太宰治に関する情報2001年 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2001年


青森県が太宰観光コースを策定へ
「「太宰の道」歩こう/新幹線開通にらむ/観光コース策定へ/青森県」(河北新報朝刊2001年12月20日) 
----------------------------------------------------------------------
樋口覚氏・「盲人独笑」について
樋口覚「闇のなかの黒い日記―太宰治の『盲人独笑』と『葛原勾当日記』」(『雑音考/思想としての転居』人文書院2001年12月14日[2400円]、207〜234ページ)
『雑音考』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
上林暁・太宰と奥多摩に行ったときのこと
上林暁「太宰治と弁当」(『上林暁全集19増補決定版』筑摩書房2001年12月10日[7500円]、89〜90ページ)
『上林暁全集19』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
ローカル線で作品『津軽』を辿る旅
「津軽逍遥」(撮影・米屋浩二、本文・内田晃)(『旅の手帖』2001年12月号[580円]、26〜31ページ)
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・「黄金風景」のことなど
吉本隆明「わが古典/太宰治「黄金風景」」(『読書の方法』光文社2001年11月25日[1600円]、221〜225ページ)、「本に向かって/太宰治のように書けたらなあ」(同29〜31ページ)、「作者の資質の根をあらわにした短編/太宰治『駈込み訴え』」(同229〜230ページ)、「文学者への言葉/『太宰治全集』」(同271〜272ページ)、「私の好きな文庫本ベスト5/太宰治『富嶽百景・走れメロス』(岩波文庫)」(同282ページ)
『読書の方法』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
車谷長吉氏・「魚服記」のこと
車谷長吉「伝奇小説 山月記/魚服記/犬狼都市」(『文士の魂』新潮社2001年11月20日[1400円]、109〜117ページ)
『文士の魂』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
小浜逸郎氏・「女神」のこと
小浜逸郎「女としての強さ、男としての弱さ/太宰治『女神』」(『人生を深く味わう読書』春秋社2001年11月20日[1700円]、159〜166ページ)
『人生を深く味わう読書』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
童門冬二氏・『斜陽』に関して
童門冬二「若き日の魂奪った”悪魔”/太宰治著『斜陽』」(読売新聞朝刊2001年11月18日)
----------------------------------------------------------------------
司馬遼太郎・太宰と笑いについて
司馬遼太郎「小説とユーモア」(『司馬遼太郎が考えたこと(2)』新潮社2001年11月15日[1800円]、75〜78ページ)
『司馬遼太郎が考えたこと(2)』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
郷里金木から太宰に関する話題ふたつ
・「太宰と津軽三味線PR/記念碑を設置/観光物産館に東北郵政局/金木」(東奥日報朝刊2001年11月14日)
・「太宰作品感想文・作文/児童や生徒74人表彰/金木」(東奥日報朝刊2001年11月10日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の書について
太宰の書の紹介と評(小倉釣雲他編『詩文の象/漢字仮名交じりの書』二玄社2001年11月10日[1000円]、31、46、74ページ)
『詩文の象』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
小説『津軽』の旅の本
飯塚恆雄『みんなみんなやさしかったよ/太宰治と歩く『津軽』の旅』(愛育社2001年11月12日[1300円])
『みんなみんなやさしかったよ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
青山光二氏・太宰と織田作のこと
青山光二「在りし日の純血無頼派/織田作之助と太宰治」(毎日新聞夕刊2001年11月7日)
----------------------------------------------------------------------
太宰をめぐる女たちのこと
永田龍太郎「太宰治―に関わった妻たち」(『散華抄/妻でない妻』永田書房2001年11月6日[1762円]、91〜115ページ)
『散華抄』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
