太宰治に関する情報2000年 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2000年


『斜陽』と太宰の自死・100年データに
1948年のベストセラーとして太宰の『斜陽』が、また、”さまざまな自死”の一つとして1948年の太宰の死が「日本の100年」でとり上げられる。(読売新聞朝刊2000年12月31日)
----------------------------------------------------------------------
叔母と子守について講演
「叔母「きえ」と子守の「タケ」/太宰の”心の母”語る/遠縁の津島さん特別講演/小泊」(東奥日報朝刊2000年12月21日)
----------------------------------------------------------------------
大塚布見子氏・太宰と短歌のこと
大塚布見子「太宰治が辞世に選んだ歌」「太宰治の短歌観」(『大塚布見子選集7』短歌新聞社2000年12月20日[2381円]、36〜38、81〜83ページ)
『大塚布見子選集7』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰下宿保存運動のこと
「社説/太宰の下宿保存運動の意義」(東奥日報朝刊2000年12月17日)
----------------------------------------------------------------------
弘高時代の太宰の下宿について
「太宰の下宿移転で具体案/基金創設や署名活動を/動き鈍い行政に業煮やす/弘前の保存会・候補先なども報告」(東奥日報朝刊2000年12月12日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』の書評
松永伍一「遺書のなぞ解き通し実像に迫る」(日本経済新聞朝刊2000年12月10日)
----------------------------------------------------------------------
弘高時代の太宰の下宿について
「太宰の下宿保存会/発足から7カ月・・・進展なし/打開めざし具体案提示へ/弘前/11月、役員会で協議」(東奥日報朝刊2000年12月5日)
----------------------------------------------------------------------
檀一雄太宰と毛蟹について
檀一雄「夜店の毛蟹に太宰の面影を偲ぶ」(重金敦之編『美味探求の本』実業之日本社2000年12月5日[1500円]、75〜87ページ)
『美味探求の本』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』の書評
鹿島茂「その人生の暗部を解明する決定版評伝」(毎日新聞朝刊2000年12月3日)
----------------------------------------------------------------------
『ピカレスク/太宰治伝』の書評
関川夏央「猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』/「近代文学の謎」解き明かす評伝」(読売新聞朝刊2000年12月3日)
----------------------------------------------------------------------
『ピカレスク/太宰治伝』のこと
「『ピカレスク/太宰治伝』で評伝三部作を完結・猪瀬直樹氏/「近代とは何か」問い作家像洗いなおす」(読売新聞夕刊2000年12月2日)
----------------------------------------------------------------------
書家による太宰治の遺書の解説
『芸術新潮』2000年12月号の特集「世紀の遺書」で、書家の石川九楊氏が太宰治の遺書を書として解説。
----------------------------------------------------------------------
太宰と富士のこと
「山梨の富士見スポット/北斎・太宰も眺めた雄姿/街道歩けば歴史息づく」(日本経済新聞夕刊2000年11月29日)
----------------------------------------------------------------------
『ピカレスク/太宰治伝』のこと
「著者に聞く/『ピカレスク・太宰治伝』(小学館、1600円)/猪瀬直樹さん/悪漢2人の確執を追跡/秋山ゆり子」(産経新聞朝刊2000年11月26日)
----------------------------------------------------------------------
井上ひさし氏・太宰のこと
井上ひさし「名優・太宰治」(日本ペンクラブ編『文学夜話― 作家が語る作家』講談社2000年11月25日[2500円]、239〜264ページ)
『文学夜話 』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
三浦哲郎氏・太宰文学との出会いに関して
三浦哲郎「私の履歴書(21)/文学に開眼/友人通じ太宰を知る/『晩年』の巻頭に強い感銘」(日本経済新聞朝刊2000年11月22日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』の書評
田澤拓也「太宰像の陽画描く」(東奥日報夕刊2000年11月17日)
----------------------------------------------------------------------
弘高時代の太宰の下宿のこと
「太宰の下宿を残そう/青森・弘前市で取り壊しの危機/保存会が策検討」(産経新聞朝刊2000年11月16日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治伝を出版
猪瀬直樹『ピカレスク/太宰治伝』(小学館2000年11月15日[1600円])
「太宰治の「遺書」の謎に迫る本格評伝ミステリー」(帯)
『ピカレスク』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・『斜陽』について(下)
吉本隆明「吉本隆明が読む近代日本の名作(31)/太宰治『斜陽』(下)/「自分だけが分かる」と思わせる」(毎日新聞朝刊2000年11月12日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載終る
猪瀬直樹「ピカレスク(最終回)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年11月10日号[10月30日発売])
「朝日新聞に連載予定の作品のタイトルは「グッド・バイ」である。主人公は十人の愛人とつぎつぎと別れていく。それもコメディ調で。ところが第一番目に登場の別れる女は戦争未亡人の美容師。それではまるで私ではないか、と山崎富栄と口論になった。富栄は青酸カリを持っている。太宰はその場をつくろおうとしたが説得はむずかしい。太宰の心は揺れている。心中する気はない。作家として脂が乗りきっているのだから。「グッド・バイ」は連載十三回まで書いた。ゲラにも手を入れた。その翌日に心中事件、不可解な成り行きである……。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
君島善次郎氏・太宰の死のこと
君島善次郎「太宰の死―桜桃忌五十周年によせて」(『メスと鋏の間に/外科医が書いた人間ノート』イースト・プレス2000年11月9日[1500円]、239〜251ページ)
『メスと鋏の間に』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
三鷹で太宰治の足跡を散策
「自分たちの街「三鷹」に親しんで/太宰治の足跡を中心に紹介/日曜日の午前中、ちょっとした散歩気分で/作家・太宰治をきっかけに自分たちの街、三鷹を紹介するボランティア観光ガイド」(東京新聞夕刊2000年11月7日)
※日時等の詳細はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・『斜陽』について(上)
吉本隆明「吉本隆明が読む近代日本の名作(30)/太宰治『斜陽』(上)/母親に与えた理想の男性像」(毎日新聞朝刊2000年11月6日)
----------------------------------------------------------------------
