表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ

 埋草コラム

2000.8.11
─────────────────────────
炎熱の前橋行―朔太郎記念館を訪ねて
                        岩田幸吉

─────────────────────────
先週白神山地から帰ってきたばかりの、
畏友岩田幸吉さんの文章です。

盛夏も極まった感のある七月のさる日、
友人の誘いに促されて前橋に行った。
気温は三十八度を超え、
車は「烈風」にあらず
熱風の高速道路を突き進むこと三時間余り。
それでも車内は
終始エアコンの冷気に満たされていたせいか、
ただ一度だけ立ち寄った
サービスエリアで車外へ出た途端、
炎熱地獄に襲われた。
不思議なことに、
それでからだの方も逆にシャッキリしたというのか
覚悟もきまり、
前橋に着くや所用のある友人とは別れて
独り炎暑の街中をブラつく元気が湧いた。

駅前ではちょうど
納涼会のようなイベントが始まったところで
結構な人混みができていて、
私もしばらくそこに紛れ込むことにした。
かき氷を頬ばりながら
縁日のように立ち並んだ屋台を
覗き込んだりしているとき、
不意にある詩句が思い浮んだ。
最初、それを朔太郎のものかと受けとめたのは
私の迂闊さで
実は伊東静雄のものだったなと
すぐに気付かされた。
けれどもそれはそのとき二人の詩人が
私の意識の中では奇妙に近親的な融合状態を
つくりだしたことのようにも思われた。

このことは朔太郎が「わが人に与うる哀歌」を
他に先じて評価した事実などとは別に、
私自身、最近、
これまで読んできた詩人たちの作品を
その風土性の深さとでもいうべき点において
測るという気持が強く、
この二人の詩人についても
その表現にみられる生硬さというか
トゲのようなものが論理や知的硬質さを
いみするものでなく、
どこかでかれらの風土性に
通底しているような気がしていたからだ。

友人の車に便乗して前橋にくる気になったのも
やはりその辺りの事情と無縁ではなく、
朔太郎が上京と帰郷を繰り返しながらも
結局人生の少なからぬ時間を過ごすことになった
この街をいまさらながら
私自身の視野に納めておこうかという気持が
働いたのかも知れない。

朔太郎記念館というのがあるときいていたので、
この際そこも訪ねておきたいと思い、
人混みを脱け出してタクシーを拾った。
タクシーは高層のビルが立ち並ぶ官庁街を
右折すると利根川沿いをしばらく走り続け
やがて敷島バラ園なる看板のある
公園(入口)で停まった。
この中に記念館があるとのこと。

季節はずれのバラ園にも
赤松の林の中の記念館にも人影は全く見えず、
そこには萩原家の書斎と離れと土蔵が
移築復元されていた。
こういう行きとどいた環境の中で
保存管理される記念館を含めた
文化的遺産というべきものの
退屈さや風情の無さを非難するつもりは
この際毛頭ないが、
それにしても
ちょっと拍子ぬけさせられたことは事実で、
わざわざこういう場所を訪ねてしまった
自分の安易さが少々悔まれた。

書斎と離れは戸締りがしてあって、
詩人が自ら注文したという家具調度も
レースのカーテンのほか
何も確かめることはできなかった。
仕方なく土蔵の中の展示資料を
小一時間ほど眺めて過すことになった。

そろそろ引きあげようかと思っていた矢先、
展示資料として開かれた
ノートか原稿の一行に
「物みなは歳日と共に亡び行く」の文字が
目にとまった。
記念館を出てからもその一行が
何かの痕跡のように頭の中から去らなかった。
それは思想というよりむしろ
退嬰的な感慨に近いかも知れない。

そしてこの感慨はたとえば、
西行でもいい、芭蕉でもいい、
過去の日本の偉大な詩人たちが
等しく共有したものだとしても、
それを日本的回帰などと
それこそ思想のレベルで考えたら
何も始まらないしつまらぬことのように思われた。
私にできるのはせめて
この深い詠嘆にどれほど共振できるかだと
いう気がして、
この詩人が死んだ後の時間が
私の生きてきた時間なのだなどと、
妙な納得の仕方をしてみたりもした。
だが、その時間も既に半世紀を優に超えている。

私はさっき
風土性などということばを持ち出してみたものの、
それが目に見えるような実体でないとすれば
詩人が生きた六十年前の前橋の
街並みだとか風景などというものは
どこにもありようがないし、
かりにその面影をどこかに認めえたにしても
何の関係もないことだといわねばならないだろう。

表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