児玉清氏・「富嶽百景」のこと
児玉清「太宰治とゲイシャ物語」(『寝ても覚めても本の虫』新潮社2001年10月30日[1600円]、90〜97ページ)
『寝ても覚めても本の虫』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の左翼運動に関する資料のこと
「大波小波/資料探索/(日和見)」(東京新聞夕刊2001年10月24日)
※斉藤利彦氏の「太宰治・非合法活動の実態」(『文学』2001年9・10月号)を取り上げています。
----------------------------------------------------------------------
出久根達郎氏・「断崖の錯覚」のこと
出久根達郎「太宰治/幻の探偵小説」(『百貌百言』文春新書2001年10月20日[700円]、112〜113ページ)
『百貌百言』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
関川夏央氏・「走れメロス」のこと
関川夏央「単純の美への憧れと明度高いユーモア/『走れメロス』太宰治」(『本よみの虫干し/日本の近代文学再読』岩波新書2001年10月19日[780円]、223〜225ページ)
『本よみの虫干し』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安藤宏氏・太宰晩年の未公開手帖について
・安藤宏「明かされた太宰メモ(4)/資料の魅力/「県近代文学館資料集」から/構想を統合的に俯瞰」(東奥日報夕刊2001年10月16日)
・安藤宏「明かされた太宰メモ(3)/師匠・井伏鱒二/「県近代文学館資料集」から/下書きで激しく攻撃」(東奥日報夕刊2001年10月15日)
・安藤宏「明かされた太宰メモ(2)/「人間失格」/「県近代文学館資料集」から/長編に発展の可能性も」(東奥日報夕刊2001年10月13日)
・安藤宏「明かされた太宰メモ(1)/晩年の手帖2冊/「県近代文学館資料集」から/執筆中の作品構想記す」(東奥日報夕刊2001年10月12日)
※未公開手帖の入手方法はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
福田和也氏・「葉」について
福田和也「詩と散文と挟まっているもの」(『文学界』2001年10月号[900円]、「葉」に関する部分は198〜200ページ)
----------------------------------------------------------------------
太宰晩年の未公開手帳を出版
太宰が晩年に使用していた手帳2冊が、原寸大の写真に収められ、青森県近代文学館から刊行された。(2001年9月16日付毎日新聞朝刊「雑記帳」)
※入手方法はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
太宰晩年の未公開手帳出版のこと
「師への痛烈な批判メモ/「井伏さんはヤキモチ焼きで悪人」/太宰直筆の手帖初公開/感謝する記述も/県近代文学館」(東奥日報朝刊2001年9月15日)
※入手方法はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
川西政明氏・太宰のことなど
川西政明「無頼派列伝/石川淳、太宰治、坂口安吾、織田作之助、檀一雄」(『昭和文学史(中巻)』講談社2001年9月15日[4800円]、504〜533ページ)
『昭和文学史(中巻)』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
青山光二氏・太宰の律義さについて
青山光二「ややこしくも懐かしき/太宰治、理由あって林芙美子を訪ねる事」(『純血無頼派の生きた時代/織田作之助・太宰治を中心に』双葉社2001年9月10日[1800円]、269〜302ページ)
『純血無頼派の生きた時代』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
上林暁・太宰の死のことなど
上林暁「太宰治の死」(『上林暁全集16増補決定版』筑摩書房2001年9月10日[6800円]、383〜384ページ)、「太宰君」(同393〜395ページ)、「太宰の死に憑かれてゐた私」(同451〜452ページ)
『上林暁全集16』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
出久根達郎氏・『晩年』初版本のこと
出久根達郎「太宰と『晩年』」(『書物の森の狩人』角川選書2001年9月10日[1400円]、168〜171ページ)
『書物の森の狩人』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
久世光彦氏・太宰のこと
久世光彦「女神狂乱/太宰治[饗応夫人]」(『美の死』筑摩書房2001年9月10日[1900円]、47〜49ページ)「太宰元年」(同、161〜167ページ)                                  →『美の死』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰のマントのこと
「 太宰治のマント」(文・矢島裕紀彦、写真・高橋昌嗣『文士の逸品』文春ネスコ2001年9月4日[1800円]、44〜45ページ)
『文士の逸品』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
斎藤利彦氏・太宰の非合法活動のこと
斉藤利彦「太宰治・非合法活動の実態」(『文学』岩波書店2001年9・10月号[1800円]、86〜103ページ)
----------------------------------------------------------------------
東郷克美著『太宰治という物語』の書評
鶴谷憲三「書評/東郷克美『太宰治という物語』」(『國文學・解釈と教材の研究』學燈社2001年9月号[1100円]、145ページ)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治・晩年の執筆メモ』刊行
『太宰治・晩年の執筆メモ』(青森県近代文学館2001年8月31日[1200円]) 解説・安藤宏
※太宰が昭和22、23年に使用していた手帳2冊を、原寸大の写真に収めたもの(23年版は初公開)。入手方法はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
太宰を詠んだ詩
長内勝蔵「太宰治と私の心(昭28)」(『風の襞』文芸社2001年8月15日[800円]、14〜15ページ)
『風の襞』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰夫人のことなど
長部日出雄「太宰文学の「母」」(日本エッセイスト・クラブ編『最高の贈り物』文春文庫2001年8月10日[476円]、184〜189ページ)
『最高の贈り物』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
木山捷平「玉川上水」文庫に
木山捷平「玉川上水」(『鳴るは風鈴』講談社文芸文庫2001年8月10日[1300円]、7〜29ページ)
「〈 桜桃忌〉に出られなかった事から太宰治を回想する」(裏表紙より)
『鳴るは風鈴』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄と太宰のこと
斎藤三千政「夢を追いかけて(10)/長部日出雄展から/太宰治に惹かれて/”自己喪失感”に共鳴・「極端にいえばぼく自身」」(東奥日報夕刊2001年8月9日)
----------------------------------------------------------------------
多田道太郎氏・太宰について
多田道太郎「飄飄太宰治/転々私小説論(四・完結)」(『群像』2001年8月号[920円]、168〜196ページ)
----------------------------------------------------------------------
阿久津レイ子著『太宰讃歌』刊行
阿久津レイ子『太宰讃歌』(ぶんりき文庫2001年7月30日[500円])
『太宰讃歌』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の新潟高校講演会のこと
伊狩章「太宰治」(『鴎外・漱石と近代の文苑』翰林書房2001年7月28日[9000円]、369〜380ページ)
『鴎外・漱石と近代の文苑』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
津軽半島でバス「太宰『津軽』号」を運行
「車窓から太宰の面影しのぶ/バス「津軽」号今年も発進/五所川原−竜飛崎/観光客の”足”で活躍」(東奥日報朝刊2001年7月28日)
※8月26日まで一日一往復、問い合わせは0173−35−2111へ
----------------------------------------------------------------------
斜陽館への旅
「旅の手紙/風鈴の音が響く津軽鉄道/太宰の生家にゆかりの品々/小説の舞台を訪ねて(2)」(朝日新聞朝刊2001年7月27日)
----------------------------------------------------------------------
三鷹で太宰の足跡散歩
「街/三鷹界隈/文人墨客に愛された土地/文学散歩ができる史跡や旧跡/市民グループがガイドツアー」(産経新聞夕刊2001年7月16日)
※みたか観光ガイド協会の「太宰治の足跡案内」はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
太宰と資生堂パーラー
「下町「文学」美食めぐり/太宰治/資生堂パーラー」(『東京下町を歩く2002年版』昭文社2001年7月15日[800円]、23ページ)
----------------------------------------------------------------------