テレビ朝日・斜陽館を紹介
11月4日放送『朝だ!生です旅サラダ』の「岸田敏志の旅・津軽」で、太宰の生家・斜陽館の内部を紹介。
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(55)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年11月3日号[10月23日発売])
----------------------------------------------------------------------
佐野洋子氏・太宰のこと
「惚れたが悪い」(『あれも嫌いこれも好き』朝日新聞社2000年11月1日[1600円]、182〜189ページ)
『あれも嫌いこれも好き』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
小泊の文学碑散歩に40人
「小泊/太宰治が触れた秋の風景楽しむ/文学碑散歩にファンら40人」(東奥日報朝刊2000年11月1日)
----------------------------------------------------------------------
田中和生氏・太宰治論2(100枚)
田中和生「作家の悲劇―太宰治論2」(『三田文學』2000年秋季号、2000年11月1日)
----------------------------------------------------------------------
奥野健男・太宰と三島由紀夫のこと
奥野健男「高文・大蔵官僚・太宰治」(『三島由紀夫伝説』新朝文庫2000年11月1日[667円]、201〜222ページ)
『三島由紀夫伝説』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治の井伏鱒二宛て手紙に関して
『國文學・解釈と教材の研究』(學燈社)2000年11月号の「近代・現代の手紙50選解題」に太宰治の手紙(井伏鱒二宛)が紹介される。
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(54)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年10月27日号[10月16日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰展で津島園子氏が講演
「津島園子さんが太宰治展で講演/27日・青森大図書館」(東奥日報夕刊2000年10月25日)
----------------------------------------------------------------------
橋川文三・太宰の顔のことなど
橋川文三「日本浪曼派と太宰治」「太宰治の顔」(『橋川文三著作集1』筑摩書房2000年10月25日[3800円]、139〜154、322〜324ページ)
『橋川文三著作集1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(53)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年10月20日号[10月6日発売])
----------------------------------------------------------------------
昭和10年前後の太宰について
中村三春「太宰治「HUMAN LOST」論」、跡上史郎「太宰治「人魚の海」の方法」(文学・思想懇話会編『近代の夢と知性/文学・思想の昭和10年前後』翰林書房2000年10月20日[5800円]、89〜123ページ)
『近代の夢と知性』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
小田島本有氏・『津軽』に関して
小田島本有「太宰治『津軽』論/母への思いに注目して」(『小説の中の語り手「私」』近代文芸社2000年10月20日[2000円]、102〜128ページ)
『小説の中の語り手「私」』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
NHK・BS−2で太宰治のこと
「おーい、ニッポン〜今日はとことん青森県」(NHK・BS−2、2000年10月15日午前10時10分〜午後7時)の中の「じょっぱり人物伝」(午後4時〜午後5時15分)で、太宰治、棟方志功、吉幾三、寺山修司が紹介される。太宰治に関しては、故郷金木や生前の越野たけさんの映像が流された。ゲストは鎌田慧氏。
----------------------------------------------------------------------
小泊で太宰の文学碑散歩
「太宰がたどった道筋/「文学碑散歩」参加を/あす、小泊」(東奥日報朝刊2000年10月14日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(52)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年10月13日号[10月2日発売])
----------------------------------------------------------------------
文春文庫に太宰治の作品
『斜陽/人間失格/桜桃/走れメロス』(2000年10月10日[638円])
表題作のほかに「ダス・ゲマイネ」「満願」「富嶽百景」「葉桜と魔笛」「駈込み訴へ」「トカトントン」「ヴィヨンの妻」を収録。太宰治伝・解説=臼井吉見、年譜=奥野健男 
『斜陽/人間失格/桜桃/走れメロス』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
矢島裕紀彦氏・太宰の恋について
矢島裕紀彦「奔放〜破壊に導かれた不良少年の最期は〜太宰治の章」(『恋に死ぬということ』青春出版社2000年10月10日[1500円]、9〜50ページ)
『恋に死ぬということ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
保田輿重郎・太宰のこと
「佳人水上行」(『保田輿重郎文庫22/作家論集』新学社2000年10月8日[1260円]、11〜13ページ)
『保田輿重郎文庫22』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(51)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年10月6日号[9月25日発売])
----------------------------------------------------------------------
短編集の英訳本
ラルフ・マッカーシー訳『太宰治ロマネスク短編集/BLUE BAMBOO』(講談社インターナショナル2000年10月3日[1200円])
「愛と美について」「葉桜と魔笛」「清貧譚」「人魚の海」「竹青」「ロマネスク」「ろまん灯籠」を収録
『太宰治ロマネスク短編集』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の生家を訪ねる旅
「青森から金木、太宰治の生家をたずねて/ストーブ列車」(一ノ倉岳志『私の青春18キップ/東北冬の旅・写文集』文芸社2000年10月2日[1200円]、81〜112ページ)
『私の青春18キップ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
嵐山光三郎氏・太宰治への追悼に関して
嵐山光三郎「スキャンダルとしての死〜太宰治〜」(『NHK人間講座テキスト/追悼もまた文学なり』2000年10月1日[560円]、118〜130ページ)
※放送予定はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(8)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2000年秋号、2000年10月1日[9月8日発売])
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(50)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年9月29日号[9月18日発売])
----------------------------------------------------------------------
