太宰治に関する情報2004 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2004年


人間失格と青年美術家のことなど
河田明久「「青年美術家」と憧れの「古代」−太宰治『人間失格』にみる」(五十殿利治、河田明久編『クラシックモダン/1930年代日本の芸術』 せりか書房2004年12月24日[2520円]、12〜28ページ)
『クラシックモダン』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
人間失格の案内
太宰治「人間失格」(毎日新聞社編『たった10分で味わえる 感動!日本の名著/近現代編』ワック2004年12月14日[980円]、350〜355ページ)
『たった10分で味わえる 感動!日本の名著/近現代編』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
川本三郎氏・太宰と船橋のことなど
川本三郎「磯の香にひかれて歩く漁師の町/船橋」(『我もまた渚を枕/東京近郊ひとり旅』晶文社2004年12月10日[1995円]、9〜23ページ)
『我もまた渚を枕』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰治の生と死刊行
ゆりはじめ『太宰治の生と死』(マルジュ社2004年12月8日[2625円])
『太宰治の生と死』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
新潮文庫から『文豪ナビ太宰治』
『文豪ナビ太宰治』(新潮文庫2004年12月1日[400円])
「超早わかり!太宰作品ナビ」、木原武一「10分で読む「要約」太宰治」 、斎藤孝「声に出して読みたい太宰治」、重松清「ダザイくんの手招き」、田口ランディ「私が読んだ太宰治」、島内景二「評伝太宰治」、旅コラム、年譜など
『文豪ナビ太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
出口裕弘著『太宰治変身譚』の書評
野崎歓「仕立て上がりの嬉しさ/『太宰治変身譚』―出口裕弘」(『新潮』2004年12月号、236〜237ページ)
----------------------------------------------------------------------
佐藤正午氏・『人間失格』のこと
佐藤正午「書く読書(12)/『人間失格』」(岩波『図書』2004年12月号、52〜53ページ)
----------------------------------------------------------------------
「思い出」「津軽」について
丸山哲史「戦時下の国民作家/太宰治1936「思い出」、1944「津軽」」(『帝国の亡霊』青土社2004年11月30日[2310円]、73〜91ページ)
『帝国の亡霊』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
青森県民文化祭で「走れメロス」朗読劇など
「太宰文学 豊かに表現/金木で朗読劇や合唱/県民文化祭の最後飾る」(東奥日報朝刊2004年11月22日)
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」のこと
「ことばの旅人/富士には、月見草がよく似合う/太宰治「富嶽百景」」(朝日新聞朝刊「be on Saturday」2004年11月20日)
----------------------------------------------------------------------
詩「太宰治」収録の詩集
安心院祐一「太宰治」(『冬の走馬灯/現代日本詩人新書』近代文芸社2004年11月20日[1575円]、24〜26ページ)
『冬の走馬灯』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
斜陽館70万人突破
「入館者70万人突破/太宰治記念館「斜陽館」/畠山さん(盛岡)に記念品贈呈/金木」(東奥日報朝刊2004年11月15日)
----------------------------------------------------------------------
出口裕弘著『太宰治変身譚』の書評
・木田元「創作の秘密を探る/出口裕弘著「太宰治変身譚」/書評」(東奥日報夕刊2004年10月19日)
・富岡幸一郎「滋味あふれる”文”の吸引力/出口裕弘著『太宰治変身譚』」(産経新聞朝刊2004年11月1日)
----------------------------------------------------------------------
青森県高総文祭で太宰文学散歩
「太宰の原点巡り感慨/文芸部門・金木で文学散歩/県高総文祭2日目」(東奥日報朝刊2004年10月30日)
----------------------------------------------------------------------
「斜陽」から読み取れる時代のこと
猪木武徳「恋と革命/太宰治『斜陽』(一九四七年)」(『文芸にあらわれた日本の近代』有斐閣2004年10月30日[2100円]、37〜57ページ)
『文芸にあらわれた日本の近代』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と玉川上水のこと
坂崎重盛「玉川上水/太宰治『乞食学生』」(『一葉からはじめる東京町歩き』実業之日本社2004年10月25日[1500円]、247〜256 ページ)
『一葉からはじめる東京町歩き』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
出口裕弘氏・太宰のことなど
「三島・太宰を鏡に時代を物語る/ダメージも解放感もしたたか体験/出口裕弘さん」(東京新聞夕刊2004年10月23日)
----------------------------------------------------------------------