太宰のことなどを描いた小説
小山栄雅著『にぎやかな散歩』(ノンブル2001年7月9日[1700円])「第一景 芝済生会病院」(13〜73ページ)には、太宰が描かれている。
『にぎやかな散歩』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載(最終回)
長部日出雄「桜桃とキリスト(11)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2001年夏号、2001年7月1日[950円]、294〜326ページ)
----------------------------------------------------------------------
久世光彦著『謎の母』文庫に
久世光彦『謎の母』(新潮文庫2001年7月1日[438円])
「15歳の女生徒が物語る太宰治の死まで。」(帯)
『謎の母』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
古山高麗雄・太宰と恥について
古山高麗雄「恥の多い生涯」(『反時代的、反教養的、反叙情的』ベスト新書2001年7月1日[680円]、127〜139ページ)
『反時代的、反教養的、反叙情的』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の三鷹を歩く
「東京の文士村を歩く/太宰治・山本有三ゆかりの三鷹を歩く」(『歴史と旅』2001年7月号[980円]、104〜107ページ)
----------------------------------------------------------------------
天下茶屋の外川政雄さんのこと
「追悼抄/名作生んだ御坂峠の”鷲”/井伏鱒二、太宰治ゆかりの「天下茶屋」初代主人・外川政雄さん(5月24日死去、96歳)」(読売新聞朝刊2001年6月24日)
----------------------------------------------------------------------
桜桃忌について
「憂楽帳/私の桜桃忌/渡辺豊」(毎日新聞夕刊2001年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
金木で太宰生誕祭
・「文学碑の「添碑」除幕/太宰しのび金木で生誕祭」(東奥日報夕刊2001年6月19日)
・「新たに添え碑建立」(河北新報朝刊2001年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』9号発行
『太宰治研究』9号(和泉書院2001年6月19日[5000円])
作品論として長部日出雄「「道化の華」の現在性」、川崎和啓「「彼は昔の彼ならず」論」、細江光「「満願」論」、佐藤秀明「「デカダン抗議」の遊蕩 」、清水康次「「春の盗賊」論」、榊原理智「「古典風」論」、大本泉「「ろまん燈籠」論」、小田桐弘子「「恥」を読む」、松本常彦「卑屈ということ―「禁酒の心」―」、須田喜代次「「花吹雪」論」、モデル考証として小船井美那子・島田怜子「三鷹通信旧中鉢家―「朝」と「斜陽」と「グットバイ」と―」、回想記として石原明「義兄太宰治と姉美知子」、資料紹介として宮地弓子「「新ハムレツト」論―朗読劇「迎へ火」の典拠について― 」、山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー/一九九六〜一九九七」、作家論として相馬正一「葛西善三と太宰治」、作品評釈として山崎正純「「逆行」評釈(一)」、川崎和啓「「富嶽百景」評釈(三)」
『太宰治研究9号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の直筆詩兵庫にも
「金木で発見された太宰治直筆詩/兵庫にもコピー存在/でも前半と後半言葉が逆/太宰会会長「心の軌跡に関心」」(東奥日報朝刊2001年6月19日)
----------------------------------------------------------------------
佐藤泰正氏・太宰と漱石のこと
佐藤泰正「太宰治と漱石」(『佐藤泰正著作集2』翰林書房2001年6月14日[4800円]、297〜309ページ)
『佐藤泰正著作集2』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の思い出に関する対談
小野正文・伊奈かっぺい対談『太宰治之事』(おふいす・ぐう2001年6月13日[1143円])
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・桜桃忌のこと
相馬正一「桜桃忌の想い出/〈優しさ 〉という太宰文学の魅力」(毎日新聞夕刊2001年6月12日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の「眉山」・文庫に収録
太宰治「眉山」(『戦後短篇小説再発見1/青春の光と影』講談社文芸文庫2001年6月10日[950円])
