太宰治に関する情報2005 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2005年


「パンドラの匣」の底本となった『木村庄助日誌』刊行
木村重信編『木村庄助日誌―太宰治『パンドラの匣』の底本』(編集工房ノア2005年12月26日[3,150円])
『木村庄助日誌』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
志賀直哉と太宰治のこと
生井知子「志賀直哉と太宰治―『如是我聞』の解釈の為に」(『白樺派の作家たち』和泉書院2005年12月15日 [3,780円]、307〜321ページ)
『白樺派の作家たち』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
晩年の太宰について
大川渉「太宰治、グッド・バイ」(『文士風狂録/青山光二が語る昭和の作家たち』筑摩書房2005年12月10日 [1785円]、34〜46ページ)
『文士風狂録』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『人間失格』のこと
麻野 一哉 、 飯田 和敏、米光 一成「『人間失格』(太宰治)」(『日本文学ふいんき語り』双葉社2005年12月10日[1,680円]、161〜182ページ)
『日本文学ふいんき語り』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載最終回
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/最終回 作家と遺書」(『群像』2005年12月号、390〜400ページ)
『群像12月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「如是我聞」のこと
清水正「志賀文学の限界と可能性―太宰治の『如是我聞』と織田作之助の『可能性の文学』をめぐって」(『志賀直哉』D文学研究会2005年11月30日[3,360円]、341〜352ページ)
『志賀直哉』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
太宰「情死報道」について
川崎賢子「太宰治の情死報道―プランゲ文庫資料とその周辺から」 (山本武利編『新聞・雑誌・出版/叢書現代のメディアとジャーナリズム 第5巻』ミネルヴァ書房2005年11月20日[3,675円]、112〜137ページ)
『叢書現代のメディアとジャーナリズム 第5巻』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
小山清・太宰との交友について
小山清「風貌―太宰治のこと」(『日日の麺麭・風貌』講談社文芸文庫2005年11月10日[1,470円]、176〜200ページ)
『日日の麺麭・風貌』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
五所川原で太宰文学の講演
「太宰文学の魅力は?/木下さん講演/市立図書館/五所川原」(東奥日報朝刊2005年11月6日)
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」のメロスが見た星のこと
海老名博「メロスが見た星(太宰治『走れメロス』)」(『メロスが見た星』祥伝社新書2005年11月5日[819円]、12〜18ページ)
『メロスが見た星』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第十一回 起源の果てへの旅」(『群像』2005年11月号、260〜271ページ)
『群像11月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
郡継夫著『太宰治/戦中と戦後』刊行
郡継夫『太宰治/戦中と戦後』(笠間書院 2005年10月15日[2,940円])
※「津軽」「富嶽百景」「瘤取り」「パンドラの匣」「冬の花火」「トカトントン」「斜陽」「美男子と煙草」「人間失格」 に関する作品論
『太宰治/戦中と戦後』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」「走れメロス」のこと
北原保雄「主観的な文章/「富嶽百景」の場合」、「表現と表現主体/「走れメロス」の題名をめぐって」(『達人の日本語』文春文庫2005年10月10日[580円]、168〜177、237〜245ページ)
『達人の日本語』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第十回 ぼくたちの『斜陽』 わたしたちの『斜陽』」(『群像』2005年10月号、332〜342ページ)
『群像10月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
テレビドラマ「太宰治物語」放送へ
「”苦悩の作家””破滅型”に新解釈/純粋で明るい「太宰治物語」 /主演に豊川悦司」(読売新聞夕刊2005年9月27日)
※10月10日午後9時からTBS系で放送。
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第九回 母性の物語」(『群像』2005年9月号、268〜277ページ)
『群像9月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太田治子著『心映えの記 改版』刊行
太田治子『心映えの記 改版』(中公文庫2005年8月26日[780円])
『心映えの記 改版』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
太宰に関する文学館のこと
太宰関係の文学館として、青森県近代文学館、弘前市立郷土文学館、山梨県立文学館を紹介(全国文学館協議会編『全国文学館ガイド』小学館2005年8月20日[1,500円])
『全国文学館ガイド』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
本多秋五・太宰のこと
本多秋五「滅亡の歌の歌い手太宰治」(『物語戦後文学史(上)』岩波現代文庫2005年8月19日[1,050円]、309〜331ページ)
『物語戦後文学史(上)』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちらicon
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第八回 D・A・Z・A・I」(『群像』2005年8月号、250〜259ページ)
『群像8月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰文学散歩のこと
「太宰の軌跡に思いはせ/「文学散歩」/ゆかりの地/五所川原」(東奥日報朝刊2005年7月29日)
