表紙太宰治論を読む[一覧]サイトマップ

 太宰治論を読む -福田恒存著

2003年10月3日
───────────────────────────────
10 福田恒存 「道化の文学」「太宰治再論」

         『太宰治研究1/その文学』筑摩書房1978年6月15日所収
───────────────────────────────

太宰の死(昭和23年6月)の、直前と直後に書かれたもの。

太宰は同じ場所に、じっと留まっていない。いつも動いている。作者が動くと作品も動き、作品が動くと作者も動く。そして、読者もいっしょに動くから、いつまでも安定は訪れない。この批評を読んで、そんなことを思った。

動きはなぜ生じるのか。「美しい表現のために、自己の事実よりははるかに愛した嘘のために、かさねて嘘をつかねばならなくなつた。」(「道化の文学 」)と言われているように、「愛した嘘」(作品)がさらに「嘘」(作品)を求め続けるため、「自己の事実」(生活)もまた動き続けるしかなかったのではないか。

このような動きが、太宰の作品を魅力的にしているような気がする。そしてその動きは、特に戦後、不幸の方へ不幸の方へと向かう動きとなった。

ただ、現在の読者は(少なくとも私は)、リアルタイムで太宰に伴走しているわけではないから、太宰といっしょに動いていくことはないと思える。

「道化の文学」(昭和23年5月)
「太宰治再論」
(昭和23年8月)


▲『太宰治研究1/その文学』(筑摩書房1978年6月15日)は絶版ですが、サイト「日本の古本屋」で見つけることができるかもしれません(2005年2月13日現在:あり)。
「日本の古本屋」はこちら

▲「道化の文学」「太宰治再論」は下記の本にも収録されています。
『芥川龍之介と太宰治』 の購入 amazonはこちら


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 


表紙太宰治論を読む[一覧]サイトマップ