太宰治に関する情報2006 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2006年 


吉本隆明講演(DVD)『太宰治論』 発行
吉本隆明講演ライブ集(DVD版)『シンポジウム太宰治論』(弓立社2006年11月20日[9450円])
『シンポジウム太宰治論』(DVD)の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
黒井千次氏・作品「逆行/蝶蝶」のこと
黒井千次「太宰治『晩年』の視点」(『老いるということ』講談社現代新書2006年11月20日[756円]、154〜159ページ)
『老いるということ』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「盲人独笑」のこと
内田樹「異類憑依のものすごさ/身体で読む本」(読売新聞朝刊2006年11月19日)
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・「富嶽百景」「満願」のこと
吉本隆明「心身健康な時期の太宰治/「富嶽百景」太宰治/私の心の一冊」(『小説現代』2006年11月号、260〜261ページ)
『小説現代』2006年11月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
加藤典洋氏・『人間失格』と井伏鱒二のことなど
加藤典洋「太宰と井伏−ふたつの戦後」(評論一挙掲載200枚)(『群像』2006年11月号、74〜138ページ)
『群像』2006年11月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・太宰の戦後について
吉本隆明「太宰治の戦後」(吉本隆明・笠原芳光『思想とはなにか』春秋社2006年10月30日[1890円]、109〜116ページ)
『思想とはなにか』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
南木佳士氏・太宰展で見た太宰の写真のこと
南木佳士「太宰治の顔」(『冬の水練』文春文庫2006年10月10日[570円]、170〜176ページ)
『冬の水練』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
田中和生著『新約太宰治』書評
武田将明「「新約太宰治」田中和生/エヴァンジェリストの美しい嘘」(『文学界』2006年10月号、272〜274ページ)
----------------------------------------------------------------------
文学全集に入れる太宰の作品のこと
丸谷才一・鹿島茂・三浦雅士「太宰治と歌謡曲」(『文学全集を立ちあげる』文藝春秋2006年9月30日[1575円]、267〜271ページ)
『文学全集を立ちあげる』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
作品「海」と美知子夫人のこと
「天才作家に眩惑されて/太宰治と美知子「海」/愛の旅人/青森・深浦・甲府」(朝日新聞朝刊日曜版「be on sunday」2006年9月16日)
----------------------------------------------------------------------
田中和生著『新約太宰治』について
中村三春「太宰をもって太宰を制する/多面的に論述される一種の根源論/田中和生著 新約太宰治」(週刊読書人2006年9月15日)
----------------------------------------------------------------------
柴門ふみ氏・『斜陽』のこと
柴門ふみ「『斜陽』太宰治」(『恋する文豪』角川書店2006年8月31日[1155円]、92〜102ページ)
『恋する文豪』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と鉄道のこと
原口隆行「津軽の俊才太宰治―恍惚と不安の四十年」(『文学の中の駅』国書刊行会2006年7月25日[2100円]、210〜245ページ)
『文学の中の駅』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
田中和生著『新約太宰治』刊行
田中和生『新約太宰治』(講談社2006年7月14日[2100円])
『新約太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
十和田で桜桃忌のつどい
「市川渓二・山の文学資料館長/太宰の研究成果紹介/「桜桃忌のつどい」3年目/十和田」(東奥日報朝刊2006年7月12日)
----------------------------------------------------------------------
『小説すばる』で「太宰イズム」の特集
『小説すばる』2006年7月号、「太宰イズム/タイトル拝借短編特集」
※「人間失格」平山夢明、「晩年」朱川湊人、「桜桃」清水義範、「津軽」嵐山光三郎、「富嶽百景」中島京子、「トカトントン」浅暮三文、「走れメロス」柳広司、「走れメロス」山田正紀
『小説すばる』2006年7月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『人間失格』のこと
佐藤正午「太宰治『人間失格』」(『小説の読み書き』岩波新書2006年6月20日 [777円]、103〜110ページ)
『小説の読み書き』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
故郷の金木で生誕祭
「太宰ファン献花の列/五所川原で生誕97年祭」(東奥日報朝刊2006年6月20日)
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』14号発行
『太宰治研究』14号(和泉書院2006年6月19日[5,250円])
竹腰幸夫「「チヤンス」論」、関谷一郎「「春の枯葉」精読」、岸睦子「「雀」論」、永渕朋枝「「たづねびと」論」、原仁司「「薄明」論」、金子幸代「「男女同権」論」、岩崎文人「「親友交歓」論」、綾目広治「「トカトントン」論」、有元伸子「「親といふ二字」論」、山内祥史「櫻井均宛葉書三通封書一通」、浅田高明「木村庄助日誌「巻四」と「巻五」(続)」、山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー 二〇〇一〜二〇〇二」、松本常彦「中村地平と太宰治」、服部康喜「太宰治と聖書」、三谷憲正「太宰治と社会主義運動」、中村三春「「葉」評釈(1)
『太宰治研究14号』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
作品『津軽』を写真とともに刊行
『津軽』(みやこうせい写真、未知谷2006年6月19日[2100円])
『津軽』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
久世光彦氏・『お伽草紙』のこと
久世光彦「太宰治『お伽草紙』」(『書林逍遙』講談社2006年6月15日[1575円]、33〜37ページ)