『戦後短篇小説再発見1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の拓本と写真展
「小泊/太宰の拓本と写真展/「津軽」の像記念館」(東奥日報朝刊2001年6月7日)
※「太宰とたけ再会の道文学碑拓本と写真展」は2002年3月23日まで同館で開催
----------------------------------------------------------------------
野坂幸弘氏・「ロマネスク」のことなど
野坂幸弘「太宰治/都会と田舎」「話・咄・噺」「「ロマネスク」」「『津軽』の下絵」「『冬の花火』の行方」「『津軽通信』「庭」の背後」(『視角の螺旋/昭和文学私論』双文社出版2001年6月5日[2800円]、135〜202ページ)
『視角の螺旋』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『人間失格』のこと
小林広一「太宰治『人間失格』/心中に至った文学的営み」(『週刊朝日百科/世界の文学97』朝日新聞社2001年6月3日[560円]、202〜204ページ)
----------------------------------------------------------------------
「女生徒」をイメージ写真で構成
「文芸スタイルムービー/女生徒/原作・太宰治、主演・岡本綾」(『文芸レアグルーヴ』マーブルトロン2001年6月1日[1700円]、17〜24ページ)                 
『文芸レアグルーヴ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・教育TVで太宰のこと
猪瀬直樹「イメージリーダーの交代」「事件を起こす、素材を集める」「センセーショナルな死」(NHK人間講座テキスト『作家の誕生』2001年6月1日[560円]、80〜134ページ)
※再々放送は8月10日〜8月24日、詳細はこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
金木太宰会・文集などを発行
「金木太宰会が会誌など発行」(東奥日報朝刊2001年5月26日)
※問い合わせは同会事務局へ(電話0173−53−2849)
----------------------------------------------------------------------
太宰直筆の詩のこと
・「太宰直筆詩の原本見つかる/愛好会員町に寄贈/青森・金木」(河北新報朝刊2001年5月26日)
・「太宰直筆の詩金木町に寄贈/保管する会」(東奥日報朝刊2001年5月25日)
----------------------------------------------------------------------
安原顯氏・『ピカレスク』のこと
安原顯「こんな面白い評伝、読んだことがない/猪瀬直樹『ピカレスク 太宰治伝』」(『読書狂いもほどほどに』双葉社2001年5月25日[2000円]、191〜193ページ)
『読書狂いもほどほどに』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰直筆の詩見つかる
「太宰治直筆の詩・三十数年ぶり見つかる/金木・来月19日から展示/関係者「魂伝わるよう」」(東奥日報朝刊2001年5月23日)
----------------------------------------------------------------------
塚越和夫氏・太宰の作品のこと
塚越和夫「昭和十一年」「『鴎』論」「女の決闘」「「乞食学生」」「『新ハムレツト』」「浦島さん」「ロマンティシズム」「太宰治と神奈川その他」「太宰治に見る愛の表現」「」太宰治と聖書」(『無頼派とその周辺』葦真文社2001年5月16日[3800円]、73〜186ページ)
『無頼派とその周辺』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「如是我聞」について
「心の書/杉本誠(牧師)/『如是我聞』」(朝日新聞夕刊2001年5月7日)
----------------------------------------------------------------------
仁木久恵氏・『新ハムレツト』のこと
仁木久恵「『ハムレツト』の太宰化―『新ハムレツト』の人物像をめぐって―」(『漱石の留学とハムレツト』リーベル出版2001年4月31日[2500円]、208〜229ページ)
『漱石の留学とハムレツト』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
教育TVで太宰の死について
「ETV2001/太宰治・死を人質に生きた男」(NHK教育テレビ2001年4月25日(水)午後10時〜10時45分)
出演・猪瀬直樹
再放送2001年5月10日(木)深夜0時50分〜教育テレビ
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」作品論集刊行
