太宰治に関する情報1999年 - 太宰治論

                      表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ

太宰治に関する情報

1999年


保昌正夫氏・太宰と横光利一のこと
「横光利一と太宰治」(『横光利一』笠間書院1999年12月30日[1700円]、115〜125ページ)
『横光利一』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治について
鎌田慧「”21世紀旗手”としての太宰治/人間の弱さへの寛容と優しさ」(東京新聞夕刊1999年12月28日)
----------------------------------------------------------------------
嵐山光三郎氏・太宰治への追悼文について
嵐山光三郎「太宰治/若年にして晩年」(『追悼の達人』新潮社1999年12月15日[1700円]、319〜326ページ)
『追悼の達人』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
旧制弘前高校時代の下宿先が道路予定地に
・「太宰治の下宿先残そう/弘前の民家・道路建設で移転対象に/旧制高校時代に3年・欄干など当時のまま/市民有志・「移築保存を」県や市に要求」(河北新報朝刊1999年12月15日)
・「「太宰の下宿」保存を/日本民家再生リサイクル協・弘前市長に要望書」(東奥日報朝刊1999年12月1日)
・「太宰の下宿残したい!/都市計画道路整備で取り壊しの危機/弘前・藤田さん宅/民間団体が調査/市に保存申請へ」(東奥日報朝刊1999年11月6日)
----------------------------------------------------------------------
佐高信氏・「太宰と三島と江藤淳」のこと
佐高信「太宰治、三島由紀夫――江藤淳と交わした憲法論議を「桜桃忌」に思う」(『鵜の目鷹の目佐高の目3』読売新聞社1999年12月3日[1500円]、19〜23ページ)
『鵜の目鷹の目佐高の目3』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
瀬戸内寂聴氏・斜陽日記のことなど
瀬戸内寂聴「太宰と『斜陽日記』」(『あした見る夢』朝日新聞社1999年12月1日[1400円]、14〜16ページ)
『あした見る夢』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
森本幹雄氏・太宰文学のこと
森本幹雄「太宰文学の魅力」(『ことば美人』文芸社1999年12月1日[1200円]、60〜63ページ)
『ことば美人』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載
鎌田慧「津軽・斜陽館(3)/太宰治と生家・津島家を辿る/第三章棟梁」(『小説non』祥伝社1999年12月号)
「父は名大工と呼ばれる男に依頼して大邸宅を新築した。その陰には”ライバル”へのひそかな対抗意識があった。太宰はこの家で生まれた最初の子供である。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
重松清氏・小説「桜桃忌の恋人」刊行
重松清「桜桃忌の恋人」(『日曜日の夕刊』毎日新聞社1999年11月25日[1700円]、65〜97ページ)
『日曜日の夕刊』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
吉本隆明氏・太宰治のこと
吉本隆明「いつもそばに、本が(下)/太宰治のように書けたらなあ」(朝日新聞朝刊1999年11月21日)
----------------------------------------------------------------------
桜桃忌のこと
「桜桃忌」(小金沢豊、小池章編著『クラスを楽しくする例話集2/明快小ネタ小ばなし集』学事出版1999年11月15日[1600円]、34ページ)
『クラスを楽しくする例話集2』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
轡田隆史氏・『津軽』について
轡田隆史「ほろ苦く、切なく、妙に己がいとおしくなる/『津軽』太宰治」(『人生の肝心なことがここにある』海竜社1999年11月15日[1500円]、126〜134ページ)
『人生の肝心なことがここにある』 amazonはこちら
----------------------------------------------------------------------