青柳いづみこ氏・太宰のことなど
青柳いづみこ著『青柳瑞穂の生涯』(新朝社2000年9月25日[1900円])の「文学青春群像」「阿佐ケ谷会」(100〜137ページ)には、太宰治に関する記述がある。
『青柳瑞穂の生涯』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『津軽』と乳母のこと
「にっぽん一千年紀の物語(30)/乳母の文化論/「清」と「たけ」乳母との深い情愛/漱石の「坊っちゃん」・太宰の「津軽」」(毎日新聞朝刊2000年9月25日)
----------------------------------------------------------------------
黛まどか氏・太宰と初代のこと
黛まどか「日本恋めぐり(青森)/第6回・忍ぶ恋(太宰治と小山初代)/ひぐらしに去りゆく背(せな)の振り向かず」(東奥日報朝刊2000年9月24日)
----------------------------------------------------------------------
青森大学で太宰治展
「蔵書が語る太宰人気/青森大図書館で「道化の華―」展/初版本や評伝など340冊」(東奥日報朝刊2000年9月22日)
※太宰治展の詳細はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(49)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年9月22日号[9月11日発売])
----------------------------------------------------------------------
村瀬学氏・『人間失格』に関して
村瀬学「外国人(エイリアン)としての主人公の位置について―『人間失格』を読み替える」(『なぜ大人になれないのか』洋泉社新書y2000年9月21日[680円]、211〜219ページ)
『なぜ大人になれないのか』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(48)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年9月15日号[9月4日発売])
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・自著『津軽・斜陽の家』のことなど
鎌田慧「わが内なる「津軽」」(『別冊東北学Vol.1』作品社2000年9月15日[2000円]、216〜224ページ)
『別冊東北学Vol.1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
玉川上水の散歩
「歩いてみよう/玉川上水周辺(三鷹市)/太宰ら作家の足跡しのぶ/(三鷹市生涯学習推進室矢野勝巳)」(読売新聞朝刊都民版2000年9月14日)
----------------------------------------------------------------------
『アサヒグラフ』に斜陽館の写真など
『アサヒグラフ』は2000年9月8日号で、「赤坂憲雄/東北への誘い」を特集している。太宰の「思ひ出」に登場する雲祥寺の地獄絵図、斜陽館の写真などが掲載されている。
----------------------------------------------------------------------
市川渓二氏・太宰治弘高時代の下宿について
市川渓二「あすなろ交差点/太宰学生時代の下宿」(東奥日報夕刊2000年9月8日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(47)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年9月8日号[8月28日発売])
----------------------------------------------------------------------
『小説・弘高生太宰治』刊行
藤寿々夢『マイネ・リーベ/小説・旧制弘高生太宰治(上)』(一心社2000年9月5日[1800円])
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(46)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年9月1日号[8月21日発売])
----------------------------------------------------------------------
嵐山光三郎氏・太宰の食について
嵐山光三郎「太宰治―鮭缶に味の素」(『文人悪食』新潮文庫2000年9月1日[743円]、470〜483ページ)
『文人悪食』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
大西巨人氏・「十五年間」について
大西巨人「太宰治作『十五年間』のこと」(『二十一世紀前夜祭』光文社2000年8月30日[1800円]、223〜227ページ)
『二十一世紀前夜祭』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の作品「女生徒」を写真化
太宰治作・佐内正史写真『女生徒』(作品社2000年8月25日[1600円])
『女生徒』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(45)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年8月18・25日号[8月7日発売])
----------------------------------------------------------------------
観光バス「太宰『津軽』号」の運行終る
「1便平均5人乗車/太宰「津軽」号初年度運行終了/ほぼ見込み通り」(東奥日報朝刊2000年8月23日)
----------------------------------------------------------------------
太宰治と富士山のことなど
「ライバル物語/どちらの富士山が美しいかな/山梨県/静岡県/観光客誘致・紙幣・太宰治・銭湯・浅間山」(毎日新聞朝刊2000年8月19日)
----------------------------------------------------------------------
諸富祥彦氏・「ヴィヨンの妻」のこと
諸富祥彦「心の書/『ヴィヨンの妻』」(朝日新聞夕刊2000年8月14日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(44)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年8月11日号[7月31日発売])
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(43)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年8月4日号[7月24日発売])
----------------------------------------------------------------------
「青森20世紀の群像」に太宰治
「青森20世紀の群像(155)/太宰治/激動の時代に書き続けた作家/身を削り文学に没頭」(東奥日報夕刊2000年8月3日)
----------------------------------------------------------------------
「女生徒」と山形のこと
「太宰治「女生徒」」(松坂俊夫著、新関昭男写真『やまがた文学のある風景』みちのく書房2000年8月[1900円]、74〜75ページ)
『やまがた文学のある風景』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
田中和生氏・太宰治論1(100枚)
田中和生「道化の作者―太宰治論」(『三田文學』2000年夏季号、2000年8月1日)
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰と大杉栄のこと
鎌田慧「太宰治と大杉栄」(『群像』2000年8月号)