----------------------------------------------------------------------
太宰治の女房刊行
芦田晋作『太宰治の女房』(新生出版2005年7月15日[1050円])
『太宰治の女房』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
弘前で安藤宏氏講演
「太宰文学と心理を解説/東大の安藤助教授/弘前」(東奥日報朝刊2005年7月6日)
----------------------------------------------------------------------
群像で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第七回 作家が書いた作者論」(『群像』2005年7月号、270〜280ページ)
『群像7月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
津島園子氏インタビュー
「津島園子さん、太宰文学の魅力は何ですか/作家・太宰治の長女 /「自分の弱さ隠さないから若者が共感するのでしょう」」(東奥日報夕刊2005年6月30日)
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・太宰の家族関係について
吉本隆明「太宰治、夏目漱石、そして天皇の家族」(吉本隆明・芹沢俊介対談『幼年論』彩流社2005年6月30日[1680円]、125〜138ページ)
『幼年論』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
仏人映像作家・「津軽」記念館訪問
「太宰とたけ再会思う/仏人映像作家2人 /「津軽」記念館を訪問」(東奥日報朝刊2005年6月23日)
----------------------------------------------------------------------
太宰作品の朗読について
「青春時代に思いはせ/東京の長田さん /弘大で太宰作品朗読」(東奥日報夕刊2005年6月21日)
----------------------------------------------------------------------
仏人映像作家・太宰の映画製作で青森を取材
「太宰の映画製作へ/ゆかりの地訪ね素顔に迫る/仏人映像作家2人 24日まで県内取材」(東奥日報夕刊2005年6月21日)
----------------------------------------------------------------------
五所川原で生誕祭
「太宰を思い献花、朗読/五所川原で96年目の生誕祭/企画展もスタート」(東奥日報朝刊2005年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の直筆はがき発見
「太宰の直筆はがき発見/「京都に移住するかも」/鳥取」(東奥日報朝刊2005年6月19日)
※1946年6月投函
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』13号発行
『太宰治研究』13号(和泉書院2005年6月19日[5250円])
浅田高明「『パンドラの匣』論」、九里順子「「庭」論」、鈴木直子「「嘘」論」、安藤恭子「「貨幣」論」、戸松泉「「やんぬる哉」考」、松本和也「「十五年間」という小説あるいは「ヤケ酒の歴史」」、石井和夫「「未帰還の友に」と「徒然草」」、岡本卓治「「冬の花火」論」、斎藤順二「「苦悩の年鑑」論」、奥出健「大仰な「新郎」」、武田秀美「太宰治と「律子と貞子」」、猪狩友一「「佳日」論」、山内 祥史「臼井喜之介、神戸雄一宛各葉書一通」、山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー1999〜2000」、鈴木邦彦「芭蕉の「かるみ」と太宰治「富嶽百景」の単一表現」、大野正博「「清貧譚」評釈(二)」
『太宰治研究13号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・桜桃忌について
長部日出雄「太宰治・桜桃忌におもう/「家庭の幸福」の象徴」(東奥日報朝刊2005年6月18日)
----------------------------------------------------------------------
太宰治と夢野久作刊行
明石矛先『太宰治と夢野久作』(文芸社2005年6月13日[1470円])
『太宰治と夢野久作』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
「トカトントン」のこと
「名作 ここが読みたい/トカトントン 太宰治/その時、釘を打つ音が…/岡田恵和「心と心が交信する気分」」(読売新聞夕刊2005年6月13日)
----------------------------------------------------------------------
フランスの映像作家・太宰のドキュメンタリー制作で来日
「仏で高まる”太宰熱”/仏人監督 ドキュメンタリー制作で来日/「桜桃忌」にファン取材」(読売新聞朝刊2005年6月7日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の直筆はがき見つかる
「太宰治の直筆はがきを発見/親類あて、新たに2通」(日本経済新聞夕刊2005年6月6日)
※戦後、五所川原市の母方の親類にあてたものです。
----------------------------------------------------------------------
太宰の直筆はがき見つかる
「太宰治の直筆はがき/五所川原で2通発見/「大火 心痛して居りました」/親類あて疎開のお礼も」(東奥日報朝刊2005年6月5日)
※叔母・きゑの子宛(1946年)
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第六回 余は如何にして太宰治となりし乎・続」(『群像』2005年6月号、362〜372ページ)
『群像6月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『斜陽』のこと
佐高信「『斜陽』太宰治」(『わたしを変えた百冊の本』講談社文庫2005年5月15日[700円]、92〜94ページ)
『わたしを変えた百冊の本』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
泉麻人氏・津軽バスの旅
泉麻人「津軽紀行/イカと太宰と温泉と」(『バスで田舎へ行く』ちくま文庫2005年5月10日[777円]、48〜60ページ)
『バスで田舎へ行く』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第五回 余は如何にして太宰治となりし乎」(『群像』2005年5月号、280〜290ページ)
