日(水) [作品]富嶽百景[初出]『文体』昭14年2、3月号

    

   

富士にたのまう。

    

   

 

2001年7月4日(水) [作品]徒党について [初出]『文芸時代』昭23年4月号

    

   

どだい、この世の中に、「孤高」といふことは、無いのである。孤独といふことは、あり得るかもしれない。いや、むしろ、「孤低」の人こそ多いやうに思はれる。

    

   

 

2001年6月27日(水) [作品]チヤンス [初出]『芸術』昭21年7月号

    

   

少くとも恋愛は、チヤンスでないと思ふ。私はそれを、意志だと思ふ。

    

   

 

2001年6月19日(火) [作品]桜桃 [初出]『世界』昭23年5月号

    

   

子供より親が大事、と思ひたい。

    

   

 

2001年6月16日(土) [作品]風の便り[初出]『文学界』昭16年11月号

    

   

生活と同じ速度で、呼吸と同じ調子で、絶えず歩いてゐなければならぬ。

    

   

 

2001年6月12日(火) [作品]人間失格[初出]『展望』昭23年6〜8月号

    

   

世間といふのは、君ぢやないか。

    

   

 

2001年6月7日(木) [作品]新ハムレツト [初出]文芸春秋社刊・昭16年7月

    

   

人を憎むとは、どういふ気持のものか、人を軽蔑する、嫉妬するとは、どんな感じか、何もわからない。ただ一つ、僕が実感として、此の胸が浪打つほどによくわかる情緒は、おう可哀想といふ思ひだけだ。

    

   

 

2001年6月2日(土) [作品]女の決闘 [初出]『月刊文章』昭15年1〜6月号

    

   

女は、恋をすれば、それつきりです。ただ、見てゐるより他はありません。

    

   

表紙太宰治作品のコトバ[一覧]サイトマップ