----------------------------------------------------------------------
三浦雅士氏・「太宰作品の口語と文語」のことなど
三浦雅士「十九世紀日本文学という視点/青春の終焉―1960年代試論(8)」(『群像』2000年8月号)
----------------------------------------------------------------------
瀬戸内寂聴氏・太宰と三鷹のことなど
瀬戸内寂聴「場所―第8回・三鷹下連雀」(『新潮』2000年8月号)
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧著『津軽・斜陽の家』の書評
・「売れてます/ルポ/太宰治が生きた風土、時代状況」(毎日新聞夕刊2000年7月31日)
・斎藤慎爾「故郷と生家に視座を据えて/太宰の屈折した精神の核を解き明かすルポルタージュ」(週刊読書人2000年7月28日)
・長谷川孝治「今までと違う兄弟像」(東奥日報夕刊2000年7月12日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(42)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年7月28日号[7月17日発売])
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰と兄文治に関して連載
鎌田慧「津島文治と太宰治(下)/死に象徴される”解放”/大邸宅」(東奥日報夕刊2000年7月25日)
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰と兄文治に関して連載
鎌田慧「津島文治と太宰治(上)/貧農の歴史ひもとく/津軽・斜陽の家」(東奥日報夕刊2000年7月24日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(41)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年7月21日号[7月10日発売])
----------------------------------------------------------------------
津軽半島で観光バス「太宰『津軽』号」を運行
・「太宰の面影たどる一夏/観光バス「津軽号」発進/斜陽館・十三湖・小泊・三厩/来月20日まで運行」(東奥日報朝刊2000年7月21日)
・「「津軽号」で太宰ゆかりの地を巡る/斜陽館・芦野公園・十三湖・竜飛崎/定期バス半島周遊/沿線20市町村20日から1ケ月運行」(河北新報朝刊2000年7月18)
※運行の詳細はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
岡井耀毅著『評伝・林忠彦』の書評
川本三郎「”ルパンの太宰”撮った男の生涯」(日本経済新聞朝刊2000年7月16日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(40)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年7月14日号[7月3日発売])
----------------------------------------------------------------------
「太宰を語る集い」について
野村聡「”津軽”問い直す好機/「太宰を語る集い」に寄せて」(東奥日報夕刊2000年7月14日)
----------------------------------------------------------------------
太宰治下宿保存会・「語る会」を開催
「高校時代の太宰語ろう/弘前/130人が当時しのぶ/津島氏「苦しんだ時代」/小野氏「精力的に創作」」(東奥日報朝刊2000年7月12日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の「最期のことば」に関して
「あなたをきらいになったから、死ぬのでは無いのです。小説を書くのが、いやになったからです(太宰治)」(加来耕三『人生を見きわめた最期のことば』講談社ことばの新書2000年7月10日[1400円]、268〜269ページ)
『人生を見きわめた最期のことば』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
傳馬義澄氏・太宰の作品のこと
傳馬義澄「「父」の位相をめぐって」「「陰火」論」「「女生徒」論」「『風の便り』論」(『思索と抒情』審美社2000年7月9日[4000円]、265〜323ページ)
『思索と抒情』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(39)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年7月7日号[6月26日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰治の生れた金木町のこと
「旅/金木町(青森)/太宰の明暗映す斜陽館/陽性の音色・津軽三味線の故郷」(読売新聞夕刊2000年7月6日)
----------------------------------------------------------------------
小泊村・「津軽」バスツアー
「小泊村民45人太宰の足跡たどる/小説「津軽」バスツアー/第1部・東郡外ケ浜コース」(東奥日報朝刊2000年7月4日)
----------------------------------------------------------------------
金木町太宰会・会誌を発行
「金木町太宰会が会誌第2集発行」(東奥日報朝刊2000年7月1日)
※問い合わせ先はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(7)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2000年夏号、2000年7月1日[6月8日発売])
----------------------------------------------------------------------
三浦雅士氏・「落語家としての太宰治」のことなど
三浦雅士「近代的自我の虚構/青春の終焉―1960年代試論(7)」(『群像』2000年7月号)
----------------------------------------------------------------------
川西政明氏・斜陽館のこと
川西政明「日本文学館紀行第7回/金木町太宰治記念館「斜陽館」/赤煉瓦に反響する孤独な声」(『潮』2000年7月号)
----------------------------------------------------------------------
『人間失格/櫻桃/グッド・バイ』刊行
『人間失格/櫻桃/グッド・バイ』(小学館文庫新撰クラシックス2000年7月1日[600円])
作品の他に「写真で知る太宰治」「太宰治ゆかりの地を訪ねる(文学散歩地図)」、解説・山内祥史
『人間失格/櫻桃/グッド・バイ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(38)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年6月30日号[6月19日発売])
----------------------------------------------------------------------
金木・斜陽館で体験学習
「生家・斜陽館が教室/金木中生81人/郷土の作家・太宰身近に/生い立ちや作品学ぶ」(東奥日報朝刊2000年6月30日)
----------------------------------------------------------------------
「千年の文学者」人気投票で太宰治7位に
朝日新聞の「この1000年「日本の文学者」読者人気投票」で、太宰治は754通を獲得して7位に(投票総数20、569通)。
1位夏目漱石3516、2位紫式部3157、3位司馬遼太郎1472、4位宮沢賢治1275、5位芥川龍之介1149、6位松尾芭蕉805、8位松本清張673、9位川端康成595、10位三島由紀夫542(朝日新聞朝刊2000年6月29日)
