表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ

 埋草コラム

2004.6.21
─────────────────────────
読書が劇的に変化しました(速読2)
─────────────────────────

速読と、
3色ボールペンで線を引きながら読むこととの併用で、
読書が劇的に変わったような気がします。
本に対する理解が、
ぐっと深くなったと感じています。

速読のことは以前に書いたことがあります。
難しくない本でしたら、
1分1200字〜1500字の速さで、
読めるようになりました。
このスピードではまだ、
速読なんて言えないかもしれませんけれど、
もともと1分500字位しか読めなかったので、
私としてはずいぶん速くなったと思っています。

練習はSRRという速読ソフトで行いました。
SRRを選んだ理由は、
たまたま知ったということもありますけれど、
速読入門という練習ソフトが3千円と安いこと、
とりあえず1分2000字程度を目指すという現実的なこと、
速読のノウハウをメルマガなどで無料で提供していること、
そして何よりも、
たった一人で速読を広めようとしている熱意に
感銘を受けたことなど、
何となく速読をやってみようと思っていた(すみません)
私などにとっては、
飛びつきたくなるような内容だったからです。

私の読み方が、
速読として正しいかどうかは分かりませんけれど、
結果だけを書きますと、こんな感じになります。

1●自分の仕事などをあれこれ非難する人たちの言うことをまともに聞いていると、ス●2
3●トレスになる。だが、自分自身がその仕事に対して冷淡になってしまえば、何を言わ●4
5●れてもそれほど応えないものだ。執着しないことは、自分を攻撃する人々から逃れる●6
  コツである。                        (斉藤孝著『座右のゲーテ』より)

縦書きとして、視野の中心を当たりに置き、
【自分の仕事などをあれこれ非難する人たちの言うことをまとも】
が収まる位に視野を広くとり、
視野の上の方で1●を捉えながら、
広い視野のまま意識を滑らせて
視野の下の方で●2を捉えるまで読み進む。
視点ではなく、
意識が1●●2(一行の上と下に点がある感じ)を
滑っていく感じ。
1●を捉えてから、
●2を捉えるまでの時間が短いほど、
速いスピードで読めるということになる。
同じように、3●〜●45●〜●6というふうに
繰り返していく。

うまく言えませんけれど、
頭の中で薄く音読しながら、
字が書いてある紙の表面を、
広い視野が滑っていく感じです。
読み方を濃くすると、
途端に視野が狭くなってしまうので、
視野を広く保てるような読み方をすることが、
コツのような気がします。

この読み方に、
3色ボールペンで線を引きながら読むことをプラスすると、
読むスピードは多少落ちるけれど、
本の理解はぐっと深くなります。
線は、
斉藤孝著『三色ボールペンで読む日本語』(角川)により、
赤・青・緑を使い分けて引きます。
この色の3色ボールペンは市販されていないので、
赤・青・緑・黒の4色ボールペンを4、5本買ってきて、
バッグや机の上に備えています。

読み終わった本は、1、2日寝かしてから、
線を引いたところを速読的に読み直す。
このとき、青に重ねて赤を引いたり、
赤に重ねて緑を引いたりすることがあります。

この、速読と3色ボールペンとの併用、
さらに1、2日後に、
線を引いた個所を速読的に読み直すことの三つで、
本の読み方は劇的に変化したように思う。

本の読み方にだって、
まだまだ工夫の余地があるんだと感じています。


『三色ボールペンで読む日本語』 amazonはこちら
斎藤 孝
4043786018

表紙埋草コラム[一覧]サイトマップ