太宰治の足跡をたどる冬列車の旅の本
櫻井寛「津軽線・海峡線(青森〜三厩)−青森から蟹田を経て、竜飛へ/太宰治の足跡をたどる車窓の旅」(『絶景・冬列車の旅』東京書籍1999年11月9日[2200円]、82〜95ページ)、他に津軽鉄道、五能線など10路線
『絶景・冬列車の旅』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載
鎌田慧「津軽・斜陽館(2)/太宰治と生家・津島家を辿る/第二章地主」(『小説non』祥伝社1999年11月号)
「「私は貧農の子孫である」――地元の名士の子として豪邸で産声を上げた太宰だが、なぜかその出自をことごとく否定した。何が彼をそうさせたのか。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
小田切秀雄氏・太宰治のこと
小田切秀雄「肉眼で見た敗戦直後の文学の高揚/戦後文学の回想と検討(二)」(『群像』1999年11月号)には、「太宰治の「きりぎりす」」「太宰治と共産党」という文章が収録されている。
----------------------------------------------------------------------
『太宰治を読む』刊行
佐藤泰正編『太宰治を読む』/梅光女学院大学公開講座論集・第45集(笠間書院1999年10月30日[1000円])が刊行される。
相馬正一「太宰治と井伏鱒二」、鶴谷憲三「太宰治と旧制弘前高等学校」、宮田尚「『新釈諸国噺』の裏側」、北川透「太宰治『惜別』と二つの戦争」、佐藤泰正「『人間失格』再読」、村瀬学「『人間失格』を読み替える」、宮野光男「「グッド・バイ」を中心にして」、佐藤泰正「戦時下の太宰・一面」
『太宰治を読む』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
枡野浩一氏・『斜陽』を短歌化
枡野浩一「この名作を短歌化!PART2/太宰、失格。/『斜陽』太宰治」(『君の鳥は歌を歌える』マガジンハウス1999年10月21日[1300円]、132〜137ページ)
『君の鳥は歌を歌える』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
作田明氏・太宰治の病跡について
作田明「太宰治/『斜陽』を中心に」(『天才たちのパトグラフィ』新樹社1999年10月12日[2000円]、202〜267ページ)、他に伊能忠敬、尾崎豊など
『天才たちのパトグラフィ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(4)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』1999年秋号、1999年10月1日)
「見合いの後、太宰から美知子の許に、二年前に刊行された彼の第一創作集『晩年』と、無意識の求婚状ともいえる掌篇『満願』が送られてくる。作品を読んだ美知子は『晩年』に収録されている『思ひ出』の中の、いちばん心に響いた一節を書き写し、手紙に添えて御坂峠の天下茶屋に滞在する太宰へ宛てて送った。」(「前号まで」から)
----------------------------------------------------------------------
爆笑問題の太田光氏・太宰治のこと
太田光「太宰と賢治」(爆笑問題『ヒレハレ草』二見書房1999年10月1日[1000円]、40〜43ページ)
『ヒレハレ草』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
鎌田慧氏・太宰治と生家に関して連載開始
鎌田慧「津軽・斜陽館(1)/太宰治と生家・津島家を辿る/第一章兄弟」(『小説non』祥伝社1999年10月号)
「太宰治は明治四十二年六月十九日、青森県北津軽郡金木村の豪邸に生まれた。現在『斜陽館』として親しまれているこの家は、入母屋造りの二階建て、宅地六百八十坪の大きさである。父・源右衛門は「金木の殿様」と呼ばれた大地主で、県会議員、衆議院議員を努めた名士でもあった。/太宰誕生時の津島家は曾祖母から使用人まで、三十人以上が暮らす大家族だった。源右衛門の没後、その家督を継いだのが長兄・文治である。六男の太宰は、この家に何を見ていたのだろうか。/人は「家」から逃れられない。ルポルタージュの第一人者が太宰のルーツを辿る。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
堀田善衛・生前の太宰治を語る
堀田善衛『めぐりあいし人びと』(集英社文庫1999年9月25日[438円])には、生前の太宰治に関するエピソードが披露されている。
