太宰治に関する情報

                                             表紙サイトマップ

太宰治に関する情報

2008年2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年2000年 1999年


  都合により、更新を休止させていただきます。(2010.8)

----------------------------------------------------------------------
[2010年7月5日]
松本侑子著『山崎富栄と太宰治』発行
松本侑子『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』(光文社2009年10月25日[1890円])
『山崎富栄と太宰治』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年6月14日]
佐藤春夫宛の手紙について
中川越『文豪たちの手紙の奥義』(新潮文庫2010年6月1日[460円])
※佐藤春夫宛、芥川賞を懇願する太宰の手紙について(179〜188ページ)
『文豪たちの手紙の奥義』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年5月24日]
太田治子著『明るい方へ/父・太宰治と母・太田静子』発行
太田治子『明るい方へ 父・太宰治と母・太田静子』(朝日新聞出版2009年9月30日[1575円])
『父・太宰治と母・太田静子』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年5月17日]
神保町文学散歩倶楽部著『東京文学散歩』発行
神保町文学散歩倶楽部『東京文学散歩』(メイツ出版2010年5月25日[1680円])
※太宰治に関する記載あり
『東京文学散歩』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年5月3日]
木村綾子著『太宰治と歩く文学散歩』発行
木村綾子『太宰治と歩く文学散歩』(角川書店2010年2月27日[1575円])
『太宰治と歩く文学散歩』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年4月19日]
木村綾子著『いまさら入門太宰治』発行
木村綾子『いまさら入門太宰治』(講談社+α文庫2009年11月20日[630円])
『いまさら入門太宰治』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年4月5日]
小松健一著『太宰治と旅する津軽』発行
小松健一『太宰治と旅する津軽』(新潮社とんぼの本2009年9月20日[1575円])
『太宰治と旅する津軽』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年3月29日]
作品「美少女」のこと
「文豪の創作 刺激する街/小説「美少女」1939年・太宰治/甲府市」(読売新聞朝刊千葉版2010年3月27日)
----------------------------------------------------------------------
[2010年3月22日]
太宰作品の四字熟語のこと
円満字二郎『太宰治の四字熟語辞典』(三省堂2009年6月10日[1365円])
『太宰治の四字熟語辞典』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年3月8日]
「女の決闘」のこと
出口汪「太宰治「女の決闘」」(『教科書では教えてくれない日本の名作』ソフトバンク新書2009年12月22日[798円]、213〜244ページ)
『教科書では教えてくれない日本の名作』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年3月1日]
『文芸別冊』で太宰特集
『文芸別冊』(KAWADE夢ムック2009年5月21日[1200円])
総特集:太宰治 100年目の「グッド・バイ」

【インタビュー】
高橋源一郎「私たちはいまだ『女生徒』の余震のうちにある」、長部日出雄「ユーモア・語り・手紙の文学」、加藤典洋「最も本質的で例外的だった文学者」、小野才八郎「小学校一年の担任教師のように」
【私の好きな太宰治作品】
柴崎友香、綿矢りさ……「斜陽」、円城塔……「右大臣実朝」、小嵐九八郎……「雀こ」、荻世いをら……「老ハイデルベルヒ」、富永昌敬……「パンドラの匣」
【エッセイ】
いしいしんじ「金木町のブルース」、原田宗典「生きている太宰治」、前田司郎「人間失格の条件」、仙田学「生活を変えたくなる」、喜多ふあり「「人間失格」失格」、赤木智弘「肉食系おっさん 太宰治」
【論考】
川村湊「太宰治とその弟子」、宇野邦一「ご免なさい、太宰さん」、青木純一「反律法者による演技の倫理」、浅尾大輔「「踏み絵」としての太宰(ユダ)」、松本和也「「走れメロス」の読み直し」、斉藤理生「スクランブル読書」、夏目幸子「『斜陽』と『山猫』」、関修「かくも偽善なる貴族主義者」、昇芳史「小山清と太宰治」、五所純子「女装癖」、中里勇太「死後、1948」
【太宰論コレクション】
井伏鱒二「太宰治のこと」、坂口安吾「不良少年とキリスト」、石川淳「太宰治昇天」、折口信夫「水中の友」、花田清輝「二十世紀における芸術家の宿命」、奥野健男「太宰治論」
【太宰治作品ガイド100】
斉藤理生+松本和也
【略年譜】
『文芸別冊 太宰特集』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2010年1月19日]
船橋の旅館玉川のこと
「太宰愛した老舗守る/割烹旅館玉川/船橋市湊町」(読売新聞朝刊千葉版2010年1月13日)
----------------------------------------------------------------------
[2010年1月11日]
「女生徒」のこと
石原千秋「自分を超える自分/太宰治「女生徒」」(『あの作家の隠れた名作』PHP新書2009年11月30日[735円]、167〜184ページ)
『あの作家の隠れた名作』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年12月28日]
「斜陽」舞台の雄山荘が焼失
・「「斜陽」舞台全焼 漏電なし」(読売新聞朝刊2009年12月27日)
・「太宰「斜陽」の舞台全焼/小田原の「雄山荘」10年前から空き家」(読売新聞夕刊2009年12月26日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年12月21日]
太宰の遺書について
梯久美子「作家・太宰治」(『昭和の遺書―55人の魂の記録』文春新書2009年9月20日[767円]、147〜150ページ)
『昭和の遺書』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年11月16日]
『人間失格』のこと
石原千秋「自分を「子供」に見せる語り−太宰治『人間失格』」(『名作の書き出し』光文社新書2009年9月20日[861円]、47〜64ページ)
『名作の書き出し』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年11月9日]
『三鷹という街を書く太宰治』発行
Dioの会編『三鷹という街を書く太宰治』(はる書房2009年11月20日[1000円])
【作品】 「鴎」「乞食学生」「作家の手帖」「十二月八日」「おさん」他
【作品解説】 「鴎」(宮川健郎)、「乞食学生」(土屋忍)、「おさん」(福嶋朝治)
【資料篇】 「三鷹があらわれた太宰治作品一覧」「太宰治/ゆかりの地と半生の述懐」「「十二月八日」メモワール」
----------------------------------------------------------------------
[2009年10月19日]
太宰原作の2本の映画について
「太宰文学へ独特の試み/ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜(フジテレビほか)/パンドラの匣(東京テアトルほか)」(読売新聞夕刊2009年10月2日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年10月5日]
東郷克美著『太宰治の手紙』発行
東郷克美『太宰治の手紙』(大修館書店2009年7月1日[2415円])
『太宰治の手紙』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年9月18日]
太宰と清張のこと
・「太宰と清張 生誕100年(上)/月給10円見習い職人・仕送り月100円の学生/生の苦悩 交差する2人」(読売新聞朝刊2009年9月7日)