市川渓二著『追跡・太宰治』の書評
米谷正造「左翼活動の実像解明/市川渓二著「追跡・太宰治」/郷土の一冊」(東奥日報夕刊2004年10月21日)
『追跡・太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」のこと
久保田淳「太宰治「富嶽百景」/月見草がよく似合ふ」(『富士山の文学』文春新書2004年10月20日[830円]、267〜279 ページ)
『富士山の文学』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
斜陽館が重要文化財に
「長谷寺本堂、国宝に/文化審答申 重文、斜陽館など12件」(朝日新聞朝刊2004年10月16日)
----------------------------------------------------------------------
太宰ねぶたを斜陽館に展示
「太宰ねぶた”里帰り”/本紙報道縁で制作者寄贈/斜陽館の新名物に/金木」(東奥日報朝刊2004年10月7日)
----------------------------------------------------------------------
出口裕弘著『太宰治変身譚』刊行
出口裕弘『太宰治変身譚』(2004年9月29日飛鳥新社[1700円])
『太宰治変身譚』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と酒のこと
武田勝彦「太宰治/ヤケ酒の歴史」(高山恵太郎監修『新・酒のかたみに』たる出版2004年9月29日[1050円]、307〜324ページ)
『新・酒のかたみに』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と津島佑子氏について
川西政明「太宰治の終焉/家からの逃亡」(『小説の終焉』岩波新書2004年9月22日[735円] 、101〜111ページ) 
『小説の終焉』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
追跡・太宰治刊行
市川渓二『追跡・太宰治』(北の街社2004年9月15日[ 1890円])
『追跡・太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「斜陽」の名場面から作句
暁萌吾「斜陽(太宰治)」(『名作・名場面と俳句(一)』日本文学館2004年9月15日[1050円]、135〜139ページ)
『名作・名場面と俳句(一)』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」をパロディにした漫画
東海林さだお「走れメロス」(『ショージ君の漫画文学全集110選』文芸春秋2004年9月15日[2625円]、427〜433ページ)
『ショージ君の漫画文学全集110選』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
井伏鱒二「太宰治のこと」が文庫に
井伏鱒二「太宰治のこと」(『井伏鱒二文集1/思い出の人々』ちくま文庫2004年9月10日[1100円]、138〜153 ページ)
『井伏鱒二文集1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
津島佑子氏・「ヴィヨンの妻」の原稿を寄託
「太宰の直筆原稿寄託/娘・作家津島さん/山梨県立文学館に」(東奥日報朝刊2004年9月9日)
----------------------------------------------------------------------
『人間太宰治』の著者インタビュー
「「人間太宰治」(津軽書房)の著者高山秀三さんに聞く/「作品も人生も面白い」/断片重ね実像あぶり出す」(東奥日報夕刊2004年9月7日)
『人間太宰治』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
出口裕弘氏・太宰の「語り」「文」について
出口裕弘「太宰治はカメレオン!?/“大嘘”も語る天才」(読売新聞夕刊2004年9月2日)
----------------------------------------------------------------------
「ヴィヨンの妻」の直筆原稿を展示
「「ヴィヨンの妻」太宰の推こうの跡も/直筆原稿、山梨県立文学館で展示」(毎日新聞夕刊2004年9月2日)
----------------------------------------------------------------------
『国文学』(至文堂)9月号が太宰特集
『国文学/解釈と鑑賞』(至文堂2004年9月号)[特集=太宰治とその死生観]
渡部芳紀「文学アルバム=太宰治」、渡部芳紀「太宰治の死生観」、相馬正一「習作時代の太宰治/比賀志英郎の二作を追う」、安藤宏「カタルシスとポストモダニズムの狭間」、谷沢永一「羞恥の湧泉としての自尊」、長部日出雄「逆説的な死生観/『狂言の神』から響いてくる声 」、渡部芳紀「「パンドラの匣」を中心に」、山崎正純「恋闕と死と革命 」、鳥居邦朗「「葉」に始まる生命感覚の軽さ」、植田康夫「「いつでも死ねる人」だった太宰治 」、松本和也「黒木舜平(太宰治)「断崖の錯覚」」、吉田和明「心中して果てろという囁きに 」、松本徹「「軽い死」という秘鑰」、長原しのぶ「『姥捨』における〈死生観〉」、金美亨「「魚服記」に表れた死生観」、木村綾子「津軽」、花田俊典「「太宰治」の転移」、福島章「精神医学から見た太宰治 」、赤塚行雄「太宰治の死生観 」、布施豊正「太宰治と心中」、高橋祥友「自殺学からみた太宰治 」、加藤茂「太宰治と逆説的ニヒリズム 」、山田耕大「映画の中の太宰治」、猪瀬直樹「名言名句から見た太宰治 」、渡部芳紀「太宰治文学散歩 」、木村綾子「太宰治研究文献目録編年」
----------------------------------------------------------------------