----------------------------------------------------------------------
内田康夫氏・津軽半島を舞台としたミステリー
内田康夫『津軽殺人事件』(中公文庫2000年6月25日[571円])
「「コスモス、無残」太宰治の幻影に惑う浅見光彦探偵行」(帯)
本書は光文社文庫(1991年6月)の再刊 
『津軽殺人事件』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(37)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年6月23日号[6月12日発売])
----------------------------------------------------------------------
道浦母都子氏・「トカトントン」のこと
道浦母都子「トカトントン―太宰治」(『群青の譜』河出書房2000年6月23日[2000円]、146〜148ページ)
『群青の譜』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
金木で太宰治生誕祭
・「太宰への”愛”いつまでも/200人集い斜陽館で生誕祭/金木」(東奥日報朝刊2000年6月20日)
・「太宰治の誕生祝う」(河北新報朝刊2000年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』8号発行
『太宰治研究』8号(和泉書院2000年6月19日[5000円])
作品論として都築久義「「十二月八日」論」、千葉正昭「「待つ」論」、廣瀬晋也「「正義と微笑」論」、山口俊雄「「小さいアルバム」論」、真銅正宏「「花火」論」、永井博「「帰去来」論」、片山倫太郎「「故郷」論」、山口浩行「「黄村先生言行録」論」、赤木孝之「「鉄面皮」論」、田口律男「「赤心」論」、井口時男「「右大臣実朝」論」、米田幸代「「不審庵」論」、柴田勝二「「作家の手帖」論」、回想記として橘田茂樹「太宰治と天下茶屋」、モデル考証として浅田高明「「パンドラの匣」《つくし》のモデル」、資料紹介として山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー/1996〜1997」、作家論として田辺保「ヴィヨンと太宰治」、作品評釈として木村小夜「「めくら草紙」評釈」、川崎和啓「「富嶽百景」評釈(二)」
『太宰治研究8 号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧著『津軽・斜陽の家』の書評
・細谷博「徹底した取材で作家誕生の謎を追う」(東京新聞朝刊2000年6月18日)
・吉田和明「太宰と生家の関係探る」(河北新報朝刊2000年6月18日)
----------------------------------------------------------------------
朝日新聞・「太宰を語る本」を紹介
「知りたい読みたい/語り継がれる太宰治/時代とともに新たな魅力」(朝日新聞朝刊2000年6月18日)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・太宰治弘高時代の下宿に関して
相馬正一「旧制弘高時代に下宿・藤田邸/太宰文学醸成の原点/掛け替えのない文化財」(東奥日報夕刊2000年6月17日)
----------------------------------------------------------------------
木立玲子氏・太宰と仏文化について
木立玲子「パリー青森・二都物語2/桜桃忌/太宰の普遍性を思う」(東奥日報朝刊2000年6月17日)
----------------------------------------------------------------------
島野功緒氏・太宰治のイライラ解消法について
島野功緒(放送評論家)「私のテレビ評/すさんだ時代に”太宰のミソ汁”!?」(読売新聞夕刊2000年6月14日)
6月9日に放送された「世界ゴッタ煮偉人伝」(フジテレビ)の感想を述べたもの。
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(36)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年6月16日号[6月5日発売])
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧著『津軽・斜陽の家』刊行
鎌田慧『津軽・斜陽の家/太宰治を生んだ「地主貴族」の光芒』(祥伝社2000年6月10日[1700円])
帯に水上勉「故郷に近づく運命」 
『津軽・斜陽の家』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
読売新聞・『津軽』について
「ロングセラーの周辺/太宰治著『津軽』/風土見つめた郷里への旅」(読売新聞夕刊2000年6月10日)
----------------------------------------------------------------------
フジTV・太宰治のストレス解消法を紹介
「世界ゴッタ煮偉人伝/イライラ解消法」(フジテレビ2000年6月9日午後8時)
※番組によると、太宰治はイライラを解消するために、いつもみそ汁を飲んでいたそうです。津軽産のみそを使い、焼干し(小イワシを焼いて乾燥させたもの)でだしをとったもので、具にはなめこ、ワカメ、シジミ、豆腐を入れていたそうです。
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(35)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年6月9日号[5月29日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰治生誕祭のこと
「19日に太宰治生誕祭/語る会や合唱、写真展…/金木」(東奥日報朝刊2000年6月7日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(34)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年6月2日号[5月22日発売])
----------------------------------------------------------------------
坂口安吾・太宰の死について
坂口安吾「太宰治情死考」(『堕落論』新潮文庫2000年6月1日[514円]、132〜140ページ)
『堕落論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
岡井耀毅氏・ルパンの太宰治(写真)について
岡井耀毅「「ルパン」の名作・太宰治と織田作之助」(『評伝・林忠彦』朝日新聞社2000年6月1日[3800円]、133〜149ページ)
「「太宰治」から「東海道」まで昭和の肖像を描いた決闘写真家の波瀾の生涯」(帯)
『評伝・林忠彦』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長野隆編『太宰治・その終戦を挟む思想の転位』の書評
金美享「新刊紹介」(『国文学・解釈と鑑賞』(至文堂)2000年6月号)
----------------------------------------------------------------------
三浦雅士氏・「春の盗賊」のことなど
三浦雅士「笑う近代/青春の終焉―1960年代試論(6)」(『群像』2000年6月号)
----------------------------------------------------------------------
『斜陽』執筆の宿紹介
「名作を生んだ老舗宿」として「太宰治『斜陽』/安田屋旅館」(『旅行読売』2000年6月号臨時増刊)
----------------------------------------------------------------------
山口浩行氏・「火の鳥」に関して
山口浩行「太宰治「火の鳥」論」(『日本文学』2000年6月号、45〜55ページ)
----------------------------------------------------------------------
三浦哲郎氏・『晩年』のことなど
「三浦哲郎さんに聞く/たやすく命手放さない/死者に語らせること義務に」(読売新聞夕刊2000年5月27日)
