小学校編 その6

弱さを理解できない自分


<< 息子の弱さを理解できない >>


あなたって弱い人の気持ちになって考えられないわよね〜

むかし、むかし、このように家内がポツリと言いました。



例えばそれは、、、ジャングルジムに怖くて登れないという息子に向かって、、

やってもみないうちから、「こわい」 とか、
「できない」 とか言うな〜〜っ!!



と私が言ったような、、、、そういう場面のことを思い出して
つぶやいた家内の言葉だったのだとおもいます。





<< どうしたら自分を変えられる? >>

おまえさ、、、ずい分前に、
『あなたって弱い人の気持ちになって考えられないわよね〜』
って、俺に言ったの覚えてる?


う〜〜〜ん、、忘れた、、言ったかもしれないけど、忘れた。

「弱い人の立場になって考えなさい!」って小学校の時とか、
先生や親に言われたことなかったか?   道徳の時間に、、。? 


あはは、、、あったね〜。  あった、あった。 
あたし達、学校から何も学べてないね。
 
                  (〃^∇^)o_ あははははっ


俺、、、息子ちゃんの不安な気持ちはまったく想像できないんだよね。

どうしたら自分を変えられると思う? 
どうしたら息子の「怖い」っていう気持ちを理解できると思う?

本や育児書を読んで、頭の中で理解はできても、
自分の性格や気持ちは変えられないんだよね。  
ついついイライラして「そんなの怖くないでしょっ」って言っちゃうんだ。 



また、その話題なの〜〜〜〜??!!



だって、、自分ではイライラしたくないんだよ、、、
息子の「こわい」とか「いやだ」って気持ちを、
理解してあげたいんだよ、、、。 どうしたらいい??    

佐々木正美先生の「子供へのまなざし」を読んだその時は、納得できた。 
怒ってはいけないと思った。  でも、実際に使えないんだよ、、。
息子の「こわい、、できない」の一言にイライラしちゃう、、、。
俺は自分を変えたい。   な、、どうしたら良いと思う?  



家内から質問責めにあっていた私ですが、
気がつくと私も家内に質問するようになっていました。  (笑)
家内が以前私にしてきた質問と、
まったく同じ質問を今度は私から家内に聞き返していたのでした。  


俺は自分を変えたい。   な、、どうしたら良いと思う?
どうやったら、息子の「こわい」という気持ちを認めてあげて、
怒らないような父親になれると思う?  



え〜〜〜わかんないよ、そんなこと〜〜。
私だってイライラしちゃって、理不尽に怒っちゃうことあるもん。





<< 冷静な時に確認しておく >>


感情的になって子供を怒ってしまう事ってあると思うのです。
仕方がありません。 人間ですから、、。

ですから、冷静な時に

・なぜ怒ってしまったのだろう。
・どうすれば怒らずにやりすごせただろうか?
・怒ってしまった後、自分と子供の気持ちのフォローはどうすれば良いのだろう?


こういう事を、具体的に「先に」書いて(見て)おくことを、おすすめしたいです。 
感情的になっている時は考えられませんから、
冷静な時に自分の気持ちを見ておきます。


これをしないと毎回「怒って自己嫌悪」で終わってしまいます。 

よそのお母さんが子供に向かって

 ( `ロ´)≪ガミガミガミガミ  (_ _。)・・・シュン
とやっている場面を目撃すると、
「あんなに怒鳴らなくても良いのに〜」って感じる事ってありませんか? 

他人のガミガミを
客観的にみている時って、自分は結構冷静。



でも自分の子供が同じ事をやらかすと、もう大変、、
ついつい感情的に怒ってしまいます。

他人の子供なら許せるのに、
自分の子供がやると許せないって事って

あるんですよね〜〜〜。

そういう時の自分の感情のコントロールを、
冷静な時に考えておくと、(書いて見ておくと)
感情的になってしまった時に「気づける確立」がグンと上がります。

自分の気持ちや対処方法を、一度書いて(見て)いますから、
「するべき行動」に迷いがありません。
あわてずにすみます。 

「先に書いて見ておく」・・・ 
一度頭の中でイメージを見ていますから「リンク」できるのですね。 
おすすめしたいです。  私はコレで変われたような気がします。  


皆さんも、書いて、、自分の気持ちを(客観的に)見てみませんか?


○ 自分の生活のどこに不安を感じていますか? 
○ 子供のどんな行動に不安を感じますか?
○ イライラの原因は本当に子供にありますか? 
○ あなたの(親の)やりたい事はなんですか?





<< おまけ >> ・・・  スーパーで目撃した場面です 

どこかのママ ・・・と 、、どこかの子供 

「あなた、この前は『お菓子2個欲しい!」って言ったじゃない!
今日は買ってあげるっていってんでしょ〜。 だから2個選びなさいよ!」


 「いい、、ひとつでいい、、 (ボソ)」

 「2つ買っていいって言ってるんだから、2個買えって言ってんのよ!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・

この どこかのママさん、、
子供のお菓子が原因で怒っているのではないと思うのです。


どっか別の所に問題があるのではないかと思うのですね。










その7    「ほめる」と「ほらな」  


 小学校編のトップページへ