山内祥史編『太宰治『走れメロス』作品論集』(クレス出版2001年4月25日[4800円])
荒正人「なにを・いかに読むか」、長谷川泉「「走れメロス」鑑賞」、井上正蔵「シラーと太宰治」、山下肇「太宰治「走れメロス」」、佐藤善也「走れメロス」、石野都子「『走れメロス』の発想」、小野正文「「走れメロス」の素材について」、江後寛士「「走れメロス」成立の背景」、東郷克美「「走れメロス」の文体」、国松昭「「走れメロス」の暗さについての一考察」、住吉勇「シラーと太宰治」、角田旅人「「走れメロス」材源考」、坂本道子「「ひと」を信頼できる人格」、九頭見和夫「太宰治のシラー受容」、松本武夫「太宰治「走れメロス」に於ける”路”」、鎌田広己「『走れメロス』試論」、山田有策「「主題」なるものへの反逆」、花山聡「『走れメロス』考」、戸松泉「走ることの意味」、渡部芳紀「「走れメロス」の魅力」、若杉俊明「疾走する激情と肉体」、杉田英明「「走れメロス」の伝承と地中海・中東世界」、相馬正一「虚構化された素材を読み解く」、濱森太郎「「走れメロス」の着想について」
『太宰治『走れメロス』作品論集』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
榊原理智氏・吉本隆明の太宰論に関して
榊原理智「〈 悲劇〉の生産/吉本隆明『悲劇の解読』における「太宰治」」(『吉本隆明が語る戦後55年(4)』三交社2001年4月25日[2000円]、105〜117ページ)
『吉本隆明が語る戦後55年(4)』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・『斜陽』のこと
吉本隆明「太宰治/『斜陽』」(『日本近代文学の名作』毎日新聞社2001年4月15日[1500円]、113〜119ページ)
『日本近代文学の名作』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の死について
中村苑子「さくらんぼの木の下で― 太宰治と私」(『俳句礼賛』富士見書房2001年4月10日[2400円]、25〜31ページ)
『俳句礼賛』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
BS2で作品『津軽』の旅
「名作をポケットに/太宰治・津軽」(NHK・BS−2、2001年4月8日(日)午前6時30分〜7時)
出演・立松和平
----------------------------------------------------------------------
太宰とキリスト教のこと
高田文彦「聖書と格闘してきた文学者―罪意識に悩みつづけた人、 太宰治」(『キリスト教ものしり人物伝』健友館2001年4月1日[700円]、103〜112ページ)
『キリスト教ものしり人物伝』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『解釈と鑑賞』太宰治を特集
『国文学・解釈と鑑賞』(至文堂)2001年4月号が「二十一世紀旗手・太宰治」を特集
渡部芳紀「文学アルバム太宰治」「太宰治文学散歩」、鳥居邦朗「前衛としての太宰治」、安藤宏「太宰治における”滅び”の力学/『斜陽』を中心に」、長谷川泉「太宰治と前代」、関口安義「太宰治と芥川龍之介」、竹内清己「太宰治と佐藤春夫」、高橋広満「太宰治と井伏鱒二」、木村友彦「太宰治と新感覚派」、武田勝彦「太宰治と西欧文学」、斎藤明美「太宰治の文体」、和田季絵「『道化の華』」、相馬正一「『葉』」、中村三春「『玩具』」、菅原洋一「『彼は昔の彼ならず』」、西田りか「『ロマネスク』」、千葉正昭「『ダス・ゲマイネ』」、大國眞希「『めくら草紙』」、志村有弘「『喝采』」、服部康喜「『狂言の神』」、高和政「『虚構の春』」、花田俊典「『創生記』」、金美亨「『二十世紀旗手』」、小野正文「紹介・弘前太宰治下宿保存会」、和田季絵「太宰治参考文献目録・1998年から」
----------------------------------------------------------------------
太宰治のH度を診断
「あの文豪たちの”H度診断”・太宰治/求められればいつでも応えてしまう(青紀妙沖氏による人相診断)」(『ダ・ヴィンチ』2001年4月号[450円]、21ページ)
他に谷崎潤一郎、川端康成、夏目漱石、宮澤賢治、サルトル。
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(10)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2001年春号、2001年4月1日)
----------------------------------------------------------------------
服部康喜著『太宰治論』刊行
服部康喜『終末への序章/太宰治論』(日本図書センター2001年3月30日[4800円])
『終末への序章』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
