太宰治とつげ義春の御嶽

                                  表紙サイトマップ

太宰治とつげ義春の
                    御嶽へ行ってきました

                                                            2001.11.26UP

1 太宰治の御嶽

太宰治直筆の寄せ書きが、
奥多摩のそば屋にあるかもしれない。
青梅線の御嶽駅近くの、
玉川屋というそば屋に、である。
行ってみたい。
直筆を見てみたいというより、
それがほんとうにあるのかどうか、
それを確かめてみたいという、
そんな好奇心のほうが強かった。 

玉川屋
玉川屋(2001年11月13日撮影)

青柳いづみこ著『青柳瑞穂の生涯』
(新潮社2000年9月)に、
こんなことが書いてあって、
そんな興味をかきたてられた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昭和17年2月5日、
太宰治、上林暁、青柳瑞穂、木山捷平ら7人は、
奥多摩の御嶽に遠足に行った。
立川駅に12時半に集合。
青梅線の沢井という駅で降り、
多摩川の河原づたいに御嶽まで散策した。

沢井駅を出て、
澤乃井という大きな造り酒屋の庭に乾かされている、
六尺桶を見ながら坂を下ると、
楓橋という白い橋に出る。
橋の向こうにある寒山寺の鐘撞き堂で、
さっそく誰かがひとつ鐘を撞いた。
見ると、
「乱打してはいけない」と注意書きがある。
楓橋を戻って、
川沿いに岩角づたいの路をたどって歩く。
御嶽橋に着き、
吊り橋の上で写真を撮った。

ハイキングを終えた一行は、
御嶽駅近くの玉川屋というそば屋に上がった。
そこで、
いまは太平洋戦争に報道班員として徴用されて不在の、
井伏鱒二、小田嶽夫、中村地平に
寄せ書きをしたためた。
3時から9時までしたたかに飲んで、
9時26分の御嶽発の電車に乗った。

御嶽からの寄せ書きは、
シンガポール入りした井伏鱒二のもとに
無事届けられた。
寒山寺における寄せ書き落掌」と書かれた、
井伏の礼状が残っている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして青柳いづみこ氏は、
つぎのような謎めいた
(と感じるのは私だけかなぁ)
一文を書きつけている。

店に飾られた寄せ書きによれば、
木山は八杯も蕎麦をたいらげた。
瑞穂も
「そばきさらぎ玉川や 川ざかなよろしよろし」と書き、
太宰一人が
「川沿ひの路をのぼれば赤き橋 
またゆきゆけば人の家可奈」と気取っている。

この、
店に飾られた寄せ書き」というのは、
玉川屋で井伏鱒二、小田嶽夫、中村地平にあてて
したためられた寄せ書きなのか。
直筆なのか、それともコピーなのか。
いまでも玉川屋にあるのか。
そもそも、玉川屋はいまもあるのか。
謎だらけだ。 

考えていても仕方がない。
行ったほうが早そうだ、いい季節だし。
というわけで、
太宰たちがたどったコースをたどってみようと、
奥多摩に出かけた。

 

2 つげ義春の御嶽

つげ義春のマンガは好きで、
くり返し読んできた。
旅行記も好きだ。
『無能の人』(日本文芸社)の「あとがき」には、
御嶽駅前の渓谷美は圧巻だった。
これまであちこちの渓谷を見てきたけれど、
御嶽駅前の美しさ以上のものは見たことない。

と書かれていて、ずっと気になっていた。

つげ義春「探石行」から
つげ義春「探石行」から

そのときのことは、
「奥多摩貧困行」
(新潮文庫の『新版貧困旅行記』に収録)
という文章に、
こんなふうに書かれている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昭和60年5月の連休。
東京の秋川沿いにある檜原村に、
つげ義春は家族3人で出かけた。
国民宿舎の殺風景な部屋に一泊したが、
侘しくなるばかりで意気が上がらない。

翌日、満足しない妻子にせがまれ、
奥多摩に行くことにする。
連休でどこもいっぱいだったが、
やっと、御嶽駅の近くにある
五州園という旅館の離れに泊まることができた。
翌朝、宿の下を流れる多摩川におりてみて、
つげ義春は感激する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その感激を、つげ義春はこう書いている。

この御岳橋付近の渓谷を眺めて、
私は久しぶりに自然の景色に感激した。
くもっていた目が洗われた気がした。
これまでは景色を見ても
あまり心を動かされることはなかったので、
以前とくらべ何か心持ちが変化したのだろうか、
有難い気持ちで見ることができた。