『群像5月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰の年齢のこと
「太宰治(千葉一幹)」(『その時、何歳だったのか/別冊国文学58』学灯社2005年4月20日、84〜85ページ)
----------------------------------------------------------------------
太宰と三島由紀夫会った日明らかに
「三島由紀夫の「会計日記」発見/学生時代の行動詳細に記述」(読売新聞夕刊2005年4月5日)
※三島由紀夫の日記から、三島が太宰と会った日が1946年12月14日と特定されたようです。日記の一部は4月23日から6月5日まで、神奈川近代文学館の三島由紀夫展で公開されます。
----------------------------------------------------------------------
高山秀三著『蕩児の肖像』の書評
三谷憲正「新刊紹介/高山秀三『蕩児の肖像―人間太宰治』」(『国文学/解釈と鑑賞』(至文堂2005年4月号)、203ページ)
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第四回 薮の中」(『群像』2005年4月号、256〜266ページ)
『群像4月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『二十世紀旗手・太宰治』刊行
山内祥史、笠井秋生、木村一信、浅野洋編『二十世紀旗手・太宰治』(和泉書院2005年3月31日[3,780円])
猪瀬直樹「太宰治と現代日本」、饗庭孝男「太宰治の方法」、山内祥史「「太宰治」という世界」、木村小夜「「太宰治」という磁場」、浅野洋「故意と過失の裂け目」、清水康次「作家以前・作家としての出発の時代」、曽根博義「小説家「太宰治」の誕生まで」、木村一信「開戦前後の太宰治」、角田旅人「「人間失格」の彼岸」、花田俊典「太宰治の弁証法」、中村三春「発病するメタフィクション」、川崎和啓「太宰治における共産主義と<人間失格>」、笠井秋生「太宰治と聖書」、相馬正一「津軽」、東郷克美「『惜別』の位相」、渡部芳紀「太宰と甲府」、三谷憲正「太宰文学と<鎌倉>」、長部日出雄「『桜桃』についての二、三の感想
『二十世紀旗手・太宰治』の購入 amazonはこちら セブンアンドワイはこちらicon
----------------------------------------------------------------------
沙和宋一と太宰治刊行
榊弘子『沙和宋一と太宰治』(さきたま出版会2005年3月31日[1890円])
『沙和宋一と太宰治』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
斜陽館の塀・雪で一部壊れる
「「斜陽館」の塀壊れる/金木 隣接建物から落雪」(東奥日報朝刊2005年3月13日)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄著『桜桃とキリスト』が文庫に
長部日出雄『桜桃とキリスト/もう一つの太宰治伝』(文春文庫2005年3月10日[950円])
『桜桃とキリスト』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
小泉今日子さん・『人間失格』のこと
小泉今日子「野ブタ。をプロデュース 白岩玄著/人気者の心に潜む孤独」(読売新聞朝刊2005年3月6日)
※『野ブタ。をプロデュース』の書評ですが、全38行のうち最初の10行で、『人間失格』について触れています。
----------------------------------------------------------------------
太宰と牧野信一のこと
近田茂芳「牧野と太宰の類似性」(『牧野信一と四人の作家』夢工房2005年3月1日[1260円]、97〜129ページ)
『牧野信一と四人の作家』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第三回 死のうか」(『群像』2005年3月号、272〜281ページ)
『群像3月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「姨捨」のこと
工藤茂「太宰治「姨捨」」(『姨捨の系譜』おうふう2005年2月25日[12,600円]、136〜150ページ)
『姨捨の系譜』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
斜陽館・重要文化財指定記念フォーラム
「国重文 太宰の生家「斜陽館」/精緻な建築技術に感嘆/金木で記念フォーラム」(東奥日報朝刊2005年2月21日)
----------------------------------------------------------------------
『人間失格』について
平岩外四・城山三郎対談「太宰治『人間失格』」(『人生に二度読む本』講談社2005年2月20日[1500円]、43〜62ページ)
『人生に二度読む本』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
太宰の初期作品・「晩年」について
「若き日の太宰治(下)/県近代文学館・新所蔵資料展/心身衰弱 悲願の刊行/1冊ずつ自ら献辞/創作集「晩年」(佐々木朋子・県近代文学館総括主査)」(東奥日報夕刊2005年2月10日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の初期作品・句帖「亀の子」について
「若き日の太宰治(上)/県近代文学館・新所蔵資料展/友人との高尚な遊び/後年の作品に結実/句帖「亀の子」」(東奥日報夕刊2005年2月9日)
----------------------------------------------------------------------
相馬正一氏・太宰と日本海のこと
相馬正一「太宰治と日本海」(『国文学/解釈と鑑賞』2005年2月号、58〜64ページ)
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第二回 復活」(『群像』2005年2月号、274〜283ページ)
『群像2月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『太宰治大事典』刊行
志村有弘・渡部芳紀編『太宰治大事典』(勉誠出版2005年1月10日[10290円] )
『太宰治大事典』 の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
『群像』で太宰論連載
田中和生「二十一世紀旗手・太宰治/第一回 ひとりの男が歩いて……」(『群像』2005年1月号、314〜323ページ)
『群像1月号』 の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