東郷克美著『太宰治という物語』刊行
東郷克美『太宰治という物語』(筑摩書房2001年3月30日[3800円])
『太宰治という物語』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
根岸泰子氏・『斜陽』のこと
根岸泰子「太宰治『斜陽』/その揺籃期の物語」(江種満子・井上理恵編『20世紀のベストセラーを読み解く』学芸書林2001年3月29日[2500円]、163〜189ページ) 
『20世紀のベストセラーを読み解く』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
陽羅義光氏・太宰の生涯と作品のこと
陽羅義光「太宰治再考」(『私の文芸論』図書刊行会2001年3月26日[2300円]、3〜77ページ)
『私の文芸論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
井伏鱒二・太宰に関する対談
井伏鱒二・伊馬春部「憎めない“演技の人”太宰治」(『井伏鱒二全対談(上)』筑摩書房2001年3月25日[4800円]、101〜112ページ)、井伏鱒二・河盛好蔵「わたしの交遊録―太宰治・三好達治のこと―」(同265〜281ページ)、井伏鱒二・長部日出雄「太宰治という人」(『井伏鱒二全対談(下)』筑摩書房2001年4月25日[4900円]、315〜323ページ)
『井伏鱒二全対談(上)』 amazonはこちら

『井伏鱒二全対談(下)』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
花田俊典著『太宰治のレクチュール』刊行
花田俊典『太宰治のレクチェール』(双文社2001年3月10日[5600円])
※「思ひ出」「魚服記」「東京八景」「カチカチ山」に注釈をほどこしたもの
『太宰治のレクチュール』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
柳美里氏・「もの思う葦」のことなど
柳美里「私にとっての聖書/太宰治『もの思う葦』」(『言葉は静かに踊る』新朝社2001年3月5日[1400円]、215〜220ページ)、ほかに太宰と色川武大とのことに触れた「孤絶と愛/色川武大」(同174〜178ページ)、太宰と中島みゆきとのことに触れた「読むラジオ/中島みゆき『ジャパニーズ・スマイル』」(同191〜195ページ)
『言葉は静かに踊る』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
加藤登紀子氏・『晩年』について
「人に本あり/歌手加藤登紀子さん/太宰治「晩年」/一行に込めた人生・歌作りの原点に」(読売新聞朝刊2001年3月4日)
----------------------------------------------------------------------
鈴木京香さん・「皮膚と心」のこと
スタジオ・インタビュー鈴木京香「”太宰の頃”の女の人は、してもらって当然と思っていない。そこが、かわいいと思う。」(『ダ・ヴィンチ』2001年3月号[450円]、8〜9ページ)
----------------------------------------------------------------------
小松健一氏・斜陽館のこと
小松健一「太宰治記念館「斜陽館」/青森金木」(『作家の風景/文学館をめぐる―1』白石書店2001年2月26日[1886円]、22〜31ページ)
『作家の風景』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
内田康夫氏・太宰の故郷を訪ねる旅
内田康夫「悲劇の作家・太宰治とリンゴの故郷/津軽半島・津軽平野の巻」(『名探偵浅見光彦のニッポン不思議(ミステリアス)紀行』学習研究社2001年2月26日[1500円]、89〜98ページ)
『名探偵浅見光彦のニッポン不思議(ミステリアス)紀行』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
木村小夜著『太宰治翻案作品論』刊行
木村小夜『太宰治翻案作品論』(和泉書院2001年2月25日[4800円])
※「女の決闘」「新釈諸国噺」「お伽草紙」論
『太宰治翻案作品論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰が使用していた万年筆のこと
中園宏「作家と萬年筆/太宰治―ウォール・エバーシャープ」(『世界の萬年筆』里文出版2001年2月15日[3400円]、66ページ)
『世界の萬年筆』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『斜陽』ゆかりの地に関して
「名作散歩/太宰治著・斜陽/小田原市・沼津市/没落貴族の退廃を自己投影」(東京新聞朝刊2001年2月11日)
----------------------------------------------------------------------
佐藤清彦氏・太宰の死について