----------------------------------------------------------------------
斜陽館の入場者に関して
「「斜陽館」入場者20万人突破/栩内さん(藤崎出身)に記念品/金木」(東奥日報朝刊2000年5月27日)
----------------------------------------------------------------------
「太宰とたけ再会の道」が完成
「太宰とたけさん・再会たどる文学碑/村民有志6基建立/完成祝い除幕/小泊」(東奥日報朝刊2000年5月26日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(33)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年5月26日号[5月15日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰治下宿保存会・会員証を作成
「太宰の下宿保存会/会員証好評です/顔写真と部屋をプリント/弘前」(東奥日報朝刊2000年5月20日)
----------------------------------------------------------------------
太宰に会いに行く旅のこと
「津軽地域(青森県)/雪の中、ストーブ列車に乗って太宰治に会いに行く」(『サライ』編集部編『にっぽん半島紀行』小学館2000年5月20日[1500円]、20〜23ページ)
『にっぽん半島紀行』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(32)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年5月19日号[5月8日発売])
----------------------------------------------------------------------
安原顯氏・檀一雄著『小説太宰治』のこと
安原顯「激烈な詩魂に痺れなおす/檀一雄『小説太宰治』」(『「乱読」の極意』双葉社2000年5月15日[1800円]、145〜147ページ)
『「乱読」の極意』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『図説・太宰治』刊行
日本近代文学館編『図説・太宰治』(ちくま学芸文庫2000年5月10日[1200円]) 文庫のために新たに編集されたもの。解説・安藤宏
「津軽・金木の大地主の家に生まれてから、玉川上水で情死するまでの39年を、写真、草稿、作品の一節、解説などから浮き彫りにする。1998年公開の新資料も満載、太宰のすべてに迫る。」(カバーより)
『図説・太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(31)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年5月5/12日号[4月24日発売])
----------------------------------------------------------------------
三浦雅士氏・「猿ケ島」のことなど
三浦雅士「道化の逆説/青春の終焉―1960年代試論(5)」(『群像』2000年5月号)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(30)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年4月28日号[4月17日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰治下宿保存会発足
・「太宰の宿保存会発足/弘前」(東奥日報朝刊2000年4月23日)
・「知事へ協力求める/太宰治下宿保存の会」(東奥日報朝刊2000年4月20日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(29)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年4月21日号[4月10日発売])
----------------------------------------------------------------------
青山光二氏・太宰との交友について
青山光二「太宰治と迷走神経」「太宰ブーム」(『砂時計が語る』双葉社2000年4月20日[1800円]、10〜13、264〜267ページ)
『砂時計が語る』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
寺山修司・太宰のこと
寺山修司「歩けメロス」「「魚服記」私稿」「グッド・バイ」「太宰をめぐる五人の女」(『啄木を読む』ハルキ文庫2000年4月18日[700円]、84〜111ページ)
『啄木を読む』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(28)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年4月14日号[4月3日発売])
----------------------------------------------------------------------
井伏鱒二・太宰治に関して
伊馬春部との対談「憎めない”演技の人”太宰治」(『井伏鱒二対談選』講談社文芸文庫2000年4月10日[1200円]、41〜57ページ)
『井伏鱒二対談選』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
名文案内に「桜桃」
中村明『現代名文案内』(ちくま学芸文庫2000年4月10日[900円]、192〜196ページ)に40作品のひとつとして「桜桃」が紹介される。
『現代名文案内』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の下宿保存会発足
「”太宰の下宿”後世に/弘前/「保存の会」22日発足」(東奥日報朝刊2000年4月8日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(27)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年4月7日号[3月27日発売])
----------------------------------------------------------------------
『津軽』・新潮文庫の「20世紀の100冊」として刊行
1944年を代表する作品として、『津軽』が新潮文庫から特製カバーを付けて刊行される(2000年4月3日[400円])。カバーに関川夏央氏のエッセイ「人は、持って生まれた明るさをおそれてはならない」
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(6)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2000年春号、2000年4月1日)
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載(最終回)
鎌田慧「津軽・斜陽館(最終回)/太宰治と生家・津島家を辿る/最終章斜陽」(『小説non』祥伝社2000年4月号[3月22日発売])
「弟に悩まされながらも、長兄・文治は弟の絶対的な庇護者だった。その兄は、戦後、没落し、一方、弟は死への道を――。」(リード)
文末欄外に、「この作品は、小社より四六判にて五月に出版されます。」とある。
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」「満願」CDに
『富嶽百景/満願』(新潮CD2000年4月[2000円])、朗読・日下武史
『富嶽百景/満願 CD』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
葛西善蔵との関連について
『国文学・解釈と鑑賞』(至文堂)2000年4月号[3月14日発売]に、小山内時雄「葛西善蔵・太宰治と津軽の風土」、島田昭男「葛西善蔵と太宰治」
----------------------------------------------------------------------
観光バス・太宰『津軽』号運行へ
