太宰治に関する情報2008 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

2008年 


「富嶽百景」について
「訪ねて あの舞台/傷心癒す雄大な眺め/小説「富嶽百景」/1939年・太宰治(山梨県富士河口湖町)」(読売新聞朝刊2008年12月13日)
----------------------------------------------------------------------
太宰の泊まった「旅館明治」のこと
福田国士「旅館明治 山梨県/湯村温泉 太宰治」(『文豪が愛し、名作が生まれた温泉宿』祥伝社新書2008年12月5日[840円]、134〜144ページ)
『文豪が愛し、名作が生まれた温泉宿』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『東京人』が太宰治を特集
『東京人』(2008年12月増刊号[500円])
[特集=三鷹に生きた太宰治]
My favorite DAZAI
三浦しをん「駈込み訴え」、角田光代「恥」、田口ランディ「黄金風景」、内田樹「盲人独笑」、三浦雅士「グッド・バイ」
・思い出インタビュー
吉本隆明「太宰の親密さにいかれちゃった」、林聖子「太宰さんは明るい方でした」

渡部芳紀「三鷹時代が生んだ健康的で、ユーモアに富んだ作品たち」、池内紀「跨線橋から見えたもの」、海野 弘「水辺のボヘミア」、佐藤清孝「三鷹に愛されし作家」、安藤宏「井伏鱒二」、粕谷一希「坂口安吾」、小玉武「檀一雄」、木内昇「もっと深く知りたい、太宰治のこと」
----------------------------------------------------------------------
没後60年記念展図録
『太宰治 三鷹からのメッセージ』(三鷹市芸術文化振興財団2008年11月22日[1000円])
池内紀「語りの名人」、福嶋朝治「三鷹での太宰の交遊録」、相原悦夫「太宰が住んだころの三鷹」、みたか太宰の会「陸橋」、木村小夜「読み継がれた六十年」、松田哲夫「太宰治の読まれ方」、安藤宏「太宰治の文学」
----------------------------------------------------------------------
『直筆で読む「人間失格」』を出版
『直筆で読む「人間失格」』(集英社新書ビジュアル版2008年11月19日[1470円]
『直筆で読む「人間失格」』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『ユリイカ』9月号が太宰治・坂口安吾特集
『ユリイカ』(2008年9月号[1300円])
[特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”]
町田康(聞き手=千野帽子)「後ろめたさとともに書く」、吉本隆明「男とはマザー・シップと見つけたり」、島尾伸三「読者失格」、木村綾子「孤独の共犯者」、伊藤氏貴「逃げ水の行方」、神山修一「『人間失格』の語り手はなぜダメ人間でなければならなかったのか?」、速水健朗「ケータイ小説として再発見される『人間失格』」、千野帽子「恋と革命・21世紀旗手」、佐藤泉「より強くアナクロニズムを」、ゆずはらとしゆき「男の〈顔〉と喰えない女」、選・解説=青木純一「太宰治/坂口安吾をいま読むための作品ガイド」
『ユリイカ』9月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『人間失格』を横書きで出版
「ヨコ書きの文豪名作/漱石「こころ」、太宰「人間失格」発売」(読売新聞朝刊2008年8月22日)
※ゴマブックスが8月1日に発売。
『人間失格』(ゴマブックス)の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『晩年』について
「お買い得「太宰デパート」/伊藤たかみさんの愛書探訪/晩年 太宰治」(読売新聞夕刊2008年8月9日)
----------------------------------------------------------------------
桜桃忌のこと
長谷川敦「桜桃忌に参加してみました」(『文蔵』2008年8月号、63〜66ページ)
『文蔵』8月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・「斜陽」のこと
吉本隆明「太宰治『斜陽』」(『日本近代文学の名作』新潮文庫2008年7月1日[420円]、129〜136ページ)
『日本近代文学の名作』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』16号発行
『太宰治研究』16号(和泉書院2008年6月19日[6300円])
【作品論】
新保邦寛「「母」論」、坪井秀人「『斜陽』と天皇」、下野孝文「「フォスフォレッスセンス」論」、川津誠「「美男子と煙草」論」、伊狩弘「「眉山」論」、馬場重行「「渡り鳥」論」、水洞幸夫「「家庭の幸福」論」、浦田義和「「グッド・バイ」論」