『めぐりあいし人びと』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
井伏鱒二・太宰の死のこと
井伏鱒二「”悪人”にされた」「太宰治の死」「弔辞[太宰治葬儀]」「[太宰治文学碑]」(『井伏鱒二全集別巻1』筑摩書房1999年9月25日[6200円]、68、69〜71、471、482ページ) 
『井伏鱒二全集別巻1』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
猪瀬直樹氏・太宰治の死の謎について連載開始
猪瀬直樹「ピカレスク(1)/太宰治と井伏鱒二」(『週刊ポスト』1999年9月24日号)
「昭和二十三年六月十三日は蒸し暑く、寝苦しい夜だった。流行作家の太宰治は二十九歳の美容師山崎富栄と夜の黙寂(しじま)に消えた。世間では『斜陽』が話題をさらっている。そのうえにふってわいたこの心中事件――。ジャーナリズムは連日、二人の行方を追跡した。紙屑籠にまるめられ棄てられた遺書の下書きが見つかった。「井伏さんは悪人です」 太宰治の文学の師であり媒酌人であり後見人である井伏鱒二へ投げつけた唐突すぎるメッセージ。その謎とは‥‥。」(リード)
----------------------------------------------------------------------
野平健一氏・「続矢来町半世紀」を出版
野平健一『西暦1999ー続矢来町半世紀』(自費出版1999年9月23日[2000円])に、太宰治に関する文章「モデルの真贋」「志賀直哉と『如是我聞』」「見事な口述原稿」「太宰治「玉川心中」の情死現場」収録。
----------------------------------------------------------------------
小泊村に文学碑
小説『津軽』のクライマックスの舞台である青森県小泊村では、太宰治本人がたどった4.5キロメートルの道を「太宰とたけ・再会の道」と名付け、その道沿いに6カ所の文学碑を建立中。(読売新聞夕刊1999年9月4日)
----------------------------------------------------------------------
『解釈と鑑賞』太宰治を特集
『国文学・解釈と鑑賞』(至文堂)1999年9月号が「太宰治の謎」という特集を組んでいる。
渡部芳紀「文学アルバム太宰治」「太宰治−心の王者・言葉の魔術師」「太宰治文学散歩(金木編)」「インターネットにおける近代文学情報(6)」、安藤宏「太宰文学における<女性>」、鳥居邦朗「太宰治の自然観」、中村三春「太宰治と義太夫」、神谷忠孝「太宰治と横光利一」、和田季絵「太宰治参考文献目録・1994年から」、”作品の世界”として相馬正一「随想『もの思ふ葦』」、麻生和子「『列車』」、花田俊典「『猿面冠者』」、傳馬義澄「『彼は昔の彼ならず』」、服部康喜「『玩具』」、五十嵐康夫「『陰火』」、金美亨「『ダス・ゲマイネ』」、大國眞希「『二十世紀旗手』」、西田りか「『火の鳥』」、鶴谷憲三「『盲人独笑』」、高和政「『乞食学生』」、塚越和夫「『新ハムレツト』」、和田季絵「『正義と微笑』」、安藤恭子「『右大臣実朝』」、野乃宮紀子「『惜別』」、室井庸一「『ヴィヨンの妻』」、千葉正昭「『グッド・バイ』」、関谷一郎「『如是我聞』」、新刊紹介として麻生和子「渡部芳紀著『探訪・太宰治の世界』」
----------------------------------------------------------------------
「走れメロス」他・mini文庫に
『走れメロス』(角川mini文庫1999年8月25日[200円])、表題作の他に「駈込み訴へ」「老ハイデルベルヒ」「富嶽百景」を収録
『走れメロス』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安吾全集に座談が収録
「現代小説を語る(太宰治、坂口安吾、織田作之助、平野謙による座談)」「歓楽極まりて哀情多し(太宰治、坂口安吾、織田作之助による鼎談)」(『坂口安吾全集17』筑摩書房1999年8月20日[7800円]、182〜196ページ、333〜342ページ)
『坂口安吾全集17』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長野隆氏・「中也と太宰」について
長野隆「詩における〈かたり〉−中原中也へ太宰治から」「〈うた〉と〈かたり〉の思想−続「詩における〈かたり〉」/太宰治と中原中也」(『抒情の方法』思潮社1999年8月1日[2800円]、203〜235ページ)
『抒情の方法』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