・「太宰と清張 生誕100年(中)/「読んで面白い」文学志向/森鴎外、菊池寛、………を敬愛」(読売新聞朝刊2009年9月8日)

・「太宰と清張 生誕100年(下)/更新され続ける作家像/見え隠れする「私」」(読売新聞朝刊2009年9月9日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年8月4日]
『人間失格ではない太宰治』発行
太宰治著、太田光編集『人間失格ではない太宰治―爆笑問題太田光の11オシ』(新潮社2009年4月30日[740円])

太田光「太宰治について」、バリー・ユアグロー「人間失格」(柴田元幸訳)、押切もえ「絶望の先に、見えた光」、立川談志「家元と太宰」、松たか子「ただ居る、ということ」、佐藤江梨子「太宰の女性たち」、川上未映子「単語の気持ちが、わかる人」、堀井憲一郎「太宰治全小説 冒頭一文と最後の一文」、根岸吉太郎「忍び寄っていた男」、古屋兎丸「大庭葉蔵、現代に甦る。」
※太田光選・太宰治短編小説(収録作品)「魚服記」「女生徒」「駈込み訴え」「ろまん灯籠」「富嶽百景」「愛と美について」「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」「雪の夜の話」
※座談会 太宰治・坂口安吾・織田作之助「歓楽極まりて哀情御多し」
※太宰論再録 中島京子「すまいとばし思うて?」、吉本隆明「安吾と太宰」、小林信彦「太宰治」
※遺書、追悼太宰治・坂口安吾「不良少年とキリスト」
『人間失格ではない太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年7月27日]
玉川上水・文芸散歩について
坂崎重盛「玉川上水/太宰治「乞食学生」(『東京文芸散歩』角川文庫2009年3月25日[580円]、242〜251ページ)
『東京文芸散歩』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年7月8日]
新発見の原稿のこと
安藤宏「16歳の原稿発見に寄せて/太宰文学 濃密な交遊から」(読売新聞朝刊2009年6月30日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年6月29日]
田中和生氏・太宰のこと
「太宰治の場所(4)/生誕100年 文芸評論家に聞く/田中和生さん/母性の人/風雪に耐える語り言葉」(毎日新聞夕刊2009年6月4日)

富岡幸一郎氏・太宰のこと
「太宰治の場所(3)/生誕100年 文芸評論家に聞く/富岡幸一郎さん/聖書の影響/自己を超越する存在渇望」(毎日新聞夕刊2009年6月3日)

加藤典洋氏・太宰のこと
「太宰治の場所(2)/生誕100年 文芸評論家に聞く/加藤典洋さん/戦争の衝撃/「普通」と「純粋」に分裂」(毎日新聞夕刊2009年6月2日)