『津軽』のこと
 「名作・ここが読みたい/津軽・太宰治/初めて周遊した古里/鈴木健二「世話好きな「先輩」表す作品」」(読売新聞夕刊2004年8月30日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の生家・斜陽館のこと
三木實「文学散歩/太宰治「津軽」と斜陽館」(木の泉社『木のこころ29号』2004年8月20日[800円]、50〜51ページ)
『木のこころ29号』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
東京新聞夕刊・「水仙」を連載
(1)2004年8月3日、(2)2004年8月4日、(3)2004年8月5日、(4)2004年8月9日、(5)2004年8月10日、(6)2004年8月11日、(7)2004年8月12日、(8)2004年8月16日
----------------------------------------------------------------------
東京新聞夕刊・「貧の意地」を連載
(1)2004年7月26日、(2)2004年7月27日、(3)2004年7月28日、(4)2004年7月29日、(5)2004年7月30日、(6)2004年8月2日
----------------------------------------------------------------------
斜陽館のこと
「斜陽館」(東京新聞・中日新聞文化部編『文学館のある旅103 』集英社新書2004年7月21日[714円]、16〜17ページ)
『文学館のある旅103』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
東京新聞夕刊・「瘤取り」を連載
(1)2004年7月8日、(2)2004年7月9日、(3)2004年7月13日、(4)2004年7月14日、(5)2004年7月15日、(6)2004年7月16日、(7)2004年7月20日
----------------------------------------------------------------------
高山秀三著『人間太宰治』刊行
高山秀三『蕩児の肖像/人間太宰治』(津軽書房2004年7月20日[2940円])
『蕩児の肖像/人間太宰治』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
手紙と太宰の作品について
木村小夜「太宰治/女の手紙・男の手紙」(荒井とみよ、永渕明枝編『女の手紙』双文社2004年7月20日[2940円]、151〜164ページ)
※「誰」「散華」「燈籠」「恥」「斜陽」「葉桜と魔笛」について 
『女の手紙』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
東京新聞夕刊・「富嶽百景」を連載
(1)2004年6月23日、(2)2004年6月25日、(3)2004年6月28日、(4)2004年6月29日、(5)2004年6月30日、(6)2004年7月1日、(7)2004年7月2日、(8)2004年7月5日、(9)2004年7月6日、(10)2004年7月7日
----------------------------------------------------------------------
「太宰の宿 ふかうら文学館」がオープン
・「「ふかうら文学館」完成/太宰ゆかりの宿改装/直筆はがき3枚初公開」(東奥日報朝刊2004年7月3日)
・「ふかうら文学館開館/太宰ゆかりの宿改装/歴史と文化の観光拠点/資料展示や図書館機能」(東奥日報朝刊2004年7月7日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の新発見短編を全文掲載
「太宰治“新発見”作品の検証/「哀れに笑ふ(作者名・比賀志英郎)」全文掲載」(『新潮』2004年7月号、178〜188ページ)
※相馬正一「「哀れに笑ふ」の検証」(同189〜196ページ)
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」案内
本田有明「走れメロス/太宰治」(『一冊で人生論の名著を読む』中経出版2004年6月30日[1365円]、87〜91ページ)
『一冊で人生論の名著を読む』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰直筆のはがき発見
・「太宰治直筆はがき発見/佐藤春夫あてなど/入院前、にじむ借金苦/運命の岐路、悩む太宰」(日本経済新聞夕刊2004年6月29日)
・「太宰 にじむ借金苦/佐藤春夫あての直筆はがき発見」(東京新聞夕刊2004年6月29日)
----------------------------------------------------------------------
佐藤春夫あて太宰直筆のはがき発見
「太宰のはがき発見/作家・佐藤春夫あて直筆/借金苦にじむ記述も/深浦町が入手 文学館で来月公開/運命の岐路悩む姿表す」(東奥日報夕刊2004年6月29日)
----------------------------------------------------------------------
東京新聞夕刊・「走れメロス」を連載
(1)2004年6月14日、(2)2004年6月15日、(3)2004年6月16日、(4)2004年6月17日、(5)2004年6月18日、(6)2004年6月21日、(7)2004年6月22日
----------------------------------------------------------------------
斉藤孝氏・「饗応夫人」「眉山」のこと
斉藤孝「癖のある人生―太宰治『饗応夫人』」「相手の癖を肯定する―太宰治『眉山』」(『生き方のスタイルを磨く』NHKブックス2004年6月20日[970円]、37〜63 ページ)
