太宰治に関する情報2002年 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2002年


太宰の食について
「太宰治/食事が恥だった破滅派の酒とめし」(達人倶楽部編著『達人たちの悦楽/食ふ』ワンツーマガジン社2002年12月25日[1300円]、71〜88ページ)
『達人たちの悦楽』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『國文學』12月号が太宰特集
『國文學・解釈と教材の研究』2002年12月号(學燈社[1100円])
安藤宏「検証・太宰治の昭和二十三年」、坪井秀人「語る女たちに耳傾けて/太宰治・女性独白体の再検討」、紅野謙介「難民の記憶/戦争を生きる太宰治」、柴田勝二「〈貴族〉としての〈天皇 〉/『斜陽』と『サド侯爵夫人』」、中村三春「太宰治の引用とパロディ」、鈴木直子「太宰治とジェンダー/流通する女性身体と〈戦後〉」、藤井省三「太宰治の『惜別』と竹内好の『魯迅』」、榊原理智「「虚構の春」/手紙と小説の間」、安藤恭子「「女の決闘」/メタフィクションの憂鬱」、木村小夜「「右大臣実朝」/近習と公暁」、山崎正純「「斜陽」/敗戦後思想と〈革命〉のエスキス」、勝原晴希「「人間失格」/地上の聖性」、山内祥史「太宰治受容史1933〜1953」、東郷克美「同1954〜1969」、花田俊典「同1970〜1989」、細谷博「同1990〜2002」、安藤宏編「メディアから見た太宰治」、[太宰治資料室]日本近代文学館(鎌田和也)、神奈川近代文学館(安藤和重)、山梨県立文学館(折居篤)、青森県近代文学館(斎藤三千政)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『太宰治伝』に大仏賞
「長部日出雄氏/『桜桃とキリスト・もう一つの太宰治伝』/半生かけ念願の作・夫人の役割にも光/第29回大仏次郎賞・人と作品」(朝日新聞朝刊2002年12月19日)
※選評は養老孟司、富岡多恵子、奥本大三郎、井上ひさし、池内紀の各氏
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」のこと
安野光雅「時のかたち/「メロス」の問題」(朝日新聞夕刊2002年12月17日)
----------------------------------------------------------------------
太宰と家紋こと
楠戸義昭「家紋にこだわった太宰治」(『日本人の心がみえる 家紋』毎日新聞社2002年12月15日[1500円]、8〜10ページ)
『日本人の心がみえる家紋』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『斜陽』のこと
中村明「ひらりと一さじ/太宰治『斜陽』」(『手で書き写したい名文』角川書店2002年12月5日[1400円]、43〜46ページ)
『手で書き写したい名文』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『斜陽』の敬語について
萩野貞樹「『斜陽』の敬語」(『敬語のイロハ教えます』リヨン社2002年12月5日[1500円]、136〜143ページ)
『敬語のイロハ教えます』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安藤宏著『太宰治』の書評
富岡幸一郎「新しい太宰評価示す/安藤宏著「太宰治・弱さを演じるということ」」(東奥日報夕刊2002年11月26日)
----------------------------------------------------------------------
太宰に関する記念館のこと
金木町太宰治記念館「斜陽館」(『新訂人物記念館事典/1文学・歴史編』日外アソシエーツ2002年11月25日[9500円]、27〜28ページ)、小説「津軽」の像記念館(同29〜30ページ)
『新訂人物記念館事典』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
南博氏太宰の好奇心のこと
南博「人間ぐるい・太宰治」(『南博セレクション3』勁草書房2002年11月20日[14000円]、286〜291ページ)
『南博セレクション3』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰作品の感想文のこと
「太宰作品読書感想文作文の入賞者を表彰/金木/町太宰会」(東奥日報朝刊2002年11月9日)
----------------------------------------------------------------------
木造町で『津軽』のポプラ並木復活へ
「太宰治「津軽」のポプラ並木復活へ/木造/町緑化推進委・苗木植樹成長心待ち/「新たな観光資源に」」(東奥日報朝刊2002年11月6日)
----------------------------------------------------------------------
太宰と死に関して
中島信文「日本近代文学「死の系譜」と太宰治の情死事件」(『日本近代文学「死の系譜」』三想社2002年11月1日[2500円]、63〜115ページ)
『日本近代文学「死の系譜』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
高田宏氏・『津軽』のこと
高田宏「野生の魂/太宰治『津軽』」(『北国のこころ』NHK出版2002年10月25日[1500円]、79〜86ページ)  
『北国のこころ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と聖書について
シンポジウム「太宰治と聖書」(佐藤泰正編『佐藤泰正著作集別巻』翰林書房2002年10月22日[3800円]、135〜168ページ)
※シンポジウム出席者:饗庭孝男、桶谷秀昭、武田友寿、吉本隆明、佐藤泰正
『佐藤泰正著作集別巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安藤宏著『太宰治』刊行
安藤宏『太宰治/弱さを演じるということ』(ちくま新書2002年10月20日[700円])
『太宰治』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
林真理子氏・『斜陽』のこと
林真理子「「斜陽」太宰治」(『20代に読みたい名作』文芸春秋2002年10月15日[1190円]、27〜30ページ)
『20代に読みたい名作』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
渡辺淳一氏・太宰の手紙について
渡辺淳一「太宰治から太田静子への手紙」(『キッス キッス キッス』小学館2002年10月10日[1500円]、249〜267ページ)
『キッスキッスキッス』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長野隆太宰治記念館のことなど
長野隆「太宰治に何を視るか/饗庭孝男氏講演に期待するもの」(『長野隆著作集第3巻』和泉書院2002年10月10日[3000円]、37〜38ページ)、「太宰治/その〈かたり〉の行き着くところ 」(同66〜93ページ)、「太宰治と津軽」(同126〜127ページ)、「太宰治記念館開設にともなう「太宰治研究会」設立の夢」(同138〜139ページ)、「太宰治に学ぶ私小説の書き方 」(同140〜145ページ)
『長野隆著作集第3巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長野隆『津軽』論など
長野隆「太宰治『津軽』論」、「死を賭けた“言葉”の虚構」、「〈かたり〉をめぐる太宰治論、等々」、「太宰治における外国文学」、「『津軽』」、「『庭』」、「太宰治警句解説」 (『長野隆著作集第2巻』和泉書院2002年9月30日[4000円]、184〜223ページ)
『長野隆著作集第2巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
松本道介氏・『人間失格』のこと
松本道介「作家と年齢/『人間失格』」(『午睡のあとで』藤原書店2002年9月30日[1800円]、134〜135ページ)
『午睡のあとで』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と佐藤春夫のこと
半田美永「佐藤春夫「芥川賞」の意味/触発する太宰治」(『佐藤春夫研究』双文社出版2002年9月25日[6800円]、21〜45ページ)、「佐藤春夫と太宰治」(同65〜76ページ)
『佐藤春夫研究』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
弘高時代の下宿保存へ
「「太宰の下宿」保存へ/県有地の提供案受け/弘前市、前向き姿勢」(東奥日報朝刊2002年9月21日)
----------------------------------------------------------------------
志賀直哉・太宰の死について
志賀直哉「太宰治の死」(『随筆 衣食住』三月書房2002年8月25日[2200円]、173〜184ページ)
『随筆衣食住』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治のヒット要因について
村山涼一「死後54年。なぜ今も、みんな太宰を読みたくなるのか?」(『ダカーポ』2002年8月21日号、36〜39ページ)
※全文がこちらで読めます。
----------------------------------------------------------------------
来年度の高校国語教科書・太宰作品が採用数2位に
「教科書から消える文豪/高校用は鴎外ゼロ 女性作家台頭/文学より文章教育に」(朝日新聞朝刊2002年8月20日)
※2003年度「高校国語総合」ベスト5(10社20冊) [1位]芥川龍之介20(羅生門20)、[2位]太宰治8(富嶽百景3/津軽2/清貧譚2)、[3位]志賀直哉5(清兵衛と瓢箪3/城の崎にて2)、[4位]宮沢賢治5(なめとこ山の熊2)、[5位]鷺沢萌4(指3)
----------------------------------------------------------------------
太宰の作品中の言葉について
佐藤勝『日本人が忘れてしまった美しい日本語』(主婦と生活社2002年8月19日[1300円])
※太宰の作品から、心趣、気保養、驥尾など12の言葉と、その作品の紹介。
『日本人が忘れてしまった美しい日本語』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
斜陽館のこと
「文学館への招待(55)/スター太宰を生んだ豪邸/斜陽館」(東京新聞夕刊2002年8月3日)
----------------------------------------------------------------------
ベストセラーとしての『斜陽』のこと
塩澤実信「[昭和23年]発刊の半年後情死というスキャンダルに増幅される/太宰治『斜陽』」(『定本ベストセラー昭和史』展望社2002年7月29日[2200円]、111〜113ページ)
『定本ベストセラー昭和史』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰役の河村隆一のこと
「芸能ストリート/初主演映画で太宰治役/河村隆一が青森訪れPR/「ピカレスク―人間失格」」(東奥日報夕刊2002年7月29日)
※映画『ピカレスク/人間失格』のことはこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
梶原悌子著『玉川上水情死行』の書評
神谷忠孝「山崎富栄の名誉回復をはかる/彼女を姉として親しんだ著者が描く実像/梶原悌子著『玉川上水情死行/太宰治の死につきそった女』」(週刊読書人2002年7月19日)
----------------------------------------------------------------------
綿矢りさ氏・夏休みに読む本に『人間失格』を推薦
「本よみうり堂/ジュニア館/夏休みに何を読む!?/綿矢りささん/「9月0日大冒険」「人間失格」「流しのしたの骨」/不思議世界への扉開こう」(読売新聞夕刊2002年7月13日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治に聞く』が文庫に
井上ひさし・こまつ座編『太宰治に聞く』(文春文庫2002年7月10日[590円])
『太宰治に聞く』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安野光雅氏・「走れメロス」のこと
・「安野光雅の文字パレット17/「走れメロス」(9・最終回)」(東京新聞夕刊2002年7月19日)
・「安野光雅の文字パレット16/「走れメロス」(8)」(東京新聞夕刊2002年7月18日)
・「安野光雅の文字パレット15/「走れメロス」(7)」(東京新聞夕刊2002年7月17日)
・「安野光雅の文字パレット14/「走れメロス」(6)」(東京新聞夕刊2002年7月16日)
・「安野光雅の文字パレット13/「走れメロス」(5)」(東京新聞夕刊2002年7月15日)
・「安野光雅の文字パレット12/「走れメロス」(4)」(東京新聞夕刊2002年7月13日)
・「安野光雅の文字パレット11/「走れメロス」(3)」(東京新聞夕刊2002年7月12日)
・「安野光雅の文字パレット10/「走れメロス」(2)」(東京新聞夕刊2002年7月11日)
・「安野光雅の文字パレット9/「走れメロス」(1)」(東京新聞夕刊2002年7月10日)
----------------------------------------------------------------------
小説『津軽』ゆかりの深浦に文学ギャラリー
「歴史と文化の町づくり4/深浦・門前町復活構想/太宰ゆかりの部屋再現/文学の拠点」(東奥日報朝刊2002年7月5日)
----------------------------------------------------------------------
重松清著「桜桃忌の恋人」が文庫に
重松清「桜桃忌の恋人」(『日曜日の夕刊』新潮文庫2002年7月1日[629円]、77〜114ページ)
『日曜日の夕刊』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
嵐山光三郎氏・太宰の追悼文に関して
嵐山光三郎「太宰治/若年にして晩年」(『追悼の達人』新潮文庫2002年7月1日[819円]、446〜457ページ)
『追悼の達人』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「花火」のこと
安藤宏「「一般家庭人ニ対シ悪影響」/太宰治『花火』」(『國文學・解釈と教材の研究/特集=発禁・近代文学誌』學燈社2002年7月臨時増刊号[1370円]、106〜110ページ)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏対談・太宰の現代性について
山根基世・長部日出雄対談「今なお人気おとろえず!/太宰治の現代性」(『オール読物』2002年7月号[840円]、102〜111ページ)
----------------------------------------------------------------------
弘高時代の太宰の下宿保存へ
「保存法本年度中に結論/弘前・太宰治が下宿した民家/「県が方針」要望団体報告」(東奥日報朝刊2002年6月30日)
----------------------------------------------------------------------
『正義と微笑』のことなど
高橋英司「太宰治への手紙」(『高橋英司詩集』土曜美術社出版販売2002年6月20日[1400円]、126〜131ページ)
『高橋英司詩集』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
高橋源一郎氏・太宰の作品のことなど
高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』(岩波新書2002年6月20日[700円]、114〜120ページ、128〜132ページ)
『一億三千万人のための小説教室』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
金木で生誕祭
「太宰治をしのんで…/ファンら集い生誕祭/金木」(東奥日報朝刊2002年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』10号発行
『太宰治研究』10号(和泉書院2002年6月19日[4500円])
和田 季絵「「最後の太閤」論」、吉岡 真緒「太宰治「虚勢」論」、青木 京子「「角力」論」、永吉 寿子「「犠牲」小論」、米田 知世「「地図」論」、万所 志保「「負けぎらひト敗北ト」」、洞口 薫子「「私のシゴト」論」、森本 宏美「「針医の圭樹」論」、石原 みずき「「瘤」論」、北川 秀人「「将軍」論」、岩田 恵子「「哄笑に至る」」、阿部 則子「「口紅」論」、小林 幹也「「モナコ小景」論」、高橋 恵利子「太宰治「怪談」小考」、大平 剛「「名君」論」、寺田 達也「習作「長篇小説無間奈落」論」、大国 真希「「彼等と其のいとしき母」論」、鴇田 亨「「此の夫婦」論」、住吉 直子「「掌篇鈴打」論」、権田 和士「「哀蚊」とその自作引用をめぐって」、坂元 昌樹「太宰治「虎徹宵話」試論」、松村 まき「「花火」論」、高橋 秀太郎「「いいか、私はこんな男なのだ」」、宮崎 靖士「「学生群」論」、長野 秀樹「「水仙」論」、米田 省三「太宰治全集未収書簡」、山内 祥史「太宰治ビブリオグラフィー」、野平 健一「太宰・井伏の食い違い」
『太宰治研究10号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
桜桃忌・生誕祭のこと
「憂楽帳/生誕祭」(毎日新聞夕刊2002年6月18日)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』のこと
「本よみうり堂/今週の赤マル/桜桃とキリスト・長部日出雄著」(読売新聞朝刊2002年6月16日)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』の書評
丹野達弥「長部日出雄『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』/午前9時から午後3時までの太宰」(『文学界』2002年6月号[950円]、360〜362ページ)
----------------------------------------------------------------------
梶原悌子著『玉川上水情死行』刊行
梶原悌子『玉川上水情死行/太宰治の死につきそった女』(作品社2002年5月25日[1600円])
『玉川上水情死行』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「饗応夫人」のこと
斉藤孝「わかっちゃいるけどやめられない/饗応夫人・太宰治」(『人間劇場』新潮社2002年5月25日[1300円]、256〜269ページ、277〜278ページ)
『人間劇場』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
教科書に掲載の太宰の作品など
「全調査/中学「国語」教科書掲載作品一覧」(『文学界』2002年5月号[900円]、131〜133ページ)、「全調査/高校「国語」教科書掲載作品一覧」(同169〜198ページ)
※中学では「走れメロス」が、東京書籍、学校図書、三省堂、教育出版、光村図書の教科書に掲載。高校では「富嶽百景」が、日本書籍、東京書籍、学校図書、三省堂、教育出版、明治書院、旺文社、尚学図書、第一学習社、桐原書院の教科書に、「清貧譚」が東京書籍、三省堂の教科書に、「猿ケ島」「待つ」が三省堂の教科書に、「ロマネスク」が教育出版の教科書に、「津軽」が大修館、第一学習社の教科書に、「雪の夜の話」が明治書院の教科書に、「水仙」が筑摩書房の教科書に、[はがきと手紙]が旺文社の教科書に掲載されている。
----------------------------------------------------------------------
太宰とバー「ルパン」のことなど
「文士の散歩みち7/銀座」(『文芸春秋』2002年5月号[710円])
----------------------------------------------------------------------
太宰と日本浪曼派のこと
和田季絵「太宰治」(『国文学・解釈と鑑賞/特集=日本浪曼派とその周辺』至文堂2002年5月号[1300円]、141〜147ページ)、金美亨「『道化の華』の構成」(同148〜154ページ)
----------------------------------------------------------------------
理想の教科書に「走れメロス」
斉藤孝「太宰治『走れメロス』」(『理想の国語教科書』文芸春秋社2002年4月30日[1238円]、105〜125ページ)
『理想の国語教科書』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『終末への序章―太宰治論』の書評
花田俊典「新刊紹介/服部康喜著『終末への序章―太宰治論』」(『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2002年4月号[1300円]、176ページ)
----------------------------------------------------------------------
作品と原著作物との関係について
竹山哲「太宰治『虚構の春』『女生徒』『斜陽』」(『現代日本文学「盗作疑惑」の研究』PHP研究所2002年4月30日[1500円]、191〜218ページ)
『現代日本文学「盗作疑惑」の研究』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
入試問題になった「角力」のこと
石原千秋「兄弟関係はあたかも角力だ/太宰治『角力』」(『小説入門のための高校入試国語』NHKブックス2002年4月25日[1070円]、137〜148ページ)
『小説入門のための高校入試国語』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
島田雅彦氏・『斜陽』のこと
島田雅彦「太宰治『斜陽』」(柄谷行人、浅田彰他著『必読書150』太田出版2002年4月21日[1200円]、178ページ) 
『必読書150』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の印象など
土屋嘉男「井伏のおじさんの宿題」(『魚はゆらゆらと空を見る/釣りバカ放浪記』新潮社2002年4月20日[1300円]、16〜25ページ)
※少年時代に御坂峠の天下茶屋で会った太宰の印象、大学生時代に甲府に疎開していた太宰と再会した思い出など。
『魚はゆらゆらと空を見る』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰から山崎富栄への手紙
「太宰治から山崎富栄へ(昭和22年12月)」(日本近代文学館編『愛の手紙/文学者の様々な愛のかたち』青土社2002年4月20日[2200円]、73〜75ページ)