「金木−三厩間・太宰「津軽」号/1日1往復で」(東奥日報朝刊2000年3月31日)
「「太宰『津軽』号」は七月二十日−八月二十日に金木町の「斜陽館」から中里町、市浦村、小泊村を経て三厩村竜飛崎までを一日一往復する。/運賃は片道千円。同バス運行に合わせ、金木町などで記念イベントを予定している。」(記事より)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(26)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年3月31日号[3月18日発売])
----------------------------------------------------------------------
太宰文学と笑いについて
丸山俊「太宰治の文学と笑い/「畜犬談」「十二月八日」について」(ハワード・ヒベット、日本文学と笑い研究会編集『笑いと創造・第2集』勉誠出版2000年3月31日[3800円]、249〜278ページ)
『笑いと創造・第2集』 amazonはこちら

s----------------------------------------------------------------------
塩田丸男氏・太宰治の言いわけについて
塩田丸男「われらが不変の敬愛、信ぜよ。先生。疑雲一掃の堂々の確信ございます―太宰治(師と仰ぐ佐藤春夫に叱られて)」(『言いわけ読本』白水社2000年3月30日[1900円]、32〜33ページ)
『言いわけ読本』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
木村久邇典氏・太宰と山本周五郎のこと
木村久邇典「『おれは太宰に一目、会いたかった』」 (『山本周五郎/下巻』アールズ出版2000年3月27日[2200円]、123〜138ページ)
『山本周五郎/下巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
井伏鱒二・桜桃忌のことなど
「桜桃忌」「解説の必要[『太宰治作品集』推薦の言葉]」(『井伏鱒二全集・別巻2』筑摩書房2000年3月25日[6200円]、54〜56ページ)
『井伏鱒二全集・別巻2』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治の故郷への旅の本
奥成達「冬景色に知る太宰治の故郷・津軽半島」(『旅で考える生きるヒント/50歳からの修学旅行』ワニマガジン社2000年3月25日[1800円]、25〜30ページ)
『旅で考える生きるヒント』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(25)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年3月24日号[3月13日発売])
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(24)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年3月17日号[3月6日発売])
----------------------------------------------------------------------
星野富一郎氏・青森市合浦小学校の太宰碑に関して
星野富一郎「忘れじの人/関俊雄/太宰碑に子供への思い」(東奥日報夕刊2000年3月16日)
----------------------------------------------------------------------
もりたなるお氏・太宰治に関するエピソード
もりたなるお「全集のいずまい/小山清のこと/言葉を失った苦心の日常」(東京新聞夕刊2000年3月16日)には、小山清と太宰治に関するエピソードが紹介されている。
----------------------------------------------------------------------
田中良彦氏・太宰と聖書に関して
田中良彦「聖書と日本文学―太宰治を中心に―」(鈴木範久監修『聖書と日本人』大明堂2000年3月12日[2400円]、67〜81ページ)
『聖書と日本人』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
永井博氏・太宰と内村鑑三のこと
永井博「太宰治と内村鑑三」(北島義信編集『浄土真宗と現代』文理閣2000年3月10日[1400円]、94〜105ページ)
『浄土真宗と現代』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(23)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年3月10日号[2月28日発売])
----------------------------------------------------------------------
金木町太宰会・太宰文集を発行
「生誕90年記念号/文集「新樹」発行/金木町太宰会」(東奥日報朝刊2000年3月10日)
小中高校生の感想文107編を収録。
----------------------------------------------------------------------
太宰治を主人公にしたオカルト小説
椹野道流『夏の夜の夢は幽けし』(太洋図書2000年3月9日[820円])
「昭和十年。駆けだしの作家・太宰治は、友人・中原中也から奇怪な相談を受ける。中原の赤子である文也の元へ、毎夜、女の幽霊が現れるというのだ!! 幽霊に文也を奪われるのではないか? 怯える中原は太宰に幽霊退治を持ちかけた。破天荒な詩人・中原中也と懊悩作家・太宰治がおくるノスタルジック・オカルト・ストーリー!」(カバー)
『夏の夜の夢は幽けし』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
NHKの朗読紀行で『斜陽』放映
「朗読紀行・にっぽんの名作/太宰治『斜陽』」(NHK・BS−2、2000年3月6日午後10時〜11時)
演出・堀川とんこう、読む人・田中裕子
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(22)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年3月3日号[2月21日発売])
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載
鎌田慧「津軽・斜陽館(6)/太宰治と生家・津島家を辿る/第六章借子(カレゴ)」(『小説non』祥伝社2000年3月号[2月22日発売])
「大地主の息子に生まれた自分を太宰は憎んだ。小作人たちの苦しみ、悲しみを知っていたからだ。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
阿刀田高氏・「佐渡」に関して
阿刀田高「佐渡島が二つ?――太宰治が見た佐渡」(『ものがたり風土記』集英社2000年2月29日[1800円]、198〜204ページ)
『ものがたり風土記』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(21)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年2月25日号[2月14日発売])
----------------------------------------------------------------------
三善里沙子氏・中央線人としての太宰治のこと
三善里沙子『中央線なヒト』(ブロンズ新社2000年2月25日[1350円]、33、54、78、80、115、139、217、219ページ)
『中央線なヒト』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
中高生必読の作品に「お伽草紙」
五十嵐裕『中高生のための名作トレッキング』(エスジーエヌ2000年2月25日[1500円]、34〜40ページ)には、中高生必読の作品として「お伽草紙」が紹介されている。
『中高生のための名作トレッキング』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の作品と青森のこと
「魚服記」「帰去来」「故郷」「思ひ出」「津軽」に関して(阿部誠也『名作に描かれた青森の風景』路上社2000年2月25日[1905円]、59〜79ページ)