『書林逍遙』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「東京八景」のこと
福嶋朝治「太宰治「東京八景」の世界」(三鷹市山本有三記念館/(財)三鷹市芸術文化振興財団編『山本有三と三鷹の家と郊外生活』はる書房2006年6月13日[735円]、56〜57ページ)
----------------------------------------------------------------------
作品「津軽」の小学校の運動会のこと
「太宰が見た運動会の「憩い」/教育現論/編集委員・勝方信一」(読売新聞朝刊2006年6月10日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の生活風景
大村彦次郎「小説を書くのがいやになったから死ぬのです―太宰治」(『文士のいる風景』ちくま文庫2006年6月10日[882円]、28〜30ページ)
『文士のいる風景』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「富嶽百景」の「茶屋のおかみさん」モデル死去
読売新聞夕刊2006年6月8日
※外川ヤエ子さん、97歳。
----------------------------------------------------------------------
藤寿々夢著『太宰治・青春の海』について
笹田隆志「郷土の一冊/新しい舞台への序曲/藤寿々夢著「太宰治・青春の海」」(東奥日報朝刊2006年5月29日)
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・「黄金風景」のこと
吉本隆明「わが古典 太宰治「黄金風景」」(『読書の方法』光文社知恵の森文庫2006年5月15日[780円]、257〜261ページ)
『読書の方法』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『太宰治はがき抄』書評
渡部芳紀「写真ならではのリアリティ/肉筆の持つ表情と息づかいが表れる/近畿大学日本文化研究所編・太宰治はがき抄・山岸外史にあてて」(週刊読書人2006年4月28日)
----------------------------------------------------------------------
出口裕弘氏・太宰の言葉「義」について
「言葉を生きる/出口裕弘(1)/太宰節 十代の身に沁みる」(読売新聞夕刊2006年4月4日)
----------------------------------------------------------------------
渡部芳紀著『文学探訪・太宰治』刊行
渡部芳紀『文学探訪・太宰治』(NHK出版2006年4月1日[893円])
※NHKラジオで9月30日まで放送される、カルチャーアワーのテキスト
『文学探訪・太宰治』の購入 amazonはこちら セブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
村上春樹と太宰のことなど
佐藤幹夫『村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。』(PHP新書2006年3月31日[819円])
※三島由紀夫・志賀直哉と太宰のこと(33〜55ページ)、村上春樹と『人間失格』のこと(74〜80ページ)
『村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
桶谷秀昭氏・太宰の「義」について
桶谷秀昭「太宰治」(『日本人の遺訓』文春新書2006年3月20日[767円]、202〜206ページ)
『日本人の遺訓』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
久世光彦氏・「饗応夫人」のことなど
久世光彦「女神狂乱/太宰治「饗応夫人」」「太宰元年/太宰治」(『美の死』ちくま文庫2006年3月10日[798円]、57〜60ページ、181〜188ページ)
『美の死』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・太宰の「こころの傷」について
吉本隆明「漱石、太宰、三島の「こころの傷」」(吉本隆明『家族のゆくえ』光文社2006年3月1日[1470円]、35〜40ページ)
『家族のゆくえ』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
太宰と湯村温泉(甲府市)のこと
「文人が愛した温泉/湯村温泉(太宰治)」(『日本の名湯を旅する 〈甲信越〉編』JAF出版社2006年3月[1890円]、25〜30ページ)
『日本の名湯を旅する』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と鏡花の母体験について
平山正実「泉鏡花と太宰治―母親の喪失体験に対する態度の相違」(『人生の危機における人間像』聖学院大学出版会2006年2月28日[2310円]、161〜176ページ)
『人生の危機における人間像』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
ハタハタを食べる太宰のこと
檀一雄「太宰治に喰わせたかった梅雨の味」(『わが百味真髄 改版』中公文庫2006年2月25日[840円]、106〜110ページ)
『わが百味真髄』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と太田静子、山崎富栄のこと
半藤一利 「太宰治と二人のおんな」(『恋の手紙 愛の手紙』文春新書2006年2月20日[777円]、57〜63ページ)
『恋の手紙 愛の手紙』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
「斜陽」「HUMAN LOST」のことなど
中村三春「フラグメント 太宰治」(『係争中の主体/漱石・太宰・賢治』翰林書房2006年2月20日 [3,990円]、63〜192ページ)
『係争中の主体』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------
「書」としての太宰の手紙について
太宰治から川端康成に宛てた手紙の写真と石川九楊氏の解説(『一個人』2006年2月号、62〜63ページ)
----------------------------------------------------------------------
斜陽館で「人間失格」の直筆原稿などを展示
「津島家ゆかりの品40点/太宰治直筆原稿も/斜陽館で企画展/五所川原」(東奥日報朝刊2006年1月5日)
※展覧会は3月2日まで開催されます。
----------------------------------------------------------------------
太宰の『津軽』をたどる写真集
『津軽/渡邉智惠子写真集』(MOON PRESS2006年1月1日[1,890円])
『津軽/渡邉智惠子写真集』の購入 amazonはこちらセブンアンドワイはこちら icon
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