表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ

 埋草コラム

2000.6.7
─────────────────────────
『作家の値うち』を読んで、
    無性に小説が読みたくなった

─────────────────────────
福田和也著『作家の値うち』を読んだ。
そうしたら、無性に小説が読みたくなってきた。

いつのころからだろうか。
いまどんな小説が書かれ、読まれているのか、
さっぱり分からなくなっていた。
一度流れを見失ってしまうと、
後は知らない作者や作品が
積み重なっていくだけで、
新しいものに手を出す気力がなくなってしまう。
そんな状態が続いていた。

福田氏の本は、
読むべき小説を100点満点で採点していて、
この状態にストップをかけてくれた。
過去に読んだことのある小説の評価も、
大体納得いくものだ。

バイ・ガイドをかねているということで、
入手可能な作品に限定しているのもいい。
読んでいないもので、
得点の高いものから順に読んでみようと思う。
どんなものに出会えるか楽しみだ。

読書欲をかき立ててくれたこの本に感謝したい。
後は自分の問題だ。


『作家の値うち』 amazonはこちら
福田 和也

4870313952

表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