『名作に描かれた青森の風景』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』7号発行
『太宰治研究』7号(和泉書院2000年2月20日[5000円])が発行される。
作品論として山下真史「「東京八景」論」、清田文武「「みみづく通信」「佐渡」論」、跡上史郎「「佐渡」論」、大野正博「「清貧譚」論」、井上諭一「「服装に就いて」論」、宮崎真素美「「令嬢アユ」」、柴口順一「「千代女」から女性独白体へ、そして太宰治へ」、勝原晴希「「新ハムレツト」を読む」、田中良彦「「風の便り」論」、中丸宣明「「誰」論」、回想記として石原明「義兄太宰治とその周辺」、津島慶三「祖母きえとその周辺の人々」、資料紹介として浅田高明「木村庄助日誌「巻四」と「巻五」」、相馬正一「太宰治「女生徒」成立の背景」、米田省三「太宰治全集未収書簡」、山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー/1994〜1995」、作家論として柏木隆雄「太宰治とメリメ」、奥村淳「シラーと太宰治」、遠藤祐「太宰治と聖書」、島田昭男「太宰治と社会主義運動」、作品評釈として川崎和啓「「富嶽百景」評釈(一)」
『太宰治研究7号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・『女生徒』と有明日記に関して連載
相馬正一「太宰治と『女生徒』(下)/有明日記原文に見る/「1日」へ巧みに凝縮/9割が実在の素材に依拠」(東奥日報夕刊2000年2月19日)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・『女生徒』と有明日記に関して連載
相馬正一「太宰治と『女生徒』(中)/有明日記原文に見る/一読で魂つかみとる/「思いがけず得た天佑」」(東奥日報夕刊2000年2月18日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(20)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年2月18日号[2月7日発売])
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・『女生徒』と有明日記に関して連載
相馬正一「太宰治と『女生徒』(上)/有明日記原文に見る/川端康成が讚辞送る/作品発表、文壇から注目」(東奥日報夕刊2000年2月17日)
----------------------------------------------------------------------
沢木耕太郎氏・『小説太宰治』に解説
檀一雄『小説太宰治』(岩波現代文庫2000年2月16日[900円])の解説に沢木耕太郎「天才との出会いと別れ」(35枚)
末尾に、「本書は一九四九年、六興出版社より刊行された。底本には審美社刊の新装版(一九九二年)を用いた。」とある。
『小説太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
有明日記・青森県近代文学館から刊行
『資料集第一輯/有明淑の日記』(青森県近代文学館2000年2月15日)
解説・相馬正一「太宰治の「女生徒」と有明淑の日記」
----------------------------------------------------------------------
太宰文学と民話について
「民話と文学/太宰治・反都会精神を形成」(河北新報朝刊2000年2月13日)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(19)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年2月11日号[1月31日発売])
----------------------------------------------------------------------
15日に『女生徒』の題材・有明日記刊行へ
「『有明日記』資料集15日刊行/太宰治著「女生徒」の題材/県近代文学館」(東奥日報朝刊2000年2月11日)
文中に、「資料集は五百部発行。県内の公立図書館をはじめ全国の都道府県立図書館、文学館などに送付する。」とある。
----------------------------------------------------------------------
「女生徒」の題材(有明日記)刊行へ
「少女の日記全文、刊行へ/太宰の短編小説「女生徒」の題材/青森県近代文学館/研究家「素材、表現までそっくり」(毎日新聞夕刊2000年2月5日)
----------------------------------------------------------------------
大澤真幸氏・太宰と丸山真男のこと
「トカトントンをふりはらう/丸山真男と太宰治」(『「不気味なもの」の政治学』新書館2000年2月5日[2200円]、94〜116ページ)
『「不気味なもの」の政治学』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載
猪瀬直樹「ピカレスク(18)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』2000年2月4日号[1月24日発売])
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載
鎌田慧「津軽・斜陽館(5)/太宰治と生家・津島家を辿る/第五章飢饉(ケガズ)」(『小説non』祥伝社2000年2月号)
「津軽では飢饉と地主の搾取に農民が苦しんでいた。太宰の作品にも彼らの姿が」(目次より)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・『女生徒』に関して
相馬正一「太宰治『女生徒』と有明淑子の日記/創作と模倣の間」(『国文学・解釈と鑑賞』至文堂2000年2月号)
---------------------------------------------------------------------
「女生徒」の素材となった日記刊行へ
「「有明日記」全文・原文のまま刊行へ/太宰治の短編「女生徒」の素材/県近代文学館/専門家「ほぼそのまま小説化」/暗さのない作風に影響」(東奥日報朝刊2000年1月30日)
----------------------------------------------------------------------
吉澤みつ氏・太宰と初代のこと
吉澤みつ『青い猫』(審美社2000年1月20日[1800円]、237〜245ページ)には、「今宵いづこぞ/小山初代側から見た太宰治」(『太宰治』第5号、1989年6月30日)が再録されている。
『青い猫』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「桜桃」・『戦後短篇小説選』に収録
『戦後短篇小説選1/『世界』1946−1999』(岩波書店2000年1月17日[2200円])に、太宰治「桜桃」が収録される。雑誌『世界』に掲載された短編小説を集めたもので、他に志賀直哉「灰色の月」、梅崎春生「赤い駱駝」など全部で14編が収録されている。解説・亀井秀雄
『戦後短篇小説選1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『津島家の人びと』・文庫本に
秋山耿太郎・福島義雄『津島家の人びと/太宰治を生んだ家』(ちくま学芸文庫2000年1月6日[900円])、解説・長部日出雄
最終ページに、「本書は、一九八一年六月二〇日、朝日ソノラマより刊行された。」とある。
『津島家の人びと』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載
鎌田慧「津軽・斜陽館(4)/太宰治と生家・津島家を辿る/第四章鉄道」(『小説non』祥伝社2000年1月号)
「帰郷する太宰は津軽鉄道に揺られていた。そのレールには父と兄の夢が‥‥」(目次より)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(5)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2000年冬号、2000年1月1日)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