表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ

 埋草コラム

2000.4.23
─────────────────────────
梅棹忠夫著『情報の文明学』と
          三木成夫さんのこと

─────────────────────────
感銘を受けた本と問われて、
多くの人が
青春時代に出逢ったものを挙げるに違いない。
だから青春時代には、
できるだけたくさんのものと
出逢っておくべきだと言いたくなるが、
そういうことに気が付くのは、
いつも青春が終ってからだから、
そんなことを言っても仕方がないのかもしれない。

解剖学者の三木成夫さん(1925〜1987)の本は、
青春時代以降に出逢ったものの中で、
いちばん熱心に追いかけて読んだものだ。

最近、梅棹忠夫著『情報の文明学』
(中公文庫1999年4月)を読んでいて、
三木成夫さんの独特な理論を想い出した。

『情報の文明学』に入っている「情報産業論」は、
はるか昔の1962年に書かれたものだが、
いま読んでもとても新鮮に感じられ、
この文章を知らなかった自分を
恥ずかしく思うほどだ。

「情報産業論」で梅棹氏は、
人類の産業史を
農業の時代、工業の時代、精神産業の時代の
三段階に区分し、
さらにそれを次のように
生物としての人間の発生学的な概念で説明している。

農業の時代とは生産されるものが食料で、
人間は食うことに追われていて、
「消化器官系を中心とする
内胚葉諸器官の機能充足の時代」である。
工業の時代とは
生産されるものが生活物資とエネルギーで、
それは人間の手足の労働の代行であり、
「筋肉を中心とする
中胚葉諸器官の機能の拡充」の時代である。
最後は外胚葉産業の時代で、
「脳あるいは感覚器官の機能の拡充」が
中心的課題とされる時代である、と。

そして、工業の時代においても
農業が消えてなくなるわけではなく、
また精神産業の時代においても
工業、農業が消えてなくなるわけではなく、
ただ、「ふるいものの相対的な重要さが
へってゆくだけである」と述べている。

農業を消化器官に、工業を筋肉に、
精神産業を脳・感覚器官に
結びつけて論じた文章を読んで、
私は三木成夫さんの理論を援用して、
自分なりに納得のいく理屈を
つけてみたい誘惑に駆られた。

三木さんは感覚・運動をつかさどる器官を
動物器官(体壁系=外皮・神経・筋肉)と呼んで、
その中枢には脳があり、
いっぽう栄養・生殖をつかさどる器官を
植物器官(内臓系=腸管・血管・腎管)と呼んで、
その中心には心臓があると説明している。

そして植物器官(内臓系)こそ、
生(物)本来の営みにたずさわるものだと考えている。
体壁系(脳)に属するのが「頭」であるのに対し、
内臓系(心臓)に根を下ろしているのが
「心」であるとする三木さんの考え方からすれば、
当然の結論かもしれない。

植物器官から動物器官へ、
さらにその中枢の脳へと進んでいく過程は、
個体発生の過程であるとともに
生物の進化の過程でもあった。

梅棹氏が述べている、
農業(消化器官)から工業(筋肉)を経て、
精神産業(脳・感覚器官)へと進化してきた
産業史の過程はまた、
人間が植物器官(内臓系)から
動物器官(体壁系)を経て、
さらにその中枢の脳へと昇りつめていく
過程でもあった。

ところが、
「頭」と「こころ」は相対的に独立しているから、
知的・感覚的水準(頭)は
自然に高度になるかもしれないが、
「心」は自然に大きく豊かになるものではない
のかもしれない。
「心」の問題に接近するヒントは、
三木さんの本にたくさん隠されているように思える。

三木成夫さんの本は、
温かくて豊かなものがいっぱいつまっている
「内臓系」のものだ。
私はこれからも繰り返し読んでいきたいと思っている。
三木さんの本と出逢ってほしく思い、
著作リストを掲げておきます

・『内臓のはたらきと子どものこころ』
 (築地書館1982年、増補新装版1995年1200円)
・『胎児の世界』(中公新書1983年700円)
・『生命形態の自然誌/第1巻』
 (うぶすな書院1989年6062円)
・『海・呼吸・古代形象』
 (うぶすな書院1992年2428円)
・『生命形態学序説』
 (うぶすな書院1992年3690円)
・『人間生命の誕生』(築地書館1996年2400円)
・『ヒトのからだ』(うぶすな書院1997年2200円)

『情報の文明学』 amazonはこちら
 梅棹 忠夫

 4122033985

『内臓のはたらきと子どものこころ』 amazonはこちら
 三木 成夫

 4806745669

『胎児の世界』 amazonはこちら
 三木 成夫

『生命形態の自然誌 (第1巻)』 amazonはこちら
 三木 成夫

『海・呼吸・古代形象』 amazonはこちら
 三木 成夫

『生命形態学序説』 amazonはこちら
 三木 成夫

 4900470074

『人間生命の誕生』 amazonはこちら
 三木 成夫

 480674574X

『ヒトのからだ』 amazonはこちら
 三木 成夫

表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