【資料紹介】
林晃平「『お伽草紙』の「浦島さん」の論」、松田忍「「貧の意地」「遊興戒」試論」、山内史「太宰治ビブリオグラフィー 2003〜2004」
【作家論】
勝原晴希「伊東静雄と太宰治」、安東璋二「亀井勝一郎と太宰治」、田中俊男「木山捷平と太宰治」
【作品評釈】
中村三春「「葉」評釈(三)」、近藤周吾「「走れメロス」評釈(二)」、三谷憲正「「葉桜と魔笛」評釈(一)」
『太宰治研究16号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
林忠彦撮影・バールパンの太宰の写真について
「自然な姿を撮れたわけ/「太宰治」/林忠彦」(朝日新聞夕刊 be evening 2008年6月11日)
----------------------------------------------------------------------
『文蔵』6月号が太宰特集
『文蔵』(PHP文庫2008年6月号[500円])
[特集=はじめての「太宰治」]
綿矢りさインタビュー「「人間失格」を読んで、デビュー作を書きました。」、朱川湊人インタビュー「読む年齢やその時々の気分で、ちがう読み方ができる。」、「なぜ世代をこえて愛され続けるのか? 人物編/作品編」、「ゆかりの地と作品の舞台を歩く 青森・津軽/東京・三鷹」、「文庫で読める「太宰」作品」、童門冬二・太田治子対談「わが心の内なる太宰治」
『文蔵』6月号の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
旧制高校時代のノート発見のこと
「太宰/悩める自画像/旧制高校時代のノート発見」(読売新聞夕刊2008年4月1日)
----------------------------------------------------------------------
旧制高校時代のノート刊行
『太宰治・旧制弘高時代ノート「英語」「修身」』(青森県近代文学館2008年3月21日[1200円])
※解説:安藤宏
青森県近代文学館はこちら
----------------------------------------------------------------------
美知子夫人の『回想の太宰治』文庫で刊行
津島美知子『回想の太宰治』(講談社文芸文庫2008年3月10日[1470円])
※解説:伊藤比呂美
『回想の太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
『国文学』(学灯社)3月号が太宰特集
『国文学/解釈と教材の研究』(学灯社2008年3月号[1600円])
[特集=太宰治とは誰か]
久保田裕子「教材としての「清貧譚」」、佐藤厚子「「新しい物語」としての『お伽草紙』」、松本和也「太宰治「カチカチ山」」、佐々木義登「太宰治「燈籠」論」、田中和生「太宰治の現代性」、木村綾子「『人間失格』から聴こえる声」、渡部芳紀「太宰治と俳句」、相馬明文「太宰治の表現」、佐藤隆之「太宰の強さ」、藤原耕作「「佳日」を中心に」、石井和夫「太宰治と梶井基次郎」、相馬正一「太宰治と芥川龍之介」、今幸樹「太宰治記念館『斜陽館』の活動と現在」
『国文学 3月号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰と資生堂パーラーのこと
J.C.オカザワ「太宰治/資生堂パーラー銀座本店」(『文豪の味を食べる』マイコミ新書2008年2月29日[882円]、122〜126ページ)
『文豪の味を食べる』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
「斜陽」のこと
姜辰根「太宰治「斜陽」」(『国文学/解釈と鑑賞』至文堂2008年2月号[1500円]、125〜131ページ)
『国文学 2月号』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
井上ひさし「人間合格」を上演(こまつ座)
「岡本健一 命がけで演じる太宰/井上ひさし作「人間合格」」(読売新聞夕刊2008年1月30日)
上演の予定はこちらです。
----------------------------------------------------------------------
『ちくま日本文学/太宰治』刊行
『ちくま日本文学/太宰治』(ちくま文庫2008年1月10日[924円])
【収録作品】魚服記、ロマネスク、陰火、満願、黄金風景、津軽・抄、女生徒、千代女、十二月八日、新釈諸国噺より(貧の意地、破産、吉野山)、お伽草紙より(カチカチ山)、親友交歓、トカトントン、桜桃、ヴィヨンの妻
※解説:長部日出雄
『ちくま日本文学/太宰治』の購入 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