吉本隆明氏・太宰のこと
「太宰治の場所(1)/生誕100年 文芸評論家に聞く/吉本隆明さん/本質知る反問の人/親密な文体の背後に重さ」(毎日新聞夕刊2009年6月1日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年6月20日]
桜桃忌と記念祭
「太宰にささぐサクランボ(三鷹で桜桃忌、五所川原で記念祭)」(読売新聞朝刊2009年6月20日)

原稿を発見
「太宰 16歳の原稿/都内で発見/28枚 初の詩も」(読売新聞夕刊2009年6月19日)

生誕100年で本が増刷
「太宰には増刷がよく似合う/きょう生誕100年・桜桃忌」(読売新聞朝刊2009年6月19日)

16歳の写真を発見
「太宰「16歳の春」/集合写真見つかる」(読売新聞朝刊2009年6月16日)

太宰本のこと
「読む度に新しい発見/生誕100年展 太宰本いっぱい」(読売新聞夕刊2009年6月8日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年6月15日]
太宰治 長部日出雄著『富士には月見草』発行
太宰治 長部日出雄『富士には月見草―太宰治100の名言・名場面』(新潮文庫2009年5月1日[420円])
『富士には月見草』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年6月4日]
齋藤孝著『若いうちに読みたい太宰治』発行
齋藤孝『若いうちに読みたい太宰治』(ちくまプリマー新書2009年5月10日[819円])
『若いうちに読みたい太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年5月28日]
『女が読む太宰治』発行
『女が読む太宰治』(ちくまプリマー新書2009年5月10日[714円])
佐藤江梨子「他人のフリして我がフリ治せ—「グッド・バイ」ほか」、山崎ナオコーラ「嘘だから—「駈込み訴え」」、西加奈子「皮膚と心とサザエと、この世界—「皮膚と心」」、雨宮処凛「マヌケな響きと「戦争」—「トカトントン」」、津村記久子「遍歴の向こうの景色—「富嶽百景」」、辛酸なめ子「愛され太宰の一生—「人間失格」ほか」、香山リカ「冷たい人なのに、好きになってしまう—「人間失格」ほか」、平安寿子「入り込み、入り込まれることの恍惚と動揺—「女生徒」」、井上荒野「サバイブする妻たち—「ヴィヨンの妻」「おさん」」、中沢けい「「津軽」無事へのまなざし—「津軽」ほか」、太田治子「男と女は変わらない—「千代女」ほか」、高田里惠子「草葉の陰でそっと泣け—「眉山」」
『女が読む太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年5月21日]
山梨県立文学館・生誕100年展のこと
「明るい太宰のいた甲府/山梨県立文学館で生誕100年展」(読売新聞朝刊2009年5月19日)

綿矢りさ氏・『地図』(新潮文庫)書評
綿矢りさ「地図 初期作品集 太宰治著/読者ひきこむ魔の文章」(読売新聞朝刊2009年5月17日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年5月18日]
マンガ「走れメロス」・『ビッグコミック』に掲載
「走れメロス」(作画・山本おさむ、原作・太宰治「走れメロス」、檀一雄「熱海行」)(『ビッグコミック』2009年6月増刊号)
----------------------------------------------------------------------
[2009年5月3日]
フランスの監督・太宰のドキュメンタリー映画
「太宰は「繊細で壊れやすい人」/仏の監督ら記録映画/青森の生家などロケ」(読売新聞夕刊2009年4月20日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年4月21日]
丸刈りの写真発見
「丸刈り 17歳の太宰/弘前大学で発見」(読売新聞朝刊2009年4月16日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年4月13日]
小川洋子氏・「走れメロス」のこと
小川洋子「「走れメロス」太宰治」(『心と響き合う読書案内』PHP新書2009年3月2日[882円]、201〜205ページ)
『心と響き合う読書案内』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年3月23日]
「富嶽百景」のこと
上垣外憲一「太宰治の『富嶽百景』」(『富士山』中公新書2009年1月25日[861円]、214〜224ページ)
『富士山』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年3月16日]
『人間失格』のこと
船曳建夫「わが心の書/『人間失格』」(『季刊文芸春秋 SPECIAL』2009年春号、169〜170ページ)
『季刊文芸春秋 SPECIAL』春号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
[2009年3月9日]
中村稔氏・太宰のことなど(インタビュー)
「太宰、三島……青春の交流」/中村稔さん「私の昭和史 戦後編」/「法」も携え人間に関心」(読売新聞朝刊2009年2月17日)
----------------------------------------------------------------------
[2009年1月5日]
太宰原作の映画について
「太宰治 生誕100年 映画3本/「ヴィヨンの妻」(監督・根岸吉太郎)、「斜陽」(監督・秋原正俊)、「パンドラの匣」(監督・富永昌敬)」(読売新聞朝刊2009年1月1日)
----------------------------------------------------------------------

2008年 2007年 2006年2005年 2004年
2003年 2002年2001年2000年 1999年


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙サイトマップ