太宰治に関する情報2003年 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2003年


「お伽草紙」の中の昔話は太宰の創作
「「お伽草紙」中の昔話/絵本からの引用説誤り/太宰がすべて創作/長部日出雄氏・独自の論考」(東奥日報朝刊2003年12月17日)
※『太宰治・原稿「お伽草紙」と書簡』(青森県近代文学館刊)の、長部氏の解説に関する記事です。
----------------------------------------------------------------------
梶原宣俊著『太宰治の思想』刊行
梶原宣俊『選ばれし者の悲哀とリリシズム/太宰治の思想』(文芸社2003年12月15日[1300円])
『太宰治の思想』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「美少女」「女の決闘」のこと
中山和子「太宰治「美少女」と「女の決闘」」(『漱石・女性・ジェンダー/中山和子コレクション1』翰林書房2003年12月12日[5000円] 、296〜306ページ)
『中山和子コレクション1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
佐藤泰正氏・『人間失格』のことなど
佐藤泰正「 『人間失格』再読」(『佐藤泰正著作集12』翰林書房2003年12月12日[3800円]、291〜307ページ)、「戦時下の太宰・一面」(同308〜322ページ)、「文林逍遥32/太宰治」(同568〜569ページ)
『佐藤泰正著作集12』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏など・太宰のこと
長部日出雄、野原一夫、井上ひさし、小森陽一「太宰治/「メタフィクション」の劇場人」(『座談会昭和文学史/第3巻』集英社2003年11月30日[ 3400円]、345〜463ページ)
『座談会昭和文学史/第3巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の俳句について
松原珀子「太宰治/古池や…無類なり」(『文人俳句の系譜』日本文学館2003年11月15日[1200円]、134〜139ページ)
『文人俳句の系譜』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
金木で太宰文学感想文朗読会
「『太宰の作品 すごい』/小・中・高校生が感想文朗読会/父母らの前で堂々と/金木」(東奥日報朝刊2003年11月8日)
----------------------------------------------------------------------
『お伽草紙』の写真版原稿刊行
『太宰治・原稿『お伽草紙』と書簡』(青森県近代文学館2003年10月31日[1200円])
解説・長部日出雄「『お伽草紙』の詩と真実」
----------------------------------------------------------------------
太宰とフランスの関係について
ディディエ・シッシュ「太宰治とフランス」(三浦信孝編著『 フランスの誘惑・日本の誘惑』中央大学出版部2003年10月25日[2100円]、137〜163ページ)
『フランスの誘惑・日本の誘惑』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『津軽』のこと
米山俊直×樺山紘一「太宰治『津軽』」(高田宏編『対話「東北」論』刀水書房2003年10月16日[2200円]、165〜182ページ)
『対話「東北」論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
桶谷秀昭著『昭和精神史』・太宰のこと
桶谷秀昭『昭和精神史/戦後篇』(文春文庫2003年10月10日[867円]、 14、44、243〜247ページ)
『昭和精神史』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
遠藤祐著『太宰治の〈物語〉』刊行
遠藤祐『太宰治の〈物語〉』(翰林書房2003年10月10日[3800円])
『太宰治の〈物語〉』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰に関する私設文学館
「太宰研究の知識 広く伝えたい/元教師・市川さん/焼山に私設文学館/2000冊所蔵 来館者に講話/十和田湖」(東奥日報朝刊2003年10月 2日)
----------------------------------------------------------------------
『津軽』の文庫解説文について
饗庭孝男「太宰治『津軽』講談社文庫」(斎藤愼爾編『永遠の文庫〈解説〉傑作選』メタローグ2003年10月1日[2000円]、126〜135ページ)
『永遠の文庫〈解説〉傑作選』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の新発見小説を全文掲載
「太宰治“発見”された十九歳の自画像/「彼(作者名・比賀志英郎)」全文掲載」(『新潮』2003年9月号、148〜157ページ)
※相馬正一「太宰治・十九歳の習作「彼」の検証」(同158〜168ページ)
----------------------------------------------------------------------
秋山駿氏・吉祥寺で見かけた太宰のことなど
秋山駿「わが街わが友(3)/文学の真のエキス吸収/吉祥寺」(東京新聞朝刊2003年9月9日)
----------------------------------------------------------------------
安藤宏著『太宰治』の書評
木村小夜「安藤宏著『太宰治/弱さを演じるということ』」(『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2003年8月号、230ページ)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・太宰と志賀直哉のこと
相馬正一「志賀直哉と太宰治/「如是我聞」と「和解」」(『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2003年8月号、76〜82ページ)
----------------------------------------------------------------------
『晩年』の文庫解説文について
小山清「太宰治『晩年』角川文庫」(斎藤愼爾編『永遠の文庫〈解説〉名作選』メタローグ2003年8月20日[2000円]、33〜38ページ)
『永遠の文庫〈解説〉名作選』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「逆行」のことなど
浅田玲子「蝶に魅せられて(5)/太宰治と蝶蝶/頽廃と絶望の世界」(東奥日報夕刊2003年8月14日)
----------------------------------------------------------------------
新発見の太宰の短編について
「文化という劇場/道化と自負に揺れる太宰治19歳の自画像/(重里徹也)」(毎日新聞朝刊2003年8月10日)
----------------------------------------------------------------------
太宰とサッカーのこと
矢島裕紀彦「太宰治とサッカー」(『鉄棒する漱石、ハイジャンプの安吾』NHK生活人新書2003年8月10日[680円]、187〜193ページ)
『鉄棒する漱石ハイジャンプの安吾』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の故郷・金木への旅を描く
小山栄雅「新涼」(『春惜しむ/短編小説集』ノンブル2003年8月8日[1890円]、7〜78ページ)
『春惜しむ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
金木の旅のこと
大原利雄「津軽鉄道と金木温泉(青森県)/太宰治のふるさとを訪ねる奥津軽の旅」(『小さな鉄道 小さな温泉』小学館文庫2003年8月1日[733円]、8〜15ページ)
『小さな鉄道小さな温泉』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
檀一雄著『太宰と安吾』の書評 
千葉一幹「「太宰と安吾」檀一雄/文学の在処」(『文学界』2003年7月号、292〜294ページ)
----------------------------------------------------------------------
『新ハムレツト』について
水崎野里子「太宰治とシェイクスピア/『新ハムレツト』をめぐって」(『日本近代文学とシェイクスピア』日本図書センター2003年7月25日[2600円]、38〜50ページ)
『日本近代文学とシェイクスピア』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰など東北出身の文学者について
芝田啓治『じょっぱり/啄木・賢治・太宰』東京図書出版会2003年7月23日[1300円])
『じょっぱり』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安岡章太郎氏・生家の金木のことなど
安岡章太郎「暗さのなかの明るさ/弘前」(『晴れた空 曇った顔/私の文学散歩』幻戯書房2003年7月10日[2500円]、19〜33ページ)
『晴れた空曇った顔』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰に関する短歌を収録
泉谷栄「金木」(『歌集 津軽夏旅』ふらんす堂2003年7月7日[2205円]、69〜95ページ)
『歌集 津軽夏旅』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の短編小説を新たに確認
「太宰治19歳の作品、発見/短編「彼」 友人の名で自己像描く/シニカルな心境うかがわせ」(毎日新聞夕刊2003年7月2日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の鬱について
柏瀬宏隆「文学者と「鬱」/太宰治」(『鬱力』集英社インターナショナル2003年6月30日[1700円]、154〜166ページ)
『鬱力』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
美知子夫人のこと
長部日出雄「太宰治の「妻」」(日本文芸家協会編『花祭りとバーミヤンの大仏』光村図書出版2003年6月30日[2100円] 、238〜241ページ)
『花祭りとバーミヤンの大仏』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰の短編小説を新たに確認
・「太宰治、若き日の短編/苦悩を別人名でシニカルに/専門家が検証、確認」(朝日新聞朝刊2003年6月28日)
・「『比賀志英郎』短編は若き太宰の作だった/文体酷似、研究者が検証」(東京新聞朝刊2003年6月29日)
----------------------------------------------------------------------
太宰ゆかりの津軽の旅
「こだわりの旅/太宰ゆかりの地を訪ね/格式高い豪邸…風情ある列車/青森・津軽半島」(産経新聞2003年6月27日)
----------------------------------------------------------------------
『津軽』紀行のこと
小松健一「津軽/本州の袋小路―太宰治」(『カメラ紀行/文学の風景をゆく』PHPエル新書2003年6月23日[950円]、41〜43ページ)
『カメラ紀行』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
生家での最後の饗宴を再現など
・「太宰が味わった膳 再現/斜陽館さいごの饗宴/生誕祭に彩り添える/金木」(東奥日報朝刊2003年6月19日)
・「「太宰」談義に花咲かせ/五所川原と埼玉の読書会/生誕記念し交流会」(東奥日報朝刊2003年6月22日)
----------------------------------------------------------------------
金木で生誕祭
「在りし日を思い/200人集い太宰治生誕祭/金木」(東奥日報朝刊2003年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』11号発行
『太宰治研究』11号(和泉書院2003年6月19日[5000円])
[特集・『新釈諸国噺』]諏訪春雄「「貧の意地」論」、 高田知波「「猿塚」」、池内輝雄「「裸川」論」、渡邉正彦「「義理」論」、渡辺善雄「「女賊」の位相」、佐藤義雄「「引用の織物」としての「赤い太鼓」」、佐藤隆之「「粋人」論」、前田秀美「「遊興戒」「猿塚」論」、杉本好伸「「吉野山」の作品構造」、西田りか「初期習作・「股をくゞる」について」、相馬正一「『パンドラの匣』の背景/木村庄助日記と「雲雀の声」」、山内 祥史「太宰治ビブリオグラフィー /一九九八」、浦西和彦「織田作之助と太宰治」、田中励儀「田中英光と太宰治」、田中良彦「太宰治と聖書」、山口浩行「太宰治と社会主義運動」、渡部芳紀「「雀こ」評釈」
『太宰治研究』11号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
未公開書簡を発見
「太宰治の未公開書簡発見/離婚後の下宿時代、義姉にあて/私生活の懊悩吐露/とりかへしのつかぬ傷をこしらへ…おゆるし下さい(心中未遂を謝罪) /芸術といふ悪魔にとりつかれ死ぬるばかりの苦しみ( 創作の煩い) 」(産経新聞2003年6月18日) 
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・太宰と芥川の青森講演のこと
・相馬正一「若き日の太宰治と芥川龍之介(上)/同人誌に「侏儒楽」連載/鬼才芥川へのあこがれ」(東奥日報朝刊2003年6月16日)
・相馬正一「若き日の太宰治と芥川龍之介(中)/自説への異論あるが…/「太宰は芥川講演聞いた」」(東奥日報朝刊2003年6月17日)
・相馬正一「若き日の太宰治と芥川龍之介(下)/N君も芥川講演に同行/「藤田日記」にみる真実」(東奥日報朝刊2003年6月18日)
----------------------------------------------------------------------
鎌田慧著『津軽・斜陽の家』が文庫に
鎌田慧『津軽・斜陽の家/太宰治を生んだ「地主貴族」の光芒』(講談社文庫2003年6月15日[590円])
※解説・三浦雅士
『津軽・斜陽の家』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
作品「桜桃」のことなど
日野原重明「桜桃忌に思う/憂い持つ人であること」(朝日新聞朝刊「be on Saturday」版2003年6月14日)
----------------------------------------------------------------------
船橋時代の太宰のこと
大木勲『太宰治・川端康成/船橋で結ばれた奇縁の二大作家』(京葉新報社2003年6月12日[1500円])
----------------------------------------------------------------------
小説『津軽』の旅の紹介
「「大人の旅」特集/太宰治・小説「津軽」の道/故郷の町に「恍惚と不安」」(読売新聞朝刊2003年6月7日)
----------------------------------------------------------------------
「女生徒」のこと
「名作ここが読みたい/太宰治「女生徒」/大人になるまでどう堪える?/角田光代「太宰に出会い救われた」」(読売新聞朝刊2003年6月2日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の生家のこと
「太宰と志功。津軽・ふるさと愛し/斉藤三千政さん(青森県近代文学館室長)が案内する」(『家庭画報』2003年5月号[1050円]、62〜63ページ)
----------------------------------------------------------------------
『斜陽』について
関根牧彦「わが子を抱きとめよ/太宰治『斜陽』ほか」(『対話としての読書』判例タイムズ社2003年5月26日[2600円]、165〜214ページ)
『対話としての読書』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰使用の文机を発見
「太宰の文机残っていた/下宿先・弘前の藤田さん宅/「保存会」移築前に記念撮影」(東奥日報朝刊2003年5月26日)
----------------------------------------------------------------------
水木しげる氏・太宰のこと
水木しげる「病める魂/太宰治のこと」(『妖怪になりたい』河出文庫2003年5月20日[800円]、20〜24ページ)
『妖怪になりたい』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
檀一雄著『太宰と安吾』が復刊
檀一雄『太宰と安吾』(バジリコ2003年5月14日[1800円])
※解説・吉本隆明
『太宰と安吾』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰のこと
「青森で太宰治を思い出す/佐々木恭子のここでは言わせて!」(産経新聞2003年5月12日)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『太宰治伝』が文庫に
長部日出雄『辻音楽師の唄/もう一つの太宰治伝』(文春文庫2003年5月10日[705円])
『辻音楽師の唄』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『太宰治 滑稽小説集』刊行
木田元編『太宰治 滑稽小説集』(みすず書房2003年5月9日[2400円])
収録作品「おしやれ童子」「服装に就いて」「畜犬談」「黄村先生言行録」「花吹雪」「不審庵」「親友交歓」「男女同権」
※解説・木田元「滑稽文学について」
『太宰治滑稽小説集』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と落語について
金美亨「太宰治覚え書き/落語との関連を考える」(『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2003年4月号、151〜157ページ)
----------------------------------------------------------------------
斜陽館・50万人を突破
「金木・太宰記念館「斜陽館」/入館者50万人を突破」(東奥日報朝刊2003年4月30日)
----------------------------------------------------------------------
「ヴィヨンの妻」のこと
原幸雄「太宰治『ヴィヨンの妻』から」(『比較する目』菁柿堂2003年4月25日[1800円]、28〜57ページ)
『比較する目』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰について
「HONライン倶楽部/太宰治の巻/冴える「語り」・「おかしみ」も魅力/高橋源一郎「精根こめた日本語」」(読売新聞朝刊2003年4月20日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の人格のこと
磯部潮「人格障害の光の部分/太宰治」(『人格障害かもしれない』光文社新書2003年4月20日[700円]、215〜219ページ)
『人格障害かもしれない』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
三島由紀夫・太宰の印象について
三島由紀夫「無題(奥野健男著「太宰治論」評)」(『決定版三島由紀夫全集29』新潮社2003年4月10日[5800円]、152〜153ページ)
『決定版三島由紀夫全集29』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治の「語り」について
長部日出雄「太宰治「語り」の魔術師/天性のストーリーテラー/「私信」思わせ読者を魅了」(東京新聞夕刊2003年4月3日)
----------------------------------------------------------------------
津軽鉄道のこと
遠藤純「津軽鉄道/太宰とリンゴとストーブ列車」(『ローカル鉄道の風景/東日本編』ユーリード出版2003年3月30日[1980円]、12〜21ページ) 
『ローカル鉄道の風景』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」のこと
紅野謙介「太宰治『富嶽百景』/数をめぐるテクスト」(『投機としての文学』新曜社2003年3月20日[3800円]、352〜370ページ)
『投機としての文学』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰の遺書のこと
長部日出雄「太宰治の遺書」(『本の話』文芸春秋2003年2月号、28〜29ページ)
こちらで全文が読めます。
----------------------------------------------------------------------
太宰と古田晁のこと
塩澤実信『古田晁伝説』(河出書房2003年2月28日[2400円]、101〜104ページ、155〜175ページ、211〜215ページ、280〜284ページ)
※筑摩書房の創業者・古田晁と太宰との交友、太宰治全集と筑摩書房のことなど。
『古田晁伝説』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『太宰治伝』のこと
「「明るい太宰」活写/長部日出雄さん/「桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝」で大仏次郎賞と和辻哲郎文化賞」(読売新聞夕刊2003年2月25日)
----------------------------------------------------------------------
渡部芳紀氏・太宰文学と音楽について
渡部芳紀「太宰治論/太宰治と音楽」(中央大学人文科学研究所編『近代作家論』中央大学出版部2003年2月20日[4700円]、213〜259ページ)
『近代作家論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」について
「「富嶽百景」太宰治」(嶋岡晨編『日本の名著3分間読書100』海竜社2003年2月17日[1400円]、196〜197ページ)
『日本の名著3分間読書100』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と竹内好について
山崎正純「太宰治と竹内好」(『戦後〈在日〉文学論』洋々社2003年2月15日[2520円] 、127〜141ページ) 、「太宰治論のために」(同153〜160ページ)
『戦後〈在日〉文学論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
喜劇としての『人間失格』について
丸山俊「太宰治「人間失格」に於ける笑い(前編)」(ハワード・ヒベット、文学と笑い研究会編『笑いと創造/第三集』勉誠出版2003年2月10日[4200円]、339〜359ページ)
『笑いと創造/第三集』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『晩年』のことなど
竹内清己「太宰治『晩年』」(『日本近代文学伝統論』おうふう2003年1月25日[15750円] 、354〜408ページ) 、「太宰治と佐藤春夫」(同409〜417ページ)
『日本近代文学伝統論』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
小堀杏奴氏・太宰の作品のこと
小堀杏奴「太宰ブーム」(『朽葉色のショール』講談社文芸文庫2003年1月10日[1400円]、295〜301ページ)
『朽葉色のショール』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
NHKラジオ・太宰の文学散歩テキスト
井上謙『東京文学探訪/大正・昭和を見る、歩く(下)』(NHK2003年1月1日[850円]、126〜147ページ)
※放送についてはこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------
太宰を探す津軽の旅のこと
「太宰治の小説の原風景を探す」(『るるぶ青森03』2003年1月1日[762円]、9〜11ページ)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