表紙太宰治論を読む[一覧]サイトマップ

 太宰治論を読む - 磯田光一著

2004年6月4日
───────────────────────────────
18 磯田光一「太宰治論/道化の古典主義」

         『太宰治研究1/その文学』筑摩書房1978年6月15日所収
───────────────────────────────

初出は1969年7月。奇跡の起こりえない人生は余りにも淋しすぎるとして、磯田光一は次のように書いている。

「太宰は奇跡を信じたのではない。むしろ信じたかった(原文は傍点)といったほうがよい。『満願』や『走れメロス』のなかに、読者は人生の奇跡が最も美しく定着されているのを見いだすであろう。」

奇跡を信じたいのは読者の方で、太宰はそんな読者のために、奇跡を書いたのではないだろうか。私たちは太宰の作品に、奇跡を求めているのではないか、と思う。


▲『太宰治研究1/その文学』(筑摩書房1978年6月15日)は絶版ですが、サイト「日本の古本屋」で見つけることができるかもしれません(2005年2月13日現在:あり)。
「日本の古本屋」はこちら


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ


日本の古本屋
 


表紙太宰治論を読む[一覧]サイトマップ