『生き方のスタイルを磨く』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「浦島さん」「女生徒」のこと
増田みず子「竜宮に遊びに行く/太宰治と『御伽草子』」(大庭みな子監修『テーマで読み解く日本の文学(上)』小学館2004年6月20日[4410円]、 302〜315ページ)、平田俊子「異性の視線、異性の口調/太宰治『女生徒』」 (同483〜487ページ)
『テーマで読み解く日本の文学(上)』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
金木の生誕祭のこと
 「太宰文学いつまでも/金木・95年目の生誕祭/合併で町主催は最後に」(東奥日報朝刊2004年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』12号発行
『太宰治研究』12号(和泉書院2004年6月19日[5250円])
竹内清己「「散華」論」、大塚美保「「雪の夜の話」論」、布野栄一「「東京だより」論」、横手一彦「『津軽』小論」、池川敬司「「竹青」を読む」、高橋宏宣「「惜別」論」、郡継夫「「瘤取り」論ノート」、奥野政元「「浦島さん」論」、根岸泰子「「カチカチ山」論」、野松循子「「舌切雀」論」、石田忠彦「太宰治初期作品論」、須田千里「「大力」論」、小泉浩一郎「「人魚の海」論」、相馬正一「太宰治の芥川体験」、山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー」、藤原耕作「源実朝と太宰治」、木村小夜「井原西鶴と太宰治」、千葉正昭「太宰治と聖書」、村上林造「「猿ケ島」評釈」、大野正博「「清貧譚」評釈(一)」
『太宰治研究12号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
桜桃忌について
 浅田玲子「東京・三鷹の桜桃忌/墓前に募る親愛の情/終焉の地ファン集結」(東奥日報夕刊2004年6月19日)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・新発見の小説「彼」「哀れに笑ふ」について
 ・相馬正一「旧制弘前高校時代 太宰が残した習作二編(上)/第4の筆名「比賀志英郎」/作品の素材、文体が一致」(東奥日報夕刊2004年6月16日)
 ・相馬正一「旧制弘前高校時代 太宰が残した習作二編(中)/ライバル・上田へ接近/作品発表の場求める」(東奥日報夕刊2004年6月17日)
 ・相馬正一「旧制弘前高校時代 太宰が残した習作二編(下)/「校友会雑誌」に発表/上田との同時掲載狙う」(東奥日報夕刊2004年6月1 8日)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・新発見の短編小説について
相馬正一 「若き太宰の変貌/習作「哀れに笑ふ」の意義/「江戸文人趣味」脱皮の契機に」(東京新聞夕刊2004年6月11日)
----------------------------------------------------------------------
緑風閣と太宰のこと
柳原一日「太宰治」(『文人の素顔』講談社2004年6月10日[1700円]、35〜39ページ)
『文人の素顔』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
戦時下太宰の「芸術的抵抗」について
原仁司「戦争とナショナリズム/加藤典洋著『敗戦後論』と太宰治の倫理意識」(『表象の限界』御茶の水書房2004年6月10日[3150円]、96〜109ページ)
『表象の限界』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
旧制弘前高時代の太宰の下宿復元へ
「「太宰の下宿」来秋復元/今夏から移築作業/弘前」(東奥日報朝刊2004年6月4日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の短編新たに見つかる
・ 「若き太宰、短編もう一つ/「哀れに笑ふ」、比賀志英郎の名で」(朝日新聞夕刊2004年6月1日)
・「太宰の習作と判明/旧制弘前高・校友会雑誌「哀れに笑ふ」/書き誤りが決め手/相馬名誉教授(岐阜女子大)」(東奥日報朝刊2004年6月2日)
・「太宰の新短編見つかる/「哀れに笑ふ」/旧制高時編集の校友会誌に掲載」(毎日新聞朝刊2004年6月2日)
----------------------------------------------------------------------
太宰治と「聖書知識」刊行
田中良彦『太宰治と「聖書知識」』(朝文社2004年6月1日[3255円])
『太宰治と「聖書知識」』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰文学とユーモアについて
・佐々木朋子「青森県のユーモア文学の系譜(1)/太宰治(上)/「お伽草紙」戦下に旺盛な創作力/昔話に風刺織り込む/県近代文学館収蔵資料展」(東奥日報 夕刊2004年5月29日) 
・佐々木朋子「青森県のユーモア文学の系譜(2)/太宰治(下)/敬愛と謝罪 兄・文治への書簡 /作家としての再起誓う/県近代文学館収蔵資料展」(東奥日報 夕刊2004年5月31日) 
----------------------------------------------------------------------
金木の「太宰を知る会」が100回目
「太宰ユーモア満喫/着物の袖は美女の恋文入れ/「知る会」が100回目/金木」(東奥日報朝刊2004年5月21日) 
----------------------------------------------------------------------
小林信彦氏・「グッド・バイ」のことなど
小林信彦「太宰治―マイ・コメディアン」(『面白い小説を見つけるために』知恵の森文庫2004年5月15日[720円]、105〜114ページ)
