小学校編 その5

生徒が主体


<< 毎日が授業参観 >>


あなたもたまには学校に来てみない?
息子が授業を受けている様子を、1回くらいは見てよ。 
 
               
(○`ε´○)プン!!


家内にこう言われ、10月のある日、仕事の代休を平日にとって学校に行きました。 
私は下の娘を幼稚園に送った後、2時間目くらいに小学校に到着です。

息子のいる1年生の教室は2階。 

家内は息子に付き添って、朝から先に到着しているはずです。

キャンプで子供達が使う小さな折り畳みイスを持って、
廊下に座って本を読んでいると言っていました。 

10月も終わりの頃です。
北側に面する学校の廊下は薄暗く、ひんやりとしていました。

この日の学校はとても静かでした。

2階にあがり廊下を見渡しましたが、家内の姿が見えません。

あれ、? 体育かな、、、?  それとも図書室にでもいるのかな?

私が廊下を歩み始めると、、、、、、ずっと奥で、、、
私の足音に気付いた人影が動きました。


薄暗く冷たい廊下、、
隅っこに隠れるように小さくなっている家内を見つけました。


薄暗い中で、家内はひっそりと本を読んでいました。 




こんな寒い廊下で、、、朝から放課後まで、、

毎日毎日ただ座って待っているのか、、、、



家内の姿を見つけ、自然と私の目に涙があふれてきました。 

この家内の付き添いはいつまで続くのだろうか?




<< 生徒が主体 >>

おっと、、、、、長山先生の「生徒が主体」のお話しなのでした。 
  ``r(^^;)ポリポリ    暫く書いてなかったので、どこから続くのか忘れてました。 


えっと、、、、 
冬休み前に、1年生のクラスごとの発表会がありました。

夜、家内が「クラス発表会」で観てきたことを、
私に報告してくれました。


発表会どうだった?

う〜〜ん。   どこから話そうかな〜。 


何? 息子ちゃん何も言えなかったの?



ちがうよ、、ちがうよ。
うちの息子ちゃんはセリフ言っていたよ。

舞台でズッコケてみんなからの笑いもとっていたけど、
それで萎縮しちゃうこともなくて、
きちんと自分のお仕事はしていたわ。




じゃ、、その「う〜〜ん」って言うのは何だよ。

長山先生って、子供達に自由にやらせたな〜ってつくづく思ったの。

練習風景を毎日学校でみていたから、
息子のクラスの様子は、わかるんだけど、
他のクラスの練習風景はみてなかったのよ。

他のクラスの発表をみて、いろいろ考えさせられちゃった。 




何? 他のクラスの発表はもっと違う感じだったの?



うん、、なんていうのかな、、、ピシっとしていて、
大人がみていても面白いっていうのかな、、他のクラスのは、
メリハリがあるのよね。  

保護者ウケする舞台っていうのかな。

わかる?  とにかくまとまっていて、ちょっと感動できるのよ。 



長山先生のは違うの?


うん、、、全然違う、、、
言い方が悪いけど、ダラダラした感じ、、、。

だってセリフは全部生徒達が考えたんだもの。

生徒ひとりひとりが言いたい台詞を考えたから、
話がちょっとかみ合わないところもあるのよね。

どうなるか想像つくでしょ、、小1が考えたセリフなんだから、、、。

舞台ではね。
長山先生のクラスの子達は、
すごい楽しそうなんだけれど、
あれを見せられている保護者達はちょっとツライっていうのかな、、。

わかる? 

うちは自分の子が舞台にでるからアレを我慢できるけど、
他のクラスのピシッとメリハリのある舞台を観た後だと、
「何? このクラスの演技、、、」っていう目でみんな見ちゃうのよ。



あ〜〜、、お前の言いたい事がよくわかる。
それで発表会中の長山先生はどうしてるの?



私も途中で気になって長山先生を探してみたの、、、
そしたらね、、、すごいのよ、、、もうニコニコして、、、
うんうん、、、ってうなずいて、それはそれは楽しそうに演技をみているの。


他のクラスの先生がやったように、
キッチリやればやったで達成感や充実感みたいなものを、
子供達は獲得できると思うのだけれど、

他の先生のは、親ウケを狙っている感じがしちゃうのよ。 
先生のメンツみたいなものを感じちゃうのよね。 

長山先生のは完全に生徒主体。










舞台としてみたら最悪







教育としてみたら最高




でもね〜、、、、残念だけど、
あの発表会だけを観た親にしたら、
長山先生の評価は下がるだろうな〜。


私は子供達の意見と気持ちを尊重して、
セリフや演技が決まっていく様子を、
息子に付き添って廊下から毎日みてたからね。

もっと深い所が見えるのよね〜。 

長山先生の指導で子供達が変わっていくのを見ているのよ。

あの先生は、親ウケするようないい舞台にするようなことは、
これっぽっちも考えていないのよね、、。 





生徒主体でいくのと、
先生が与えたものをビシッとこなすのでは、、
やっぱ違うのかね? 、、、どうなんだろ、、。




難しいわよね〜。 
正直言ってビシッとしたメリハリある演技は、
見てて楽しかったわ♪  (⌒▽⌒)アハハ! 


でも、、子供達の達成感でいったら長山先生のクラスの生徒の方が、
満足度は高いと思うのよね。 









その6   弱さを理解できない自分 


 小学校編のトップページへ