佐藤清彦「虚構の愛に溺れた太宰治の死」(『にっぽん心中考』文春文庫2001年2月10日[590円]、186〜202ページ)
『にっぽん心中考』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
山内祥史氏・「地球図」のことなど
山内祥史「太宰治「地球図」」(『日本現代文学考』双文社2001年2月9日[2600円]、24〜70ページ)、「太宰治全集未収書簡」(同120〜133ページ)、「神谷忠孝・安藤宏編『太宰治全作品研究事典』」(同140〜142ページ)、「太宰治研究回想記」(同192〜202ページ)
『日本現代文学考』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰を訪問したときのことなど
菊川享「私の戦後文学史」(菊川妙子編『菊川享・夢の見すぎ』風媒社2001年2月5日[3000円]、279〜282ページ)
『菊川享・夢の見すぎ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』の書評
斎藤美奈子「師・井伏との確執を新視点から問題提起」(朝日新聞朝刊2001年2月4日)
----------------------------------------------------------------------
泉麻人氏・津軽バスの旅
泉麻人「津軽紀行/イカと太宰と温泉と」(『バスで、田舎へ行く』JTB2001年2月1日[1500円]、38〜48ページ)
『バスで、田舎へ行く』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治への井伏鱒二の弔辞
特集「弔辞/鮮やかな人生に鮮やかな言葉/全文収録60人」(『文藝春秋』2001年2月号[690円]、347〜348ページ)に、「太宰治へ・私の愚かであつたために・井伏鱒二」が収録される。
----------------------------------------------------------------------
桂英澄氏が死去(82歳)
「京大在学中から太宰治に師事。著書に『太宰治と津軽路』など。」(東京新聞朝刊2001年1月29日、記事より)
----------------------------------------------------------------------
松丸春生氏・「走れメロス」の朗読について
松丸春生「小説を朗読する/太宰治「走れメロス」」(『朗読 声の贈りもの』平凡社新書2001年1月22日[940円]、118〜144ページ)
『朗読 声の贈りもの』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
水原紫苑氏・『斜陽』について
水原紫苑(歌人)「心の書/『斜陽』」(朝日新聞夕刊2001年1月22日)
----------------------------------------------------------------------
佐々木幹郎氏・太宰に関して
佐々木幹郎「もっと悪人におなり/太宰治1」「生れて、すみません。/太宰治2」「生きてゐさへすれば/太宰治と中原中也」(『自転車乗りの夢』五柳書院2001年1月15日[2500円]、240〜273ページ)
『自転車乗りの夢』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『人間失格』CDに
『人間失格(上・下)』(新潮CD2001年1月[各3000円])
朗読・仲代達矢
『人間失格CD』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治の作品の音訳がネットで
「ネット使い活動いろいろ/本・雑誌の朗読音声配信や募金…/ボランティアもIT化」(読売新聞朝刊2001年1月11日)に、音声データの配信サイト「声の花束」が紹介される。同サイトの「こえたば―Book」のページには、太宰の「桜桃」「お伽草紙」「新釈諸国噺」「富嶽百景」の音訳が収録されている。
----------------------------------------------------------------------
酒井隆之氏・太宰治論(150枚)
酒井隆之「最も迅く、薄明を走るといふこと―太宰治の大東亜戦争」(『新潮』2001年1月号[1000円]、342〜384ページ)
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『ピカレスク/太宰治伝』の書評
谷沢永一「炯眼と考証で明かす太宰自殺と井伏悪人説」(『文學界』2001年1月号)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(9)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』2001年冬号、2001年1月1日)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