『面白い小説を見つけるために』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰の故郷・金木の俳句紀行
大高翔「太宰治/青森県・津軽半島」(『夢追い俳句紀行』NHK出版2004年4月25日[1365円]、41〜57ページ)
『夢追い俳句紀行』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」と旅のこと
「ホントの旅/太宰治「富嶽百景」・御坂峠/自然と人見つめた日々/破滅の人生再起目指し」(読売新聞朝刊2004年4月11日)
----------------------------------------------------------------------
今官一あて太宰のはがき発見
 「太宰の未公開はがき発見/1946年金木滞在中/親友・今官一あて/弘前の作家蘭さん入手 安否気遣う言葉」(東奥日報朝刊2004年4月10日)
----------------------------------------------------------------------
太宰と谷川温泉のこと
「太宰「創生」の地/谷川温泉」(東京新聞朝刊2004年4月3日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の父親像について
金美亨「太宰治の父親像」( 『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2004年4月号、104〜109ページ)
----------------------------------------------------------------------
太宰と外国文学の関係について
九頭見和夫『太宰治と外国文学』(和泉書院2004年3月25日[2940円])
「走れメロス」「女の決闘」「乞食学生」などと、外国文学との関係について書かれています。
『太宰治と外国文学』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰と探偵小説について
原仁司「太宰治と探偵小説」(吉田司雄編著『探偵小説と日本近代』青弓社2004年3月14日[2730円] 、45〜64ページ) 
『探偵小説と日本近代』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
池内紀氏・太宰の心中について
池内紀「心中― 太宰治」(『生きかた名人/たのしい読書』集英社2004年3月10日[1700円]、25〜34ページ)
『生きかた名人』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『人間失格』について
石原千秋「成長する言葉の物語/太宰治『人間失格』」(『テクストはまちがわない』筑摩書房2004年3月10日[4515円]、109〜121ページ)
『テクストはまちがわない』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と北畠八穂のこと
田澤拓也「北畠八穂・出会いと別れ(1)/破格のデビュー/太宰「ドッテンした」」(東奥日報朝刊2004年3月1日)
----------------------------------------------------------------------
『人間失格』のこと
平岩外四・城山三郎対談「太宰治『人間失格』/人生に二度読む本」(『小説現代』2004年3月号、 86〜97ページ)
----------------------------------------------------------------------
綿矢りさ氏・太宰のことなど
綿矢りさ「受賞者インタビュー/「太宰治を片端から読みながら」」(『文芸春秋』2004年3月号、325〜329ページ)
※芥川賞受賞インタビューです。
----------------------------------------------------------------------
中也と太宰のこと
青木健「太宰治、檀一雄」(『中原中也―永訣の秋』河出書房新社2004年2月28日[3150円]、155〜163ページ)
『中原中也』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
遠藤祐著『太宰治の〈物語〉』の書評
神谷忠孝「太宰の深層心理にも迫る/作品を作者から切り離して扱う/遠藤祐著『太宰治の〈物語〉』」(週刊読書人2004年1月16日号)
----------------------------------------------------------------------
太宰の作品と旅について
福田章「太宰治「津軽」」「太宰治「富嶽百景」」(『旅に出たくなる日本語』実業之日本社2004年1月16日[1470円] 、12〜19、102〜106ページ)                    『旅に出たくなる日本語』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
柳美里氏・太宰のこと
柳美里「私にとっての聖書/太宰治『もの思う葦』」(『言葉は静かに踊る』新潮文庫2004年1月1日[552円]、 261〜268ページ)
『言葉は静かに踊る』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
久世光彦氏・『お伽草紙』のことなど
久世光彦「初版本との出逢い/太宰治『お伽草紙』」(『小説現代』2004年1月号、211〜213ページ)
----------------------------------------------------------------------
青山光二氏・太宰との交友のことなど
青山光二(聞き手・塩田丸男)「卒寿回想録/文学、ヤクザ、愛妻との九十年」(『小説新潮』2004年1月号、406〜415ページ)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