表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ

 埋草コラム

2001.7.27
─────────────────────────
「やりたいこと」があるということ
─────────────────────────
電車で行く旅で、
出発駅発の長距離列車がガタン
(いまはスー、ですけど)と
動きだす時って、
ほんとうにワクワクする。
何ともいえない気分になります。

これから行くところに思いを馳せて、
というよりも、
面倒くさい日常から離れることができる
という解放感が、
そんな気持ちにさせるようです。

「やりたいこと」を始めるときの気分って、
これと似ている。
いまの自分から
離れることができるような気がして、
ワクワクする。
だから、
「やりたいこと」を実現させることより、
「やりたいこと」をいつでも持っているほうが、
ワクワクできるのかもしれない。

「やりたいこと」が実現してしまえば、
それはもう、
「やりたいこと」ではなくなってしまう。
だからまた、
「やりたいこと」を見つけなければならない。
ワクワクしていたいっていうこと、
やはり生きる力として必要なことのようです。

こんなささやかなホームページでも、
はじめるときは、
ドキドキ、ワクワク、ハラハラ、
でした。
でもそんな気持ちも、
本当に最初だけですね。
後はもっぱら、
どうやって続けていくかということに
気を使うようになります。
常に動いていなければ、
ホームページはすぐ色あせてしまうので、
またなにか「やりたいこと」を見つけて、
反映させることができたらと、
思ってはいるのですが。

「やりたいこと」を持ち続けるのは、
夢を持ち続けるのと同じように難しい。
「やりたいこと」はすぐやらないと、
どこかに逃げていってしまう。
だから逃げないように、
心にとどめておく準備だけでも
しておいたほうがいいように思う。

ある程度トシをとると、
「やりたいこと」なんかなくなって、
「もう、どうでもいいや」って思うことが
増えてくるような気がする。
ワクワクすることがなくなるって、
どんな気持ちなのか、
私にはまだ実感として
よく分からないのですけれど。

無欲になるって、
けっこうサミシーものかもしれませんね。

表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