太宰治のいた荻窪の碧雲荘

                                  表紙サイトマップ

太宰治のいた碧雲荘は
           荻窪に残ってました

                                                     2003.10.31UP

碧雲荘が残ってる? 
それまで聞いたことがなかった。
手元にある、
太宰治の文学アルバムや文学紀行を見ても、
碧雲荘のことは載っていない。
そのことを知ったのは、
今年3月に放送された、
NKHラジオの東京文学探訪という
講座のテキストでだった。

現在の碧雲荘
現在の碧雲荘

太宰は荻窪にある碧雲荘に、
薬物中毒を治して退院したすぐ後の、
昭和11年11月15日から、
昭和12年6月20日まで住んでいた。
昭和12年3月には、
初代夫人と心中未遂事件を起し、
その後まもなく離別している。
碧雲荘は太宰にとって、
あまりいい思い出のない場所だったかもしれない。
ここから見た富士山のことを、
太宰は後年、
小説「富嶽百景」でこんなふうに書いている。
アパートの便所の、
金網が張られた四角い窓から見えた富士を忘れない、と。

2003年10月20日(月)
現存するという碧雲荘、
古い建物なので、
いつまで残っているか分からない。
見ておくなら、いまのうちかもしれない。
秋晴れの日、中央線で荻窪に向かった。
金網の張られた便所の四角い窓は、
いまもあるだろうか。

荻窪駅の北口を出て、
天沼本通りにある荻窪税務署を目指す。
駅から800メートルほど歩くと、
天沼本通りの右側に税務署が見えてくる。
そのまま少し進んで、
一つ目の角を右に曲ると、
まもなく右側にそれらしい建物が見つかる。

碧雲荘正面
碧雲荘正面(南側)、
「HUMAN LOST」はここの二階で書かれた

檀一雄は『小説太宰治』で、
「碧雲荘と書くと、堂々たるアパートに聞えるが、
実は全く和室の二階八畳の、間借りだった。
ただ、階上に炊事場が一部屋あって、
間借りでも随時、炊事出来るという状況である。」
と書いているが、
いま見るとなかなか堂々とした造りである。
予想していたのより、ずっと立派だ。
現在はアパートでなく、
個人の住宅となっているようである。

「碧雲荘」と書いてある表札でも残っていないかと、
玄関の近くまで近づいてみるが、
そんなものはどこにも見当たらない。

当時の痕跡が何かないかと、
怪しまれないように、
なにげなく見ていると
(他人の家の玄関先にいるだけで、
充分怪しいのですけれど)、
ありました。
玄関わきの外壁に、
郵便受けのフタが、
当時のままのような感じで残っている。
そしてそれはいまでも、
郵便受けとして使われているようだ。
「口入差聞新便郵」と書いてあるそこを、
太宰宛の郵便も何度か通過したかもしれない。

郵便受けのフタ
「郵便新聞差入口」です。

きょろきょろしていて(やっぱり怪しい)、
気がついたのだけれど、
建物には入口が二ヶ所ある。
変わった造りだと思って見ていたのだが、
一階は大家さんが住んでいて、
二階だけを間貸ししていたので、
大家さん用の入口と間借り人用の入口が
あったのかもしれない。

碧雲荘の入口
入口が二ヶ所

年譜にも、
「大工の棟梁が経営していた二階」とあるから、
一階に棟梁が住んでいて、
二階を太宰が間借りしていたということだろうか。
この建物の堂々とした造り、
大工の棟梁ということと考えあわせると、
何となく納得がいく。

富士山を見たという、
金網張りの便所の窓は分からない。
本当にあったのか、
部屋の中に入れてもらえれば、
もう少しはっきりするかもしれないが、
そこまではなかなか勇気がなくて。

碧雲荘西側
富士山が見えるとすれば、
この西側からだけど……

碧雲荘から500メートルほど行ったところに、
井伏鱒二が昭和2年から、
亡くなる平成5年まで住んでいた家がある。
太宰が美知子夫人と昭和14年に、
結婚式を挙げたのもこの家である。
現在も「井伏」という表札がかかっていて、
住んでいる人がいるようだ。

井伏鱒二宅
碧雲荘からすぐの井伏宅

帰りに歩いた、
天沼キリスト教会から荻窪駅までの教会通りは、
狭くてまがりくねった路地の両側に、
小さな店がたくさん並んでいて、
なかなかいい感じの商店街です。

教会通り
教会通り

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「(昭和十一年)十一月十五日、照山荘アパートから、荷物を杉並区天沼一丁目二百三十八番地碧雲荘に運んで移った。天沼衛生病院裏手の大工の棟梁が経営していた二階であった。」(1999年5月発行『太宰治全集13』所収、山内祥史氏作成の年譜より)


『小説 太宰治』 amazonはこちら
檀 一雄
4006020120

表紙サイトマップ