太宰治に関する情報2007 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2007年 


叔母きゑの蔵が太宰記念館に
「土蔵を改修 太宰記念館/五所川原 解体の危機、有志が取得計画/疎開時に寝泊まり くつろぎの空間」(毎日新聞夕刊2007年11月14日)
----------------------------------------------------------------------
『国文学』(至文堂)11月号が太宰特集
『国文学/解釈と鑑賞』(至文堂2007年11月号[1500円])
[特集=太宰治文学に描かれた女性像]
渡部芳紀「文学アルバム=太宰治」、長部日出雄「『斜陽』のフェミニズム」、西田りか「太宰治 習作の女性像」、鳥居邦朗「『晩年』に描かれた女性像」、三谷憲正「『晩年』以降(昭和十年から十二年)に描かれた女性像」、古川裕佳「戦時下の女性像」、萩久保泰幸「晩年の女性像」、山内祥史「津島夕子」、東郷克美「津島キヱ」、柳澤良知「越野(近村)タケ」、傳馬義澄「小山初代」、赤木孝之「田辺あつみ」、島田昭男「太田静子」、千葉正昭「山崎富栄」、相馬正一「津島美知子」、岩田恵子「「満願」」、佐藤秀明「「女生徒」」、木村小夜「「火の鳥」」、山根龍一「「皮膚と心」論」、金子幸代「「自己」との決闘」、小川康子「『新ハムレット』」、麻生和子「「律子と貞子」」、野乃宮紀子「「東京だより」に描かれた女性像」、祝振媛「『竹青』の中の女性像」、志村有弘「「浦島さん」」、山本直人「「カチカチ山」」、浅田高明「「パンドラの匣」」、吉田和明「シュミレーションされた女性像」、山崎正純「「ヴィヨンの妻」 」、金美亨「「斜陽」論」、小林美恵子「『人間失格』の女たち」、渡部芳紀「太宰治文学散歩―深浦を歩く」、山内祥史「太宰治主要参考文献目録―自二〇〇四年五月 至二〇〇六年一二月」
『国文学 11月号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「斜陽館」図録『六月十九日』発行
太宰治記念館・斜陽館編集2007年10月19日[1500円]
※太宰治と生家の津島家、金木とのかかわりをまとめたもの
発行の「かなぎ元気倶楽部」はこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と美知子夫人のこと
「「海」―太宰治と美知子」(『愛の旅人 2』朝日新聞社2007年8月30日[1680円]、4〜11ページ)
『愛の旅人 2』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
中島京子氏・太宰治新潮文庫17冊を一気読み
中島京子「「太宰治」をイッキ読み」(『yom yom (ヨムヨム) 』新潮社2007年7月号[680円]、250〜253ページ)
『yom yom 7月号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
津島佑子氏・父(太宰)のことなど
津島佑子・申京淑『山のある家 井戸のある家/東京ソウル往復書簡』(集英社2007年6月30日[1995円])で、津島佑子氏は父(太宰)のこと(127〜130ページ)、その他母(太宰夫人)、兄(太宰長男)のことなど。
『山のある家 井戸のある家』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』15号発行
『太宰治研究』15号(和泉書院2007年6月19日[4725円])
石川巧「「メリイクリスマス」論」、柏木隆雄「「ヴィヨンの妻」の周辺」、坂根俊英「「父」論」、菅聡子「「女神」小論」、二瓶浩明「「朝」」、斎藤理生「「犯人」の言葉」、飯田祐子「「饗応夫人」論」、遠藤伸治「「酒の追憶」論」、安藤宏「「富嶽百景」論」、 山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー 研究参考書 二〇〇二〜二〇〇四」、山口俊雄「石川淳と太宰治」、奥野政元「太宰治と聖書」、中村三春「「葉」評釈(二)」、近藤周吾「「走れメロス」評釈(一)」
『太宰治研究 15号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰の古書のこと
出久根達郎「太宰治/老年のファン」(『作家の値段』講談社2007年5月21日[1890円]、65〜78ページ)
『作家の値段』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『要約『斜陽』』刊行
『1時間で読める! 太宰治 要約『斜陽』』(講談社2007年5月15日[840円])
※解説:長部日出雄「名作の読み方」
『要約『斜陽』』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
司馬遼太郎が行く、作品『津軽』の旅(写真)
巻頭写真特集「司馬さんが見た太宰治」(『週刊司馬遼太郎 2』朝日新聞社2007年5月1日[900円]、3〜26ページ)
『週刊司馬遼太郎 2』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
加藤典洋著『太宰と井伏』刊行
加藤典洋『太宰と井伏』(講談社2007年4月24日[1575円])
『太宰と井伏』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
池内紀氏・太宰の心中について
池内紀「心中 太宰治」(『作家の生き方』集英社文庫2007年3月25日[520円]、29〜39ページ)
『作家の生き方』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
東郷克美氏・美知子夫人のことなど
東郷克美「二つの生涯」「太宰治と井伏鱒二」「太宰治受容史一面」「津島美知子という存在」「「作者」という物語り―太宰治とは誰か」(『ある無名作家の肖像』翰林書房2007年3月15日[2940円]、100〜126ページ)
『ある無名作家の肖像』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
久世光彦氏対談・太宰の作品のこと
久世光彦・松本健一対談「太宰の永遠性」(川本三郎・斎藤慎爾編『久世光彦の世界』柏書房2007年3月15日[2310円]、134〜141ページ)
『久世光彦の世界』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹著『太宰治伝』が文庫に
猪瀬直樹『ピカレスク―太宰治伝』(文春文庫2007年3月10日[780円])
『ピカレスク―太宰治伝』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「皮膚と心」のこと
「名作ここが読みたい/皮膚と心 太宰治/あの人の強い声、微笑み…/島本理生「木漏れ日のような幸福」」(読売新聞夕刊2007年1月6日)
-----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