桜岡孝治氏・太宰治の原稿を寄贈
「太宰の原稿「斜陽館」に寄贈/学生新聞の随筆『走ラヌ名馬』と著書の序文/千葉の桜岡さん」(毎日新聞夕刊1999年7月31日)
----------------------------------------------------------------------
石内徹氏・「荷風と太宰」について
石内徹「荷風と太宰・その反俗の構造」(『荷風文学考』クレス出版1999年7月25日[4700円]、14〜29ページ)
『荷風文学考』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
シンポジウムの記録出版
長野隆編『シンポジウム/太宰治・その終戦を挟む思想の転位』(双文社出版1999年7月22日[2400円])
1998年7月31日に弘前大学で開かれた、太宰治没後五十年記念シンポジウムの記録。基調報告として安藤宏「「語り」の力学」、藤井貞和「思想は騙るか」、東郷克美「天皇・エロス・死」、討議、参加者印象記
『太宰治・その終戦を挟む思想の転位』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
志賀直哉・太宰治の死に関して
志賀直哉「太宰治の死」(『志賀直哉全集第8巻』岩波書店1999年7月7日[4000円]、257〜264ページ)
『志賀直哉全集第8巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(3)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』1999年夏号、1999年7月1日)
「昭和十三年九月、太宰治は、井伏鱒二を介して甲府に住む石原美知子と見合いをした。美知子は東京女子高等師範学校出身の才媛で、山梨県立都留高等女学校の教師を勤めていた。放蕩無頼のデカダンな生活を送っていた太宰は、美知子との出会いを機に、崩壊してしまった自分の生活と創作活動を新たに建て直したいと望み、美知子もまた、太宰の中に早逝した最愛の兄の面影を重ねつつその才能に魅きつけられていた。」(「前号まで」)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載
長部日出雄「桜桃とキリスト(2)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』1999年春号、1999年4月1日)
「昭和十三年七月、山梨県立都留高等女学校の教師をしている数えで二十七歳の石原美知子の許に、井伏鱒二を介して太宰治との縁談が持ちこまれた。その頃の太宰は、一部に熱烈な信奉者がいる一方、一般的にはまだ無名に近い作家だった。縁談があって間もなく、美知子は東北から北海道へ一人旅に出た。青函連絡船を待つ青森で、偶然太宰の本を見つけた彼女はこの本で初めて太宰の顔を知り、その文章に接したのだった。」(「前号まで」)
----------------------------------------------------------------------
長部日出雄氏・太宰治伝を連載開始
長部日出雄「桜桃とキリスト(1)/もう一つの太宰治伝」(『別冊文藝春秋』1999年冬号、1999年1月1日)
「太宰治の絶頂期から玉川上水の心中まで、同郷の作家が満を持して描く評伝小説のスタート」(目次から)
----------------------------------------------------------------------
小田三月氏・「太宰治と実朝」のこと
小田三月『歴史の点景』(審美社1999年6月30日[2200円])には、「昭和十八年の実朝」(7〜89ページ)として、太宰治の『右大臣実朝』と小林秀雄の「実朝」が取り上げられている。
『歴史の点景』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
東郷克美、風間杜夫氏・『斜陽』に解説
『斜陽』(集英社文庫1999年6月25日[324円])の解説に東郷克美「太宰治のユートピア」、風間杜夫「「人間」を教えてくれたバイブル」
『斜陽』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
「パウロの混乱」・『日本の名随筆』に収録
太宰治のエッセイ「パウロの混乱」が、田川建三編『日本の名随筆別巻100聖書』(作品社1999年6月25日[1800円]、117〜120ページ)に収録される。
----------------------------------------------------------------------
小林紀晴氏・『人間失格』を写真化