※「全集未収録」とあります。
『愛の手紙』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
五木寛之氏・津軽のこと
五木寛之「根の国紀行―太宰の津軽と私の津軽」(『五木寛之全紀行5/金沢はいまも雪か』東京書籍2002年4月15日[2100円]、352〜371ページ)
『五木寛之全紀行5』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と桜のこと
「憂楽帳/太宰治と桜」(毎日新聞夕刊2002年4月12日)
----------------------------------------------------------------------
太宰と女たちをマンガで
斉藤なずな「傷にしてナイフ―太宰治をめぐる女たち」(『千年の夢/文人たちの愛と死(下)』小学館文庫2002年4月1日[657円]、213〜260ページ)
『千年の夢』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『桜桃とキリスト』のことなど
長部日出雄・相馬正一対談「太宰治の魅力とは何か」(『本の話』文芸春秋2002年4月号、28〜39ページ)
こちらで全文が読めます。
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』刊行
長部日出雄『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』(文藝春秋2002年3月30日[2190円])
※『別冊文藝春秋』1999年冬号〜2001年夏号に連載されたものに約400枚加筆
『桜桃とキリスト』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と運命について
森田喜郎「太宰治にみられる「運命」の諸相」(『文学にみられる「運命」の諸相』勉誠出版2002年3月25日[20000円]、307〜420ページ)
『文学にみられる「運命」の諸相』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の弘高時代の下宿について
「太宰治の下宿/保存へ本格協議開始/弘前市教委と県/移築・補償方法探る」(東奥日報朝刊2002年3月20日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の作品の女性像について
青柳亨「太宰治/堕ちた偶像」(『文学碑のなかの人生と愛』西田書店2002年3月18日[2200円]、21〜87ページ)
『文学碑のなかの人生と愛』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『人間失格』について
佐々木卓司「太宰治『人間失格』」(花田春兆編『日本文学のなかの障害者像』明石書店2002年3月11日[3800円]、180〜184ページ)
『日本文学のなかの障害者像』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
青森県が太宰観光ガイドブックを発行
『太宰への道/旅と文学の二重奏』(青森県文化観光推進課2002年3月)
※くわしくはこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
池内紀氏・太宰の心中のこと
池内紀「名人さがし(3)心中― 太宰治」(『青春と読書』集英社2002年3月号、44〜48ページ)
----------------------------------------------------------------------
五木寛之氏など・太宰のこと
五木寛之・斎藤愼爾「太宰治(一)(二)」(『漂泊者のノート』法研2002年2月25日[1500円]、42、191ページ)
『漂泊者のノート』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治作「新ハムレット」の公演
「シェークスピア・太宰治/2つのハムレット劇/紀伊国屋演劇賞受賞吉田鋼太郎/「長ぜりふ、カーッと燃える」」(読売新聞夕刊2002年1月30日)
※太宰治作「新ハムレット」は新大久保の東京グローブ座で、2月13日〜17日に上演されます。詳しくはこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
太宰の作品「故郷」がセンター試験の問題に
2002年大学入試センター試験の国語1・2の第2問に、太宰の小説「故郷」が採り上げられた。(新聞各紙朝刊2002年1月21日)
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」の舞台のこと
「名作散歩/太宰治著・富嶽百景/名峰に屈折した思い寄せ/山梨県河口湖町」(東京新聞朝刊サンディー版2002年1月13日)
----------------------------------------------------------------------
斎藤愼爾氏・井伏鱒二『太宰治』などの書評
斎藤愼爾「美しき邂逅と遍歴をめぐって/井伏鱒二著『太宰治』、野々上慶一著『高級な友情』」(『読書という迷宮』小学館2002年1月1日[1900円]、8〜13ページ)、「詩精神を内包した新しい伝記文学の誕生/長部日出雄著『辻音楽師の唄―もう一つの太宰治伝』」同230〜235ページ)
『読書という迷宮』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の遺書
「創刊80周年特別企画/遺書80人の魂の記録/小説を書くのが嫌になったのです・太宰治」(『文芸春秋』2002年1月号[730円]、324ページ)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