太宰治とつげ義春の御嶽へ行ってみたい。

 

3 御嶽へ 

2001年11月13日(火)。
中央線で立川に向かう。
途中、三鷹駅を通過する。
太宰はここから乗ったのだろう。

立川で青梅線に乗り換える。
青梅駅で奥多摩行きに乗り換えた当たりから、
奥多摩を散策するらしい
オバサンの小グループでにぎやかになる。
もしかすると、オバサンたち、
いまが一番充足しているときかもしれない。
そう思うと、うるさいと感じるよりも、
うらやましいと感じる。
オジサンのグループは見当たらない。
一人でいるのは私くらいかもしれない。

沢井駅を降り、
清酒澤乃井の小沢酒造を左に見て、
坂を下っていく。
すぐ多摩川に出る。
吊り橋になった楓橋を渡ると、
寒山寺の鐘撞き堂が目の前にあった。
「乱打してはいけない」という注意書きはなかったが、
2、3度ついてみると、
もっと続けたくなるからおかしい。
きっと、乱打する人がたくさんいたので、
そんな注意書きをするようになったに違いない。
乱打したくなる気持ち、
やってみてすごくよく分かった。

寒山寺鐘撞堂
寒山寺の鐘撞き堂

楓橋を戻って、
川沿いの遊歩道を上流の御嶽へ向かう。
紅葉の季節なので、人が多い。
30分ほどで、御嶽橋に到着する。
つげ義春と同じ渓谷を見ていると思うだけで
感傷的になる。
でも、心が洗われるほど感激するには、
人のいない朝早くにこないと
だめかもしれないと思う。

御嶽渓谷
御嶽渓谷

すぐ上の御嶽駅から、
青梅街道を上流方向にすこし行くと、
つげ義春の泊まった五州園が左に見えた。
五州園の離れは
渓谷沿いに下の方にあるはずだから、
もう一度遊歩道に降りてみる。

あったあった! 
遊歩道のすぐわきの高台に、
五州園の離れらしい建物がある。
離れは木造二階の安アパートのように見えた
と書いてあったから、
これに間違いないと思う。
もっと近づいて見てみたい。
でも敷地の入口には、
通り抜け禁止の看板がぶらさげてある。

通り抜け禁止の看板
「私有地のため
通り抜けできません 五州園」

回りには誰もいない。
だいじょうぶそうだ。
よし、行ってみよう。
離れらしい建物の入口まで近づいてみる。
引き戸のすきまから中をのぞいてみても、
人の気配はない。
完全に廃屋と化しているようだ。
裏に回ってみる。
確かに、渓谷を眺めるのには、
いい位置に建っているのだけれど。

五州園の離れ
五州園の離れ

下の遊歩道の方を見ると、
ほかの人はみんな、散策を楽しんでいる。
ひとりで廃屋の回りをうろついたりしていると、
いったい自分は何をしているのだろうという
気分になってくる。
よそから見たら、やはり変でしょうか。
変ですよね。

いつの間にか2時になっている。
だいぶお腹もすいてきた。
もう一度御嶽駅に戻り、
青梅街道を反対方向にすこし進むと、
左側に玉川屋が見えた。
青梅街道から入ると1階に上がるようになっていて、
上の道から入ると2階に上がるようになっている。
上の道から入った。
思っていたより大きなおそば屋さんだ。

壁をぐるーっと見回し、
色紙が貼ってある壁を見つけると、
すぐ下の席に座った。
都合よく空いていてよかった。
座ってから、ゆっくり色紙を眺めた。
間違いない。
色紙の一枚に、
太宰治、木山捷平ら3人の署名が記されている。
立ち上がってじいーっと見た。
間違いなく、直筆だ。

太宰治の寄せ書き
真ん中の色紙に、
左から太宰治、木山捷平、安成二郎署名の寄せ書き

したたかに飲むこともなく、
天ざるを食べて、
御嶽発の電車に乗った。


『青柳瑞穂の生涯』 amazonはこちら
 青柳 いづみこ
 4104399019

『無能の人』つげ義春(日本文芸社)は絶版ですが、サイト「日本の古本
 屋」で見つけることができるかもしれません(2005年11月23日現在:多数
 あり)。                     →「日本の古本屋」はこちら
 

『貧困旅行記』 amazonはこちら
 つげ 義春
 

表紙サイトマップ