小林紀晴『Tokyo Generation』(河出書房新社1999年6月25日[1800円]、157〜189ページ)では、『人間失格』の写真化が試みられている。三鷹で撮影された写真15枚に、『人間失格』から採られた「言葉」が重ねられている。他に中上健次『十八歳、海へ』、宮澤賢治『銀河鉄道の夜』などの作品が写真化。
『Tokyo Generation』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『太宰治研究』6号発行
『太宰治研究』6号(和泉書院1999年6月19日[5000円])が発行される。
安藤宏「太宰治の実生活に関する新資料三題」で紹介されている「心中未遂事件の遺書」「武蔵野病院退院時の長兄との誓約書」「船橋薬局パビナール購入簿」は、「太宰治の二十世紀」展で初めて公開されたもの。作品論として笠井秋生「「駈込み訴へ」試論」、田近洵一「「老ハイデルベルヒ」論」、出原隆俊「「誰も知らぬ」試論」、乗原丈和「「善蔵を思ふ」論」、濱森太郎「「走れメロス」の着想について」、九頭見和夫「「女の決闘」論」、藤原耕作「「盲人独笑」論」、田中励儀「「失敗園」論」、服部康喜「「一燈」論」、佐藤厚子「「きりぎりす」論」、林原純生「「リイズ」を端緒として」、国松昭「「乞食学生」論」、回想記として小館善四郎「三枚の年賀ハガキ」、植山玲子「太宰治、一度だけ会った日のこと」、作家論として山崎正純「ヴェルレーヌと太宰治」、花田俊典「太宰治とボードレール」、中村三春「ジイドと太宰の”純粋小説”」、作品評釈として石田忠彦「「列車」評釈」、他に山内祥史「太宰治ビブリオグラフィー/研究参考書1994〜1995」
『太宰治研究6号』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
桜桃忌に関連して
・「太宰の足跡を案内/三鷹・市民自らが観光ガイドに/きょう桜桃忌/25日に協会発足」(毎日新聞朝刊東京版1999年6月19日)
・「ホームページ/太宰しのぶサイト数々」(日本経済新聞朝刊1999年6月19日)では、太宰治関連のホームページとして「時流を超えて」「鏡太郎ほめぱげ文庫」「HUMAN LOST」「太宰治資料館」「青空文庫」が紹介されている。
・「太宰治追悼の桜桃忌衣替え/「生誕記念祭」を開催/古里の青森金木町」(日本経済新聞夕刊1999年6月19日)
----------------------------------------------------------------------
津軽半島を舞台にした推理小説
深谷忠記『「太宰治の旅」殺人事件/北津軽逆アリバイの死角』(ケイブンシャ文庫1999年6月15日[552円])
----------------------------------------------------------------------
「太宰治の二十世紀」展開催
1999年6月4日から16日まで、東京吉祥寺の東急百貨店にて、日本近代文学館・朝日新聞の主催で開催。
----------------------------------------------------------------------
『國文學』太宰治を特集
『國文學・解釈と教材の研究』(學燈社)1999年6月号が「変貌する太宰治」という特集を組んでいる。
安藤宏「文献学の中の太宰治−新公開資料(草稿)の意味するもの」、”時代とイデオロギー”として花田俊典「太宰治のマルキシズムと転向」、原仁司「戦争とナショナリズム」、山崎正純「太宰治と中国」、川村湊「「戦後」の思想」、”太宰治のトポス”として鶴谷憲三「弘前」、東郷克美「甲府」、渡部芳紀「三鷹」、”検証・<女性>の独白体”として根岸泰子「「女生徒」」、榊原理智「「皮膚と心」」、千田洋幸「「千代女」の言説をめぐって」、江種満子「「ヴィヨンの妻」」、中村三春「「斜陽」のデカダンスと”革命”」、資料として山内祥史「太宰治作品の典拠資料」、相馬正一「『斜陽日記』のオリジナリティー」、小林栄助「小林倉三郎と太宰治」、他に『晩年』「ダス・ゲマイネ」「創生記」「女生徒」「女の決闘」「駈込み訴へ」「新郎」「十二月八日」「冬の花火」「斜陽」「人間失格」に対する同時代評価の問題点、木村小夜「太宰治研究の現在ー研究文献を紹介しながら」
----------------------------------------------------------------------
安藤宏氏・太宰と川端康成のこと
安藤宏「川端康成と太宰治」(田村充正・馬場重行・原善編『川端文学の世界4/その背景』勉誠出版1999年5月30日[3200円]、156〜168ページ)
『川端文学の世界4』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『人間失格』執筆の宿・起雲閣のこと
マガジントップ編『文士たちの宿』(山海堂1999年5月30日[1600円]、10〜15ページ)に「太宰治・起雲閣(静岡県/熱海温泉)」
「水平線を望む部屋で『人間失格』を書き続ける太宰/その女はただ、見つめていた」(リード)
『文士たちの宿』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
北杜夫氏・太宰のこと
北杜夫「太宰治の思い出」(『マンボウ酔族館パート6』実業之日本社1999年5月25日[1200円]、237〜241ページ)
『マンボウ酔族館パート6』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『太宰治全集第13巻』発行
『太宰治全集第13巻/草稿』(筑摩書房1999年5月25日[5900円])が発行される。今回の全集全13巻の刊行はこれで完結する。
初めて全集に収録されたのは、「人間失格」原稿・草稿、「斜陽」原稿・草稿、「如是我聞」原稿・草稿、「如是我聞」手帖、「グッド・バイ」原稿・草稿、「カレツヂ・ユーモア・東京帝國大學の巻」草稿、「HUMAN LOST」草稿断片、「貴族風」草稿断片、「火の鳥」草稿断片、「春の盗賊」草稿断片、「老ハイデルベルヒ」草稿断片、「善藏を思ふ」草稿断片、「自信の無さに就いて」草稿、「盲人獨笑」草稿断片、「乞食學生」草稿断片、「大恩は語らず」草稿断片、「一燈」草稿断片、「花吹雪」断片、「犯人」草稿断片、「渡り鳥」草稿断片、「櫻桃」草稿断片、「家庭の幸福」草稿断片、鎌倉心中事件遺書、「善藏を思ふ」構想メモ、「惜別」メモ、『花燭』目次案、『太宰治全集』目次案、『井伏鱒二選集』草案、断片メモ、税金審査請求書、である。
他に山内祥史「著作年表」「年譜」、安藤宏「解題」、月報13に猪瀬直樹「二万の山椒魚たち」、山内祥史「「著作年表」「年譜」作成の回想」、関井光男「太宰治とテクスト」
『太宰治全集第13巻』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
池内輝雄、井坂洋子氏・『走れメロス・おしゃれ童子』に解説
『走れメロス・おしゃれ童子』(集英社文庫1999年5月25日[333円])の解説に池内輝雄「太宰治という虚像」、井坂洋子「清らかな目をあげて」
『走れメロス・おしゃれ童子』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
『太宰を支えた女性たち』出版
市川渓二『太宰を支えた女性たち』(北の街社1999年5月20日[1905円])
『太宰を支えた女性たち』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
安藤宏氏・「太宰治の二十世紀」展について
安藤宏「時代に立ち向かった文学/「太宰治の20世紀」展が問うもの/没後もさまざまに再発見/新資料が明かす創作の後」(朝日新聞夕刊1999年5月18日)
----------------------------------------------------------------------
立川談志氏・太宰治の作品に感動して新釈落語
立川談志『新釈落語咄』(中公文庫1999年5月18日[590円])の「前口上」には、「……題名も、太宰治は『新釈諸国噺』から勝手に拝借して『新釈落語咄』となった次第だが、内容的には『お伽草紙』に近い。/ガキの頃、太宰の『お伽草紙』を読んだ感動はいまだに残っていて、それを何とか落語に適用したいもの、と心のどこかにそれがあったのである。」と書かれている。
解説・太田光(爆笑問題)
『新釈落語咄』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
曾根博義氏・「ヴィヨンの妻」のことなど
曾根博義「太宰治『ヴィヨンの妻・桜桃他八篇』/女性独白体の魅力」(『近代日本文学のすすめ』岩波文庫1999年5月17日[660円]、327〜334ページ)
『近代日本文学のすすめ』 amazonはこちら

----------------------------------------------------------------------
太宰治の遺書公開
「太宰治の遺書公開へ/21歳の鎌倉心中未遂事件/小山初代あて/「お前も自由」」(朝日新聞朝刊1999年5月1日)
----------------------------------------------------------------------


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 

表紙太宰治に関する情報[最新と目次]サイトマップ